オーバー フロッ シャー デコ。 【スプラトゥーン2】オーバーフロッシャーデコの立ち回りとおすすめのギア【フロデコ】|ゲームエイト

【スプラトゥーン2】ウデマエXで勝てる「オーバーフロッシャー」のおすすめギアと立ち回り!

オーバー フロッ シャー デコ

オーバーフロッシャーは最弱です。 オシャレな背景にたたずむお風呂 爆風も存在しない、大きな当たり判定もない。 サブスぺに恵まれたわけでもない。 運だけ。 まぐれ。 スロッシャーにお前いらんわ。 スロッシャーのれたメンツを紹介するぜ!! スロッシャー な背景の純スロッシャー メイン最大ダメージ70、根元でも50の高度減衰がなければ2確で相手を倒せる武器。 射程は寿司よりちょっと長いくらい、プライム、L3には負ける。 今の環境ではさほど強くないとされているが、そのポテンシャルは非常に高いといえる。 必須ギアは特にないし、サブでそこそこ塗れるし、ルでヘイトも稼げる。 対面も段差を活かして相手を一方的に倒せる。 スロッシャー系統もうこの武器だけでいいと思う。 だってこの武器しかスロッシャーしてないもん。 最強です。 ヒッセン 2初期の環境を破壊した武器。 一時期大会や対抗戦環境ではヒッセン3ラピ1やヒッセン4が蔓延った。 だがもう今となっては使用者ワースト10くらいなんじゃないだろうか。 クイボとメインのがすごい。 それだけ。 あとアーマーもあるよ。 対面ではプライム、L3、なんでも負けて、塗りルでは若葉に負ける。 かわいそうな武器。 なんなら 1. 0以降曲射ダメージの判定の一部がなくなるというバグがあるらしい。 今でも修正されていない。 情報 なんで? だが、近距離の対面は目を見張るものがある。 知らんけど。 メインで2確、クイコンでさらに速い速度で2確。 最弱です 最強です。 スクリュースロッシャー じっと見ていると吸い込まれそう 小並感 一時期環境を破壊した武器。 タンサンボムシャカシャカだけでも勝てた。 メインも最強だった。 足りないものはルだけだった。 そんな武器。 使用者は減ってしまったが、全然強いと思う。 でもプライムL3が流行ってたら一生日の目を浴びれないだろうなぁ。 かわいそう。 対面最強。 最強です。 エクスプロッシャー お前さえいなければ。 多分お風呂と比較される最大の 敵。 本当にお前。 なぁ、こら。 ちなみに、実は僕たち、同期なんです。 一体どこで差がついてしまったのか。 なんか一緒に入社したのにどんどん昇進しちゃったなぁお前みたいな感じ。 エクカスに関しては、 「いや、エクスにスフィアwwwwwww」みたいな感じ馬鹿にされてて、 フロデコに関しては、 「え、風呂にとボムラ!?縄張り最強じゃん!!!!」とか初めて褒められたもんなぁ。 悲しいなぁ。 あらゆる武器の射程外からでかいインクを降らせて、動けなくなった敵を爆風で爆散させる。 人の子じゃない。 お前ら人間じゃねえ! スロッシャーなんて名ばかりの、撲滅武器。 もしかして... あれ、スロッシャーなのに2確じゃない武器なんてあるの?w 一発30ダメージw ぷぷぷw 「でもね、風呂って一振りで4回玉が出るんだよ!!!」 え!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! つまり.................................................. ???????????? 一振りで120ダメージ!!!???!!?!??!!?!??!?? 実は、ほかのスロッシャーはメインを 二回降らなきゃいけないんです。 でも、風呂は メイン一回で相手を倒せるんです。 しかも、最大射程は エクスより長い!!!! これもう実質チャージしないリッターじゃん。 しかも塗りも強い。 なぜ風呂が弱いと考えるのか。 なぜエクスのほうが強いと考えるのか。 その考えに一矢報いる。 エクスは二回。 風呂は一回。 みなさんも風呂を担いでガチマしましょう。

次の

【スプラトゥーン2】ウデマエXで勝てる「オーバーフロッシャー」のおすすめギアと立ち回り!

オーバー フロッ シャー デコ

スポンサードリンク オーバーフロッシャーデコの基本性能は? メイン性能はオーバーフロッシャーと同じ。 1回の攻撃で地面をバウンドする泡を4つ発射する。 泡一つの攻撃力は 30ダメージ。 泡を4つ当てれば倒せるので、うまく当てれば一振りで相手を倒すことも可能だ。 射程はかなり長く、プライムシューターやデュアルスイーパーなどよりも射程は長い。 そもそも 射程は「泡が3回バウンドするまで」になっているので、上向きで攻撃したり、ジャンプ撃ちしたり、高い所から攻撃すれば1バウンド目までの距離が伸びる=射程も伸びる。 うまく高所から攻撃すればチャージャーの以上の射程になることも。 細かく射程を覚える必要はないが、「そのまま攻撃してもプライムシューターよりは長い」「高い所から攻撃したり、上向きに攻撃したら射程が伸びる」の2つは覚えておこう。 細かい塗りは出来ないが、 少しエイムをずらしながら攻撃したり、壁に反射させて攻撃することで広く塗ることが可能になっている。 もちろん塗りだけでなく撃ち合いの場面でもこうしたテクは大事になってくる。 サブウェポンはスプリンクラー。 メインとの塗り方の違いで言えば、 一定範囲を常に塗ってくれることや メイン攻撃でカバーしにくい塗りつぶし的な塗り方ができることだ。 スペシャルウェポンはキューバンボムピッチャー。 言わずと知れた塗りでの破壊力がバツグンなウェポン。 反面、相手のヘイトをかなり集めるので発動中やられないよう注意だ。 オーバーフロッシャーデコの立ち回りのポイント 武器構成的にも相手と撃ち合いメインで戦うのであれば、通常のオーバーフロッシャーのほうがいいので、オーバーフロッシャーデコを持っていくのであれば 塗り中心に立ち回ることを考えよう。 スペシャルが発動できるようになったら、そのまま前線に出ながらキューバンボムピッチャーでゴリゴリ前線を上げていく。 こういう立ち回りを意識してみよう。 スポンサードリンク ナワバリバトルとガチエリアで優先的に使ってみよう これだけ塗り特化の武器なので、やはり塗りがバトルの勝敗に直結する ナワバリバトルやガチエリアで使ってみると強さを実感しやすい。 特にガチエリアはスプリンクラーとメインウエポンを併用すればものすごいスピードでエリアを奪うことができるし、キューバンボムピッチャーによるエリアの強引な奪取もできる。 キルでは貢献しにくいが、逆に エリアを自分一人で塗れるので他の味方が撃ち合いに専念しやすいというメリットもある。 逆にガチアサリなど撃ち合いがメインになりやすいルールの場合は通常のオーバーフロッシャーを持っていくといいだろう。 オーバーフロッシャーデコにおススメのギア オーバーフロッシャーデコにおススメのギアはイカダッシュ速度アップ、メイン性能アップ、サーマルインク、スーパージャンプ時間短縮だ。 相手に詰められた時に、反撃する手段に乏しく距離を空けるという選択をすることも多いため、 イカダッシュ速度アップはぜひ入れたい。 意外と動き回ることが多い武器だ。 メイン性能アップを入れるとメインウェポンの塗り性能がアップする。 メインでの攻撃回数が多いので、つけておくと更にエグい塗りを実現できる。 サーマルインクは攻撃を当てたら壁裏に相手が潜んでも透けて見えるようになるギア。 メインの攻撃は4発すべて当てるのは難しくても、1発なら当たることが多い。 オーバーフロッシャーデコは撃ち合いも苦手ということもあり、1発あてて相手が物陰に隠れてしまう状況も多いので、サーマルインクも役立つ場面が多い。 同じく撃ち合いが苦手でやられてしまいやすいので、少しでも復帰しやすくするための スーパージャンプ時間短縮。 ギアに余裕があるなら復活時間短縮やステルスジャンプなどをいれてもいいだろう。 これらのギアを中心に装備を整えていこう。 オーバーフロッシャーデコの立ち回りとおすすめのギアのまとめ 通常のオーバーフロッシャーとどちらが使いやすいか?と言われれば、 正直デコよりも通常版のほうが使いやすい。 スプラッシュシールドを展開してからのメインは撃ち合い有利を作りやすいし、アメフラシも隙が少ない割にメインとの組み合わせ攻撃も決まりやすいからだ。 だが、オーバーフロッシャーデコはその塗り能力を活かして、中央だけでなく 手が届きにくい高台なども塗ることができるし、スペシャルでの前線突破力もある。 ナワバリバトルはともかく ガチルールになると塗りよりもキルを優先する味方が多いので、バランスをとるために超塗り特化のオーバーフロッシャーデコで塗りをカバーしてあげるのも一つの戦い方だ。 まずはナワバリバトルやガチエリアでオーバーフロッシャーデコを使いながら、その圧倒的な塗り性能を味わってみよう。

次の

Xが教えるスロッシャー武器研究(オーバーフロッシャー編)【スプラトゥーン2】

オーバー フロッ シャー デコ

遅くなりましたが今回はスロッシャー系の考察を行っていきたいと思います。 ダメージ回復が遅いころのクイボとスシ並みの射程+無敵時間の長かったアーマーのヒッセン、全盛期でガンガンスフィアを回し、メインの性能も良いバケデコ、スクリュー弾の判定とタンサンボムにチャクチがマッチしてしまった黒洗濯機、強烈な曲射と塗り性能を持つエクス、1人でボムピ並みのホコ割速度を持っていたオバフロといった性能の高いブキが勢揃いのブキ種ですね。 スパイガジェットでスロッシャー系ブキを相手するときに注意すべき点は 曲射。 カサの有無関係なく頭上からインクを振りかけられるという点や、 遮蔽物をある程度越えて攻撃できる点、何よりスパイガジェットの苦手な 高低差を活かした立体的な攻撃が行えることが非常に厄介です。 そのため、エクスと風呂を除いて、 正面から撃ち合って撃ち勝てることは相手のミスがない限りあり得ません。 なので、 基本的には撃ち合わず移動と場合によってはトラップや味方と倒すこと、対面を避ける選択肢も考えながら動きましょう。 ヒッセン系 悪い チャクチ 無理 サブはクイボとスプボ、ルはアーマーとアメになっている軽量級のスロッシャーです。 特徴としては振った時に直線の1本だけではなく、3方向に広がるインク。 スパイガジェットよりも射程はないものの、 歩きでのエイムずらしが機能しないのが厄介です。 軽量級ゆえに一連の動作が素早く、特に無印のクイボからの連携、通称クイコンが強烈です。 また、足元をとってもすぐに塗り替えされてしまうといった点からのんびり撃ち合っている余裕はありません。 対面する場合は 退き撃ち重視でカサは展開せずに ヒト速を活かして縦に移動しましょう。 射程を押し付ければスロッシャーの中では相手がしやすい分類です。 ちなみに、ヒッセンには射程ギリギリでインクを曲射した時すっぽ抜けてダメージ0になるスポットがあります。 いつ修正されるんでしょうね… 2. ルはクソビーム、スプボムピ、チャクチを備えた洗濯機をモチーフにしたスロッシャーです。 2月21日現在ではスクリュースロッシャーベッチュー、通称黒洗濯機が猛威を振るう環境になっています。 出会う機会も多いのではないのでしょうか。 特徴は、他のスロッシャーのようにインクの塊を振りかけるのではなく、 スクリュー弾と呼ばれる回転のかかった弾を撃ち出すことですね。 このスクリュー弾の当たり判定が曲者で、直線状の弾から周囲にインクを噴出しているイメージの当たり判定です。 5人分レティクルがズレていても当たります。 相手がカサを破壊しようとカサを狙ってきた場合は勝つことはできますが、基本はカサの上を通過するように撃ってくるので 中距離の撃ち合いでカサは機能しにくいです。 またカサを閉じて歩きしても独特の当たり判定で捌ききれません。 直接の対面は避け、 こちらが先に1発当てることができたorトラップにかけることが出来た場合のみ対面しましょう。 カサを越えた射撃で直撃が取られることはほぼありません。 このブキで最も気を付ける点は 地形対応力の強さですね。 崖下から上に向けた曲射や障害物を越えた曲射はスパイガジェットでは対応できません。 そのような地形で戦うこと自体が負けなので、早急に離れて仕切り直しましょう。 壁に張り付いていったん待つという行動は洗濯機のカモなので絶対にやめましょう。 しかし以前よりもめっきり数は減りましたね… 3. スロッシャー系 詰み チャクチ 無理 サブはン、、スぺはマルミサ、スフィアを備えた中射程のスロッシャーです。 スパイガジェットよりも 早い連射レート、長い射程に曲射まで備え、確1ボムやルとのもある70ダメ 確2のメインショットを有しているブキです。 対面は相手が複数のミスを連続して行わない限り 詰みです。 カサを 展開するだけ無駄ですし、 展開せずに立ち回った方が躱わせる可能性がありますね。 1発先に当てても相打ち以下しか取れませんし、当てた後に逃げられてしまうと遅いキル速では倒しきれません。 1vs1は絶対に避け、2人以上で相手しましょう。 このブキにの欠点としては、インクの当たり判定が 横にはそれほど広くないという点です。 シューターのような弾速や連射もないので、 大きく移動されるという行動に対しては狙いや偏差撃ちをつけにくい面があります。 それでもかなり厳しいですが…。 もし倒しに行くときは相手が 残り1発で倒せるときだけにしましょう。 こちらが 被弾した状態で向かうのも非常に危険です。 いったん退きましょう。 デスしなければチャンスはあります。 少なくとも初動でバケツと鉢合わせることにはならないように、 マップの塗り跡はしっかり確認しましょう。 エクスプロッシャー メインが届く場合 悪くない チャクチ 〇 サブはとポイセン、スぺはバブルとスフィアを持つ重量級に属するスロッシャーです。 特徴としてはクイックボムのような弾を放ち、直撃で55、爆風で35ダメージを与えます。 真正面から撃ち合う分にはスパイガジェットに匹敵するレベルのDPSなので、カサありで正面から撃ち合う分には問題ないのですが、基本は高所からの曲射による広範囲攻撃が厄介です。 別に近接でもそこそこ戦えてしまう… なので近接での撃ち合いでは特に解説することは多くありません。 エクカスの スフィアが溜まっているかを確認してスフィアを自分の余裕があるうちに吐かせる動きを心がけましょう。 相手が高台の強ポジにいるときは手を出す手段がほぼなく一方的な塗りを押し付けられがちです。 高台にいるときは足を止めて射撃を行わず、 相手の範囲外に逃げるようにしましょう。 移動先が相手の範囲内の場合は偏差撃ちで当てられてしまうので、しっかり 範囲を考慮して安全圏に逃げること。 また、弾速は遅いので直撃を躱すように相手の弾を見て動くこと。 オートロのように 金網のあるステージでは相手の弾が金網を貫通するので距離を詰めるのに利用するのも一考です。 そして、同じ高さの場所で詰めていく場合は直線ではなく 斜めジグザグに詰めていきましょう。 ただし 迅速に、もたもたしていると爆風で削られて倒されてしまいます。 相手を焦らせる動きを目指しましょう。 威力30の泡を4つ放ち、跳ね進むことで地形によって射程がスプチャ並にもなります。 跳ね進む関係上、 壁の反射によって盤面を崩していくほか、塗り性能の高さで足場を奪ってキルを取るor削りを行う役回りが多いですね。 その分曲射の判定はシビアでカサの上から倒されるということはありませんが、 壁反射による側面ヒットが発生します。 このブキによってキルされる状況は 足を止めている時に4hitすること、 近接しすぎたことによる4hit、 狭い場所での乱反射、 削りからのトドメ、などが多く能動的にキルが取りやすいブキではありません。 なので、対面するときは 射撃中も含めて足を止めずに近づきすぎないこと。 近づきすぎなければ相手の 弾速は遅いので見てから避けることも行いやすいです。 ただ、愚直に真っ直ぐ突っ込んでしまうと瞬く間に4hitするので 横移動も含めること。 高台にいる場合は自分の射線が通っていれば射撃を行ってもよいでしょう。 高さに対応する攻撃は他のスロッシャーと比べると脅威度は低めです。 とにかくこのブキに対面した時は、 閉所と足場の悪い場所で戦わないこと。 動きが制限されるほど事故デスが発生することを頭に入れておきましょう。 スロッシャー系のブキについてはここまでです。 ブキ種的に不利な相手が多いの11対面は避け、味方と連携する本来の役回りを取っていきましょう。 次回も個別ブキ考察の予定です。 基本的に長射程相手では解説できることや、取れる行動が大きく絞られてしまうことはご留意下さい。 高台に手が出せない武器の宿命です。 ここまでお読みいただきありがとうございました! Tama52UndercoverBrella.

次の