タイレーツ 育成。 【ポケモン ソード&シールド】背水の陣タイレーツの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

タイレーツ/対戦

タイレーツ 育成

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ゼラオラレイドの攻略情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるタイレーツの育成論と対策について掲載しています。 タイレーツのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• この技は ポケモンの入れ替えができなくなる代わりに、「全ての能力ランクを1段階上昇させる」という非常に強力な積み技となっています。 特性「まけんき」の抑制効果 タイレーツの夢特性「」は相手の技や特性で 能力ランクが下がった場合、攻撃を2段階上昇させるという効果を持ち、相手のデバフを気にせずに強気に動く事が出来ます。 そのため、特性いかくは火力アップに繋がり、ダイマックス技を受けられた場合は火力が大幅に上昇してしまうことがあるため 相手の選出や技選択に圧力をかけることが可能です。 かくとうタイプの弱点を突くポケモンに強い技を覚えるためアタッカーとしても優秀で、特性に対して強いことからダブルバトルで活躍しやすいポケモンです。 はいすいのじんを使用後でも確定1発が取れないポケモンや、素早さを抜けないポケモンが相手の場合は素直に引く方がいいでしょう。 1積み後のタイプ一致インファイトの火力は馬鹿にできず、多くのポケモンのダイマックス状態でも粉砕できる火力になります。 攻撃や素早さだけでなく防御と特防も 特攻も 上がるため、本来倒し切れるダメージであっても耐えられてしまう可能性があります。 積まれた場合には引けないことを逆手に取った起点化や早々の処理がおすすめです。 対策方法 ちょうはつを使用して積み技を不発に タイレーツユーザーの99. 9%ははいすいのじんを使用するので対策をしておきましょう。 相手のやりたいことをさせないということはポケモンバトルにおいて強力な立ち回りで、これによって有利な状況を作りましょう。 素早い特殊アタッカーで処理する タイレーツは防御のステータスは比較的高めですが、HPと特防のステータスは控えめです。 特殊方面で攻めるのが安定して攻略ができます。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

タイレーツとは (タイレーツとは) [単語記事]

タイレーツ 育成

ワタシラガ 空振り保険 基本データ No. 830 分類 わたかざり 英語名 Eldegoss タイプ くさ H60 A50 B90 C80 D120 S60 高さ 0. 5m 重さ 2. やどみがによる受けサイクル潰し• Sダウンでの後続へのサポート• スカーフ持ちや高速アタッカーに対する誤魔化し• 相手にックス権を消費させられる 調整意図 ・性格 S:やを抜かせる228振り B:物理耐久が欲しいので性格補正込み252ぶっぱ D:余りの28 特性 わたげで確定。 攻撃を受けた際に自分以外全員の素早さを1段階下げる。 持ち物 からぶりほけんで確定。 効果は技を外すとSが2段階上昇する。 特性とあわせて素早さが超強化される。 技構成 確定技 ねむりごな、、みがわり。 選択技 の化けの皮を剥ぐ為の攻撃技採用。 D無振り 34~42• D無振り 66~80• D無振り 51~60• D無振りドラパルト29~35• かふんだんご やどりぎもねむりごなも入らない草相手に争。 H252ゴリランダー 37. 6~44. H252 14. 3~17. 後続に飛行エースが多いので解除が出来るのは強み。 の皮を剥がせないのが痛い。 コットンガード Bが3段階上がる。 詰ませ能力は非常に高くなるものの草に何も出来なくなる。 こうごうせい これも詰ませ能力が高くなる技。 受け切れない技も被弾回数を増やして強引にSを下げる芸当が可能。 しびれごな ドラパルトに対する刺さりが良いので両採用も視野に入る。 を採用する等パーティで麻痺が強いならねむりごなと入れ替えもアリ。 被ダメ• C極 17. 7~21. A252ダイジェット 124. 4~146. A252珠じゃれつく 45. 9~54. 120ダイホロウ 60. 7~72. A252 40. 7~48. A252ドラパルトドラゴンアロー 48. 8~57. 同上とんぼがえり 42. 9~51. C下降無振り同上 47. 4~56. C252同上 66. 6~78. A極モルペコオーラぐるま悪 47. 4~56. そしてこのワタシラガは受けの、 ガラル を起点に相手のパーティをボロボロに出来る。 に限らずダイジェットエースとは相性が良く、上を取ってダイジェットを積みに行ける他電気に対して強いのも評価点。 ダイジェットエースを止められる。 Sが上昇していなければ主流な飛行エース達の、、をックスしていようが全て一撃で葬れる。 ピンポイント両刀【対面向け】 基本データ No. 7m 重さ 80. タイプ一致のフェアリー技を持つことで、 ドラパルト等に対して有効打を持つ。 炎の特殊技を使えることから、本来フェアリータイプが苦手なに対しても有効打を持つことが出来る。 特性「ルベール」により毒状態にならず、また、パーの特殊技を一致で使うことにより物理技を受けに来たに対して有効打を持つことが出来る。 最速よりも速く、「」と「マジカイム」と鋼技を覚え、ドラパルトを突破可能なは現状のみである。 調整意図 A:火力を高めるため252振り C:「マジカイム」でH252を確定2発 S:最速抜き 持ち物 「」で確定とする。 やドラパルトと退治する上で、確実に最初の一撃を耐える必要があるため。 ックスしても攻撃が1段階以上上がっている「いのちのたま」を持った「シャドークロー」は耐えられない。 技構成 一致パー技枠として採用。 「ダイサイコ」として使うことでサイコフィールドを展開し、等の先制技を防ぐことが出来る。 特殊技を敢えて採用する意図は、を意識したため。 他にパー技でないと相手ができないという仮想敵はいないため。 ドラパルトやなど、ドラゴンや悪タイプに対して有効な打点となる。 パー・フェアリーを共に半減にしてくる鋼タイプへの打点であり、持つことで攻撃できる相手が増える利点がある。 限りなくピンポイントに近い採用だが、「ダイサイコ」で先制技を封じて上から「ダイスチル」という立ち回りでを見れるのは強み。 ダイスチル• ドラパルト対面では特に味方による何らかのS操作があると心強いため、追い風や電磁波、等を撒ける味方がいるとより安定するだろう。 限りなくピンポイントに近い型であり、論内で述べた相手以外に有効かといえば過信はできず、相手のックスを恐れるため繰り出すタイミングにも注意が必要になってしまう。 エースは6匹、全抜きしタイレーツ 基本データ No. 870 分類 じんけい 英語名 Falinks タイプ かくとう H65 A100 B100 C70 S75 高さ 3. 0m 重さ 62. 覚える技も優秀。 特に専用技のはいすいのじんは、交代できなくなる代わりに、全能力を一段階上げる。 調整意図 特性 まけんきで確定。 相手によって能力が下げられた場合、Aが二段階上昇する。 今作は、ックス技も含め、能力が確定でダウンする技が増えたため適する。 持ち物 ラムの実で確定。 状態異常を一度だけ治してくれる。 鬼火や熱湯によるやけど、耐久が撃ってくる毒、はいすいのじんを使ってしまうと交代できないため、欠伸をされると確定で入ってしまう眠りを対策。 性格、調整 積みアタッカーのためASに全降り。 補正はSにかける。 最速にして背水の陣を使うと実数値は208。 準速スカーフをも上回る。 技構成 確定技 はいすいのじん 専用技。 交代不可を引き換えに全能力を上げる。 コンセプトなため確定。 タイプ一致で撃てる最大火力。 馬鹿力も習得するが、Aダウンが痛いので採用するメリットはない。 ックスしてダイスチルとして使用することで、Bを上げながら攻撃できる。 やに刺さる。 砂嵐が発生する為タイレーツの体力を削ってしまうが、地面鋼岩以外のタスキを潰せる。 ダイロック 威力110• パーティ単位で重い場合。 ダイサイコ 威力130• パーは特殊型がほとんどなのでCを下げるダイワームが刺さる。 被ダメ 物理耐久• 両壁とでんじはで起点作りが可能。 対策がかなり進んでいるのと、自主退場ができないのがネック。 ワタシラガ しびれごなやねむりごな、あまえる、なとで起点作りが可能。 特性のわたげは攻撃力を受けると、相手のSを下げ、後ろに続くタイレーツに有利な状況を作れる。 タイレーツを出すと、ラス1に鋼や岩、フェアリーが残ることが多い。 それらを狩るための起用。 一緒に使う場合、はタスキでの運用が望ましい。 ステロ要員 や等。 の削りが入ることで、全抜きを狙いやすくなる。 サイクルを行う場面が無いので本来のように活かすことはできないが、苦手な飛行タイプに対して多く削りが入るので後出しされても勝ちやすくなる。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン ソード&シールド】背水の陣タイレーツの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

タイレーツ 育成

はじめに 皆様はじめまして。 初投稿の「ゴミ拾いP」と申します。 至らぬ点がありましたら遠慮無くお申し付けください。 本育成論では各ステータスに対する表記を下記内容で使用します。 ダメージ計算は下記サイト様を使用させていただいております。 ポケマスダメージ計算() タイレーツというポケモンについて まず見ていただきたいのはこのポケモンの種族値です。 H65 A100 B100 C70 D60 S75 そう、物足りないのです。 物理方面はそこそこですが、それ以外は軒並み残念な感じです。 しかしこれには理由があります。 それが はいすいのじんという専用技です。 効果は HABCDSが1段階上がるが、交代したり逃げたりできなくなるというもの。 これによりタイレーツはその足りない数値を補っているのです。 しかしこの交代できないというデメリット、想像より遙かに厳しいものです。 環境に跋扈するダイジェット持ち、フェアリータイプなどなどを後出しされ、起点にされるのがオチです。 かといってそういったポケモンを他のポケモンで処理してから出してもオーバーキル気味になり、勝利に貢献しているかというと微妙です。 そこで私が今回提案するのは 「はいすいのじんを積まないタイレーツ」です。 積まないタイレーツの強み• 動きの柔軟性 はいすいのじん型は一度積むとあとは突っ込むことしかできませんが、この型なら一旦引くことも可能です。 技の範囲 はいすいのじんを入れない分技スペが増えるため、かくとう技が通らないエスパー、ひこう、フェアリー、ゴーストに対して打点を持てるようになっています。 奇襲性 これは実際にこのポケモンを使っていて感じたことですが、タイレーツを見ると多くの人がはいすいのじん型だと勘違いしてくれます。 無償降臨前提で耐久無振りらしきポケモンを受け出されることはしょっちゅうです。 このように別の型が浸透しているという事実は、この型を使う上で大きな強みとなります。 そこそこの物理耐久+素早さ ローブシンなどに比べると耐久や火力は見劣りしますが、岩封一回で多くの相手を抜けるという点で勝っています。 特性について 相手のダイマックス技に対して強く出られる まけんき確定とします。 また、岩封をアーマーガアのミラーアーマーではじき返してもらうことで下を取りつつ火力を上げる(=相手がはねやすめをしたらかくとう技が抜群で入る)ことができます。 性格について はいすいのじんを積まない以上、火力がギリギリなので いじっぱりとします。 努力値について H148 A252 S108 火力を補うためにAはぶっぱ、Sは岩封一回で最速ミミッキュを抜けるラインまで振りました。 残りを全てHに振ることで10n-1調整(いのちのたまのダメージが最小)になるので余りの148を振っております。 持ち物について 火力がギリギリであり、また技範囲を広げてある以上撃ち分けが効くようにしておきたいので いのちのたまです。 技構成について どのタイプに対しても打点を持てるようにするため、基本的には以下四つで確定です。 インファイト 安定の一致高火力技。 しかし、下手に撃って受け出しされるとBDダウンも相まって大変なことになってしまうため、相手の裏に受けられるポケモンがいないことを確認して撃つ、もしくはこちらも引き先を用意しておくなどの配慮が必要です。 アイアンヘッド フェアリーに対する打点。 ダイマックス技で撃つとBが上がるため継戦能力が上がります。 じごくづき ゴースト、エスパーに対する打点。 音技を2ターン封印できるため、ニンフィアやストリンダーと言った音技を主力にするポケモンに ダイマックスを切るorチェンジする という択を迫ることもできます。 がんせきふうじ S操作技兼ひこうに対する打点。 Sを一段階下げることができるため相手の交代に合わせて撃つと交代先のポケモンになにもさせず倒す事も可能です。 また、ミミッキュのばけのかわを剥がしながらのS操作もできます。 運用方法について あまり受け出しが効かないので基本的に先発or死に出しです。 一応、物理の半減技ぐらいならそこそこの余裕を持って受けられます。 有利対面を取れたら相手が交代するor突っ張るを慎重に判断し、交換すると思ったら岩石封じを撃ち、次のターン上から殴れるようにします。 読みに失敗して上手く岩封を通せなかった時や岩封を外してしまったときは素直に引きましょう。 参考にしていただけると幸いです。 ダメージ計算 ダイマックス前後で区別するとわかりにくくなるため、技を受ける側は全て非ダイマックス状態とします。 そのため、ダメージが200%を超えていればダイマックス後も確一です。 岩封を合わせられなかったら余裕の確1を取られますので引きましょう。 また、最近減っていますが威嚇ギャラの場合、まけんきが発動するためダイマックスせずとももう一発岩封を入れれば倒せます。 ミミッキュ側のいのちのたまダメージも考慮しておきたいので、一度シミュレーションしてみます。 そのため、1:1交換が取れればいいというような状況に際してはダイマックスして突っ込むという選択肢も十分視野に入ります。 後続で処理できそうなら大人しくアイへ撃って落ちましょう。 岩封一回ではドラパルトの方が速いため上を取られてしまいますが、ダイマックスしていれば一撃で倒されることはない上、特性まけんきのおかげでダイドラグーンに火力を下げられることもありません。 そのため相手のはねやすめにインファイトを合わせてあげれば倒せます。 ただし鉄壁を3回積んだ後でボディプレスを撃たれたり、Sを下げ散らかした上でチェンジされたりすると厳しいため、相手のラスト一匹がアーマーガアである場合に詰ませの手として利用するといいでしょう。 ただし相手がこだわりスカーフを持っており、かつダイマックスせずハイパーボイスを飛ばしてきた場合は倒される可能性があります。 最後に 長々とダメ計を書かせていただきましたが、総じて重要であるのは チェンジに合わせて岩封を当てることです。 上を取ってしまえば広い技範囲で何とかなる場合が多いです。 決して郄種族値のポケモンではありませんが、実際に動かしてみるとかなりおもしろい動きをしてくれます。 あと可愛い。 ギャラドス等は攻撃を受けることを想定していない為問題ないですが、ミミッキュ等の殴り合い前提での撃破には命珠ダメ込みで書くべきだと思います。 ミミッキュのいのちのたまは完全に失念しておりました。 いのちのたま込みでの考察を追加させていただきました。 「陽気準速」は完全にただの誤植です。 「陽気最速」に修正させていただきました。 この型だとほぼ全てにおいて ナゲツケサルが上位互換となってしまうため、 差別化をどうするのか気になります。 背水の陣を相手が読んで行動してくれる という点以外に何かありますでしょうか?.

次の