ゆうゆう 窓口 と は。 ゆうゆう窓口とは?定形外郵便や速達はOK?営業時間は?24時間営業って本当?

豊科郵便局 (長野県)

ゆうゆう 窓口 と は

24時間対応(一部の大きな郵便局)• 土曜日、日曜日、祝日対応• 年末年始対応• ゴールデンウィーク(GW)対応• 夜間対応(夜間窓口)• 郵便業務• 住所変更、転送届の提出等に対応• 貯金や保険は非対応 が主な特徴となります。 できることとできないことは、以下で詳しく説明します。 「ゆうゆう窓口」は全ての郵便局に設置されているわけではなく、一部の郵便局に限ります。 お近くの郵便局にゆうゆう窓口が設置されているかどうか、上記の郵便局のページで検索できます。 最寄りの局をお探しください。 なお、ゆうゆう窓口がどのようになっているのか、実際に行ってみたレポートを以下の記事にまとめていますので、気になる方はご覧くださいね。 関連記事> ゆうゆう窓口の営業時間 窓口によって違いますが、概ね8時~21時までが多いです。 上記の郵便局のページでご確認ください。 大きな郵便局では24時間営業をしています。 全国の24時間対応窓口について、この記事のページ下部にので、ご覧ください。 営業時間はゆうゆう窓口によって異なりますので、日本郵便のサイトで確認くださいね。 通常郵便物(定形外、速達、書留、簡易書留、現金書留も可)• 保管郵便物、不在時預りの郵便物の受け取り• 切手購入• はがき購入• 封筒の購入(一部郵便局のみ)• 現金書留封筒の購入• 収入印紙等の購入• ゆうパック発送(箱、クッション袋の購入も可)• レターパックの購入、送付• 電子郵便(レタックス)• 国際郵便物(EMS、エアメール等)• 住所変更、転送届(転居届)等の届出• ゆうゆうメルカリ便、ヤフオク等の発送(ゆうプリタッチ設置の場合) 基本的に日中の郵便局業務の内容と同じですが、たとえば封筒は取扱のありなし等を事前に確認するとかして、不明点は対象郵便局に電話をしてから赴くと安心ですね。 特に郵便物やゆうパックの配送を受け付けているのは助かります。 不在時の荷物の受け取り 不在時の荷物の受け取りには、• 不在通知書• 本人確認書類(免許証、保険証等)• 印鑑(サインでも可) が必要となりますので、ご注意ください。 消印は? 消印は24時までなら当日消印を押してもらえます。 チルドゆうパック(クール便) ゆうパックのチルドゆうパック(クール便)についても可能です。 対応できる郵便局については「」のページで、「チルドゆうパック」にチェックを入れて検索してみてください。 ゆうプリタッチ メルカリ、ヤフオク、モバオク、Rakutenラクマに対応した「ゆうプリタッチ」についてはをご覧ください。 設置郵便局はをご確認ください。 その他 ちなみに封筒はAmazon等でネットでも購入可能です。 24時間営業(一部)• 土日、祝日、年末年始営業(一部)• 夜間対応• ゆうゆう窓口設置の郵便局は限られている• 郵便業務や住所変更等のみで、貯金や保険は非対応• ゆうパック配送等の郵便関連の業務はほぼ対応可能 もう一度、以下に郵便局の検索ページを記載しておきます。 いざという時に慌てないよう、前もって最寄りの「ゆうゆう窓口」をチェックしておくと安心ですね! 追加情報として、全国の24時間ゆうゆう窓口を調べました。 下記一覧をご覧ください。 ゆうちょ銀行を含む銀行の窓口やATM営業時間は当ブログの「」で記事にしていますので、よろしければそちらもご確認ください。 その場合、「実質24時間対応」と記載しています。 北海道地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 東北地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 東京都内 (平日のみ) 関東地方 (東京除く) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (6-24時まで) (平日8-24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (平日7-24時まで) (実質24時間対応) 北陸・信越地方 (8-22時まで) (8-23時まで) (24時まで) (実質24時間対応) (6-24時まで) 東海地方 (実質24時間対応) (24時まで) (24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (7-24時まで) (実質24時間対応) (8-24時まで) (平日・土8-24時まで) (8-24時まで) (7-24時まで) (実質24時間対応) (8-24時まで) (7-23時まで) (実質24時間対応) (6-24時まで) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 近畿地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (8-24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (23時まで) (8-23時まで) (8-24時まで) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (7-23時まで) (8-24時まで) (8-23時まで) (実質24時間対応) 中国地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 四国地方 九州・沖縄地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 郵便局の関連記事 >>.

次の

落合郵便局ゆうゆう窓口営業時間短縮のお知らせ(24時間開設廃止)

ゆうゆう 窓口 と は

スポンサーリンク まず、そもそも、 ゆうゆう窓口が何なのかについて、 あまり知らない方もいると思いますので、 まずは、ゆうゆう窓口の説明から始めます。 ゆうゆう窓口とは? 「ゆうゆう窓口」とは郵便局の営業時間外でも、 郵便物を出したり受け取ったり することができる窓口のことで、 土曜、日曜、祝日、夜間でも 利用することができます。 すべての郵便局に「ゆうゆう窓口」が 併設されているわけではないのですが、 24時間対応している「ゆうゆう窓口」も多く (一部の「ゆうゆう窓口」は 24時間対応していないところもある)、 曜日や時間を問わずに 郵便物受け渡しが可能な 便利なサービスです。 「ゆうゆう窓口」は主に 以下の業務を取り扱っています。 ・郵便物を出す(速達や書留も可能) ・切手の購入 ・ゆうパック ・保管郵便物や不在時預かりの郵便物の受け取り ・内容証明 etc… 「ゆうゆう窓口」を利用できる郵便局は、 限られているので注意してくださいね。 曜日や時間を問わず いつでも利用できる便利な「ゆうゆう窓口」ですが、 設置されている場所は非常に限られています。 最寄りの「ゆうゆう窓口」は 日本郵便のサイトから検索することができるので 検索してから行くようにしましょう。 次に、速達についてです。 速達郵便は発送元が東京都であれば 基本的に日本全国の配送先まで 翌日には到着します。 さらに差し出し時間が午前中であれば 配送先が北海道や沖縄県など 離れた場所であっても翌日午前には到着します。 ゆうゆう窓口によっては 深夜や早朝にも営業している 店舗も存在しているので、 早く到着させるのが目的の速達郵便であれば、 このような店舗のゆうゆう窓口を 活用するのがおすすめです。 次に深夜出すといつ届くのか、 詳しく説明すると… 郵便局では基本的に 当日の引受は夕方5時 (17時)までとしており、 それ以降に差し出された郵便物は 翌日の午前の引受扱いとしています。 そのため、例えば 月曜日の夜11時(23時)など 深夜にゆうゆう窓口から 差し出されたとしても 実際の引受とされるのは 翌日火曜日の午前扱いとなります。 発送元が東京都であれば、 一部の離島などを除いた日本全国で 引受が行われた 翌日午前には到着するので、 深夜に差し出した日の 翌々日午前には到着します。 月曜日の深夜に差し出した場合であれば、 水曜日の午前に到着となります。 なお、平日であっても 深夜まで営業しているゆうゆう窓口は あまり多くは存在していません。 基本的に平日深夜まで営業している ゆうゆう窓口を設置している郵便局は、 東京都の新宿郵便局など、 24時間営業している店舗がほとんどのため、 これらの郵便局であれば 深夜だけでなく後述する早朝に 速達郵便を差し出すことも可能です。 いかかでしたか? ゆうゆう窓口はどこにでも あるわけではないので ご自分の近くのゆうゆう窓口はどこか 調べておいた方が良いと思いました。 ゆうゆう窓口で速達を出した時の届く日数は?土曜日や日曜日に出した場合はどうなるの? まずは、土曜日に速達を 出した場合から説明します。 東京都から発送された速達郵便は 午前中に差し出されたものであれば、 基本的に配送先が 一部の離島など以外であれば 翌日の午前中には到着します。 そのため、東京都から神奈川県といった 同じ関東圏はもちろん、 東京都から大阪府などといった近畿地方、 福岡県などといった九州地方、 北海道、沖縄県いずれの場所であっても、 土曜日の午前中に差し出せば 翌日の日曜日の午前中には到着します。 また、東京都から神奈川県といった 同じ関東圏での配送だけでなく、 東京都から大阪府程度の距離であれば 午後に差し出しても、 速達郵便であれば翌日の午前中に 到着させることが可能です。 関東圏~近畿地方以上離れた距離である 九州地方や北海道、沖縄県になると 午後に差し出すと、 翌日午前の到着は難しいですが、 それでも翌日午後には到着します。 なお、郵便局での午前中に 差し出し扱いとするには、 正午の12時までに差し出すようにして下さい。 お昼の12時を過ぎてから 差し出された速達郵便は 午後の差し出しとなり、 さらに夕方5時(17時)を過ぎてから 差し出された郵便物は 翌日の午前扱いとなりますのでご注意下さい。 次に日曜日についても同じですが、 東京都から発送された速達郵便は 午前中に差し出されたものであれば、 基本的に配送先が一部の離島など以外であれば 翌日の午前中には到着します。 そのため、東京都から同じ関東圏は もちろん近畿地方、九州地方、北海道、 沖縄県いずれの場所であっても、 日曜日の午前中に差し出せば 翌日の月曜日の午前中には到着します。 なお、速達郵便物は 平日・土曜日・日曜日・祝日関係なく いずれであっても遅れなどなく 配達は行われるようになっています。 ただし、郵便局によっては 日曜日のゆうゆう窓口の営業時間が 午後の3時(15時)頃で終了してしまう 店舗も数多く存在しているので、 日曜日の午後にゆうゆう窓口から 速達郵便を発送しようとしている場合は 早めの差し出しをおすすめします。 土曜日、日曜日も問題なく 翌日に届くということがわかりました。 速達で急ぎのものなので スムーズに届くと安心ですね。 まとめ ゆうゆう窓口について 詳しくみていきましたが、 いかかでしたか? ゆうゆう窓口はとても便利だと思います。 深夜でも開いているので 仕事から帰ったあとでも出しに行くことができるので 忙しいあなたにはとても嬉しいと思います。 近くのゆうゆう窓口を探しておくと さらに困った時に便利だと思うので ぜひ調べてみてくださいね。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

ゆうゆう窓口とは?定形外郵便や速達はOK?営業時間は?24時間営業って本当?

ゆうゆう 窓口 と は

ゆうゆう窓口とは? 「ゆうゆう窓口」とは郵便局の営業時間外でも、荷物を出したり受け取ったりすることができるサービスです。 元々は「時間外窓口」という名前でしたが、1999年に「ゆうゆう窓口」という名前に変更されました。 郵便の「郵」と余裕の「裕」とあなたの「you」を取ってつけられたと言われています。 24時間対応している「ゆうゆう窓口」が多く、土曜、日曜、祝日、夜間でも利用することができます。 ただすべての郵便局に「ゆうゆう窓口」が併設されているわけではありません、また一部の「ゆうゆう窓口」は24時間対応していないところもあります。 自分がよく利用している郵便局にゆうゆう窓口があるかどうかを調べてみて、営業時間も確認しておくといざという時に大変便利です。 ゆうゆう窓口の取扱内容は?定形外郵便や速達はOK? 「ゆうゆう窓口」は主に以下の業務を取り扱っています。 通常郵便物(定形外、速達、書留も可能)• 切手、収入印紙等の購入• 電子郵便(レタックス)• ゆうパック• 国際郵便物(航空郵便物及び国際スピード郵便物)• 保管郵便物や不在時預かりの郵便物の受け取り• 住所変更などの届出 取扱内容は基本的に昼間の通常の郵便局と変わりはありません。 もちろん定形外も送れますし、速達や書留で差し出すこともできます。 但し留守の時に配達された郵便物の引き渡しや日本郵便への申請書類の受付はゆうゆう窓口しか取り扱っていません。 投函された 不在通知と 免許証や 保険証そして 印鑑を持参すれば、不在時の郵便物を受け取ることができます。 ゆうゆう窓口の営業時間について 先ほど述べたようにすべての郵便局に「ゆうゆう窓口」が設置されているわけではありません、設置されている場所は非常に限られています。 東京は、1000以上ある郵便局のうち94ヶ所、大阪も、1000以上ある郵便局のうち69ヶ所となっています。 また 営業時間は郵便局によって違います。 平日の夜、20時までのところがあったり、24時間いつでも開いているところもあります。 お近くのゆうゆう窓口の営業時間は、こちらで調べてください! それに対して、郵便窓口の営業時間も、郵便局によって違います。 大きな郵便局の場合は平日はだいたい、9:00〜19:00、土曜日は、開いていたりいなかったりしているようです。 小さな郵便局なら、平日は、9:00〜17:00、土曜、日曜は休み。 まとめ ゆうゆう窓口についてお伝えしました。 仕事の都合でなかなか郵便局に行けないときや、急ぎの荷物を送りたいときは「ゆうゆう窓口」がとても便利です、ゆうゆう窓口が近くにあるなら、使わない手はありません! 自分がよく利用している郵便局に、ゆうゆう窓口が設置されているかどうかを、事前に確認するといいでしょう。

次の