フルトン回収システム。 marshillmusic.merchline.com

フルトン回収システム

フルトン回収システム

『Metal Gear Solid V: The Phantom Pain(メタルギア ソリッド V ザ・ファントム・ペイン)』の特徴的な人員・物資回収のゲームシステム「 フルトン回収」。 このユニークなシステムは実は実際に使われた技術です。 実際のフルトン回収とはどんなのもだったののか詳しくみてみましょう。 Fulton Surface-to-Air Recovery System(STARS) 「フルトン」の正式名称は「Fulton Surface-to-Air Recovery System」で、主にスパイの回収用として約30年間に渡り実際に使用されていた技術です。 「フルトン」の誕生から運用、そして役目を終えるまでの流れは以下のようになります。 誕生は1950年代で、開発者は発明家のロバート・エジソン・フルトン・Jr氏。 航空機が発見される危険を減らし、どんな場所のエージェントでも素早く回収できる手法としてCIAとと共に開発。 豚での実験を経て、1958年8月に人間でのテストに成功。 1962年の「」で初の実戦投入、回収成功。 その後30年間、CIAや空軍、海軍などでも幅広く使用される。 ヘリコプターの性能向上と共にその役目を終える。 本物とゲーム内での比較 Lockheed MC-130 Fulton Surface-to-Air Recovery System 【公式】 V Log 002. フルトン! METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN 「STARS(フルトン)」での死者数はわずか1名とのことで、想像以上に安定した運用が可能だったようです。 このユニークな回収システムは、映画『ダークナイト』や『007 サンダーボール作戦』などでも登場します。 更なる詳細はでご覧ください。

次の

フルトン回収システムって実在するんですか?YouTubeで検索し...

フルトン回収システム

The Fulton system in use from below フルトン回収システム(Fulton surface-to-air recovery system, 略称 STARS)は、、及びにより用いられた、地上の人間を航空機によって回収するためのシステムである。 別名 スカイフック。 回収にはやといった航空機が用いられた。 このシステムはに取り付けられたハーネスと引き上げ用のロープに設置された自分で膨らませる気球で構成されている。 MC-130Eは、引き上げ用ロープをV字型フックに捕らえ、人間を機上まで巻き上げる。 引き上げ用ロープに取り付けられた赤い旗は、昼間の回収の際にパイロットへの目印となる(夜間はロープに取り付けられたライトが目印となる)。 尚このシステムは1〜2人を回収できるように設計されている。 このシステムは、1950年代初め、向けに発明家のロバート・エジソン・フルトンJr. が開発した。 これは第二次世界大戦時に米英軍によって用いられた類似のシステム を発展させたもので、元々は人間と空挺作戦後に墜落したの両方を回収するものだった。 この原型となるシステムは気球を使わず、2本のポールを用いた。 片方は地上に設置し、もう片方のポールにいる人間を回収するものだった。 航空機(大抵は)が回収する人間のいる引き上げ用ロープを掴んだフックを引き上げる。 回収システムの開発 [ ] フルトン回収システムの試みは1950年にCIAとアメリカ空軍によって始められた。 発明家のフルトンは、信頼できる手法を開発するために、ゴム気球、ナイロンのロープ、10〜15ポンド(4. 8kg)の重りを用いて、多数の引き上げ法を考案した。 ルイス・デ・フロリス中将(CIAの技術開発の責任者でフルトンの息子)は、このシステムは軍で使用されるのが最良だと信じ、フルトンを海軍開発事務局(ONR)に接触させ、フルトンはそこの航空企画部門から開発の契約を得た。 その後の数年で、フルトンは回収システム用の機上と地上の装備を改良した。 に拠点を置き、で海軍のを用いた多くの実験を行なった。 実験で使用した編みナイロンのロープは4000ポンド(1800kg)まで耐えられた。 人形を用いた実験ののち、生きたブタ(神経系が人間に似ている)を用いて実験を行なった。 ブタは空中で毎時125マイル(毎時200km)で回転し、負傷せずに機上まで上がったが、ブタは方向感覚を失っていた。 1958年までにフルトン回収システム(別名スカイフック)は完成した。 地上装備は500フィート(150m)の高強度ナイロン編みロープが取り付けられたハーネス、の入れられた型の気球が含まれ、航空機から投下できる。 Illustration of operating principle of the Fulton recovery system 回収用の航空機は二本の中空の鉄製パイプでできた「角」が装備されている。 これは長さ30フィート(9m)、機首から見て70度の角度がつけられている。 航空機は425フィート(130m)にある、マイラー(BoPET、二軸延伸ポリエチレンテレフタラート)製の目印を目標にして、ロープに向かって飛ぶ。 機首の「角」にロープが捕まると、気球は投棄されてばね仕掛けの機構(スカイアンカー)がロープを機体に固定・安定させる。 この後、ロープは機上のクルーによって切断され、ウインチに取り付けられた後、人または貨物を引き上げる。 引き上げ用ロープが誤って航空機のプロペラに引っかかることを防ぐため、偏向用のケーブルが機首から翼端までに設置されている。 による米海軍のテストののち、墜落したパイロット救出用に使用された。 実戦でフルトン回収システムを装備したS-2がどの程度用いられたかは不明である 初めての人間の回収 [ ] The Fulton balloon CIAは密かにの非正規の士官に対して、1952年にフルトン回収システムの前身となるシステムを用いた訓練を行なっていた。 最初の人間を回収する任務で、作戦で使用されたと認められているのは、1952年11月29日のでのことである。 CIAのパイロットのノーマン・シュワルツとロバート・スノーディは1952年末に回収の訓練を受けていた。 CIAの非正規士官ジョン・T・ダウニーとリチャード・G・フェクトーは、この地域の反共支持者との連絡員を回収するため11月24日の週に急いで訓練を受けた。 この任務は中国軍によって航空機が撃墜されたことで失敗に終わったが、二人は逃げ延びた。 伝えられるところによれば、イギリス軍がアメリカのこの前身となるシステムを用いて彼らを回収したらしい。 フルトン回収システムを用いた、最初の人間の回収は1958年8月12日に、P2Vを用いてアメリカ海兵隊二等軍曹のレヴィ・W・ウッドを回収した時である。 回収されるときの衝撃は、パラシュートが開く時よりも小さかったという。 ある人は表現するところでは、機首のアームにロープが接続された後は「ズボンを蹴られる」のに近く、人間は垂直に低速で100フィート(約30メートル)持ち上げられ、その後に飛行機の背後で流線型になった。 ウインチで巻き上げられた後は腕と脚を伸ばして体が回転するのを防いだ。 回収の過程は約6分で終了した。 1960年8月、海軍航空開発班司令官のエドワード・A・ロジャー大尉はので、海軍極地研究所のマックス・ブレワー博士監督の下、P2Vによる回収実験を行なった。 フルトンが機上で装備を監視する中、P2Vは郵便を氷山T-3(フレッチャーの氷の島として知られる)から回収した。 この郵便にはツンドラから発掘されたの牙、ピーター湖で採取された地質標本が含まれていた。 試験の最後、P2Vは砕氷船の近くに救出用小包を投下した。 砕氷船のボートがこれを回収し、甲板まで持ち帰られて回収は成功した。 コールドフィート計画 [ ] フルトン回収システムが初めて作戦で用いられたのは、放棄されたソ連の漂流している基地を調査するである。 1962年5月に二人のエージェントがNP 8基地に空挺降下し、72時間後に彼らの集めたソ連の装備を回収した。 この任務でソ連の北極の調査活動についての情報を得た。 この情報には氷の下で潜水艦を発見するための音響についての先端研究と北極における対潜戦の技術についての成果が含まれている。 その後 [ ] フルトン回収システムは1965年から1996年にかけて、の派生機のシリーズとHC-130シリーズで使用された。 でも用いられた。 システムに危険が大きいことは明白であったが、1982年までの17年間で生命に関わる事故は1度だけだった。 長距離飛行の可能なが増えたこと、が可能になったことで、このシステムはあまり使われなくなった。 1996年9月、はシステムの運用を止めた。 登場する作品 [ ]• フルトン回収システムの前身が登場する。 ジェームズ・ボンドと仲間のドミノが、フルトン回収システムを装備したB-17に回収される。 ベトコンの士官を南ベトナムに連れ去るのに使用。 ルーシャス・フォックスが飛行中の飛行機に再搭乗する手段として言及。 また回収システムを搭載したL-100が登場し、バットマンが会計士ラウをゴッサムシティに連れ去るのに使用した。 「3」では存在が言及され 、カットシーンで装置が一瞬映った。 「ピースウォーカー」と「V」では、敵兵・捕虜を回収する、ゲームの中核をなすシステム として登場するが、その描写は実際とかけ離れている(気球で回収対象を浮かせた後、凄い勢いで空中に回収される)。 なお「V」では動物、車両、コンテナも回収できる。 レッカーらトゥームストーンがダムを破壊したあと、を航行する「強襲揚陸艦ヴァルキリー」へ向かう為グリーンランド少佐が用意した本システムを使いに回収される。 脚注 [ ]• 1944年. 2012年2月20日閲覧。 Center for the Study of Intelligence. Central Intelligence Agency. 2008年12月7日閲覧。 Popular Mechanics, April 1960, p. 111. Replica in Scale 2010年12月18日. 2019年10月23日閲覧。 www. salimbeti. com. 2018年7月15日閲覧。 www. salimbeti. com. 2018年7月15日閲覧。 Mail Online. 2016年1月12日閲覧。 2019年10月23日閲覧。 2008. The Dark Knight Motion Picture. 該当時間:28分. Bruce Wayne: "And what about getting back into the plane? " Lucius Fox: "I'd recommend a good travel agent. " Bruce Wayne: "Without it landing. " Lucius Fox: "Now that's more like it. The CIA had a program back in the '60s for getting their people out of hotspots called Skyhook. We could look into that. 2008. The Dark Night Motion Picture. 該当時間:37分. theguardian. com. The Guardian. 2015年10月27日閲覧。 movies. com. 2015年10月27日閲覧。 SourceSpy91 2016-05-31 , , 2018年10月5日閲覧。 SourceSpy91 2016-05-31 , , 2018年10月5日閲覧。 2019年10月23日閲覧。 You say that there was only one 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 at the archived 1 February 2008• You say that there was only one fatal accident that occurred in 17 years of use in 1982. There was another accident that happened in 1965 in Norfolk, VA. Jim Fox was in the Navy, UDT-22. He was testing the equipment and the air crewman who were on the plane let the winch run and the line was parted. Jim fell 700 ft.

次の

「フルトン回収システム」☆GE90仝のブログ | .

フルトン回収システム

お馴染みのフルトン回収システムは実在した 気球を取り付けて敵兵士を空高く飛ばして回収、"メタルギアソリッド"シリーズでお馴染みとなった「フルトン回収システム」が実は実在した技術が元になっていることはご存じだろうか。 そんなフルトン回収システムの元になった技術は一体どんなものだったのか、現実のフルトン回収システムの歴史が解説されていたので紹介したい。 冷戦時代に開発された技術がベース 『メタルギアソリッドV』では動物から人、乗り物まであらゆる物を空に吹き飛ばしていった「フルトン」。 これは1945年からアメリカとソ連の間で始まった冷戦時代に生まれたもの。 その経緯は作中でも描かれたように地上から空へと対象を持ち上げ、回収するためのシステムだった。 「Fulton Surface-to-Air Recovery System」、略称として「STARS」と呼ばれたこの技術はスカイフックとも呼ばれ、主にソ連へと潜入したスパイ達を安全に回収するために考案されたのだという。 スパイの代名詞であるジェームズ・ボンド、1965年に公開された映画「007 サンダーボール作戦」でもSTARSを用いた脱出シーンは描かれている。 STARSが誕生したのは1950年代に遡る。 冒険家であり発明家でもあったRobert Edison Fulton, Jr. 氏がアメリカ中央情報局(CIA)と共に誕生へとこぎ着けた。 しかしSTARSは始めからSTARSとして生まれたわけではない。 Fulton氏が空飛ぶ車の開発を行っていた際に「飛行機もヘリコプターも着陸できない場所に取り残された人がその場を脱出する方法」について考えていたことがきっかけでSTARSは誕生することになったのだという。 Fulton氏と同時期に、CIAは離着陸する航空機を見つからずに潜入したエージェントを素早く回収する方法を模索しており、Fulton氏の考えに価値を見いだしたのだ。 考案された「人に風船をつけて浮かばせ、航空機で風船ごとすくい上げる」アイデアは、様々な重りやダミーに航空機を用いて実験が進められ実用的な回収システムとして発展を遂げることとなった。 豚を使った回収実験 極秘に進められたSTARSの最終デザインテストはゲームよろしく動物を使った、豚を使った実験であった。 その結果をCIAは下記のように報告している。 まず生身の人間の回収を試す前にダミーをテストに使用しました。 次に試したのは豚です。 豚には人に似た神経組織が備わっています。 地上から持ち上げられ、豚は宙を時速201kmで飛ぶとともにスピンし始めました。 無事に傷一つなく回収できたものの、豚は混乱状態に陥ったようです。 そして、混乱状態から回復するとクルーを攻撃しました。 1958年にSTARSの開発は最終段階となり、実際に人を用いたテストが行われることとなった。 回収される地上の人物はヘリウムボトルと風船を着用して空へと浮上し、航空機は地上130メートルに浮かぶ対象を目掛けて飛行して、機体のノーズ部分に取り付けられた9メートルのフックで風船をすくい上げる。 引っかかった風船は装置を通じて機体に対象を固定し、それをパワーウインチを使用して機内へと引き上げる手順だ。 STARSが初めて実際に投入されたコールドフィート計画 STARSが初めて実戦投入されたのは、1962年にCIAによって行われた放棄されたソビエト連邦北極調査基地から情報を持ち帰るだ。 2人の情報収集要員がB-17航空機から降下しソ連基地へと潜入、7日後にSTARSを用いて2人は帰還した。 計画は無事成功し、残されていたソ連の対潜戦と音響技術を奪取すると共にSTARSの有用性を証明する結果となった。 要員を遠隔地から回収できることを証明したSTARSは、その後30年間にわたりCIAやアメリカ空海軍で幅広く実戦投入されてきた。 危なげな見た目とは裏腹に、STARSは稼働した1962年から1990年代の間にSTARSを使用しての死亡者は1名のみだったという。 1990年代末期にはヘリコプターの行動範囲と離着陸性能の向上によってSTARSの優位性は薄れていき、1996年には空軍特殊作戦コマンドが作戦への利用をやめ、表舞台からは退場していった。 そんな歴史を持ったユニークな技術が"メタルギアソリッド"のミームとして息づいているのを知ると、少しゲーム内で見る目が変わるかも知れない。 via:.

次の