ウォンドル 介入。 韓国がとうとう為替介入に乗り出した

【為替介入】韓国ウォン、やはりかなり政府が介入していた模様

ウォンドル 介入

この曲線は、米ヘッジファンドがウォンを買い、ウォンの値上がりを食い止めるべく韓銀 韓国中央銀行 が介入 通称、 をしたため、発生したと見られている。 つまり、米ヘッジファンドと韓銀との死闘の結果が、ワロス曲線だったのである。 南鮮の場合、輸出で外貨を得ながら生計を立てているため、ウォンが値上がりしすぎると深刻な打撃となる。 そこで介入するのだが、その介入方法があまりにもお粗末であったため、ファンドにもてあそばれてしまったわけである。 南鮮政府と韓銀が、なぜこのようなバレバレのワロス曲線での取引を続けたのか、その理由は今も定かではない。 結果1,000,000ウォンが手に入る。 0ウォンになったとする。 ここで、値を下げるため韓銀は介入するが、同時にファンドもウォンを売るとする。 ここでは1,000,000ウォンを売る。 この状況では、次の公式が成り立つ。 それが一日に何度も繰り返されたわけである。 グラフを見るだけだと、ウォンの価格は維持され、同じような金額を繰り返しているだけのように思われるが、さにあらず、現実には莫大な金を吸い取られているわけである。

次の

韓国は財政危機ですが1ドルが何ウォンになったときが韓国が財政...

ウォンドル 介入

統一21 外為当局が上半期に外国為替市場で38億ドルを売り越したことがわかった。 5月に対ドルでウォンの価値が急落すると外為当局が保有するドルを売って防衛に出たのだ。 韓国銀行が30日午後にホームページで公開した「外為市場安定措置内訳」によると、企画財政部と韓国銀行は1~6月にソウル外為市場で38億ドルを売り越した。 この内訳はドル売り総額からドル買い総額を差し引いた純取引金額で、実際のドル買い・ドル売りの金額は公開しなかった。 韓国銀行は具体的な介入時期は明らかにしなかった。 韓国銀行関係者は「 外為市場の急激な変動がある時に市場安定化措置を取るというのが外為当局の大前提。 為替相場が急に動く時に介入が実施されたとみれば良い」とだけ説明した。 今年に入り1ドル=1100ウォン台初めにとどまっていたウォン相場は4月中旬以降急落し、5月17日には終値基準1195.7ウォンと1200ウォン水準に近づいた。 1カ月でウォンの価値が5%以上急落する状況だった。 外為当局が保有するドルを売って市場に介入したのもこの時期と推定される。 市場専門家らは実際の売り渡し金額は韓国銀行が公開した数値よりはるかに大きかったとみている。 ある民間専門家は「5月に外為当局は1ドル=1200ウォン水準を超えることに大きな負担を感じ積極的に介入した。 ただ売り越し額があまり大きいと困るのでこれを希釈するための取引をしただろう」と推測した。 外為当局が4~5月にドルを大量に売った後、再び6月末になる前にドルを買い入れ純取引額(買い越し額-売り越し額)を適正水準に減らした可能性がある。

次の

「ワロス曲線」とは? 異常なチャートパターン

ウォンドル 介入

本来、輸出国にとって通貨安は歓迎すべきことだが、現在の韓国は違う。 米中貿易戦争の激化で、韓国経済を支えてきた半導体輸出などが落ち込んでおり、経済の足かせとなりつつある。 株式市場も危機だ。 韓国総合株価指数(KOSPI)市場で13日、外国人投資家は10営業日連続の売り越しとなった。 8月の全営業日で売り越しとなり、昨年10月の暴落相場以降では最長記録。 流出資金は1兆7530億ウォン(約1540億円)という。 中央日報(日本語電子版)が14日報じた。 雇用も良くない。 朝鮮日報(同)は14日、韓国統計庁の雇用動向として7月の失業率が前年同月比0・2ポイント悪化の3・9%、若年層(15~29歳)の失業率も0・5ポイント悪化し、9・8%となったと報じている。 経済指標に青ざめているのか、文氏は13日、青瓦台(大統領府)で会議を開き、米中貿易戦争に日本の輸出規制強化が加わり、「(韓国経済は)容易な状況ではない」との認識を示しながらも、「基礎体力は堅固だ」と語るなど、支離滅裂にも聞こえる発信を続けている。 韓国経済をウオッチしている経済評論家の上念司氏は「ウォン安を防ぐために、韓国政府はドル売りの為替介入を行っている可能性がある。 これは金融引き締め政策と同じで、デフレの兆候を強める。 介入を続ければドルの保有量が少なくなり、売れば売るほどかえってウォン安になる。 そうなればアジア通貨危機の二の舞いになる」と警告する。 海外投資家はウォン安を嫌う。 外資が韓国市場から手を引くと、韓国は外貨危機に陥りかねない。 1997年のアジア通貨危機で、韓国はIMF(国際通貨基金)の管理国家になった。

次の