愛知 休業 要請。 愛知県の「休業要請リスト」は? 協力金は一律50万円、中小企業に融資も(THE PAGE)

愛知県“3回目”の休業要請緩和 テーマパークやパチンコ店など「クラスターの実績ない」施設を解除

愛知 休業 要請

申請方法や受取方法を調べる前に愛知で支給される予定の協力金の対象事業は? 申請方法や受取方法の前に愛知県から支給される予定の協力金一律50万円の対象事業をまとめています。 県の要請を受けて休業する中小事業者 営業時間短縮する食堂等含む には、一律50万円の協力金を交付。 何卒ご協力をお願いします。 パチンコ店の休業についてはすでに他府県で問題になっているので手を打っていただきたいですね。 愛知で対象事業の休業協力で受取れる一律50万円の協力金の申請方法や受取方法は? 愛知で対象事業の休業協力で受取れる一律50万円の協力金の申請方法や受取方法はをまとめています。 しかしながら2020年4月16日現在で申請方法はまだ明らかにされていません。 2020年4月22日に情報更新されていて、申請時期は5月〜6月になる予定です。 随時こちらのホームページでも方法等をアップしていきますのでご確認ください。 協力金申請書(「法人番号」の記入が必要)• 営業実態が確認できる書類 EX 確定申告書の写しのほか、直近の帳簿、業種に係る営業許可証の写し等々• 休業の状況が確認できる書類 EX 事業収入額を示した帳簿の写し、休業期間のホームページ・ポスターの写し等々• 誓約書 愛知県の申請必要な協力金の受取方法は? コチラも申請方法同様まだ情報開示されていません。 しかしながら受け取り開始時期は2020年5月6日以降であると予想されています。 情報は随時更新しています。 調べたい方は愛知県のホームページへ行って確認してみてください。 【愛知県】休業要請事業者に協力金一律50万円申請方法や受取方法は?まとめ 愛知県で休業要請事業者に協力金一律50万円申請方法や受取方法は?をまとめています。 その中でも特に.

次の

愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金の申請受付について

愛知 休業 要請

申請される方は、必ずご確認ください。 協力金の宿泊事業者の追加について(4月24日更新) 1 交付対象の追加 愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金の交付対象に、宿泊事業者を追加します。 これをふまえ、ホテル又は旅館について、集会の用に供する部分を休業した場合だけではなく、4月26日(日曜日)から5月6日(水曜日)まで、ホテル又は旅館を休業した場合にも、協力金の対象とするものです。 これらの施設の休業期間については、4月21日に解釈を統一したことから、期間は弾力的に対応することとします。 少なくとも23日から休業をお願いします。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 ・休業要請等の対象となる施設については、次のとおりです。 ・今回の協力金は、県の要請の対象となる施設について、その運営を行う事業者を対象としています。 ・緊急事態措置以前に、開業しており、営業の実態がある事業者が対象となります。 ・県内の事業所の休業等を行った場合が対象となります。 この場合、県外に本社がある事業者も対象になります。 〇 休業協力要請期間中(2020年4月17日から5月6日までの期間)に休業等の要請に全面的にご協力いただいた中小企業及び個人事業主が対象となります。 ・飲食店等の食事提供施設における営業時間短縮とは、夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業自粛に向け、営業時間を短縮することをいいます。 (終日休業を含む。 ) ・全面的な協力とは、休業協力要請の全期間(4月17日から5月6日までの期間)、要請に応じて休業等を行っていただくことが基本です。 ただし、4月17日は調整等を念頭に置いて弾力的に対応することとし、営業の実績があっても構いません。 御承知おきください。

次の

愛知県、17日から休業要請 協力金50万円支給:時事ドットコム

愛知 休業 要請

申請される方は、必ずご確認ください。 協力金の宿泊事業者の追加について(4月24日更新) 1 交付対象の追加 愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金の交付対象に、宿泊事業者を追加します。 これをふまえ、ホテル又は旅館について、集会の用に供する部分を休業した場合だけではなく、4月26日(日曜日)から5月6日(水曜日)まで、ホテル又は旅館を休業した場合にも、協力金の対象とするものです。 これらの施設の休業期間については、4月21日に解釈を統一したことから、期間は弾力的に対応することとします。 少なくとも23日から休業をお願いします。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 ・休業要請等の対象となる施設については、次のとおりです。 ・今回の協力金は、県の要請の対象となる施設について、その運営を行う事業者を対象としています。 ・緊急事態措置以前に、開業しており、営業の実態がある事業者が対象となります。 ・県内の事業所の休業等を行った場合が対象となります。 この場合、県外に本社がある事業者も対象になります。 〇 休業協力要請期間中(2020年4月17日から5月6日までの期間)に休業等の要請に全面的にご協力いただいた中小企業及び個人事業主が対象となります。 ・飲食店等の食事提供施設における営業時間短縮とは、夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業自粛に向け、営業時間を短縮することをいいます。 (終日休業を含む。 ) ・全面的な協力とは、休業協力要請の全期間(4月17日から5月6日までの期間)、要請に応じて休業等を行っていただくことが基本です。 ただし、4月17日は調整等を念頭に置いて弾力的に対応することとし、営業の実績があっても構いません。 御承知おきください。

次の