死にたい時 対処。 失恋で死にたいと思った時に前を向く方法5個

死にたい、消えたい人が対処法として絶対にやってはいけないこと

死にたい時 対処

この記事に書かれていること• 死にたい、消えたいと思ってしまう理由 死にたい、消えたい、と思ってしまう理由には、3つの理由がある。 1、心の病気 2、自分を否定してしまう 3、生きる意味を見いだせない この3つ。 まずはこれらについて1つずつ解説をしていこう。 スポンサーリンク 1、心の病気 まず最初に認識してもらいたいのが、心の病気であるということ。 心の病気でなければ、「死にたい」と思うことはあり得ません。 人に限らず命あるもの全てに自己保存本能があるとされ、正常に本能が発揮される状態であれば死を望むことはなく、生きることを望むようにできているからです。 では、どうして「死にたい」と望むのでしょうか? 何度も言いますが、心の病気です。 それでは、どうして心の病気になると「死にたい」と思ってしまうのでしょうか? 実は心の病気によって現れる症状のひとつが「死にたい」と思ってしまうことなんです。 例えば皮膚が病気になれば、皮膚に炎症が起こったり、痒みが出てきたりしますよね。 それは皮膚が病気になった時の症状が皮膚の炎症であったり痒みであるからです。 或いは胃が病気になれば、胃が痛くなってきたり、時に胃に穴があいたりします。 これは胃が病気になった時の症状が胃が痛くなることや穴があくことだからです。 同様に心が病気になれば、死にたくなったり、気力がなくなったりする。 他にも体が動けなくなったり、人に会いたくなくなったりします。 そうなってしまうのは、心の病気の症状がそういったことだからです。 心の病気なんだと知ることは大切ですよ。 「死にたい」と思ってしまうのは心の病気 心が健康であれば「死にたい」と思うことはあり得ません。 心の病気の症状のひとつが「死にたい」と思ってしまうこと 2、自分を否定してしまう 「死にたい」と思う理由として、「自分を否定する癖がある」ということも挙げられます。 「死にたい」と思う人に自分のすべてを肯定することができる、いわゆる自己肯定感の高い人はいません。 自分を否定する癖のある人がどうして「死にたい」と思うようになるのかといったら、否定の行き着く先が自分という存在の否定だからです。 はじめのうちは「自分のここがダメだ」とか「こんなことをしてしまった自分が嫌だ」といった部分的な否定であったものが積み重なり、最終的には存在そのもの、つまり命を否定するようになります。 その瞬間、死が頭をよぎってしまうんですね。 ところで、どのようにして否定癖はつくのでしょうか? それは、完璧を求める心から生まれます。 いわゆる完璧主義の人は結果を求めますよね。 結果ばかりを求めるとどうなるか、というと、一生懸命努力したにもかかわらず結果を出すことができなければ、その自分をとことん責めてしまいます。 やっぱり自分には才能がないんだ、、、 努力しても結果を出せない自分はダメなんだ、、、 私はこの程度の人間なんだ、、、 こうして不必要に自分を責めてしまい、否定してしまうんですね。 仮に結果を出せたとしても、一度結果を出せば次はそれ以上を求めますよね。 にもかかわらず、もしも結果がだせなくなってしまったら、、、そこから否定の連鎖が始まります。 どんなに運動能力が優れていてオリンピックで金メダルを取る能力があったとしても、年齢を重ねれば、それを維持することはできませんよね。 つまり、能力を維持できなくなった瞬間から自分をとことん否定してしまうのが完璧主義の人。 元オリンピック選手などに「うつ」を経験する人が多いのは、こんなところに理由があったりします。 完璧主義の人は、 思ったような結果が出なかった時に 自分を責め、否定してしまいます。 その否定が積み重なった時、 命そのものの否定が始まり 「死にたい」と思うようになります。 3、生きる意味を見いだせない 「死にたい」と思ってしまう理由として「生きる意味を見いだせない」ということも挙げられます。 生きる意味を見いだせない人は、自分の生きる価値も感じることができません。 そうして、「生きていても意味がない」「私が死んだところで誰も悲しまない」「生きる価値のない私は死んだっていい」などと思うようになってしまうんですね。 生きる意味を見いだせないからこそ 「死にたい」と思うようになる さて、死にたい、消えたいと思ってしまう理由を挙げていきましたが、そう思ってしまった時、どうしたらよいのでしょうか? それぞれの理由に対して対処法を挙げていきましょう。 死にたい、消えたいと思ってしまった時の対処法 さて、死にたい、消えたいと思ってしまった場合、実際にはどうしたらよいのでしょうか? 先ほど3つの理由を挙げましたが、それぞれに対して対処法を挙げることができます。 対処法は(番号は先程の理由に対応しています) 1、病院に行って専門家の力を借りること 2、受容することを身につける 3、生きる意味を探すことはやめ、生きる価値を感じる 以上の3つです。 それぞれについて解説していきましょう。 1、病院に行って専門家の力を借りること 心の病気であることがわかったら、まずは病院に行って適切なお薬を処方してもらい、その上で的確な指示を仰ぐことです。 心の病の時に行く病院は、精神科、心療内科、メンタルクリニックなどの心を専門とする病院ですね。 ひょっとすると、精神科なんて聞くとものすごく抵抗のある方もいらっしゃるかもしれません。 でも、大丈夫です。 最近の心の病気のための病院は精神科も含めて随分と雰囲気は変わってきていますよ。 うつなどの心の病で病院に通う方は増えていますし、処方される薬も最近の薬は安心して使えるものが多くあります。 ですから、頑なに薬を拒み、コントロールしきれない心に振り回されるよりも、薬を上手に取り入れることでうまく心と向き合いながら改善していく方が安全で、確実です。 また、専門家の力を借りることがとても大きな力となります。 というのも、身近にあなたのことをしっかり考えてくれる人がいたとしても、心が病んでいる時に考えることと健康な時に考えることとでは真逆と言っていいくらい大きな違いがあり、理解してあげることが非常に難しいからです。 ひょっとすると、理解してあげられず少し感情的になってしまったばかりに、その身近な人があなたを深く傷つけてしまうということもあるかもしれません。 そんな時、専門家であれば、あなたにかけるべき言葉を知っています。 ですから、専門家の力を借りてください。 もちろん、お医者さん以外にも、心の専門家であるカウンセラーを味方につけることも良い選択です。 心の病気だと感じたら心を専門とする病院に行きましょう。 心の専門家を味方につけましょう。 2、受容することを身につける 否定癖がある場合、受容を身につけることが大切です。 通常、否定の反対は肯定ですが、肯定すると考えてしまうと逆に否定癖を改善することが難しくなってしまいます。 というのも、否定をしてしまう一番の原因は、先程も話したように完璧主義だからです。 完璧主義の人は、できなかったことを強く否定してしまいます。 ですが、できたことについては肯定することができるんですね。 つまり、肯定できないわけではないんです。 では、何ができないのかと言うと、受容すること。 受容とは受け入れること。 できなかったことを否定してしまうんだとしたら、できなかったことを受け入れるということが大切。 また、否定してしまったのであれば、その否定したことを受け入れることが大切。 これをもう少しわかりやすい言葉で表現するならば、できなくっても否定してしまっても、そんな自分を許し、認めていくということです。 言葉にすると「できなくっても、いいんだよ」「そんな自分を否定してしまっても、いいんだよ」ということ。 完璧主義の人からすればあり得ないと思うかもしれませんが、こうして許し、ダメだと感じていた自分のことも認められるようになると、心がとても軽くなっていきますよ。 大切なことは、否定しがちなダメだと思える自分をいかにして受け入れていくか、ということなんですね。 無理に肯定する必要はありません。 責める自分を許し、認めて、受け入れていきましょう。 それによって否定癖は改善させることができます。 ダメな自分を責め、 自分の存在を否定してしまうことに気づいたら、 そんな自分を受け入れる受容を身につけよう。 受容とは、良いものを肯定することではなく、 良いも悪いもまるごと受け入れることで 否定する自分すらも許し、認めることを意味します。 3、生きる意味を探すことはやめ、生きる価値を感じる 生きる意味を見いだせない時、人は苦しくなってしまうものですが、まず生きる意味についての答えをお伝えしますね。 生きる意味なんてありません。 ちょっとショックを感じてしまう方もいるかもしれませんが、生きる意味なんてないんです。 だからこそ、生きる意味を探す人は見つけることができません。 じゃあ、どうしたらよいかというと、 生きる価値を感じるということを身につけてください。 まず生きる意味についてですが、人間はこの世に生まれて死んでいく、ただそれだけの存在です。 そこに意味なんてありません。 動物や植物に意味を聞いてもわからないでしょう。 一方で、生きる価値と言いますか、命そのものには価値があるんです。 どういうことかと言ったら、この世界には太陽がありますよね。 太陽ってお金では買えませんが、そこには無限の価値があります。 なぜなら太陽がなければ、僕ら人間は生きられないからです。 このように太陽には無限の価値があり、その理由は人間にとって必要だからです。 ここから言えることは、価値とは人間が感じるもの。 必要だと感じた時、そこに価値が生まれるんですね。 太陽には無限の価値がある。 では、太陽の何に価値を感じているかと言ったら、そこにあるエネルギーであり、温度です。 このことがわかると、生きている私たちの命にも同様の価値があることがわかります。 なぜなら、私たちにもエネルギーがあり、そこには温度があるからです。 そのエネルギー、そして温度は、時に他人の心や体を温めてくれます。 そう、あなたには十分価値があるんですね。 生きている命には価値がある。 だから、その価値を感じてください。 そして、その価値を深く感じようと思ったら、温度が鍵を握っています。 エネルギーを感じるというと、なんだか目に見えない世界の話になってしまいますが、温度なら誰もが感じることができますよね。 ですから、熱エネルギーである温度を皮膚を通して感じていくんです。 あなたの手のひらを胸に当ててみてください。 手のひらを通して十分に温度を感じることができます。 また、胸でも感じることができますね。 その温かさ、しっかりと感じてみてください。 このように自分の体を自分自身で触れることによっても温度を感じることができ、それは感じた分だけ、生きてる実感に変わっていきます この生きてる実感が命の価値、すなわち生きる価値を感じる心を育んでくれますよ 生きてる意味なんてない、ということを知ろう。 生きる価値、命の価値はある。 命の価値とはエネルギーであり、温度。 なぜ、そこに価値を感じるかと言ったら、 生きていく上で必要なものだから 温度を通してエネルギーを感じ、 命の価値(生きる価値)を感じる心を育もう 死にたい、消えたいと思ってしまう理由、そして対処法について知ることができましたね。 それでは最後に、そう思ってしまった時、避けた方がよいことについてもお話ししていきますね。 これを知っておけば、最悪を避けることができます。 死にたい、消えたい、と思ってしまった時、避けた方がよいこと 早速、3つをお伝えしますね。 1、正論や励まし 2、同じように死にたいと思う仲間を増やすこと 3、あなたを否定する人との関わり この3つです。 1、正論や励まし ひょっとすると、死にたいとか消えたいと口にしてみれば正論や励ましを言ってくる人が周りに現れるかもしれません。 恐らく、実際にそんなことを言う人が現れればあなた自身が距離を置きたくなるとは思うのですが、意識的にも距離を置いたほうがよい人たちです。 きっと苦しくなってしまいますから、無理をする必要はありませんよ。 正論とは、「死んだりしちゃダメだ!」「命を無駄にしちゃいけない!」「生きたくても生きられない人が世界にはたくさんいるんだ!」といった否定しようがない正しい意見のことです。 こう言った正論は正しいからこそ否定することができないのですが、否定することができないからこそ「死にたい」「消えたい」と思ってしまった心を追い込んでしまうことがあります。 また、励ましとは「頑張れ!」「大丈夫だから!」といった激励の言葉。 こんな言葉が「死にたい」「消えたい」と思ってしまう人には重くのしかかってくるかもしれません。 というのも、ここまで散々頑張り続けてきたから。 頑張って頑張って、それでもダメで心が折れかかっている状態。 そんな人に励ましの言葉って辛いんですよね。 だから、正論を言う人ややたらと励ましてくる人が近くにいるのであれば、少し距離を置いてみることも大切ですよ。 特にあなた自身が苦しく感じるのであれば、積極的に距離を置きましょう。 2、同じように死にたいと思う仲間を増やすこと ついついやりがちなことかもしれません。 人って、自分に似た境遇にある人と一緒にいたいものですから。 一緒に似た境遇の人であればわかってもらえるんですよね。 理解してもらえ、共感もしてもらえる。 だからこそ、安心することができる。 ですが、「死にたい」「消えたい」と思ってしまう場合には、注意が必要です。 理由は、お互いに一人では立つことができない不安定な状態だからこそ、依存関係を生んでしまうから。 お互いに支え合い、少しでもバランスが崩れればお互いに倒れてしまうそんな関係ですね。 二人が意気投合している時、お互いに完璧に理解し合ってるように思えるかもしれません。 でも、人って一人ひとり違うものですから完璧に理解し合うことはできないんです。 だからこそ、理解し合えない部分に気づいた時、依存し合うほどに繋がっていた二人は危うい方向へと傾いてしまいます。 同じように死にたいと思う仲間を増やすことよりも、心の病気について知識のある専門家を味方につけることを考えましょう。 3、あなたを否定する人との関わり あなたが「死にたい」「消えたい」と口にすれば、あからさまに否定する人も現れるかもしれません。 そんな人が現れたのであれば、直ちに距離を置くことを考えましょう。 仮にその相手が職場の人であったとしても、距離を置くことが大切です。 あなたの存在を否定するような人と長く一緒にいても特になることはありません。 その冷たい言葉にそれ以上傷つけられる必要もありません。 あなたは価値ある存在なんです。 今はそうは思えないかもしれない。 でも、あなたには価値がある。 あなたははなまるな価値ある存在。 否定からは距離を置きましょう。 ツイッターやってます。

次の

失恋で死にたいと思った時に前を向く方法5個

死にたい時 対処

特に心理カウンセラーを目指す人は、相談されやすい人が多いです。 友人・知人から「死にたい」と打ち明けられた事もあるかもしれません。 「死にたいと言っているうちは死なない」という持論の人もいますが、本当に命を断ってしまう人もいます。 私自身、プロのカウンセラーでない時に、友人から「死にたい」と言われた事がありますが、その時はただ側にいることだけしか出来ませんでした。 この記事では、もしあなたが身近な人から「死にたい」と言われた時に、どう対応するとその人の役に立てるか、楽になってもらいやすいかを紹介します。 1 しっかりと受け止めながら話を聴く これに尽きます。 できれば30分~1時間くらいのまとまった時間を取って、しっかりと話しを聴いてあげて下さい。 ただ、聴くだけで充分です。 なぜかというと、人は自分のことを「 わかってもらえた」と感じられると、それだけで楽になれるからです。 「死にたい」という言葉は、ある意味「 死にたいくらい辛い」という訴えでもあります。 聴く時の注意点 何かが良い悪いといった評価や、アドバイスはしないほうが良いです。 「それはあなたが悪い」というのはもっての他ですし、死にたい気持ちの時にアドバイスされると、たとえそれが真っ当なものだとしても 今の自分を否定された気持ちになって、逆に落ち込むからです。 ただ、受け止めて聴くだけで良いです。 簡単にできる受け止める聴き方を紹介します。 すべて出来なくとも、少しでも取り入れると楽になってもらいやすいです。 1-1 しっかりと相手の目を見る 話を聴くときの「見る」には2つの効果があります。 1つは、目をしっかりと見ることで相手の方に「 関わってくれている」と感じてもらえる事。 死にたい時は間違いなく心細い時ですので、あなたの「見る」関わりで暖かみを感じてもらえます。 2つ目は、相手の目をしっかりと見ることで、「本当の気持ち」をこちらが掴みやすくなります。 目にはその人の心が現れます。 その方が苦しみや悲しみをどのくらい感じているのか、それを感じられないくらい疲れているのか、見ることでその方の気持ちをキャッチしてみて下さい。 ちゃんとわかってもらえると、それだけで救われます。 具体的な気持ちの受け止め方を紹介します。 1-2 相手の気持ちを汲み取って伝える これは、カウンセラーの聴き方では「 共感のことば」や、「 感情の反映」と言われています。 しっかりと相手を見て、聴いた言葉から 相手の気持ちを汲み取って伝えると、苦しい気持ちをわかってもらえたと感じてもらえます。 大変だったよね• つらいよね• 苦しいよね だけでOKです。 その時の 死にたいくらい辛い相手の気持ちを感じて、汲み取って、伝えてあげてみて下さい。 それだけで救われる命があります。 ただ、テクニックとして気持ちを汲み取らずにサラッと「つらいよね」と伝えると逆効果で、その言葉で逆に「 わかっていない」事が伝わります。 伝えるときは、しっかりと相手を感じて伝えてあげて下さい。 1-3 時間は区切る 長くても2時間も聴いたら一旦その場は区切った方がよいです。 これは話す側にとっても、聴く側にとっても大切な事です。 苦しい気持ちを話す事は、思った以上に心の体力を使います。 泣くと疲れるのはこのためです。 聴く側としても、時間無制限で聴いていると依存を生みやすいですし、聴く側の寝る時間が無くなってしまいます。 区切り方は、 今日はもう時間が無いから、また後日様子を教えて。 何か私に出来る事があったら言ってね。 だけで良いです。 会話の最初に、「~時までなら今日は大丈夫」と話を聴ける時間を伝えておくのも1つの方法です。 1-4 相手を変えようとしない 上記の聴き方で「わかってもらえた」と感じられると、気持ちが楽になったり、自然と少しづつ元気が蘇ってきます。 ポイントは、「 死にたいくらい辛い状態のその人を受け止める」という事で、何とか役に立ちたい思いから 相手を無理に変えようとしない事です。 死にたい気持ちの時に「プラス思考で前向きに捉えましょうよ!」等と言われると、「落ち込んでいる今の自分はダメなんだな」と感じられて、話す気力も失せます。 2 自分の死にたいくらい苦しかった体験を話す しっかりと話しを聴いた後に、もしあなたが自殺を考えた体験があれば、それを相手に話すのも楽になってもらえる1つの方法です。 もちろんあればで良いです。 なければ無理に伝える必要は一切ありません。 話を聴いた上で、相手の苦しみと同じような体験だったのであれば効果的です。 自分だけじゃなかったんだと感じられて楽になれます。 自分の苦しい体験を話す目的は、あくまで相手に自分だけじゃなかったんだと感じてもらう事です。 「 私はこれくらいの苦しい体験をしたから、あなたの体験はまだ楽なほうよ。 」という思いから話すと、説教に感じられて逆効果です。 3 カウンセラーや病院を勧めることについて これについては、何度かあなたに話を聴くことを依頼してきて、自分ではもうどうにも出来ないと感じられた時でよいです。 ちょっと話を聴いただけで、カウンセラーや医者を勧められると、それだけで話をする気力が削がれますし、実際問題そこまでではなく、単に あなたにわかってもらいたかっただけかもしれないからです。 まとめ 私自身学生の時に自殺を考えた事がありましたが、身近に話をちゃんと聴いてくれた人がいたのは本当に救いでした。 あの時聴いてもらえていなかったらどうなっていたんだろう・・・と思います。 長い人生の中で、強く落ち込む事は誰にでもあると思います。 状態が悪くなる前に、身近な人にしっかりと受け止めて聴いてもらっていれば、症状をこじらせずにすむ事は多いです。 信頼できない人には「死にたい」とは打ち明けられません。 あなただからこそ話せたと思います。 死にたい気持ちの時に、すぐに笑顔になるのは難しいので、まずは受け止めて「 楽になってもらう」ことを目的に聴いてみて下さい。

次の

「死にたい」口癖を考察。死にたいの対処法は天国言葉

死にたい時 対処

消えてなくなりたい、存在自体をなかったことにしたい、とは少し違う消えたいという思いを抱いたことはありますか? ではなく消えたいと感じてしまうあなたは、とてもやさしい人です。 人の死は自分の周りの人を悲しませ、またたくさんの苦労をかけることになりかねません。 だからあなたは、全てなかったことにしたい。 誰にも迷惑をかけることなくこの世から消えてなくなりたいと願ってしまうのではないでしょうか? この記事はそんなあなたの『消えたい』という願いを叶えることはできません。 ただ、消えたいと思ってしまうほど追い詰められている、あなたの肩の力を少しだけ抜くお手伝いはできるかもしれません。 今私に少しだけ、ほんの少しだけ時間をもらえませんか? 今はまだもしかしたらこの記事の内容は届かないかもしれません。 ただこの記事を読んだことをほんの少しだけでも覚えていたら、少しだけ前へ進む勇気を持てるかもしれません。 消えたいと願ってしまう心理 消えたいと死にたいの違いは、実現できるかどうかです。 人は死ぬことはありますが、消えてなくなることはできません。 消えたいと感じてしまう人は周りの人に迷惑をかけずに、ひっそりと自分がこの世から『存在を消す』ことを願ってしまいます。 ただこれが実現不可能なことは、本人も十分理解はしています。 ただそれでも死んだら周りが悲しむし、その後のお葬式やお墓など迷惑をかけてしまうと、追いつめられても周りのことも気にせずにはいられないのです。 消えたいと死にたいは何が違う? とは、この辛い状態から抜け出すにはもう、生きることをやめて死ぬしかない。 死ぬことで辛い状態から脱出し、救われたいと願う気持ちです。 消えたいとは、自分の存在そのものをなかったことにしたい、誰にも迷惑をかけずに最初から全てをなかったことにしたいという気持ちです。 二つの違いは、誰のためにその気持ちを感じるかです。 死にたいは、追い詰められた自分が救いの道を求めてたどり着く答え。 消えたいは、自分以外の人を気遣って出してしまう答えです。 どちらの気持ちも、究極的に追い詰められていることには変わりはありません。 ただ響く言葉や、そんな気持ちを抱いてしまっている人にかける言葉は全く違います。 今消えたいと感じてしまうあなたは、少しだけ自分勝手にふるまってもいいんです。 そのことを忘れないで、もし心の琴線に触れる対処法があれば試してみてください。 消えたいと感じる時の対処法 消えたい理由を考える 消えたいと願ってしまうほどあなたを追いつめているものは何ですか? 学校、家庭、職場、過去。 思い当たることを全て真っ白な紙に書きだしてください。 なんとなくぼんやりとしている敵を倒すのは大変です。 なので消えたいと感じる本当の理由を、一度自分に深く問いかけ正体を暴いてみましょう。 もし正体が暴けたら、次はその消えたい理由から逃れられないか考えてみます。 その理由から逃れるのはきっと大変です。 だってあなたが消えたいと感じるほど追い詰められているんですから。 またもし、消えたい理由がわからない、消えたいとただ漠然と感じてしまうという人は他の方法を試してください。 人は無気力になってしまった時にも『消えたい』と感じてしまうものです。 まず自分が追い詰められているものがあるのか、または漠然とそう感じてしまっているのがを明確にしましょう。 消えたいと感じることから逃げてみる 消えたいと感じるほど追い詰められているなら、その追いつめていることから全力で逃げられないか考えてみましょう。 学校は転校する。 家庭なら離婚する・家を出る、職場なら転職する、もし過去ならその過去を見つめてみる。 逃げることは悪い事ではありません。 逃げることは自分を守ることです。 もし逃げることに抵抗を感じ、自分の限界を超えてなお頑張ろうとしているなら、断言します。 その頑張りはあなたのためにはなりません。 頑張った先にあるのは、残念ながら壊れたおもちゃのようになったあなたです。 全てのことからずっと逃げ続けることはできません。 ただ真面目過ぎるがゆえに、逃げてはいけないと思い込みすぎるのは、あなた自身がどんどん辛くなってしまいます。 もう一度いいます。 消えてなくなりたいと感じるあなたは、逃げていいんです。 全力で。 誰かにSOSを出してみる 自分が追い詰められていることを、あなたは誰かに相談しましたか? 心の中にある不安や、焦燥感は口に出し誰かに話を聞いてもらうことで、幾分落ち着きます。 『消えてなくなりたいと思ってしまう』ということが重く感じるなら、『最近疲れすぎている』『毎日がしんどい』など少しマイルドな言葉に変えて話してみましょう。 相手が真剣に相談に乗ってくれたり、自分の気持ちを少しでも吐き出すことができたら大成功。 すぐには消えたい気持ちはなくなったりはしませんが、誰かに理解してもらえたという安心感はあなたに生きる気力を与えてくれます。 もし、身の回りにそういう人がいないなら、無料の電話相談や専門医に相談するのもいいですね。 とにかく心の中でぐつぐつ煮立っている気持ちを、外に吐き出してみてください。 好きなことをする 消えたいと願ってしまうほど心が疲弊しているなら、自分の好きなことを思いっ切りして心に元気をおくりこんでみましょう。 一日中ゲームに没頭する、大好きな映画鑑賞を心ゆくまで堪能する、スポーツで汗を思いっ切り流す。 好きなことをすることで、『楽しい!』という気持ちが沸き上がってきたら、気持ちが少し前向きになっていることに気づくはずです。 もし家庭や仕事で好きなことが制限されるようなら、周りに相談して1日だけでも好きなことを思いっ切りできないか交渉してみましょう。 今あなたに必要なのは、休息と心の充電です。 人生には遊ぶことも不可欠です。 周りを気にしすぎるがゆえに、あなたの心は悲鳴をあげています。 時には周りに迷惑をかけたっていいんですよ?それであなたの元気が取り戻せるのなら・・・ 過去をみつめてみる もしあなたの消えたい理由が過去の出来事にあるのなら、残念ながらそれは誰にも、絶対に変えることはできません。 タイムマシンが発明されていない現在、過去を変えられる人は誰も存在しないのです。 だから今のあなたにできることは、過去を見つめいつかその過去を、本当に過去に変えることだけです。 辛い過去を乗り越えることは容易ではありません。 ただ過去を嘆くのではなく、過去をただ見つめ続けているとある瞬間で『辛い過去が過ぎ去った出来事』に変わる瞬間が必ず訪れます。 今すぐにはできるようにはなりません。 ただ辛い過去があるなら、その過去を泣き叫び嘆いた後、ただ見つめてみましょう。 死に損なった人がどうなるかを知る 消えたいという気持ちが溢れると、次は死にたいという気持ちに変化してしまうことも考えられます。 なのでそうなる前に、死に損なった人がどうなるかを知ってください。 私自身は飛び降り自殺を失敗し、顔と足に一生治らない障害を背負うことになりました。 他にも調べれば、たくさんの死にきれなかった人たちを見つけることができます。 消えたいと死にたいは、違いはありますが紙一重の感覚です。 死にたいと感じてしまう前に、消えたいと感じる気持ちから脱却する方法を見つけてください。 自分勝手に生きてみる 消えたいと望む人はとても優しい人です。 自分がもし死んでしまったら、親や自分の関係者が悲しむことが頭をよぎりますし、死ぬことでかけてしまう迷惑についても申し訳ない気持ちを抱いています。 だから現実的には不可能だとわかっていても『消えてなくなってしまいたい』と感じずにはいられないのです。 優しいは素晴らしい事です。 優しいとは一つの才能です。 ただその優しさが今のあなたを苦しめているなら、少しだけ自分勝手に生きる方法を学んでみましょう。 好きなところに遊びに行き、好きなことをする。 誰かに気を遣うのではなく、自分が楽しむために自分の労力を使う。 今までたくさん人のために優しく気を使ってきたのですから、少しくらい自分のために自分勝手に過ごしても罰は当たりません。 消えたいと感じるほど疲れている心に、少しだけ気力を取り戻すために、ぜひ少しだけ自分勝手に気ままに過ごしてみましょう。 最初は慣れなくて何かもぞもぞしますが、肩の力が抜けてくると、自分勝手に生きることの気楽さに気づけるはずです。 思考の罠にはまってないか確認する 思考には多くの罠が存在します。 例えば繊細すぎる人は、なんでもネガティブな事に対し自己関連を行ってしまいがちです。 『今日、あの人から挨拶を返してもらえなかった・・・。 なにか自分が気分を害することをしたんじゃないか?』 ポジティブな人なら『今日は機嫌がわるかったのかな?』ですませられる内容を、真面目過ぎたり繊細すぎるせいで、自分に関連付けてネガティブな方向に解釈してしまいます。 他にも『母なら、仕事・家庭・育児はきちんとこなすべき』、『男ならこれくらいの忍耐は持つべき』など、自分や世の中の『~すべきである』に左右され、自分の限界や感情を見誤りどんどん息がしづらくなってしまうこともあります。 思考の罠から抜け出すのは、とてもとても大変です。 習慣になってしまっていることを、一つ一つ疑ってかからなくてはいけないのですから。 ただ今、大変でもその思考の罠に気づき、回避する方法を学べばこれからの人生、その罠にかかって苦しむことはなくなります。 まずは、罠にはまっていないか気づきことからはじめてみましょう。 深呼吸をしてみる 消えたい、いなくなりたい、そんな気持ちに押しつぶされそうなら、まずは大きく一度深呼吸をしてみましょう。 人は何かを悩んでいたり、考え込んでいると、自然と呼吸が浅くなり肺呼吸になってしまいます。 呼吸が浅くなると、脳へ酸素が十分に送られず、思考回路がより狭まりよくない事ばかり考えこんでしまうんです。 なので、ここでゆっくり息を吐ききって、ゆっくり鼻から吸い込んでみましょう。 この時辛い事、嫌なことを考えずできるだけ、頭の中をからっぽにして呼吸に意識を集中してください。 鼻からゆっくり5秒かけて息を吐いて、5秒かけて息を吸い込みましょう。 頭をからっぽにして深呼吸できたら、少しだけ気持ちが冷静になっているのに気づくはずです。 消えたい事実は変わりません。 ただあなたの捉え方次第で、道は変わるということはぜひ頭の片隅に置いておいてください。 消えたいと呟く人への対処法 死にたいではなく、消えたいと周りの人が呟いた時の周りはどのように対処していけばよいのでしょうか?実際に死にたい、消えたいと口にし、飛び降り自殺を決行し失敗した私が、消えたい口にする人への対応方法を綴ります。 とにかく話を聞く とにかく相手に気が済むまで喋ってもらいましょう。 消えたいほど気持ちが辛い方向へ傾いているなら、今はその気持ちを少しでも吐き出し楽にすることが重要です。 ただこの時気をつけたいのが、 絶対にその気持ちの吐露に対してアドバイスはしない事。 消えたいと思い詰めるほど辛い気持ちが高まっている時に、理論的なアドバイスは気持ちを落胆させたり、怒りを爆発させるきっかけになりかねません。 今は理論的に話をきくのではなく、相手を落ち着かせるため気持ちを楽にするために話を聞く時間だと理解してください。 共感を示す 辛い気持ちの吐露の最中、もし意見をもとめられたらできるだけ相手に同調してあげましょう。 『わかるよ、辛かったね』『大変だったね』 こんな言葉でかまいません。 相手に自分でもそれは辛くなる、私は君の味方だよ。 という気持ちが伝えることが大切です。 否定せず、頭ごなしに頑張れといった無責任な言葉を吐きかけるのではなく、優しい言葉をかけてあげてください。 あなたが消えてしまったら私が悲しいと伝える 死ぬのはいけない。 消えたいなんて言って心配させてはいけない。 そんな言葉は、絶対に使わないでください。 そう告げている本人も、死ぬのはいけない。 消えてしまうなんて言うこともよくない。 そんなことは十分わかっています。 それでも、気持ちを吐露したくなるほど追い詰められているから、その言葉をつい口にしてしまっているのです。 そんな時は否定や、諫めるのではなく、ぜひ『あなたがもし死んでしまったらり、消えてしまったりしたら、自分がとても悲しい』と伝えてください。 消えたいと願ってしまう人は、心のどこかで『自分が消えてなくなっても、誰も困らない』『もし消えても、この世の中は何も変わらない』と思い込んでしまっています。 だからこそ『悲しい』という素直な気持ちを伝えてみましょう。 すぐには受け入れられなくても、その言葉は心の氷を解かすきっかけを作ることができます。 自分だけでは受け止めきれないと感じたら相談する 生死を分けるような話を1人で抱えているのは、あなたのためにもなりません。 誠心誠意相手の話を聞き、消えたいと呟いてしまう人が危うい状態だと感じたら、自分ひとりで抱え込まず相談してください。 大切な家族の悩みを真剣に聞くことは大事です。 ただあなた自身の心を守ることも大切なことだということを忘れないでください。 消えたいあなたへ 消えたいと願い続けるのはとても苦しい事です。 そして、一度消えたいと願ってしまったあなたが、その気持ちから抜け出すにはとてもとても大変です。 人は誰だって好きで生まれてきた人はいません。 生まれてきたいと望む望まないにかかわらず、私たちは生を受けこの場に生きています。 しかし死はある意味選択できてしまうのです。 消えたいと願い続けるのは辛い事です。 だってその願いを実現することはできないのですから。 人は物理的に存在し、人は他人の記憶に干渉することは出来ません。 叶えられない願いを持ち続けることは、どんどん自分を追いつめていきます。 消えたいと感じるあなたは、とても優しい人です。 だからその優しさを、自分のために1度だけ使ってみてください。 どんなに自分が嫌いでも、自分に1度だけ優しい言葉をかけてください。 無駄だと思っても、自分が喜ぶ可能性がある行動をとってください。 少し他の人が驚いたとしても、消えたいほど辛い気持ちを信頼できる誰かに吐き出してみてください。 消えたい気持ちは強く、きっとなかなか消えてはくれないでしょう。 でもその気持ちが『死にたい』に転じてしまう前に、少しでも多くの手を打ってみてください。 消えたいと感じるあなたへ、この記事を読んでくれてありがとう。 私にほんの少しだけ時間をもらえて嬉しいです。 またあなたに遊びに来てもらえるように、私はここにいます。 次またあなたに出会えることを、楽しみにしています。 月城 メンタル関連エントリーはこちら.

次の