犬 柵 室内。 獣医師が教える!室内犬のケージ飼いのメリットや留守番のコツなど|いぬのきもちWEB MAGAZINE

【楽天市場】屋内用サークル・ゲージ:犬とEnjoy!ドッグパーク

犬 柵 室内

犬にも落ち着ける自分専用の空間が必要です。 今回は、室内犬にとってのケージの必要性と、ケージ飼いのメリット・デメリットをご紹介します。 長時間留守番させるときの部屋の準備方法についても写真付きでわかりやすく解説します。 室内犬になぜケージは必要なの?ケージ飼いのメリットとは? 愛犬の安全を守るため 家の中には、犬にとって危険なものがたくさんあります。 犬は口に入れて確かめる習性があるため、誤飲や誤食を防ぐためにも、人の生活空間と分けて過ごすことが大切です。 また、愛犬を1日中自由にしておくと、どうしても目を離す時間が出来てしまうため、いたずらや事故のリスクが高まります。 いたずらを未然に防ぐことによって、飼い主さんのストレスも少なくなり、愛犬とより良い関係が築けるでしょう。 落ち着ける居場所をつくる 犬は野生時代、穴倉の中で生活をしていた名残から、狭い空間に入ると落ち着く習性があります。 ケージを愛犬にとって落ち着ける居場所にしてあげることで、安心してくつろいだり、眠ったりすることができるのです。 また、ケージに入れたときに鳴いているとかわいそうに思うかもしれませんが、寂しいのではなく、鳴けば出してもらえると期待して甘え鳴きしている場合もあるでしょう。 鳴いても無視していれば、ケージに入れて鳴くこともなくなるはずです。 愛犬のストレスを減らす 普段から「ハウス」のしつけができていれば、突然の来客や入院、災害などでケージに入れなくてはならないときに、愛犬にかかるストレスを減らすことができるでしょう。 いつも自由にさせているのに来客のときだけケージに入れたりすると、ケージ自体がストレスになってしまうこともあるので、普段からケージに入れる習慣を身につけておけばいざという時に安心ですね。 飼い主さんとの主従関係をはっきりさせることができる 人と同じ空間で過ごしていると、愛犬は自分の方が飼い主さんよりも上の立場だと勘違いし、飼い主さんの言うことを聞かなくなってしまうことがあります。 ケージに入れる時間と出して遊ぶ時間を分けることによって、主従関係をはっきりさせることができます。 主従関係をはっきりさせることで、犬は自分より順位が上のものからは守ってもらえるという安心感を得ることができ、飼い主さんのほうも、しつけがやりやすくなるでしょう。 ケージ飼いのデメリットや注意点は? ケージ飼いにするからといって、ずっとケージに入れて愛犬を閉じ込めておくわけではありません。 ずっとケージに入っているとストレスになってしまうことがあります。 散歩はもちろんのこと、飼い主さんが帰宅したらケージの外に出して遊んであげる時間を持ちましょう。 また、体の大きさに合ったケージを選ぼうとするとどうしても大きなスペースが必要になるため、場所を取ってしまうのが難点です。 なかにはケージが苦手な犬も ある程度の時間なら、ケージのなかにいても大丈夫な犬もいますが、犬種や性格によっては合わない場合もあります。 大型犬の場合はケージに入れるとかえって窮屈に感じてしまうことも。 レトリーバー種やテリア種など、元々運動量が多い犬種の場合は、ケージのなかで過ごす時間を少なめにするといいでしょう。 それ以外の時間は運動させ、ケージ飼いのストレスを発散させてあげましょう。 ケージの選び方 犬はトイレから離れた場所を寝床に選びたがるため、寝床とトイレを離して置けるサイズの、大きめのケージを用意してあげるとよいでしょう。 寝床とトイレが近いと愛犬がくつろげず、そそうの原因となることも。 また、犬の頭がケージから出ていると脱走の原因になったり、屋根に頭がついてしまうと落ち着けなかったりするため、ちょうどいい高さのものを選びましょう。 買い替えの目安は? 柵がさびてしまったり、塗装がはげてしまったりしていると、はがれた塗料やサビを愛犬が誤って食べてしまうことがあります。 また、ジョイントの部分などは犬が噛んで壊れてしまうこともあるため、こまめにチェックするようにしましょう。 ケージやサークルを使った留守番のコツをご紹介! 短時間の留守番の場合は、犬はほとんどの時間を寝て過ごしているようですが、飼い主さんが仕事に行っている間など8時間以上の留守番が必要になる場合、起きて過ごす時間もあります。 ケージやサークル、クレートなどを使って、愛犬が快適に過ごせる環境を作ってあげましょう! 長時間の留守番には柵付きフリースタイルがおすすめ! 長時間留守番させる場合、愛犬に広めのスペースを用意し、開放的に過ごさせてあげましょう。 危険な場所やイタズラしそうな所には柵を設置して予防します。 また、地震などのときに逃げ込めるよう屋根がついたクレートも置いておきましょう。 トイレは広めにするか複数置いておけば、そそうの心配もなく愛犬も清潔に過ごせます。 そそうやイタズラが心配な犬は、庭つき一戸建てスタイルで! 上の「柵つきフリースタイル」ではそそうをしたり、イタズラをしてしまう犬もいます。 そういう場合は、トイレシートを敷き詰めたケージ(サークル)とクレートを紐などで固定し、その中で留守番させる「庭つき一戸建てスタイル」が安心です。 犬にとってトイレがわかりやすいのがポイント。 広い範囲を警戒しなくて済むため、落ち着いて過ごせます。 狭いサークルはNG! この写真のように寝床とトイレの区別がつきにくい環境では、不快に感じて排泄を我慢してしまい、飼い主さんが帰ってきてサークルから出したタイミングでそそうをしてしまうことも。 また、クレートのような落ち着ける場所がないため、犬が落ち着かず、吠えグセがついてしまうこともあります。 そのときの状況に応じ、室内飼いの犬にとってケージやサークルの中で過ごすことがメリットとなることもあるでしょう。 愛犬が普段から快適に過ごせるように、しっかりと環境を整えてあげましょう。

次の

【ホームズ】部屋の中で犬を飼うには? 部屋づくりのポイントと注意点を解説

犬 柵 室内

「ドッグフェンス」とは何か? 「ドッグフェンス」とは 犬の行動できる範囲を 制限するために用いる柵のことです。 ドッグフェンスの使用する 目的は 第一に「 犬の安全を守ること」です。 ただし、犬の行動範囲を狭めるためだけに ドッグフェンスは使用されるわけではありません。 犬を自由に開放してあげたい場合にも使われることも多いです。 ドッグフェンスの使用することで得られるメリット ドッグフェンスを使用することで 以下の3つのメリットがを得ることができます。 事故を未然に防ぐ• 犬の行動範囲を操作できる• ストレス軽減につながる 事故を未然に防ぐ【ドッグフェンスのメリット】 キッチン周りや階段、暖房器具などの 犬が ケガをしそうな箇所には ドッグフェンスをつけておくことで 未然に 思わぬ事故から防ぐことができます。 このように、事故を未然に防ぐために ドッグフェンスは多くの愛犬家に使用されています。 犬の安全を守る役割を果たす。 この事実はドッグフェンスの魅了の1つです。 犬の行動範囲を操作できる【ドッグフェンスのメリット】 自由に動ける範囲を決めておくことで 犬も自分の行動範囲を理解することができます。 犬の行動範囲を操作できる点は ドッグフェンスのメリットの1つです。 広さを決める時コツは、 あまり広くしすぎないことです。 実は犬は、狭い場所の方が安心をする動物です。 もしも留守番などを犬に任せる場合には やなどにいれておき なるべく狭い空間で留守番してもらうことをおすすめします。 また、行動できる範囲を広くして 犬を自由にしすぎてしまうと しつけがやりずらくなるデメリットもあります。 ストレス軽減につながる【ドッグフェンスのメリット】 犬に入ってほしくない場所や いたずらしてほしくないものなど 犬にとってはわかりませんし、悪気もありません。 手をつけられて イライラする気持ちは 飼い主にとっても犬にとってもよくありません。 お互いにストレスを与えないために ドッグフェンスで仕切ってしまいましょう。 ドッグフェンスの種類 ドッグフェンスは 使用場所によって 種類が異なります。 野外で使用するタイプ• 室内で使用するタイプ この2つに分けて 場所に合ったものを正しく使いましょう。 ドッグフェンスの種類【野外用】 ドッグフェンスとして 野外で使いやすいのは や形式の 全体を囲っているタイプのものです。 あるいは 自立タイプの 大きく頑丈な仕切りを使用することができます。 どちらも 地面は 平坦なところで使用しましょう。 などの際などにも ドッグフェンスは活用されることがあります。 ドッグフェンスの種類【室内用】 ドッグフェンスとして 室内で使いやすいのは 突っ張りタイプです。 ドアの代わりとして設置します。 突っ張る両脇の壁が必要なのと 壁の幅のサイズに合ったものを 正確に探しましょう。 室内用の自立タイプは使用できるものの 突っ張りタイプのように開け閉めできないので 跨いだり退かさなければなりません。 また、 部屋にスぺースがあるのでしたら やタイプにも室内用があります。 子犬におすすめのドッグフェンス【Amazon人気商品】 ドッグフェンスの使用を 本気で検討している愛犬家へ。 Amazonでの人気商品で 特に におすすめのものを2つ紹介します。 仕切りの面が半透明なので の様子をしっかり見ることができます。 片手で開け閉め、前後に 両開きできるので よく出入りする場所にはピッタリです。 開いた扉の角度に応じて 解放したりロックしたりする自動機能付きです。 最後に 「ドッグフェンス」とは何か? 野外用と室内用の種類についてや 子犬におすすめのAmazon人気商品について なるべくわかりやすく解説しました。 ドッグフェンスの使用目的や 野外用、室内用の種類について知っていただき、 どこかに使ってみたいと思われましたか? 特に のうちは さまざまなことに 興味津々で ケガやイタズラもしやすいです。 犬の安全を守るために 必要カ所が パッと思い浮かぶのであれば 一度 お試しになってみてはいかがですか?.

次の

【楽天市場】ゲート

犬 柵 室内

犬が快適に暮らせる部屋づくりのポイント 室内で犬を飼育する際は、犬が快適に暮らすための配慮が必要です。 室内飼いをする際の部屋づくりのポイントを見ていきましょう。 犬が誤飲しやすいものは届く範囲に置かない 犬はクリップや輪ゴム、アクセサリーといった小物類を誤飲しやすい動物です。 誤飲の恐れがあるものを、犬が行動するスペースには置かないように注意しましょう。 特にタバコや薬、プラスチック片、金属片は犬が誤飲してしまうと体調に異変を起こす恐れがあるため、とても危険です。 床に置かないことはもちろん、犬が届く高さの机や棚の上にも置かないように気をつけましょう。 人間の食べ物を犬に与えない 食事をしている際に近くに犬が寄ってくると、ついつい食べているものを与えたくなりますが、人間が好む食べ物の中には、犬が食べると中毒症状を起こしてしまう危険な食べ物もあります。 特にチョコレートやたまねぎ、ぶどう、ナッツ類は危険なため、決して犬に与えないようにしましょう。 ほかにもスナック菓子など、犬にとって塩分や糖分が高すぎる食べ物も多いため、人間の食べ物は与えないようにし、犬のそばにも置かないようにしましょう。 犬に入ってほしくない場所には柵を設置 キッチンや階段など、犬に入ってほしくない場所には柵を設置して、犬が立ち入らないようにスペースを区切ってあげましょう。 市販されている犬用の柵でもいいですが、犬のサイズによっては人間の子ども用に販売されている柵でも代用できる場合があります。 犬が柵にぶつかって倒れてしまう場合があるので、柵は床や壁に固定できるものを選ぶと安心です。 危険な設備に触れないように対策を取ること 家の中には犬が触れると危険なものがたくさんあります。 たとえば、電気コードはケーブルカバーやコードボックスを活用してかじったり触れたりしないようにする、冬場に活用するストーブは犬が近づきすぎないようペット用の柵を設置するなど、犬を危険な設備に近づけないような対策を取ることも重要です。 犬が生活するスペースの床は安全な素材を 室内の床材が滑りやすいと、犬の足腰に負担がかかりやすく、転倒事故につながるケースもあります。 特に、洋室で見られる一般的なフローリングは滑りやすいので注意が必要です。 毛足が短いカーペットやコルクマットなど、犬の足腰に負担が少ないものを用意してあげましょう。 犬の放し飼いはあり? 室内飼いの場合、脱走や誰かをケガさせてしまう心配もないため、放し飼いをしようかと考えている方もいるでしょう。 しかし、犬はもともと敵から身を守るべく、巣穴など自分のテリトリーをつくる習性があります。 そのため、ハウスケージで囲われたスペースがあるほうが安心しやすく、放し飼いにされているほうがストレスを感じる場合があります。 また、自分のテリトリーがないと自由奔放な性格になりやすく、しつけが難しくなることもあります。 犬のストレス軽減や飼い主との主従関係を示すためにも、ケージやハウスは用意しておきましょう。 また、ケージやハウスは身動きがとりやすいよう、犬の大きさに合わせて調整するようにしましょう。 そして、飼い主の目の届く場所に設置し、犬の異変に気づけるようにしておくほか、エアコンなどの風が直接当たるような場所には設置しないようにしましょう。 部屋の中で犬を飼う際の注意点とは 次に、室内飼いをする際の注意点について詳しく見ていきましょう。 トイレのしつけをしっかりとする 室内飼いをする際は、トイレのしつけをしっかりしておかないと、いろいろな場所で自由にトイレをする習慣がついてしまい、自分でトイレの位置を勝手に決めてしまいます。 トイレのしつけには、子犬の時期から使用できるトイレシーツを使用する方が多いです。 まずはケージやハウス内の全体にトイレシーツを設置し、まったくトイレをしないシート部分を回収するといった工程を繰り返し、トイレをする場所を確定させていくようトレーニングしましょう。 室内飼いでマーキングを覚えてしまうと、犬が飼い主より自分の立場が上だと認識してしまい、言うことを聞かなくなってしまいます。 マーキング行動が見られる場合は去勢手術を行うほか、におい消しグッズを使用してマーキングを消すなどの対策を取り、上下関係を確立させられるような接し方をしていくように心がけましょう。 無駄吠えをさせない 賃貸の場合や隣の家が近い場合は、鳴き声が近隣トラブルに発展する可能性があります。 飼い主が怒る姿勢をしっかりと見せないと、犬は無駄吠えを繰り返してしまいます。 部屋で犬を飼う際はストレスのない環境づくりが大切 犬は自分のテリトリーがないことで不安になったり、怒られることで恐怖を感じたりするなど、想像以上にストレスを抱えやすい繊細な動物です。 しかし、自由奔放にさせていれば、飼い主の生活環境が乱れることになります。 そのため、しつけを行いつつも犬が快適に生活できるよう、なるべくストレスをかけないような環境を整えてあげることが大切です。 また、ペット可の物件の場合でも、管理規約や賃貸借契約書のなかで、ペットの種類や頭数に制限が設けられていることがあるので、必ず事前によく確認しましょう。

次の