女の子 髪 描き方。 イラスト初心者でも簡単に描ける髪の描き方!

可愛い女の子を描く!眼鏡やリボンの描き方講座|お絵かき講座パルミー

女の子 髪 描き方

ラフを描く まずはアタリをとります。 顔や体の形を含めて、バランスよいシルエットになるようにします。 ザックリしているように思えるかもしれませんが、この時点ではこれでよいです。 あくまでもパーツの大きさや配置を確認するのが目的ということを意識してください。 大まかなパーツを配置します。 前髪は、左、中、右と分けてバナナみたいな形に描きましょう。 こうすると自動的にカワイくバランスをとることができます。 もみあげは頭頂部から、耳を隠すように流します。 横と後ろの髪は、シルエットが美しくなるように形を整えましょう。 私の経験上、このパーツはあまり立体を意識する必要がありません。 メカクレキャラなので、左と中の前髪を繋げます。 また、右目が隠れるように髪の長さを調整し、毛先の形を調整します。 髪の毛の形を整えるとき、同じ形の繰り返しになると退屈な印象になってしまいます。 中央の毛を中心に、左右に小さい毛束を配置して、リズミカルに整えるのがコツです。 クリンナップ&ペン入れ 全体的にバランスを整え、線を少しクリンナップしました。 近い距離にある毛束の間にある線を一部消します。 こうすることで線画自体を軽くするとともに、やわらかい印象になります。 いろんなところで活躍するテクニックなので、覚えておいてくださいね。 ここから先は、手直しするとなると時間がかかりますので、左右反転して形を最終調整しておいてください。 ペン入れをしました。 これで線画完成です。 下地の着色 髪用のレイヤーを作って、髪の色を適当に塗ります。 はみ出さないように塗って、不透明度保護しておいてください。 これで、以降髪を塗った時にはみ出すことがなくなり効率的に作業できます。 不透明度保護のやり方はお絵かきソフトによって違いますが、クリスタならレイヤーパレットの上にある南京錠とクッキーみたいなマークです。 ベースの色を塗っていきます。 今回は銀髪を描きますが、ベース色は灰色か青みがかった灰色にするとよいと思います。 この絵では光が右から当たっていることにするので、顔付近と右側を明るめに塗ります。 エアブラシを使って、色の境界がスムーズになるようにします。 顔付近と、側面にピンク色を載せます。 意外なことですが、白や銀色のものを描くときは、 いろんな色を混ぜたほうが白っぽく見えます。 なぜなら、白は周りにあるいろんなものの色を映しこむからです。 顔付近は肌色を映しこむから、側面は人物の外側のものが映り込むから、ピンク色をのせています。 側面の色は周りにあるものに合わせて、ピンク以外でもOKです。 例えば森の中のシチュエーションなら緑になりますね。 光沢を描く 一番光が強く当たる部分を白く塗ります(ハイライト)。 光が当たっている側の端っこを塗るのが鉄則です。 それにプラスし、頭頂部と、光と反対側のもみあげにもハイライトを描き立体感を出しました。 ここが重要。 「天使の輪」とも呼ばれる、輪形の光を描きます。 新しいレイヤーを作成して、頭頂部から等距離に光を書き込んでいきます。 こんな感じで描いてみてください。 「w」を連続したような形で、両脇だけ幅広に。 水色で描く。 なんとなく寂しい部分の髪にも描く。 ちなみに、水色で描いている理由は、空の光を映しこんでいるからです。 さっき描いた天使の輪を不透明度保護して、光が当たっている方を白く塗ります。 ハイライトっぽくする処理ですね。 この時も、色の境界がスムーズになるように、エアブラシツールなどを使ってください。 後ろ髪を描きました。 後ろ髪は、こちらから見えているのは裏側ですので、光はほとんどあたりません。 そのため、暗い色で塗っておきましょう。 暗い色で塗ることで、画面を引き締める効果もあります。 後ろ髪には向こうから逆光があたっているので、ふちに漏れ出た光を表現します。 また、顔の横や後方の髪には地面で反射した光が下から当たっているので、そこにも光を表現します。 どちらも明るい色を塗ることで表現しています。 通常は地面に光の照り返しなので黄色っぽい色なのですが、ファンタジーだと青や紫で描くことが多いです。 今回は青緑にしています。 下を向いている面に塗るのですが、ふつうは髪の毛の先がクルンと丸まって下を向くので、毛先に塗るとよいと思います。

次の

初心者が陥りがちな誤った髪の描き方と解決法

女の子 髪 描き方

初心者が可愛い女の子の輪郭を描く上で重要なこと イラストを描き始めた初心者の方はうまく輪郭のバランスが取れないと思います。 言うまでもなく女の子を描く上で一番重要な場所は顔です。 しかもイラストを見る際、人は必ずキャラクターに目が行き顔があればそこに視点が集まります。 その時に顔の輪郭が歪んでいたら・・・ 輪郭だけでなく顔についているパーツ全てに共通して言えることですが、絵の印象を決めるのは人物の顔といっても過言ではありません。 (絵の種類によるところはある) では可愛い女の子の輪郭を描いていく上で重要なことはなにか? 「形と位置」 たったこれだけです。 「こんなの当たり前じゃん!」「これができないから苦労してるんだ!」と思う人もいるかと思いますが ・どのような位置で ・どのような形で ・どのような割合で ・どのような角度で これをしっかり定義づけ、テンプレート化していくことが毎回可愛い女の子の顔や輪郭を描けるようになる方法なのです。 この四つに焦点を絞ってこれから解説していきます。 その問題は左右のバランスです。。 このバランスが悪いと、絵を反転した時にかなりのズレが生じてしまいます。 多少のズレならいいのですが、最初はそのズレがどうしても大きくなりがちです。 大きくずれてしまっては可愛い女の子の輪郭にはなりませんよね。 その問題を解決するには 解決方法は片目を瞑って描くことです。 両目から見る時どうしてもそれぞれの目で見えてる範囲を最適化し、一つの視界として対象物が映し出されます。 目の位置は左右で違うのにも関わらず。 なので見える範囲を一つにして(片目をつ瞑って)描く。 それでも多少ずれることはありますが、三次元の人も顔の構造は左右対象ではありません。 なので多少ズレていた方が自然なので気にしないようにしましょう。 一番の問題点が解決したところで輪郭を描いていきます。 縦の線は下に突き抜けて描いてください。 そして顔の面を描いてきます。 円の中の横線を基準に正方形を描いていきます。 この中に輪郭を描く目印の役割です。 そして輪郭をバランスよく描くためには目の位置を先に決めることがとても重要です。 なので目の高さをだいたい円の1/3あたりの位置に横線を引き描いていきます。 ここが可愛く描くポイントです! 簡単にでいいので目の大きさや位置を決めます。 ここで重要になるのが目尻の位置です。 輪郭のエラが目尻位置まで来るように直線ツールで描きます。 納得いくまで描き直しましょう! そして下のように顔を完成させます。 あとはこの輪郭の線に合わせてラフを描いていくだけです。 直線ツールで描いた時はエラが直角になっているので丸く輪郭を描いてくださいね。 しかしこれだと輪郭が左右多少ではないのでしっかり治してくださいね 輪郭修正前 輪郭修正後 初心者の方は慣れるまでは図形ツールを使って正確に描くことをおすすめします。 そうすれば可愛い女の子を安定して描けるようになります。 完全にずれてます。 目の位置はこちらの記事に書いてありますのでよろしければこちらもご覧ください。 幼い ・あごがシャープだと少し大人びた雰囲気になります。 ・あごが広いと幼い印象になります。 【初心者でも可愛く描ける】斜めの輪郭の描き方 斜め前から見た輪郭の描き方も解説していきます。 まずは円形ツールで正円を描きます。 今回は斜めを向いているので、より立体的に見せるように十字線も描いていきます。 そしたら円に布をかぶせるイメージで顔の面を描きます。 これもまた輪郭の範囲になります。 同時に目の位置も決めてしまいましょう。 なぜかと言うと花の頂点が頰の位置に当たるからです。 鼻の位置を基準にすると斜めの輪郭は描きやすくなります。 円と正方形の交点から直線ツールで花の位置まで引っ張ります。 そしたら顎のラインをひきます。 ここは正方形と同じです。 耳の位置を決めてからエラのラインを描きましょう。 ここのエラの輪郭部分に角度をつけてあげると小顔になり可愛い輪郭になります。 可愛い女の子の輪郭のラフを描く時の注意点 ここではいくつかの斜め輪郭の注意点を描いていきます。 斜め輪郭の 最大の難所が頰です。 女の子の頰の場合、ぷっくり膨れた頰が可愛く描くコツです。 これの最適なバランスを紹介します。 画風や人によって異なるのでこれだけが正しいわけではないですが、参考にしてみてください。 またこめかみと頰の凹みに目が入るので 凹みの大きさは目の大きさと思って描いてください。 後頭部は絶壁にならないように気をつけてください。 【初心者でも可愛く描ける】横輪郭の描き方 次は横の輪郭を可愛く描く描き方を解説していきます。 まずは同じように輪郭の元となる正円を描いていきます。 円の真ん中を決めた後、目の位置を決めるための線を引きます。 目と耳はここでも目印になるので先に決めておきます。 布をかぶせるように顔の面を描いていきます。 ここからが横輪郭の難しいところなのでしっかり読んでください。 鼻の位置と目の位置はほとんど変わりません。 なのでだいたい目の上まつげ部分から直線ツールで鼻の輪郭を描き、鼻の頂点は頰の位置になるところまで描きます。 その後鼻の頂点から四角の角まで特選ツールで目印を引きます。 この線はとても重要な線です。 ラフの時にも使う線なので必ず描いてください。 四角形の中で1:1になるように点を引きます。 真ん中の点からエラの輪郭を描きます。 これでアタリはだいたい完成しました。 あとはそれに合わせて描くだけですが、バランスの注意点を解説していきます。 次は眉間からあごの割合です。 ここは直線上に全て触れていると考えてください。 さっきこの直線は必ず描いてくださいといった理由はこのためです。 横顔の美しさはこの直線で決まります。 横向きの時も耳の位置に気をつけましょう。 首の骨はエラの後ろから始まっているため、左の画像のように後ろの方についています。 (左画像) あごと首の境目は目尻を下に伸ばした位置から始まります。 (右画像)• これで全ての顔の輪郭を解説し終わりました。 他にも女の子の書き方をまとめた記事がありますのでこちらを確認して可愛い女の子をかけるようになろう! このサイトでは様々な「描き方の記事」を書いているのでぜひ他の記事も参考にしてみてください。 まとめ いかがでしたか? 今回は可愛い女の子を描くための輪郭を解説していきました。 「形と位置」を意識して可愛い輪郭をかけるよう頑張ってください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

実はカンタン!女の子の顔をかわいく描く描き方とコツ

女の子 髪 描き方

後頭部の位置を把握する 髪の毛の描き方で最も重要な のは、やはり後頭部の位置を把握することでしょうか。 後頭部の位置が分かり、あたりで後頭部が捉えられると、一気に髪の毛の描き方がわかって来ます。 後頭部の描き方は別の記事でも紹介しているので、ぜひ後頭部の描き方を覚えて見てください。 一応参考までにイラストをここでも載せておきます。 正面から見ると後頭部が見えにくいので、正面から髪の毛を描くのは少し難しいですね。 正面顔は難しいので、特に後頭部をうまくアタリで捉えられるといいでしょう。 後頭部が見えにくい正面よりの顔を描く場合は、後頭部の位置を確認し、後ろ髪などをバランスよく描くといいでしょう。 後頭部を捉えることができれば、頭のてっぺんの広さなども分かるので、頭が伸びてしまったり、面長になってしまう心配もありません。 顔のアタリは慣れてくると取らなくなるのですが、上達しても後頭部のアタリを丸で描いてみて確認してみるといいでしょう。 後頭部だけアタリを取ってみると、かなり髪の毛の描き方がわかってきます。 髪の毛の描き方は奥行きが大事 髪の毛の描き方でもう一つ大事なのは奥行きです。 奥行きを出すと髪の毛が立体的に見えるので、髪の毛の描き方で奥行きを出すのは特に大事です。 黒ベタで奥行きを出すのが一般的ですね。 これを見たことがある人や、知っている人も多いでしょう。 前髪の影になっている部分を黒く塗ることによって、髪の毛が頭部に張り付いてペタッとした感じにならないのです。 髪の毛の奥行きがあるのとないのとでは、髪の毛の立体感や説得力が変わるので、適度な黒ベタを描いてみてくださいね。 髪の毛の描き方前髪編 今度は実際にいろんな角度から髪の毛の描き方を見ていきましょう。 まずは前髪の描き方からです。 前髪はアタリを取ったらまず一番最初にに描くといいでしょう。 前髪のボリュームによって、顔の表情や大きさのバランスが変わってきます。 まずは前髪を描いて、顔の印象をチェックしてみるのがおすすめです。 前髪の描き方は、髪型によって変わってくるので、初心者でも最初にいろんな髪の毛を描いて見るのがおすすめです。 いつも決まった髪型を描いていると、ほかの髪型を描きたくなった時に、うまくバランスが取れなかったりすることがあります。 最初にいろんな髪型の描き方を研究しておけば、髪の毛をどういう風に載せれば綺麗に可愛く見えるのかがわかってきます。 適当でも描けなくてもいいので、髪型によって顔のバランスがどう変わるのかを知っておくのがいいでしょう。 髪の毛の描き方を覚えて来たら挑戦してみてくださいね! 髪の毛の描き方横顔編 横顔は比較的簡単に描けるので髪の毛の描き方を覚えるのが楽しい時間ではないでしょうか。 横顔はあたりを先にとってから描いた方がいいでしょう。 最初にご紹介した丸いアタリを使って描くのがおすすめです。 横顔の髪の毛の描き方は構造がシンプルなので意外と簡単です。 パーツに分けてみると、前がもとサイドの髪の毛、後頭部の髪の毛とツインテールならツインテールの髪の毛のパーツが分けやすいのです。 正面顔の髪の毛の描き方のように、後頭部の位置がどこまでなの分からなくなることがあまりないので、横顔は頭の中のイメージをそのままの、前髪やサイドの髪の毛をのせることができるのではないでしょうか。 髪の毛の描き方煽り顔 アオリガオ 編 ここから少し難しくなってくるのではないでしょうか。 俯瞰や煽りがわかりにくく検索してこられた方も多いと思います。 俯瞰と煽りの髪の毛の描き方にもポイントがあるので、これも一緒に見ていきましょう。 まずは煽り顔の髪の毛の描き方です。 ちなみに俯瞰 フカン とは、下から見上げた時のことです。 反対に煽り アオリ とは上から見たときのことです。 この二つはイラストを描いているとよく出くわすので覚えておきましょう。 煽り顔の髪の毛の描き方で重要なのは、耳の後ろの髪の毛です。 ここがないと煽りで見上げている感じにならないので注意が必要です。 下から顔を見上げているので、耳の後ろ、耳の下あたりが見える形になります。 左のイラストのように、やはり丸い後頭部のアタリで確認すると、この耳の下と後ろあたりの髪の毛を忘れずにに描くことができます。 煽り顔の場合は頭のてっぺんやつむじが見えなくなり、耳の後ろや下、又は顎の下あたりが見えるようになります。 ここをアタリで表現してから髪の毛を描くといいでしょう。 頭のてっぺん部分の前髪をふっくらさせすぎず、顎下には影を入れたり、耳下に後頭部の髪の毛の生え際を描いたりしてみましょう。 それだけで煽った顔と髪の毛の描き方ができます。 髪の毛の描き方俯瞰編 俯瞰顔は上から見下ろした時の顔ですね。 俯瞰顔の髪の毛の描き方も非常によく描かれるので重要です。 上から見下ろしているので、頭のてっぺんが見えている状態になります。 髪の毛を描く時はつむじや前髪の生え際を表現するといいでしょう。 反対に顎下の影は狭くしたり、耳の下や後ろの後頭部の髪の毛は見えません。 俯瞰の傾きにもよるので、正確には見える角度と見えない角度があるのですが、見えても少しです。 確認したい場合は自分の顔を鏡を使って確認してみましょう。 これが一番正確で、確実な方法です。 面倒なら丸で後頭部のアタリをとって見ましょう。 髪の毛の描き方は鏡を使おう! いかがでしたか?いろんな角度から髪の毛の描き方を見ていきましたが、俯瞰や煽りなど難しい角度の髪の毛の描き方は何度も練習して訓練が必要だと思われがちですが、注意すべきポイントは意外と少ないです。 参考にいろんなキャラクターの俯瞰顔や煽り顔の髪の毛の描き方を確認してみて、どのように描いているのか調べてみるといいでしょう。 髪の毛の描き方は顔の描き方と同じらい重要なので、ずっと描き方を研究して言ったり、改良して行ったりするものです。 自分なりのオリジナルの描き方を身につけてられたらいいですね!頑張ってください!.

次の