プリーツ マスク 作り方 大人。 プリーツマスク 丈夫できれいな作り方 大人用サイズ(M)

【商用可能無料型紙】プリーツマスク【4サイズ展開しました】

プリーツ マスク 作り方 大人

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の

【セリア】ダブルガーゼで作る手作りマスク! 3種類の作り方ガイド(マイナビウーマン子育て)寒く乾燥する季節に大活躍のマスクですが、…|dメニューニュース(NTTドコモ)

プリーツ マスク 作り方 大人

マスクの裏地がはみ出さないように作るには 型紙を表地用、裏地用共通にして作っていますが、作り立てはきっちりと綺麗にできていても、洗ったりアイロンをかけたりしてマスクを使い込んでくると裏地のほうが伸びてきてはみ出してくることってありませんか? 裏地と表地を同じ生地でつくっていたらあまり問題ないかもしれませんが、表地は濃い目の生地で、裏地は白いガーゼで作っていると白いガーゼが少し見えてくるようになるとあまり美しくないですよね。 そんなマスクの型崩れを防ぐための裏技として、表の生地のカットが終わったら、型紙を裏地用に細工します。 図のように青い線で型紙を切り落として、残った白い部分だけを裏地用の型紙として使います。 横方向の3cm切り落としたのは、マスクの紐を通す穴を作るときに三つ折りの端を少しでも薄くするためにカットしています。 縦方向1cmを切り落としたのが今回のポイントで、裏地のほうが1cm短いから表地と裏地のつなぎ目が裏地側に引っ張られるんです。 裏地を短くした場合、表地と裏地の長さに差があるから、つなぎ目が裏地側に回ってきた結果、右側の下の図のように裏地が控えられた出来上がりになります。 マスクの縦方向は若干小さくなりますが、プリーツマスクはタックをとっているぶん大き目に作ってあるので、気になるほどの差はありませんでした。 実際のマスクの裏側はこんな感じです。 裏から見て上下の表地が少し回り込んでるのがわかりますでしょうか。 テクノロートの幅よりも少し広めの幅になるように縫うとスムーズにワイヤーをいれることができます。 縫い代が1cmだと縫いづらい場合は、生地を切るときに縫い代を多めにとるか、縫い合わせる時に縫い代を多めにして縫ってください。 この平行の2本線のあいだにテクノロートをいれます。 マスクを表に返したあとにテクノロートの下側にステッチをいれる場合もあります。 いれなくても特にズレないので私はいれていません。 もし、テクノロートが短いのしかなくて、中心部分だけに使う場合はズレないように縦方向に5㎜くらい縫い留めておくといいと思います。 ティッシュをはさめる快適プリーツマスク私はまだ花粉症デビューはしていないはずだけれど、やはり花粉が多い日は鼻炎もちなのでなかなか辛いです。 (これって、花粉症なのかな?)マスクの中で鼻がズルズルなってくると不快だし、すぐに取り換えたくなるけれど外出中などそんなにたくさんの予備マスクがあるわけじゃないときにティッシュを挟みます。 鼻炎がひどくない日でも、化粧をしてでかけるときなど、マスクの内側に口紅がつくのがイヤでそんなときもティッシュを挟んでいました。 しばらくするとティッシュがずれてきて、マスクの下の方にたまってしまうとさらに不快なのでどうやったら快適になるかをかんがえたところ、挟めるようにすればいいやん!と思いついて作ってみました。 ティッシュを4分の1くらいに折って、上側に挟みます。 ティッシュの下側をマスクの下側に挿し込みます。 プリーツを開くとこんな感じになります。 プリーツなのでそれほど口に密着はしませんが、口紅が直接マスクにつかないのは快適です。 ティッシュが汚れたらとりかえればいいし。 そんなこともあり、このポケットティッシュを入れられるマスクケースも開発しました。 めっちゃ便利です。 ティッシュ、口紅、予備マスクをいれられて、使用済みマスクを入れる場所もあります。 形としては裏地がこのように3分割されています。 端はガーゼだとボロボロになってきてしまうので、ロックミシンで始末しています。 パーツと処理するところが多いので、普通のプリーツマスクを作るよりだいぶ手間がかかるので、販売するかどうかと、もし販売するとしたら価格をどうするかについて検討しているところです。 もうひとつこのマスクのいい使い方があって、喉が痛い時や寝る時に、湿らせたティッシュやコットンを真ん中の裏側に入れておくと濡れマスクになるんです! 乾燥しやすいのでこの使い方も気に入っています。 このマスクの作り方で表地を吸汗速乾のスポーツニット生地で作ってみました。 これもすごく快適。 もしこれからの季節もマスクが手離せなくて、ガーゼのマスクだと暑くなってくる場合はこういうポリエステル生地を使うのはいいかもしれません。 マスクを作っている間に生地の端がボロボロになりにくい対策 洋裁初心者さんから質問があり、手ぬぐいでマスクを作っていると生地を裁断した端がつくっているうちにボロボロになってきてしまうとのことで、解決法を考えてみました。 手ぬぐいやガーゼなど、織りが甘いというかふんわり織ってできている生地はどうしても端がほつれやすいです。 ある程度洋裁に慣れている人なら生地の端をさわりすぎず、ほつれる前に縫ってしまえるので問題ないのですが、試行錯誤しているうちにボロボロになってきてしまいますよね。 裁断する道具はハサミよりもロータリーカッターのほうがおすすめです。

次の

プリーツマスク 丈夫できれいな作り方 大人用サイズ(M)

プリーツ マスク 作り方 大人

表布と裏布を中表(布の表面と表面)に重ねます。 中心を合わせると表布が左右3㎝ずつ見える状態になります。 上と下を縫い代1㎝で縫います。 縫い代をアイロンでわります。 ひっくり返してアイロンで整えます。 このとき、表布にアイロンをかけてから裏布にかけると整いやすいと思います。 裏布側が見えるように置き、下から7㎝折りたたみアイロンをかけます。 次に、6㎝で折り返します。 さらに、下から3. 5㎝折りたたみます。 次に、2. 5㎝で折り返します。 これで二つプリーツが出来ました。 反対側も同じように作ってください。 表に返しプリーツにまち針を打っておきます。 ノーズワイヤーを入れる部分を縫います。 使用したワイヤーが約3㎜だったので端から7㎜程で縫いました。 ワイヤーを入れ、布の中心とワイヤーの中心を合わせてから左右の布を縫います。 10㎝のワイヤーを使用したので、中心から左右約5. 5㎝の辺りが縫ってあります。 使用するワイヤーの長さに合わせて縫ってください。 ワイヤーを縫わないように注意してください。 プリーツ部分と反対側の端にもステッチをかけます。 プリーツ部分は端から4㎝くらいかけます。 マスクゴム通し口を作ります。 1㎝~1. 5㎝の三つ折りにして縫います。 マスクゴムを通して完成です。 マスクゴムは28㎝より短くても大丈夫かもしれませんので調節してくださいね。 裏布も薄手の綿生地を使用して作っても大丈夫です。

次の