除湿 と 冷房 どっち が いい。 部屋干しでエアコンを梅雨に使うなら除湿と冷房どっち?カビ対策は?

エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解?

除湿 と 冷房 どっち が いい

梅雨の時期の湿気はエアコンで対策 梅雨の時期はムシムシしたりジメジメしたりと不快さを感じる方も多いことと思います。 家の中だけでも快適に過ごしたいものですが、家の中も湿気だらけ・・・ 部屋干ししている洗濯物やなかなか干せない布団など、部屋の中も湿気がいっぱいで嫌になりますよね。 人の体感温度は気温だけでなく湿度にも関係し、湿度が高いと体感温度が上がると言うことです。 つまり、梅雨の時期の蒸し暑さや不快さは湿度の高さ、湿気の多さが原因になります。 そんな梅雨の時期の湿気対策には、除湿機とエアコンがあります。 どちらも部屋の除湿には有効ですが、ここではエアコンを使った湿気対策について見ていきましょう。 エアコンで涼しくするときに選ぶモードとして、 冷房と 除湿(ドライ)があります。 この冷房と除湿(ドライ)はどんな違いがあるのか、ご存知でしょうか。 梅雨の時期の除湿にエアコンを使うためにも、まずは冷房と除湿の違いについて見てみましょう。 エアコンの冷房 冷房は 部屋の中の温度を下げることを最優先にした機能です。 エアコンが室内の空気を吸い込み、空気中の熱を外へ追い出すことで部屋を涼しくする仕組みになっています。 エアコンの除湿 一方の除湿は 部屋の空気中の湿度を下げることを最優先にした機能です。 空気の温度が高いほど空気中に蓄えられる水分量が多くなり、温度が下がるほど蓄えられる水分量が少なくなります。 そのため、空気の温度が下がることによって、空気中の水分が水滴となります。 氷水が入った冷たいコップを置いておくとコップの周りに水滴が付くのと同じことがエアコンの室内機でおきています。 エアコンでは湿度の高い空気を吸い込んで冷やし、水分を水滴にしてホースで室外に出します。 そして、水分を取った空気は部屋の中に戻されます。 これを繰り返すことによって部屋の湿度を下げるわけです。 エアコンの除湿の機能の種類とは 除湿の機能には「 弱冷房除湿」と「 再熱除湿」の2種類があります。 この2つは、水分を取った後の空気を部屋に戻す際の「温度」の違いになります。 弱冷房除湿は、水分を取るために冷やした空気をそのまま部屋に戻します。 そのため、部屋に戻される空気は元の空気より冷たくなっています。 一方の再熱除湿は、冷やした空気を戻す前に、ちょうど良い温度に温め直してから部屋に戻します。 これにより、部屋の温度を下げずに湿度を下げることができます。 エアコンの冷房と除湿はどっちがいい? この冷房と除湿(ドライ)、どんなときにどちらを使うべきか迷いますよね? 冷房も除湿も、空気を冷やすという点で機能は同じです。 違うのは、冷房は設定の温度にすることを目的としているため、設定温度に近づくまでフル回転で稼働することです。 そのため、設定温度が低ければ、それだけ除湿もされるということのようです。 ですが、設定温度が近くなればスロー運転となります。 対する除湿は、 除湿している時間を長くするため弱冷房で運転します。 弱冷房のため冷房に比べて部屋の温度は下がりにくいですが除湿は続けられるという方法になります。 つまり、冷房運転は温度を下げる能力が高く、空気中から水分を取る能力も高いので、短時間で除湿できます。 一方の除湿運転は温度を下げる能力が低く、空気中から水分を取る能力も低いので、ゆっくりと長時間にわたって除湿を続けてくれます。 梅雨の時期など気温があまり高くない季節に冷房を使用すると、温度がすぐに設定温度まで下がってしまうため、除湿する時間も短くなってしまいます。 冷房運転に除湿する能力はあっても運転自体を続けられなくなるわけです。 このような場合でも、除湿を使用すれば運転時間が長くなり、除湿を続けられるということになります。 なので、真夏などの 気温が高い時は「冷房」を使い、梅雨の時期など ジメジメしているときは「除湿」を使うのが良いでしょう。 また、 除湿で肌寒く感じる場合は「再熱除湿」を使うのも良いですね。 但し、再熱除湿は一度冷やした空気をまた温め直しすため、電気代がかかります。 スポンサーリンク エアコンの除湿と冷房の電気代の違いについて 冷房と除湿の違いがわかったところで、次に気になるのはやはり 電気代ですよね。 冷房も除湿も、空気を冷やすという点では、消費電力は同じになります。 どちらを使っても、 設定温度を高くしたほうが節電になります。 よって、冷房よりは 弱冷房除湿の方が節電になるため、電気代も安くなります。 ただし、再熱除湿は、水分を取るために冷やした空気を暖め直すため、冷房より消費電力は約20%高くなると言われています。 そのため、 再熱除湿は電気代も高くなります。 消費電力の比較で言うと、 弱冷房除湿 < 冷房 < 再熱除湿 の関係になります。 こうなると、再熱除湿は使わない方が良さそうですよね・・・ ですが、 梅雨の時期や就寝時など、あまり気温を下げると体を冷やしてしまうような場合には 再熱除湿を使うのも効果的です。 快適に過ごすことを優先するのか、電気代をかけないことを優先するのか、どちらを優先するのかによって使うモードを考えたいですね。 なので、 電気代で使い分ける場合は、弱冷房除湿や、高めの温度に設定した冷房がオススメになります。 寒がりな方など、 快適に過ごすことを優先する場合は、再熱除湿の方が良いでしょう。 まとめ 梅雨の時期の湿気対策としてエアコンについてご紹介しました。 エアコンの涼しくするモードとして冷房と除湿(ドライ)があります。 どちらも空気を冷やす点では同じですが、冷房は部屋の温度を下げることを優先し、除湿は部屋の湿度を下げることを優先する点が異なります。 冷房は設定温度までフル稼働で温度を下げていくため、除湿の能力も高いですが、短期間で終わってしまいます。 一方の除湿はあまり気温を下げないため、長く除湿を続けてくれます。 また、除湿には弱冷房除湿と再熱除湿がありますが、再熱除湿は空気を温めてから戻すため、寒がりの方には快適に過ごせますが、その分電気代もかかります。 そのときの気温や湿度、または電気代などを考慮し、ご家庭に合ったエアコンの運転をしていきたいものですね。

次の

夏の夜寝る時のエアコンの使い方~つけっぱなしでもOK?熱中症対策や温度設定について

除湿 と 冷房 どっち が いい

夜寝る時のエアコンの使い方~除湿・冷房どっちがいいの? 除湿と冷房はどっちが体に悪くなさそうか?ということでいくと、冷房はあからさまに「冷やす」というイメージですから冷えすぎて身体に悪いという印象がありますね。 その逆で除湿は湿気だけを取ってくれそうなので身体に良さそうなイメージがあると思います。 ですから寝るときは除湿のドライ設定という方が結構多いのではないでしょうか。 ところが、 就寝時のエアコンの使い方としては逆なのです。 実は 除湿のほうが温度を下げてしまうので就寝中は特に冷え過ぎになってしまうのです。 つまり寝るときは少なくとも 「冷房」 設定にしておかなくてはなりません。 寝る時のエアコンの設定温度はどのくらいにすべき? クーラー病という言葉があるようにエアコンで身体を冷やし過ぎると体がだるくなってしまいます。 人間は就寝中には体温が下がりますので当然 エアコンの温度設定は起きている時より高めにする必要があります。 一般的に言われている設定温度は 27度や28度です。 ただこれは部屋の広さや材質や構造にもよりますし、人それぞれの体質もありますから一概には言えません。 また家族など他の人と一緒に寝る場合はそれこそ誰に合わせるのか?ということになります。 ですから設定温度は基本的なこととして 「ちょっと暑いかな?」くらいの温度にするということを心掛けるようにしましょう。 またエアコンの機能でだんだんと温度を上げていく「おやすみ設定」などがあれば利用するといいでしょう。 スポンサードリンク 寝る時のエアコンはタイマーにすべき?クーラーのつけっぱなしは良くない? クーラーをつけっ放しにして寝ると翌朝体がだるくなってしまうからタイマーにしておかなくてはならないと思っている方は多いのではないでしょうか。 けれどもこれももちろん気温や体質によるのですが逆だとも言えるのですね。 というのは暑い夏は寝苦しいため寝始めが肝心になりますから寝るときにタイマーを2~3時間かけておくという方は多いかと思います。 もちろんこれで朝までぐっすりなら睡眠的にはOKなのですが、タイマーが切れて暑くて目が冷めてまたエアコンをかける・・・みたいなことが真夏ではよく起こりますね。 となると夜中に 途中で目が覚めることになりますから結局熟睡出来ません。 ただでさえ夏は暑くて日中疲労しているのに疲労回復のための睡眠が妨げられると 疲れを取ることが出来ないということになってしまいます。 ですからこの場合はむしろ エアコンはつけっぱなしの方がいいということになります。 またつけっぱなしの方が急激に温度を上げる必要がないので 電気代も安く済むのです。 ただし風が体に直接あたるのは良くないのでエアコンの羽の角度の調整は必ず行ってください。 またいくら熟睡と熱中症予防のためとはいえ体を冷やしてはいけませんから、布団やタオルケットや着るもので調節も行うようにしてください。 というわけで寝る時のエアコンの使い方は以下がおすすめということになります。 ・エアコンは除湿ではなく冷房設定で ・設定温度はちょっと暑いかな?くらいで(27度や28度) ・熟睡と電気代のためにつけっ放しにしておく ・風が体に当たらないようにエアコンの羽の調整を行う ・布団やタオルケットまた着るもので冷えを防ぐ まとめ 節約のためや冷えすぎないようにするためになるべくエアコンを使わないようにしている方がおられると思いますが、特に高齢者や体力のない人また体温調節がうまく出来ない赤ちゃんや子供などは就寝中に熱中症になってしまう危険があります。 また高齢者や子供でなくても我慢してエアコンを使わないようにしていたりして寝ている間に熱中症になってしまう危険も大いにあります。 ですから暑さの増してきた近年では エアコンは必須のアイテムであるのです。 もちろん冷やし過ぎは当然体に良くないことは間違いないわけですから、 エアコンは使い方が重要とういことになります。 ですから寝る時の熱中症対策と睡眠のために冷えすぎないように温度設定などにはくれぐれも注意して快適な夏の夜を過ごすようにしましょう。

次の

夏の夜寝る時のエアコンの使い方~つけっぱなしでもOK?熱中症対策や温度設定について

除湿 と 冷房 どっち が いい

エアコンを使う時にまず悩むのが、「冷房」と「除湿(ドライ)」のどちらを使ったらいいのだろうか、というところです。 まずは、冷房機能と除湿機能の違いを詳しく見ていきましょう。 冷房機能と除湿機能の違い 夏によく使われるエアコンの機能は冷房機能と除湿(ドライ)機能です。 冷房機能と除湿機能の違いは以下のようになります。 冷房機能 部屋の温度を下げることを最優先とした機能です。 エアコンが室内の空気を吸い込み、空気中の暑い熱を外へ逃がします。 熱がなくなり涼しくなった空気はまた室内に戻されます。 冷房はこのようなしくみで部屋の中を涼しくしています。 除湿機能 部屋の空気中の湿度を下げることを最優先とした機能です。 温度が高い程、空気が保持することができる水分量は多くなります。 そこでエアコンは室内の空気を吸い込み、その空気を冷やすことで空気中に含まれる水分を追い出し、追い出された水分は水となりホースで外へ排出されます。 水分をとったあとのさらさらになった空気はまた室内に戻されます。 これを繰り返すことで室内の湿度を下げるのです。 つまり、冷房機能も除湿機能も、基本的には同じように空気を冷やし、どちらの場合にも空気中の水分は冷やされることで結露して、水になって室外に放出されます。 冷房機能で運転しているとき、エアコンは設定された室温になるように冷房運転を行う一方で、除湿機能で運転している場合には、湿度が目標の値になるまで微弱な冷房運転を行う、というのが基本的な違いです。 2種類の除湿機能「弱冷房除湿」「再熱除湿」の使い分け 上記では「冷房」と「除湿」の違いについてご紹介しました。 次は、2種類の除湿機能について見ていきたいと思います。 最近のエアコンの除湿機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2つの種類があります。 その違いは以下のようになります。 「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の違い 弱冷房除湿 部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度も下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気をそのまま室内へ戻しています。 再熱除湿 部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気を再度暖めてから室内へ戻しています。 空気を冷やすことで水分を取り除くのは、弱冷房除湿も再熱除湿も同じです。 再熱除湿運転では、一度冷やして水分を取り除いた空気をもう一度暖めることで、室温の低下を防ぐように運転する点が違いです。 それぞれの機能の特徴をよく理解してつかうことが電気代の節約につながります• 梅雨の時期や夏の少し肌寒い雨の夜などは、再熱除湿機能を使うことで身体を冷やさずに快適に過ごせます。 (再熱除湿機能は電気代が少し高めですが、冷房で身体を冷やして風邪をひいてしまうよりは、必要な時だけ必要な機能を使うことをおすすめします)• 湿度が高くじめじめしている夏場で、弱冷房除湿で部屋の温度が快適になる場合は、弱冷房除湿がおすすめです。 室外気温が高く室内も大変暑い場合は、冷房機能で一気に部屋の温度を下げ、自動運転で設定温度を維持する方法が電気代は節約できます。 エアコンのメーカーによって、再熱除湿を搭載しているモデルとそうでないモデルがあります。 富士通とコロナのエアコンは再熱除湿と弱冷房除湿をリモコンで切り替えることができます。 他メーカーは再熱除湿方式のみであったり、再熱除湿方式ではないけれども快適な温度を保てるよう工夫された除湿機能になっていたりとさまざまです。 エアコンを新しく買う時は、除湿の方式をチェックしてみるのもいいですね。 また、エアコンの電気代の基本部分となる 電気料金プランを見直すことで、エアコンの電気代を大きく節約できる場合があります。 電気料金プランは、携帯電話や保険のプランと同じように、数あるプランの中から使う人が 一番お得に使えるプランを自由に選ぶことができます。 最適な電気料金プランを使うと、エアコンの電気代を安く節約できるだけでなく、年間の電気代を大きく節約することが可能になります!ご家庭に見合う電気料金プランは、で簡単に診断することができます。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の