ハリソン マディン。 ハリソン専用ガンダムF91

機動戦士クロスボーン・ガンダム

ハリソン マディン

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機 「 連邦の青い閃光」の二つ名を持つハリソン・マディンの専用機。 設定的には 量産型ガンダムF91の限界稼働対応機で、冷却システムの改善と最終装甲の材質が試作機(シーブックの白いF91)とは異なるため MEPE(質量を持った残像)は発生しなくなっています。 いきなりですが、このキットの鬼門部分がこのホイルシール。 足首パーツのスリッパ以外は黄色いランナーが使われていないため、 ほぼ全てのイエロー部をシールで補う事になります。 付属品一覧がこちら。 成形色が パーソナルカラーであるブルーを基調としたカラーリングに変更されています。 黄色の差し色が最高にかっこいいですが、スリッパ以外は全てホイルシールで色を補う仕様です。 カラーリングが変更されただけで随分イメージが変わりますね……。 キット自体は オールガンダムプロジェクト準拠でポリキャップの数が少なく、小型MS時代の機体という事で 全高は15cmほどとなっています。 ヴェスバーに貼るシールは曲面に貼るため触っていると剥がれてくる率が高いです。 白いアンテナは左右別パーツになっています。 頭部バルカンと胸部メガ・マシンキャノンの銃口は黄色で要塗装です。 襟前部の黄色い部分はガイドがついていないため、シールを貼るにしても塗装するにしてもちょっとやりずらい部分になります。 また、肩の「F」文字や 「91」、ショルダーアーマーの黄色い部分もシールで補います。 さらに肩の放熱フィン前側は本来白いので、ここも要塗装といった感じ。 肩の放熱フィンは2種類付属します。 差し替えでいつでも交換可能です。 腕と腰部。 ヴェスバーのシールはキレイにはいかず。 機関部の青いパーツは左右はめ込み式で上下に合わせ目が出ます。 塗装するとなるとマスキングテープ処理が必要な部分が多かったり、下地が暗い色という事で一旦下地色を塗る必要もあり結構手間がかかりそうなキットです。 フル塗装派モデラーさんの場合は、いっそのこと白のF91をハリソンカラーで塗るのも手かもしれません。 (下地色的に) 素組み派モデラーさんでも、ヴェスバーのシールだけは部分塗装した方がいいかもです。 青の成形色自体は深みのあるキレイな色で再現されていると思うぞ! 以上、「HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機」のガンプラレビューでした!.

次の

MG ガンダムF91 Ver.2.0(ハリソン・マディン専用機)のパッケージ・ランナー レビュー

ハリソン マディン

コンテンツ [] ハリソン・マディン専用機初代 F91部隊の指揮官である大尉の搭乗機。 増加試作機に改修を施してあり、青いパーソナルカラーで塗られている。 ハリソン機はヒートシンク等の強化やバイオコンピューターの改良により、MEPEを起こさずにフェイスオープンと放熱フィンのみで限界稼働が可能である。 搭載武器のヴェスバーは、から10年経ってもなお強力無比なビーム兵器であり、キンケドゥのと互角の勝負 を繰り広げるが、僅差で敗れ大破した。 ハリソン・マディン専用機2代目 その後ハリソンは、木星帝国総統との最終決戦時においても同一カラーリングの機体に乗って登場するが、これは別の機体を青く塗り替えた2代目であることが『』の設定資料集で明言されている。 対神の雷計画戦用改修機 『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』においても当初はハリソンが搭乗していたが、連邦軍上層部からの命令がなければ動けない彼に代わり、が搭乗した機体である。 白と青の2色で塗装されている。 神の雷計画で地球に攻撃を行おうとする木星帝国残党との戦いに使用された。 木星強襲作戦「鋼鉄の7人」では、で行われたチューニングにより量産化の際にオミットされた機能のいくつかが再現されており、試作機であるF91に近い性能を有するに至っている。 そして本作の描写では「質量を持った残像」たるMEPEを起こしたともとれる動きをしている。 木星帝国総統・が乗るに致命傷を与える戦果を挙げるも、反撃を受け相打ちの形で撃破されている。 なお、ハリソン専用機はフィギュア「」でパーツ組み換えによるとのコンパチ仕様として発売されたが、ギミックの都合により漫画版とは一部の塗装パターンが変更されている。 『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』以降の関連作品ではGUNDAM FIX版に準じている。 ギャラリー.

次の

ROBOT魂 ガンダムF91(ハリソン・マディン機)スカルハートVer.

ハリソン マディン

F91 ハリソン専用ガンダムF91(Harrison's Gundam F91) [ ]• 登場作品:、、• デザイナー:大河原邦男• 分類:量産型(1号機は増加試作機説あり)• 装甲材質:ガンダリウム合金セラミック複合材• 全高:15. 本体重量:7. 全備重量:19. 主動力:• ジェネレーター出力:4,250kw• スラスター総推力:88,400kg• アポジモーター数:51(8)• 開発組織:• 主なパイロット:、 が開発したの量産型。 の専用機で、カラーリングが彼のパーソナルカラーである青を基調としたものに変更されている。 ベースとなっているのはだが、一般機ではなくエース用の「限界稼働対応機」であり、搭載されたを改良しつつヒートシンクの構造や触媒添付の効率化、最終装甲の材質変更等を実施する事によってが発生しなくなった代わりにフェイスカバーと放熱フィンの展開だけで機体の最大稼働が出来るようになっている。 なお、ハリソン機は以下の2機が存在している。 1機目 [ ] 海賊軍との初戦闘時の機体。 全身のほとんどが青一色で染め上げられている。 量産型ではなく増加試作機を専用機として改装しているという説もある。 2機目 [ ] 木星戦役の終盤以降に搭乗した機体で、別の量産型F91を専用機に改装している。 当初は1機目と同じカラーリングだったが、0136年時にはカラーリングの一部が青から白に変更され、前腕部の形状も若干変化した。 登場作品 [ ] パイロットは。 地球連邦軍の宇宙艦隊所属機として出撃し、のと交戦。 接近戦で優位に立てるよう調整されている機体を相手に限界稼働で互角以上の戦いを繰り広げたが、「2枚のビームシールドとビームザンバー」という3段構えのビームでヴェスバーを防がれ、その隙に右半身を斬られて戦闘不能になっている。 戦争終盤には2号機で出撃し、を奇襲する海賊軍を援護した。 ハリソンが搭乗。 木星軍残党による郵便船ジャック事件や旧のE衛星事件で出撃している。 パイロットはハリソンと。 許可なく地上に降りてきて戦闘を始めた木星軍とトビア達の戦闘に介入。 ハリソンがミノルらからの事を聞かされてからは彼らに密かに協力すべく、「調子が悪い気がする」という言い訳で本機を置いていっている。 その後、木星軍が襲撃してくるとミノルが乗ってトビアやギリと共にのと戦い、何とかこれを撃破するも本機も破損。 宇宙へ運ばれ、へと改修される事になった。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 頭部に内蔵されている。 武装・必殺攻撃 [ ] 60mmバルカン砲 頭部に2門内蔵。 主に迎撃や牽制等に使用される。 メガ・マシンキャノン 胸部に2門内蔵。 威力はバルカン砲よりも上で、接近戦で使用すればMSをも破壊可能とされる。 ビーム・ライフル 本機専用に造られた主兵装で、バランスが小型MS用に最適化されている。 デバイスは標準的な物を使っていて、稼働率が高い。 出力調整によってビーム・マシンガンのような速射も可能。 ビーム・サーベル 右腰部に2本格納している。 これも本機専用に造られていて、内部のユニットはごく一般的なデバイスが使われている。 一方で稼働時間を延長させるべくエミッター等を調整しなおした為に耐久性がかなり高く、高出力状態での稼働にも耐えられる。 ビーム生成の任意変更がある程度は行えるようになっており、間欠式のビーム生成機能も搭載されている。 ビーム・ランチャー 携行式の高出力ビーム砲で、パルス状に圧縮した強力なビームを発射する。 名称もここから来ている。 時からが開発していたビーム・バズーカを発展させた物で、バズーカ系実弾兵器の強化型として造られたとされる。 作中では装備されなかった。 「ヴェスバー」と読む。 「 Variable Speed Beam Rifle(可変速ビームライフル)」の略称で、背部に2挺装備している。 そのせいで射角がある程度制限されているという短所があるが、それでも非常に強力な武装である。 その名の通り、ビームの発射速度を変更する事が可能であり、高速だとビームシールドすらものともしない貫通力が、低速だと高い破壊力が得られる。 エネルギーは直結したジェネレーターから供給されているが、機体から分離しても内蔵された大容量コンデンサー内のエネルギーを使えば発砲可能。 不使用時はユニットとして機能する為、デッドウェイトになる事はない。 左腕に装備された防御兵装。 発生装置の周りにの「場」を膜のように展開して敵機からの攻撃を防ぐ。 攻撃遮断領域をよりも効率的に形成でき、また実体式シールドよりも圧倒的に小型で軽いので機動性を高められるという利点があるが、さすがにシールド以上の出力を持つビームまでは防ぐ事は出来ない。 右腰部には予備の発生装置が格納されており、投擲武器に転用可能。 対決・名場面 [ ] 対 戦闘不能状態となった僚機に変わって、ハリソンのF91が対決。 相手の得意とする接近戦においてもF91の基本性能を余すことなく発揮し、のクロスボーン・ガンダムと互角の勝負を繰り広げる。 決着をつけるべくハリソンは切り札であるヴェスバーを使用し、照準内に相手を捉えた。 しかし、キンケドゥはヴェスバーが防御不可能と思いこんでいるところに隙があると踏み、ビーム・シールドを展開したままのブランド・マーカー2基を投げつけて発射されたビームの威力を削ぎつつ更にビームザンバーでヴェスバーを受け止めた。 それを見たハリソンは驚愕し、その隙を突かれてF91の右半身を斬り落とされ敗北した。 関連機体 [ ] ハリソン機が「鋼鉄の7人」作戦用に改修された姿。 試作機。 ベース機。 商品情報 [ ] [ ]• フィギュア [ ]• 話題まとめ [ ] 資料リンク [ ] リンク [ ]•

次の