電気料金 安くする。 「電話料金を安くするプラン」のセールス電話の断り方を教え...

工場の電気代を安くする5つのポイント

電気料金 安くする

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 1.電力会社を変更する 2016年4月の電力自由化以降、契約する電力会社を自由に選べるようになりました。 電力会社を変更すれば、使い方は今まで通りでも電気代が安くなることが期待できます。 選べる電力会社がたくさんあってどれを選べばいいか分からないという人も、インズウェブの電気料金比較サービスを使えばお得になる電力会社の料金プランがすぐに分かります。 検針票をお手元に用意してまずはお得な料金プランを探してみてください。 節約額は契約電力会社によって異なりますが、10A下げることで毎月200~300円電気代を安くすることができます。 同時にどれだけの電気機器を使用するかが契約アンペアを見直す際のポイントです。 1年で一番電気を使用する時期を想定して考えてみてください。 同時に使用する電気機器の消費電力 W の合計を100で割った値が大体の同時に使用するアンペア数です。 (100Vで使用の場合) アンペア数を下げられない場合は、同時に使用しなくてもいい電気機器を考えてください。 使用時間をずらせば、アンペア数を下げてもブレーカーが落ちずに利用できます。 子供が家を出たなど電気を同時に使用する量が減っている場合は、契約アンペア数の見直しを考えてみましょう。 3.料金プランの特徴を理解する 契約している料金プランを変更したら、その料金プランの特徴を理解しましょう。 夜に電気料金が安くなるプランなら、タイマーによる設定などで夜に家電を使用するようにする、電気使用量が多くなるほど電気料金の単価が上がる一般的なプランでは、単価が高い段階に差しかかったら使用を控えるなど料金プランに合わせた使用をすれば電気代は安くなります。 スマートメーターに切り替えていれば、電気の使用量がネット上で見られる電力会社もあります。 その場合は、使用量を意識するために定期的に確認するのも良いでしょう。 4.待機電力を削減する 電気使用量のうち5. 待機電力を抑えることで電気代を節約することができます。 使用しない時はコンセントからプラグを抜くなど地道なことの積み重ねによって電気代は安くなります。 いちいちコンセントから抜くのは面倒という人は主電源をオフにしましょう。 また、節電タップを使い、家電を使わない時は、節電タップをオフにするようにすれば、コンセントから抜くのと同じ効果を得ることができます。 ただし、エアコンとテレビに関しては長期間利用しない場合を除いて、コンセントから抜くのを控えたほうが良いです。 エアコンはコンセントに差してすぐに使用するとエアコン自体を痛めてしまい、テレビは電子番組表などの大きなデータのダウンロードを行うので、より多くの電気を使用します。 5.エアコンの電気代を安くする エアコンを使うと快適ですが、電気代は高くなります。 エアコンは、室温を設定温度まで下げる、または上げるまでの間が一番消費電力が大きくなります。 設定温度を変えたくない人でも、エアコンをつける前に室温を設定温度に近づける工夫をすることで、電気代を抑えられます。 例えば、夏に室温が外気温より高い場合は窓を開けて換気する、直射日光を遮って室温が上がらないようにするなどがあります。 冬では、昼間は日光を取り入れるためにカーテンを開けて夜は冷気を遮断するためにカーテンを閉めるなどの工夫ができます。 設定温度の調節以外にもフィルターの掃除や室外機の周りに物を置かないなどのことでエアコンの運転効率が上がり、電気代は安くなります。 こちらの記事でもう少し詳しく説明しています。

次の

電気代が安くなる電気料金プランの選び方!あなたの家庭はどのプランがおトク?

電気料金 安くする

ちなみに・・・。 「低圧電力」とは、商店、工場、マンションなどで、エレベーターやモーターなどの動力に使用するための電力です。 商店や工場、マンションなどでモーターなどの動力を使用し、契約電力が原則として「50KW未満」の場合は、この「低圧電力」契約になっています。 つまり、「電子ブレーカー」は動力200V(低圧電力)に使用されるものであり、高圧電力の需給施設や一般家庭に使用されることはありません。 「電子ブレーカー」は、マンション共用部、工場、店舗、ガソリンスタンド、コインランドリーなどで使われている低圧電力(動力200V)の基本料金を、大幅に削減することができます。 安くなる理由は電気料金の仕組みにあった このブレーカーを使用することで、低圧電力の電気料金が安くなるのか、その仕組みを紹介しましょう。 低圧電力の基本料金の仕組み 低圧電力の基本料金の計算方法は以下のとおりで算出します。 負荷設備契約(従来からあるプラン) 動力(200V)機械設備の容量を総合計(KW)し、それを契約容量とする契約方法です。 契約容量は、機械の稼動頻度や、使用電力量などに関わらず、設備容量の合計(最大値)となります。 ですからその分、電気代の基本料金が高くなってしまいます。 主開閉器契約(ブレーカー契約・新しいプラン) 動力(200V)機械設備の容量に関わらず、実際の機械稼動時に流れる電流値を元にし、ブレーカーの大きさにより契約容量を決めます。 それにより、(1)の負荷設備契約よりも契約容量を、小さくすることができます。 その分、電気代の基本料金が安くなります。 低圧電力の電気基本料金を安くする? マンション、工場、店舗などの動力設備が同じで、稼動頻度、電力使用量も同じとして、低圧電力の基本料金を比較すると、負荷設備契約より主開閉器契約の方が安くなります。 しかし、低圧電力の利用者のほとんどは、従来からあった負荷設備契約のまま利用しているという現状があるようです。 低圧電力の契約内容を「負荷設備契約」から「主開閉器契約」に変更し、基本料金の元になる基本契約数を小さくすることで、基本料金を安くすることができます。 また、現実的な問題として、契約容量の電流値をどこまで下げていいかは、契約容量を下げることでブレーカーが落ちるのではないかという点に、不安が残るのではないでしょうか。 そこで、「電子ブレーカー」が開発されたのです。 電気料金が安くなる理由と注意点 ブレーカーとは具体的にどのような機能をもったものなのか、一般的なブレーカーと比較して解説します。 ブレーカーと電子ブレーカーの違い• 一般的ブレーカー 一般的なブレーカーは、その許容範囲以上に電流が流れるときに、電流を遮断し、設備や配線などを保護する機能をもっており、どれだけの電流が流れたら、何分何秒以内に遮断させなければならないという基準がJIS規格にて定められています。 これは、熱伝導式ブレーカーというもので、過電流発生熱で電流を遮断する仕組みです。 電子ブレーカー 電子ブレーカーは熱伝導式ではなく、電流値をデジタル数値で感知します。 ブレーカーの動作をコンピューター制御し、JIS規格の許容範囲最大まで使用できるようにプログラミングされています。 急激な電流が流れても瞬時に電力を遮断するのではなく、電流の強さと時間を監視し、規定時間以内であればブレーカーが落ちないようにすることができます。 使用するメリットとは? 上記で説明したように、電子ブレーカーは一般のブレーカーより、一定の時間以内ならば、より多くの電流を流せることになります。 平成8年度に、主開閉器契約(ブレーカー契約)が認められるようになってからは、実際のピーク電力を測定し、多少の許容量を保たせた契約容量に切り替えることができるようになりました。 そして、短時間のピーク超過では落ちない、最大電力消費を監視し制御できる「電子ブレーカー」という製品が登場したことで、安全に契約容量を切り替えて、電気基本料金を大幅に安くできるようになったわけです。 しかし、電力の契約容量は、契約状況、機械の稼動状況、電気の使用状況など、電力の使用量は契約者によって異なりますので、正確な調査と綿密なデータに裏づけされたノウハウによって、安全な容量を決めることが大事です。 この機器を販売する会社では、こうした安全な契約容量をお客さまに対して、調査した上で提案をしています。 それにより、現在、電力会社に支払っている電気料金と、導入後を比べて、効果がある場合には検討しても良いのではないのでしょうか。 近年は、こうした電子ブレーカーの優れたシステムに目をつけた悪質業者が、粗悪なブレーカーを営業しているケースが場合がありますので十分に注意することが大切です。

次の

「電話料金を安くするプラン」のセールス電話の断り方を教え...

電気料金 安くする

もしあなたが、いまだに東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力、このいずれの電力会社で電気料金を支払っているとしたら、毎月かなり損しています。 これまで電気は、政府から認可を受けた各地域の電力会社だけが販売を許可されていたため、独占状態の市場では価格競争は起きず、私たち消費者は各地域の電力会社から言われた電気代を支払うしかありませんでした。 ところが、2016年4月1日より、「電力小売り全面自由化(電力自由化)」が始まり、各地域の電力会社以外にも、自分で契約する電力会社選べるようになりました。 これにより、ようやくいま電気料金の価格競争が起きており、契約会社を切り替えるだけで、簡単に電気代が安くなるようになりました。 電気の契約会社を切り替えるというと何かとても大変なイメージがありますが、全くそんなことはありません。 むしろ、めちゃくちゃ楽です。 契約の切り替えと言っても、工事も不要で立会いなどもなく、ネットで切り替え申し込みをするだけで完結します。 もとの電力会社に解約の連絡をする必要もなく、家の電気は今まで通りそのまま使えます。 家の外に設置されている電気メーターが古い場合は、メーターの交換が必要になりますが、これも立会い不要で、電気会社が勝手にやってくれるので、こちらが準備したり、立会い日を決めたりする必要はありません。 おそらく、実際やってみると驚くほど簡単に切り替えが完了し、拍子抜けすると思います。 たったこれだけで、毎月1,000円ほどの電気代の節約繋がる可能性があるので、やらないのは絶対に損です。 持ち家・戸建賃貸の方はもちろん、賃貸アパート・マンションでも契約切り替えは可能です。 一部、高圧一括受電契約をしているマンションのみ、残念ながらできません。 切り替え後に停電したらどうなる?新しい電力会社が倒産したら? 電力会社の切り替えは初めてなので、色々と不安に感じる人もいらっしゃると思います。 今回はその中でも代表的な不安・疑問についてご紹介します。 電気が送られてくる電線も、電所も、これまで通り同じものです。 全く同じ製品を安く売ってる店が隣にあるのに、あえて高い値段で買う必要はないですよね。 電気も同じです。 切り替えた電力会社が倒産したらどうなるの? 参入している企業はどこも大手なので、倒産の可能性は低いですが、もちろんゼロではありません。 倒産するとなった場合、新たに電力会社を切り替える必要があります。 切り替えについても、今回と同様に簡単にできるので、安心して下さい。 仮に急遽倒産してしまった場合でも、セーフティネットが働き、新たに別の電力会社と契約を結ぶまで、送配電事業者が電力供給をしてくれることになってるので、ある日急に電気の供給が止まるということはありません。 新しい電力会社はどこが安くて、おすすめなの? もともと全国に10しかなかった電力会社(東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力)ですが、2016年の電力自由化により、450以上までその数は増えています。 この中から、選ぶのは大変ですよね。 そこで今回は、値引き率も高く、かつ電気代の値引き以外にも得点がある電気会社を紹介します。 このうちどこの電気会社に切り替えたとしても、間違いなく今より電気料金は安くなるので、すぐにでも切り替えることをおすすめします。 ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザー・インターネットユーザーは、電気代が安くなるだけでなく、スマホ代や、インターネットの料金も値引きされる「おうちでんき」がおすすめです。 ご家族でソフトバンク・ワイモバイルユーザーの場合は、こちらをチョイスするのが一番お得です。 値引き率は、プランによって異なるので、一度サイト内の電気料金シミュレーションを使ってみてください。 毎月の電気代が安くなるのに加えて、 申し込みで楽天ポイントが2,000ポイントもらえて、さらに毎月の電気料金に応じて、毎月楽天ポイントがもらえます。 キャッシュバックがあったり、電気代の値下げ率だけで見ると、他の電力会社よりも割安になる可能性が高いです。 ソフトバンクユーザーではなく、楽天カードも持っていない方で、電気代を安くしながら、年2回のお楽しみがあるので、宝くじが好きな方にはオススメです。 連番かバラかも選べますし、送られてくる宝くじは、日本一有名な「西銀座チャンスセンター」の売り場で購入されたものです。 電気同様に、ガスの自由化にも対応しており、都市ガスも切り替えるのであれば、ガス料金も毎月5%やすくなります。 電気同様に、ガスの質の違いはないので、安心してください。 どの電力会社に切り替えても、今より電気料金は安くなります! もしまだ、東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力で契約している方は、早速契約切り替えをして、簡単に電気代の説客をしてしまいましょう! 通常こういった契約契約は、メリットとデメリットを比べながら判断するものですが、電気自由化による電気会社の切り替えについては、デメリットがなく、メリットしかないので、契約切り替えをしないのは、単純に毎月損をしていることになります。 家計のやりくりをして、毎月1,000円の節約するのは大変かもしれませんが、電気自由化の制度を使えば、数分のスマホやパソコン作業で年間1万円以上、しかもそれを毎年節約効果が期待できます。 まだ対応をしていない方は、ぜひ今からやってみてください。

次の