ドライバー 運転手 求人。 ドライバージョブ

ドライバー、セールスドライバー、配送スタッフ、バス運転手の転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職

ドライバー 運転手 求人

ドライバーの仕事は車やバイクなどを運転することがメインです。 ドライバーにも種類があり、タクシードライバーやバスのドライバー、引っ越しや宅配などのドライバー、配送のドライバーなどさまざまです。 ドライバーとひとくくりに言っても、求められるスキルや資格は多岐に渡るため、職種内容と募集要項をしっかりと把握することがポイントです。 車の運転だけではなく、たとえば配送などの場合は運転が終わった後にも、荷物の積み下ろしなどの作業が求められることもあります。 いずれもお客様や配送先などとのやり取りで接客を含む仕事でもあります。 コミュニケーションが得意なひとであれば、タクシーやバスといった乗客を乗せる仕事がよいでしょう。 また、あまり体を動かす仕事ではありませんが、長時間の運転になることもあり、体力や集中力が求められます。 車を運転するのが好きな方や、車自体が好きな方におすすめの仕事です。 ドライバーは職種や運転する車の大きさによって必要な免許証がことなります。 宅配便ドライバーの場合、宅配や軽貨物配達用の車や小型トラックであれば、普通自動車の免許があれば大丈夫です。 タクシーやバスのドライバーではお客様を乗せてお金をもらうので第2種免許が必要になります。 スキルとしては接客業になるので、人当たりの良さや、ホスピタリティーが求められます。 ほかにも、トラックなどを運転する場合は大型免許などが必要です。 中型車以上の運転では、中型免許または大型免許が必要です。 長距離や引っ越しドライバー以外では2トン以下の車を使用することが多いので、普通免許で始められます。 配送ドライバーには、トラックに載せている荷物を大切に扱い、荷物に影響が出ないような運転技術が必要です。 また、一日に多くの数の荷物を効率よく運ぶ必要があるため、無駄のない動作と体力を要する仕事であり、経験と土地勘が有利に働く仕事といえるでしょう。 ドライバーのバイトをすることによって、運転技術の向上がはかれます。 やはり、運転は普段から場数をこなすことが一番の技術習得になるので、ドライバーのバイトは車の運転の良い練習の場となるでしょう。 タクシードライバーの場合、様々な場所にお客様をお送りする仕事のため、お客様との会話や送迎先を通じて日常生活では知り得なかった穴場スポットや隠れた名店などを知ることもできます。 また、経験を積めば積むほど、裏道や渋滞場所などに詳しくなれるため、健康であればかなりの年齢まで働くことができます。 配送などのドライバーは基本的に一人で仕事をする場合がほとんどなのである程度マイペースに仕事ができます。 運送先によっては今まで行ったことのない場所へ行けるかもしれません。 いずれも体調管理、特に睡眠時間の確保に留意しながら、働いたら働いた分だけお給料として跳ね返ってくる歩合制の仕事も多いので、これもまた、やる気へとつながっていくはずです。 車や運転が好きな人にピッタリのバイトです。 ドライバーバイトは出勤すると同時にそれぞれが自分の車両に乗り込んでいきます。 それ以降は各自の業務をたんたんとこなさなければならず、運転していないときに挨拶をかわすくらいで1日誰とも会話をしないということがかなり多くあります。 コミュニケーションをとるのが得意ではない人にとっては働きやすい環境といえるでしょう。 ハンドルをしっかりと握ること以外は基本的に何をしていても自由なので、ラジオや音楽を楽しみながら仕事をすることができます。 ドライバーになりたてのころは、いきなり1人で運転するということはなく、ベテランドライバーが隣に座り、仕事内容を教えてくれたり、運転をチェックしてくれたりします。 また、長距離移動になると、交代制で運転することもあります。 配送のドライバーなどは、深夜の時間帯に長時間運転することもあり、体力や集中力が必要になります。 交通ルールをしっかりと守らなければ、事故などにつながってしまうため、非常に緊張感のある環境でもあります。 ドライバー・運転手バイト みんなの体験談!実際に働いてみてどーだった!? タクシードライバーのバイトは一人で行動する場合が多いので、比較的自由で、人間関係の悩みがないことがメリットでした。 会社に帰れば責任者や上司と顔を合わせますが、仕事は目的地までお客様をお送りすることがメインのため、職場の人間関係などに悩むこともなく、精神的には楽でした。 時間帯によっては酔ったお客様が目的地についても寝たまま起きてくれない事もあり、そういった時は大変でした。 長時間同じ姿勢で運転していることによる運動不足はつらかったです。 車の運転が得意で、勤務日数も毎日ではなかったので、普通の会社で事務系のアルバイトするよりは気楽にバイトできたと思います。 好きな音楽をかけて自分の好きな速度で運転するだけなのでとても気楽でした。 長距離の運転だったので腰が痛くなり、大変でした。 また荷物は安価なものでしたがお預かりした大切な荷物だったので故障したりしないか傷がつかないか気づかいは必要です。 おなかがすいたら好きな時にコンビニエンスストアなどにも立ち寄れますし、お手洗いにも好きな時に行けるので自由でした。 一人長距離ドライブといった感じでした。 運転以外にも付随したいろいろな業務があるので、仕事を早く覚えるよう努力し、積極的に自分から挨拶をするよう心掛けることが必要です。 教えてもらったことは必ずメモを取り、同じことは何度も聞かないように気をつけることも大切です。 笑顔で挨拶し、相手の名前を早く覚えるよう努力していれば、いつの間にか人間関係が円滑になります。 また、宅配便のドライバーの場合、交通ルール上、二人一組で行動しなければならないので、一緒に働く人とコミュニケーションを上手にとり、協力して働く必要があります。 相手を尊重し、受け答えを笑顔で行い、報告・連絡・相談をきちんとすれば、信頼を得ることができます。 無理せず休みながら運転を! 業界により大変なことも様々ですが、タクシードライバーは酔っぱらった方への対応が大変と聞きます。 トラックドライバーは積み荷の作業が大変であるなど、それぞれ大変ですが、その他にもナビと実際の道があっていない時や、雪道の運転などもあります。 同じ姿勢でずっと運転をしていると、肩が凝ったり腰が痛くなったりと、慢性的な身体の不調に悩まされてしまうということも珍しくはありません。 腕も使うため、腱鞘炎のような状態が続くこともあります。 長時間の連続した運転はさけ、休憩時には軽くストレッチなどをして体を動かすようにしましょう。 また、スピード違反で捕まったりすれば、その罰金についてはいくら仕事中だったとしても自腹です。 万が一無理なスケジュールを課されたり、思わぬ渋滞に巻き込まれた場合は事故を防ぐためにも必ず会社に確認をとりましょう。 時間通りに物を運ぶことも大切ですが安全運転を保つための努力は一番大変で重要なことです。 交通ルールを守り、適度な休憩をはさみながら仕事をすることが非常に大切になってきます。 車好きのひとが志望する傾向に ドライバーのバイトを志望している人たちの多くは、車や運転が好きでそれを仕事にしたいと思っているひとが多いのが特徴です。 また、長時間の運転を要する仕事になると、給料も高いことがあるため、お金をしっかり稼ぎたいといったひとも多く見られます。 タクシーやバスのドライバーだと、好きな運転を活かしながら乗客とコミュニケーションをとりながら働けるため、昔は接客業をしていて、人と話すのが好きなのでという理由で希望している人もいます。 体力に自信があり、車の運転が好き、大型車を運転するのが子供のころからの夢だったというのが志望動機というケースもあります。 配送や運搬ドライバーだと、力仕事には自信がある、車を運転しているあいだ、ひとりの時間がとれるため、静かに自分の時間をとりながら働きたいといった人が志望しています。 なかには純粋にトラックが好き、また、物流の現場を経験し、ロジスティックスを勉強したいという人もいるようです。 ドライバー・運転手バイト あなたの面接力を倍増!?3つのポイント アルバイトであればビジネスカジュアルな雰囲気で大丈夫です。 必ずしも、スーツを着て行かなければならないということはありません。 ただし、アルバイトのドライバーだということで、気軽な気持ちで臨まないように気を付けましょう。 大切な荷物や人を安全に運ぶ仕事です。 面接時にも信頼感が持てる服装を心がけましょう。 好印象を与えることのできる服装は面接を有利に進めることができます。 ドライバーだと服装は自由だと思う方もいるかもしれませんが、ピアスやネックレスなどのアクセサリーをジャラジャラ付けているのは、印象が悪いためやめておきましょう。 香水の付け過ぎなども要注意です。 カジュアルすぎないパンツとジャケットで問題ありません。 タクシーやハイヤーの運転手などの場合は接客業で、勤務時もきっちりとした制服を着用する場合が多いので、スーツ姿でいくのがよいでしょう。 また、持ち物として運転免許証は言われなくても念のため携帯しましょう。 人の第一印象というのは、見た目も大きく関わってくるので、きちんとした装いをしましょう。 接客業ともいえるタクシーやバスのドライバーなどは丁寧な言葉使いや礼儀正しさが求められます。 面接では、面接官に好印象が残せるように、きちんとした話し方や姿勢、自然な笑顔をこころがけましょう。 もちろん、清潔感のある身なりで面接に臨むことも大切です。 宅配便やルート配送のドライバーなども、搬送先の人とうまくコミュニケーションがとれるかも大切です。 面接時には相手の質問にきちんと答えられるよう、準備して臨みましょう。 貨物や資材などの長距離移動の運搬では、運転技術だけでなく、長時間の運転のため、体力と車に乗ること自体が好きでなければ務まりません。 そういった点も踏まえて、面接でアピールできるとよいでしょう。 健康で丁寧かつ常識ある対応ができる、といったポイントを伝えられるよう、はつらつとした態度で面接に臨むと良いでしょう。 ドライバーの種類によって、面接中の受け答えを工夫してみましょう。 基本的に面接で質問される内容は、運転免許を取得してどれくらい経つのか、事故歴があるかどうか、同じような職種の仕事の経験があるか、運転スキルの自信はどれくらいあるかなどになってきます。 ドライバーの仕事はさまざまですが、応募先の仕事の内容に合う答えを用意しておくと良いでしょう。 タクシー運転手であれば、顧客獲得競争の激しい業界のためコミュニケーション力や努力家であることをアピールし、物を運ぶ仕事であれば積み荷の上げ下ろしもあるので体力には自信があることや、仕事の要領の良さをアピールするのもいいでしょう。 面接ではその会社を選んだ理由を聞かれると思いますが、志望理由に将来への展望を含めると好感を持たれるでしょう。 安全第一の仕事ですから、運転に慎重であることをアピールし、体力や集中力があることも伝えられると良いと思います。 会社により運転違反歴などをチェックする場合もありますので注意を要します。 また、お給料の面ばかりでなく、なぜドライバーを志望するのか、お客様や会社のために貢献したい、といった志望理由を伝えるのも、面接官に対してのアピールポイントとなります。

次の

ドライバー・タクシー等の運転手専門の転職・求人サイト【ドライバー転職ドットコム】

ドライバー 運転手 求人

バイトの仕事探し・面接対策|バイトGETまでのポイント! 【面接前にチェック!志望動機や自己PRの伝え方】 >> 【パート】の仕事を探す >> 【主婦 夫 活躍中】の仕事を探す >> 【シニア・中高年・高齢者歓迎】の仕事を探す >> 【扶養内】を詳しく調べる >> 【託児所あり】の仕事 >> <注目のキーワードでバイト探し> >>||| <バイトGETまでのポイント> STEP1 イメージする まずは勤務可能な地域の求人を見ながら、ざっくりとでも 「どんな仕事がいい?」「どんな雰囲気の職場がいい?」「週何日・何時間働ける?」など 自分が働くイメージを考えてみましょう。 「人に接するフード・サービス系」「もくもく働く作業系」など自分の傾向を考えて、 長く・楽しく働ける仕事を探してみると自然といくつかに絞られます。 もしピンとくるお仕事がない場合には、思い切って1週間待つのもオススメです。 求人情報はおおよそ1週間のタイミングで入れ替わるので、 まったく新しい出会いがあるかもしれませんよ。 STEP2応募する 気になるお仕事が見つかったら、早速応募! 【ネットで応募】24時間好きな時に、氏名・連絡先など簡単な項目を 入力するだけですぐに応募が完了します。 お店・会社の方から折り返し電話やメールがきて面接日程を決定します。 【電話で応募】電話応募の場合には、その場でシフトの希望を聞かれる場合もあるので、 あらかじめある程度決めた上で、面接に臨むつもりで電話をしましょう。 その場で面接について日程・場所・持ち物などを確認します。 STEP3 履歴書を書く 面接日程が決まったら、履歴書の準備です。 アルバイト・パートの履歴書はボールペンを使用し、全ての項目に丁寧に記載をします。 【自己PR】特技・経験・趣味・興味・性格のいづれかを応募する仕事に関連づけて記載します (学校・地域・家庭でも似た仕事をやっていて得意など)。 【志望動機】そのお店でなければならない理由が望ましいですが、 どうしてもない場合にもお金のため・近いからなど、端的な理由ではなく 「学費を自分で稼ぐため」「家と近いので勉強と両立しやすい」など 仕事を求める気持ちと簡単に辞めない気持ちが伝わるような書き方をすることで ポジティブな印象に変えることができます。 STEP4 面接 面接当日は、5分前に面接場所の近くに到着し、落ち着いてからお店・会社に入ります。 場所がわからない場合には事前に下見をしておくと良いでしょう。 服装は華美なもの・だらしないものを避けて、清潔感があるものを着ていきましょう。 自己PRや志望動機をはっきり受け答えすることができれば好印象です。 また、あらかじめ合否はいつまでにもらえるか確認しておきましょう。 STEP5 バイトGET!.

次の

未経験・タクシードライバーの求人・転職情報サイト【P

ドライバー 運転手 求人

動画で会社紹介なんて、他のサイトにはないもんなぁ また、「ドラEVER」は、 ドライバー求人サイトとネットで検索すると1位です。 検索順位は、上位検索への対策・ユーザーの滞在時間・離脱率・コンテンツ量などが、Googleに評価されて、1位になるとWEBの世界では言われてます。 つまり、1位になるという事は、それだけ ユーザーにとって価値の有るコンテンツと、Googleに評価されているって事です。 求人掲載する運送会社も、大手ほど検索順位は気にするでしょう。 1位が2位になるだけで、クリックされる数が、2倍も違うとも言われてる位ですからね。 つまり、 大手の運送会社が集まりやすいと言えます。 ですから、求人数の地域による偏りが無ければ、1位にしておかしくないサイトです。 電話で聞く際は、ハッキリとした声で、きちんと名前を名乗って礼儀正しく質問しましょう。 質問する事は、あらかじめメモにかいて置く事をオススメします。 まとめ 今回は、トラック経験者&現在運送会社勤めの方を対象に考え、ドライバー求人サイトのランキングを作ってみました。 いかがだったでしょうか?為になりましたでしょうか? 各地域の求人数は、根気よく計算して出した魂の数値です。 求人サイトを選択する、助けになったはず!! この求人数は、 定期的に更新していこうと思っていますので、数か月後まだ求人を探している際には、もう一度見てみて下さい。 あなたが良い運送会社に出会える事を、陰ながら祈っておきます!! 最後まで読んで頂きありがとうございます.

次の