簿記2級 テキスト。 簿記2級の独学におすすめのテキストと勉強方法を、簿記講師が解説

【独学+2ヶ月合格】簿記2級おすすめのテキスト・問題集

簿記2級 テキスト

この記事に書かれていること• 私が選んだTAC出版の簿記2級テキストはこの3冊! TAC出版のテキストは 「教科書」「問題集」「過去問題集」の3種類あればOKです。 簿記2級は、簿記3級にあった「商業簿記」の範囲を広くし、さらに「工業簿記」が新しく範囲として入ってきます。 教科書も問題集も「商業簿記」と「工業簿記」で分けられるため、テキストは2倍に増えてしまいます。 過去問題集でわからないところがあったら、その都度、基礎となる「商業簿記」と「工業簿記」のテキストを振り返るという方法をとりました。 なぜ、そうしたかというと、過去問題集は過去の試験をそのまま出題されています。 試験当日の 時間配分や 雰囲気を身体に覚えさせるために、過去問題集を何度も繰り返します。 過去の試験問題を1回終わるのに、はじめは試験時間の倍以上かかりますが、何度かするうちに時間内に終わるようになります。 そして、いろんな過去の試験問題をしていくうちに、自分の得意な問題や苦手な問題を考慮した時間配分がわかってきます。 スポンサーリンク TAC出版は「テキスト選びの3つのポイント」がおさえられている! 資格のテキストを選ぶにあたって次の3つのポイントをおさえておくと、テキスト選びの失敗は避けることができます。 【テキスト選びの3つのポイント】 ポイント1: テキストの 表紙と帯 を確認せずに買ってはいけない! ポイント2: テキストの 後ろのページのところにある奥付 を確認せずに買ってはいけない! ポイント3: テキストの 中身を最後まで 見ずに買ってはいけない! TAC出版の簿記2級のテキストがいい理由をこの3つのポイントになぞらえてお伝えしますね。 ポイント1:テキストの 表紙と帯 を確認せずに買ってはいけない! 簿記のテキストを購入する際は、まず、テキストの表紙と帯を確認してください。 「新出題区分対応書籍」になっていますか? 上の写真では、テキストの帯に「今年度の試験範囲にしっかり対応」と書いてありますね。 TAC出版の簿記2級テキストは、もちろん 「新出題区分対応書籍」になっています。 なぜ「新出題区分対応書籍」でなければならないかというと、簿記検定試験では、 これまでの会計諸基準の設定・改訂および関係法令の制定・改正等を踏まえ、出題区分表を改定されていくからです。 もしテキストが、 最新の「新出題区分対応書籍」でなかったら? 過去に受かった友人からテキストを譲り受けることもしてもいいですが、 せいぜい1~2年前にしておきましょう。 その場合は、 仕上げの過去問題集だけでも「出題区分表」の改定後の最新版を買うといいですよ。 ポイント2:テキストの 後ろのページのところにある奥付を確認せずに買ってはいけない! 本の後ろのページのところにある奥付を確認したことがありますか? この奥付からわかることは、2つあります。 歴史あるテキストかどうか?• テキストが最新版かどうか? TAC出版の「スッキリわかるシリーズ」は、2007年から発売されている 10年以上の実績のあるテキストです。 最近は、同じTAC出版の2012年に発売された「こんなの欲しかったシリーズ」も人気あります。 それでも「スッキリわかるシリーズ」が引き続き改訂されていくのは、昔から愛されている 「歴史あるテキスト」である証拠ですよね。 また、 「テキストが最新版かどうか?」も奥付でわかります。 それは、簿記のテキストが最新の「簿記検定試験出題区分表」に対応した内容に改訂されているかどうかを確認するためです。 「よし、表紙に『新出題区分表改訂』とかいてあるから大丈夫だ」 と思って購入してみたら、前年度のテキストだったということも・・・ 何故そういうことが起こるかというと、テキストを買うのが早すぎるからです。 たとえば 「今年の目標は、6月に簿記3級合格!」 正月に目標を立てて、1月中にテキストを購入すると、実は今年度の最新版ではありません。 出版社によって異なりますが、TAC出版の場合は、 例年2月下旬に簿記2級のテキストの最新版が発行されます。 簿記検定は6月から新年度スタートになるため、1月中に6月の簿記検定試験用でテキストを購入すると、新しく改訂された問題を知らないまま試験をうけることになりかねません。 どんな資格試験でもいえることですが、簿記検定資格試験では、新しく加わった改訂内容について出題されることが多いので、できる限り最新版を購入するべきです。 だいたい裏表紙をめくるとありますが、 中のほうに書いてある場合もあるのでしっかりチェックしてみてくださいね。 ポイント3:テキストの 中身を最後まで見ずに買ってはいけない! テキストの中身は、勉強の継続に一役かってくれます。 文字ばかりのテキストでは、眠くなってしまう場合があります。 イラストが多いテキストでは、出題範囲を全て網羅されておらず、補助テキストが必要になる場合もあります。 TAC出版のテキストは、文字が多すぎることもなく、イラストは難しい簿記の問題のイメージがわきやすい工夫がされています。 「このテキストを毎日開きたいか?」 結局は、自分好みになるのですが、簿記3級の勉強をしていく上で、継続的に使うテキストが「わかりにくくて開きたくない」では、非常に残念です。 テキストや問題集の中身は、勉強を継続できるかどうかの一部になっているので、よく中身を見て選びましょう。 時間があったら他のテキストも! 簿記2級の勉強は、3冊あれば十分ですが、時間に余裕があるなら他のテキストも見ておきましょう。 とくに「みんなが欲しかったシリーズ」は、私が簿記検定を受けたときにはまだ発売されておらず、こちらもカラーのイラストや図が多く使われていて、わかりやすいと評判です。 「みんなが欲しかったシリーズ」は、教科書と問題集と別になっているため、「商業簿記」と「工業簿記」で4冊になります。 過去問題集を合わせると5冊になります。 テキストが増えますが、簿記の難しい部分をカラーのイラストや図でしっかりサポートしてくれます。 みんなが欲しかったシリーズ テキスト みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商2級 商業簿記 第8版 滝澤 ななみ 著 まとめ TAC出版のテキストは 「教科書」「問題集」「過去問題集」の3種類あればOKです。 簿記2級は、簿記3級にあった「商業簿記」の範囲を広くし、さらに「工業簿記」が新しく範囲として入ってきます。 教科書も問題集も「商業簿記」と「工業簿記」で分けられるため、テキストは2倍に増えてしまいます。 「過去問題集」簿記検定試験形式の問題集 1冊 合計3冊です。 試験当日までの数か月間、 自分にとって 楽しく勉強できそうな、見ていても飽きないような テキストを選ぶ目を養っていきましょう。 - 411,150 ビュー• - 260,428 ビュー• - 234,388 ビュー• - 164,657 ビュー• - 119,835 ビュー• - 113,219 ビュー• - 105,935 ビュー• - 105,104 ビュー• - 99,448 ビュー• - 97,888 ビュー 最近の投稿• アーカイブ アーカイブ カテゴリー•

次の

日商簿記1級、2級、3級について質問します。

簿記2級 テキスト

Contents 日商簿記2級は就職活動のときに注目されやすい資格 日商簿記2級資格がどうして就職活動の時に注目されやすいかと言うと、 具体的な株式会社の経営状態を把握出来る力が身につくからなんです。 決算時に作成する財務諸表も本格的な様式で学ぶことになり、そのため 財政の状態や経営の成績を読む力がつきます。 日商簿記3級では日頃の各帳簿の管理する方法を学びますが、2級ではより具体的な流れを知ることが出来るんですね。 また、大きな特徴としては、 工業簿記の範囲が加わるということ。 工場の商品を製造するときの原価計算のしかたを学びます。 次は具体的に日商簿記2級の受験者数を見てみましょう。 受験者数と合格率を見てみよう• 第152回(令和元年6月)受験者数 41,995名 合格率25. 第151回(平成31年2月)受験者数 49,776名 合格率12. 第150回(平成30年11月)受験者数 49,516名 合格率14. 第149回(平成30年6月)受験者数 38,352名 合格率15. 6% 毎回10万人近くが受験する日商簿記3級と比べてみると、 受験者数は半分より若干少なく、また合格率もかなり 低くなることがわかります。 それだけ難しいということですね。 各計算方法の理解が難しく、それを習得することに時間がかかりますが、このあたりは良いテキストと 先生の動画解説などでしっかり理解することが大切です。 日商簿記3級から続けて受験すると、覚える量と分かる量がその分少なくなるので、 分からない単元が明確になります。 その分からない部分をきちんと覚え、過去問で感覚を掴んでいくことが合格のカギとなっていくと思われます。 テキストのわかりやすさで言えばこちらの通信講座がおすすめです。 動画解説が授業形式ではなく、スタジオ撮影でテキストに合わせた解説なので、スムーズに理解できます。 またこちらは、スマートフォンとパソコンで授業を観ることが出来るので、外出時にふと忘れかけたときにも確認できる手軽さがいいですね。 家に帰ってから見直そうとすると、どこを確認するのか忘れてしまいそうになりますからね! 日商簿記2級のおすすめテキストは? 書店で購入し独学で挑戦される方のテキスト選びとして、一番気をつけたいことはやはり 自分で読みやすいか、また 書き込み出来るかというところだと思います。 オールカラーのテキストは赤と黒との2色刷りのものより一見して簡単そうに見えますよね。 また、書店のテキストを利用する場合は、テキストのすみずみまで理解することが大切です。 ここは私も勉強していて気づいたところで、通信講座で合格点 全体の7割以上と言われています。 以上の知識を得て基本的な部分を落としてもいいように備えておくか、書店のテキストを完璧にこなし、合格レベルに近づけるかは、試験日までの学習時間をどれだけ取れるか、というところと繋がると思います。 また、2級から受験する人は3級のテキストも合わせて買っておくこと、また、テキストに連動した問題集も合わせて買うことをおすすめします。 3級から学習する方はこちらもどうぞ。 過去問だけを繰り返すことは良くない? 2019年より簿記試験の範囲が変更され、 日商簿記試験は年々難しくなっていると言われています。 その変更内容は後半で紹介するとして、それならアウトプット期間に過去問だけを繰り返すことは良くない? と思われがちになります。 しかし2時間の試験時間の中で、その時間配分を把握したり問題の傾向を掴むという意味では、 過去問の繰り返しは必要だと私は思います。 思い切って2時間の試験時間を取れない場合は、 1時間ごと、30分ごとに大問を仕上げてみる、という方法でも構わないと思います。 私もこの方法で繰り返しました。 (と言っても模試を解くのであれば、きちんと2時間の試験時間を確保したほうがいいですね。 第1問 仕訳問題• 第2問 固定資産・有価証券・商品売買など• 第3問 財務諸表・試算表作成• 第4問 費目別計算・部門別計算・原価計算など。 【工業簿記】• 第5問 標準原価計算・直接原価計算など。 【工業簿記】 第1問は3級と同じ仕訳問題、また、工業簿記は 第4問、第5問は工業簿記からの問題が多いようです。 また第3問目は一見して簿記3級の財務諸表、試算表の問題? と思われそうですが、こちらは 「報告式」という実際に申告書に添付する様式と同じ財務諸表になってくること、また、新しく変更された出題範囲からの問題が最近の試験では出題されたと言われています。 2019年から変更された出題範囲 2019年、というよりも第147回 平成30年2月試験 から、いままで簿記検定1級の範囲だった 「連結」の出題が多くなっているようです。 「連結」とは 親会社と子会社を一つの会社として財務諸表を作っていくという方法なのですが、このような新しい出題範囲にも対応できるよう、書店での購入で独学を考えている方は、 テキストの改訂年月のチェックが必要となっていきますね。 また、第1問の仕訳問題にも新しい勘定科目が出ていることが特徴です。 仕訳問題については落とせない箇所となりますが、各勘定科目の意味を理解していれば対応できるところとなります。 2019年11月試験のポイント 2019年11月に行われた第153回試験の特徴は、第2問目に新しい出題形式の問題が出てきたところです。 とはいえ、用語を選択するという出題形式なので、きちんと理解していれば回答できる内容だったようです。 また、先ほど説明した 「連結」の問題も第3問目に出題されました。 ここは過去にかなり難しい問題が出題されたようですが、今回は易しめとなっています。 【日商簿記2級】取得した資格を今後活かすには? 晴れて試験に合格した後は実務に対応するため、各種会計ソフトや給与計算などのソフトに慣れていく必要があります。 日商簿記試験は筆記試験ですが、実際にはある程度の パソコンの知識、各種ワープロや表計算ソフトにも慣れていく必要があります。 企業によっては表計算ソフトで各種帳簿を作成している所もありますね。 まとめ 日商簿記2級を独学で合格するには、適切なテキストや講座選び、スキマ時間での勉強の工夫が必要となっていきます。 こちらの記事をお読みになり、是非合格を掴んでいってくださいね。

次の

日商簿記2級

簿記2級 テキスト

Contents 日商簿記2級は就職活動のときに注目されやすい資格 日商簿記2級資格がどうして就職活動の時に注目されやすいかと言うと、 具体的な株式会社の経営状態を把握出来る力が身につくからなんです。 決算時に作成する財務諸表も本格的な様式で学ぶことになり、そのため 財政の状態や経営の成績を読む力がつきます。 日商簿記3級では日頃の各帳簿の管理する方法を学びますが、2級ではより具体的な流れを知ることが出来るんですね。 また、大きな特徴としては、 工業簿記の範囲が加わるということ。 工場の商品を製造するときの原価計算のしかたを学びます。 次は具体的に日商簿記2級の受験者数を見てみましょう。 受験者数と合格率を見てみよう• 第152回(令和元年6月)受験者数 41,995名 合格率25. 第151回(平成31年2月)受験者数 49,776名 合格率12. 第150回(平成30年11月)受験者数 49,516名 合格率14. 第149回(平成30年6月)受験者数 38,352名 合格率15. 6% 毎回10万人近くが受験する日商簿記3級と比べてみると、 受験者数は半分より若干少なく、また合格率もかなり 低くなることがわかります。 それだけ難しいということですね。 各計算方法の理解が難しく、それを習得することに時間がかかりますが、このあたりは良いテキストと 先生の動画解説などでしっかり理解することが大切です。 日商簿記3級から続けて受験すると、覚える量と分かる量がその分少なくなるので、 分からない単元が明確になります。 その分からない部分をきちんと覚え、過去問で感覚を掴んでいくことが合格のカギとなっていくと思われます。 テキストのわかりやすさで言えばこちらの通信講座がおすすめです。 動画解説が授業形式ではなく、スタジオ撮影でテキストに合わせた解説なので、スムーズに理解できます。 またこちらは、スマートフォンとパソコンで授業を観ることが出来るので、外出時にふと忘れかけたときにも確認できる手軽さがいいですね。 家に帰ってから見直そうとすると、どこを確認するのか忘れてしまいそうになりますからね! 日商簿記2級のおすすめテキストは? 書店で購入し独学で挑戦される方のテキスト選びとして、一番気をつけたいことはやはり 自分で読みやすいか、また 書き込み出来るかというところだと思います。 オールカラーのテキストは赤と黒との2色刷りのものより一見して簡単そうに見えますよね。 また、書店のテキストを利用する場合は、テキストのすみずみまで理解することが大切です。 ここは私も勉強していて気づいたところで、通信講座で合格点 全体の7割以上と言われています。 以上の知識を得て基本的な部分を落としてもいいように備えておくか、書店のテキストを完璧にこなし、合格レベルに近づけるかは、試験日までの学習時間をどれだけ取れるか、というところと繋がると思います。 また、2級から受験する人は3級のテキストも合わせて買っておくこと、また、テキストに連動した問題集も合わせて買うことをおすすめします。 3級から学習する方はこちらもどうぞ。 過去問だけを繰り返すことは良くない? 2019年より簿記試験の範囲が変更され、 日商簿記試験は年々難しくなっていると言われています。 その変更内容は後半で紹介するとして、それならアウトプット期間に過去問だけを繰り返すことは良くない? と思われがちになります。 しかし2時間の試験時間の中で、その時間配分を把握したり問題の傾向を掴むという意味では、 過去問の繰り返しは必要だと私は思います。 思い切って2時間の試験時間を取れない場合は、 1時間ごと、30分ごとに大問を仕上げてみる、という方法でも構わないと思います。 私もこの方法で繰り返しました。 (と言っても模試を解くのであれば、きちんと2時間の試験時間を確保したほうがいいですね。 第1問 仕訳問題• 第2問 固定資産・有価証券・商品売買など• 第3問 財務諸表・試算表作成• 第4問 費目別計算・部門別計算・原価計算など。 【工業簿記】• 第5問 標準原価計算・直接原価計算など。 【工業簿記】 第1問は3級と同じ仕訳問題、また、工業簿記は 第4問、第5問は工業簿記からの問題が多いようです。 また第3問目は一見して簿記3級の財務諸表、試算表の問題? と思われそうですが、こちらは 「報告式」という実際に申告書に添付する様式と同じ財務諸表になってくること、また、新しく変更された出題範囲からの問題が最近の試験では出題されたと言われています。 2019年から変更された出題範囲 2019年、というよりも第147回 平成30年2月試験 から、いままで簿記検定1級の範囲だった 「連結」の出題が多くなっているようです。 「連結」とは 親会社と子会社を一つの会社として財務諸表を作っていくという方法なのですが、このような新しい出題範囲にも対応できるよう、書店での購入で独学を考えている方は、 テキストの改訂年月のチェックが必要となっていきますね。 また、第1問の仕訳問題にも新しい勘定科目が出ていることが特徴です。 仕訳問題については落とせない箇所となりますが、各勘定科目の意味を理解していれば対応できるところとなります。 2019年11月試験のポイント 2019年11月に行われた第153回試験の特徴は、第2問目に新しい出題形式の問題が出てきたところです。 とはいえ、用語を選択するという出題形式なので、きちんと理解していれば回答できる内容だったようです。 また、先ほど説明した 「連結」の問題も第3問目に出題されました。 ここは過去にかなり難しい問題が出題されたようですが、今回は易しめとなっています。 【日商簿記2級】取得した資格を今後活かすには? 晴れて試験に合格した後は実務に対応するため、各種会計ソフトや給与計算などのソフトに慣れていく必要があります。 日商簿記試験は筆記試験ですが、実際にはある程度の パソコンの知識、各種ワープロや表計算ソフトにも慣れていく必要があります。 企業によっては表計算ソフトで各種帳簿を作成している所もありますね。 まとめ 日商簿記2級を独学で合格するには、適切なテキストや講座選び、スキマ時間での勉強の工夫が必要となっていきます。 こちらの記事をお読みになり、是非合格を掴んでいってくださいね。

次の