東京からこないで。 感染源、本当に「東京からの来訪者」? 宮崎市保健所、把握しないまま説明

GoToトラベルが7月22日から開始…新型コロナウイルス感染の恐れはないのか

東京からこないで

地方出身者は、進学や就職のタイミングで、いわゆる「上京組」と「残留組」に分かれる。 お盆や年末年始など年に1~2回、「上京組」や「残留組」が集まり、思い出話に花を咲かせるが、時折「あ、ちょっと感覚が違うな」と思ったことはないだろうか。 筆者は北海道出身で、大学進学で東京に出てきた「上京組」だ。 私ごとだが、思春期は黒歴史。 地元の閉鎖的な空気感が息苦しく、「大学デビューで人生をやり直したい」と本気で思っていたので、大学進学を機に上京してきた。 地元に帰る選択はなかったが、「もし地元に帰っていたら、どんな生活をしていたんだろう」と思うことはある。 そこで、進学や就職で都会に出ず、地元に残り続けることを選んだ人たちに、地方での暮らしぶりや地元に残り続ける理由を聞いてみた。 まず気になるのは、彼らが「東京に出たいと思ったことはないのか」ということである。 もちろん、地元に残るのが悪いわけではないのだが、上京以外の選択肢がなかった筆者には、なぜ東京に出なかったのか、とても関心があるのだ。 「地元組」の人たちに聞いてみたところ、「若いころは憧れがあったが、いまは特に東京へ出たいと思わない」という意見が大多数だった。 例えば、こんな意見があった。 「高校生のころは田舎がつまらなくて、嫌気がさしていたのは事実ですね。 僕の地元は青森なので、家と職場のダブル雪かきが地獄なんですよ。 でも、おいしいものがあるし、完成度の低い地元のお祭りも、歳をとるにつれて愛おしくなって。 それから、最近はネットで何でもできちゃうから、不便を感じなくなってきたっていうのも大きいかもしれないです。 ようやく近所にセブンイレブンもできたし(笑)」(青森県・30代男性・既婚) このほか、「20代のころは憧れた時期もあったけど、いまは結婚して家を建てたり、子どもを育てる環境を考えたりすると、青森にいるほうが現実的かなとは思う」(青森県・30代女性・独身)と将来の家庭のことを考えて、あえて都会に出ない、という意見があった。 ほかに、「倍率が高くて、教師の採用試験を合格するのに7年かかった。 青森県での採用だから、青森を出るとまた採用試験を受けなくちゃいけないんだよね……」(青森県・30代女性・独身)という切実な声や、「『闇金ウシジマくん』を読んでいたら、騙す人がたくさんいそうで、都会に行くのが怖くなった」(青森県・30代男性・既婚)という声もあった。 地方に住む人には、地元への愛着や都会に住まない理由など人によってさまざまな事情があるようだ。 また、インターネットのサービスが発達して、地方の不自由さが軽減しているのも大きいかもしれない。 都会に対する偏見も、上京する前の筆者が、都会人に対する負のイメージを持っていたことを考えれば仕方のないことだろう。 住む場所が都会か地方かに関係なく、気になるのはやはり異性関係だ。 多くの「上京組」の記憶は学生時代のデートで止まっているはず。 社会人になったいま、自分たちの生まれ育った町でどういったデートを重ねているのか、率直な疑問をぶつけてみる。 圧倒的にイオンが多い 「下田のイオンが多いかな。 ほかには青森市とか、八戸市、弘前市とか、地方の中でも都会っぽい場所をセレクトしてる気がするなぁ。 1969年から営業していたが、2011年3月1日に、「SATY」を運営するマイカル社と吸収合併したことにより、屋号を「AEON(イオン)」に統一した。 毎度イオンばかり行って飽きないのかと疑問に思い、聞いてみたところ、「イオンは2~3年に一度、大規模なリニューアルするから飽きない」という意見や、「カルディやタリーズ、ドトールなど、全国のチェーン店が最近入ってきたから楽しい」という意見もあった。 これを聞くと、いろんなお店が凝縮されているイオンの素晴らしさを感じられるかもしれない。 居酒屋だけのデートもOK 「遊びに行くところも特にないので、飲みで済ませてしまうことが多いな。 そのほうがゆっくり話せるしね。 たまに服を買いに行くのに遠出したくなるけど、別に女の子と一緒である必要もないから、デートはやっぱり飲み一択です」(北海道・20代男性・独身) デートででかけるスポットがほとんどないから、居酒屋へ行くだけでデートが成立するのは、地方の特権かもしれない。 都会では選択肢が多いために、デートプランのセンスが問われるから、シティボーイも楽ではない。 大学進学で上京した人は、地元の就職活動の実情を知らない。 地方には働き口がないイメージがあるが、一体どうやっていまの仕事をゲットしたのだろうか。 親のコネで入った 「田舎だと一部の大きい会社以外は、新卒採用がなくてだいたいコネ。 自分も親のコネで入ったけど、そんなに悪いこととも思ってないな。 都会では大学行ったほうが就職に有利なのかもしれないけど、地元では学歴よりコネ。 親が重役に就いていれば、「入りたい」の一言で入社できてしまうという情報もあった。 逆にコネがないと大卒でも厳しいというのは個人的に驚きだった。 「大学に行く意味がない」とまでは思わないが、将来地元に帰りたいかまでを含めて進学するか否かを決めたほうがいいのかもしれない。 実習先でそのまま履歴書を置いてきた 「保育園の教育実習のときに『ここで働きたいです』って旨を伝えて、その場で履歴書を渡して帰ってきた。 無事にそこで採用してもらったんだけど、それは珍しいことじゃないんじゃないかな。 あと事務員はだいたい商業高校から採られるとか、一定のルートも確立されてるね。 あとは消防とか自衛隊とか公務員も多い」(青森県・30代男性・既婚) 「実習先にそのまま」や高校の推薦などエスカレーターとは言わないまでも、地元には地元のルートがある程度決まっているらしい。 そうなると、都会から帰ってくる人が地元で就職するのは、かなり大変かもしれない。 下世話な話だが、「地元組」の年収は正直気になるところである。 地元に帰って久しぶりに会う友人へ収入について聞くのは忍びないが、「記事作成のため」と断れば問題ない。 「上京組」が気になる年収について聞いてみた。 共働きしないと絶対無理なくらい 「年収は250万円くらいかな。 共働きじゃないと絶対生活していけないよね。 旦那さんの稼ぎだけで生活していける人なんて自衛隊とか消防隊の奥さんくらいなんじゃない? だから、自衛隊とか消防隊は女性に人気があるよね(笑)。 じゃなきゃ、下手したら奥さんのほうが稼いでるぐらいだよ。 あと地元の会社は、よほど大きい会社じゃないとボーナスなんて出ない」(青森県・30代男性・既婚) 収入が少なくても、その分支出が減り、文化的な生活ができるのかと思いきや、現実は厳しいようだ。 地方出身の知り合いに、「自衛隊や消防隊がモテる」という話を聞いことがあったが、収入面が理由のひとつなのかもしれない。 英語力を要する米軍基地での仕事は収入が高め 「どの仕事も最低賃金レベルなんだけど、英語力を必要とする米軍基地の仕事は賃金がかなり高めだって聞いた。 英語での応対が求められるので、具体的な条件としてはTOEIC500~800くらいで書類を作れる英語力と、要求も高め。 でも米軍基地の仕事が受からなくても、通訳とかの需要があるし、英語ができれば潰しが効くよね」(青森県・30代女性・既婚) グローバルな人材を求める企業が多い東京では、英語が話せる人はそれほど珍しくもないが、まだまだ地方では希少価値があるらしい。 英語力を宝の持ち腐れにしている人がいたら、地元に帰ってラグジュアリーな生活をしてみるのも良いかもしれない。 先の収入の話を受けて、筆者は考えた。 地元で実家暮らしをしている人が多いのは、お金がないからではないかと。 ズケズケと聞きすぎている気もするが、不躾な質問にも快く応じてくれた人たちの回答がこちらである。 親も嫌がるわけじゃないし、自立したいっていう考えには至らなかったなぁ。 大人だから夜中に遊びに行っても何も言われないし、実家にいて不自由することもなかったんだよね」(青森県・30代男性・既婚) 確かに実家暮らしに不自由を感じていたのは、まだ学生のころだ。 社会人になってからであれば、窮屈に思うこともあまりないのかもしれない。 親が心配していたから帰ってきた 「学生時代、仙台で一人暮らしをしてたんだけど、親が心配していると思って卒業を機に帰ることにしたんだよね。 実際、俺も年老いていく親の側にいてあげたかったし。 一人暮らしを経験して、けっこう満足したなって気分だったし、ちょうど良かったのかも」(青森県・30代男性・独身) 親の心配や老化を気にして地元に帰るのは、大人に成長した証かもしれない。 一人暮らしの理由は経済的面が大きいのかとゲスな勘ぐりをしていたが、そうではないらしい。 とは言え、莫大なコストをかけて一人暮らしをしている身には、一定のお金を入れて実家に住めるのは羨ましい。 進学、就職、人事異動など毎年3〜4月にかけては、学生、社会人ともに何かと変化の多いシーズン。 そしてそんな節目の春には、生まれ故郷や地元を離れ新天地での生活をスタートされる方も当然多くなりますよね。 そこで気になるのが「新生活で地元を離れた人たちがどれくらい方言を喋るのか?」ということ。 地元を離れても相変わらず方言を喋り続ける人もいれば、スイッチが切り替わったようにまったく方言を喋らなくなる人もいます。 もちろん「喋る・喋らない」は個人の自由ですが、果たしてその差とは一体どこにあるのでしょうか? そこで今回は方言についてのアンケート調査を実施してみました。 その結果をもとに理由を探り、素朴な疑問の真相に迫ってみたいと思います!.

次の

感染源、本当に「東京からの来訪者」? 宮崎市保健所、把握しないまま説明

東京からこないで

最多感染者が出た9日夜、池袋の様子(ロイター) 東京都は9日に、新型コロナウイルスの感染者が新たに224人報告されたと発表した。 一日当たりの感染者数では、緊急事態宣言下の4月17日の206人を上回り、過去最多となった。 こんな首都・東京の不安な状況に、いまだ感染者ゼロの岩手県から「早く何とかしろ!」の声が出ている。 だが、6日連続の100人超えが8日に75人になったかと思いきや、9日に一挙に224人に膨れ上がったのだから、小池知事がいくら涼しい顔で会見して「夜の街が」「比較的若い世代が」と繰り返しても、都民の不安は増すばかりだ。 それでも、小池知事は相変わらず「不要不急な他県への移動を控えるよう」と都民に呼び掛けるだけ。 新宿区では、感染が確認された人に1人当たり10万円の見舞金の支給を決めているが、歌舞伎町関係者は「年の若いホストにとっては、感染が判明しても症状はどうってことない。 仕事に行ってコロナにかかっても、10万円をもらえるからラッキーくらいにしか思っていないヤツもいる。 もともとコロナで商売も上がったりだしね」と指摘する。 そんなホストが客の女性に感染させて、その女性が家族や友人に…などと考えると恐ろしい。 欲望渦巻く大都市とは対照的に、地方ではコロナに対する認識がまったく違う。 島根県の丸山達也知事は9日の定例会見で「『夜の街』では何に気をつけたらよいのか分からない。 居酒屋には入っていいのか悪いのかも分からない」と、感染が広がっている場所や業種を明示するよう都に求めたぐらいだ。 感染者がゼロであることが世界的に注目されている岩手県民は「感染者が出ていなくても外出を控えて、外出するときは必ずマスクをする。 真面目な県民性ゆえ、コロナ感染者ゼロを死守することにナーバスになっています。 また、新型コロナの影響で、里帰りできなかった人の帰省自粛も継続しているようだ。 県をまたぐ移動の自粛が解除されたにもかかわらず、帰省を迎え入れない家庭もある。 ツイッターでは、そんな実家の父とのLINEメッセージのやりとりが投稿され、炎上した。 帰省していいか伺いを立てたところ、父が「絶対に帰るな」「岩手1号はニュースだけではすまない」と危惧するメッセージを送ってきたという。 そんな岩手県のある関係者は「こんなに感染者が増えているのに、小池さんは『対策を考えて迅速に行動することが大切』なんて人ごとのように言っている。 対策とは、こんな状況にならないように手を打つことでしょう? 日本の首都がこんな状況では、岩手や他県の人たちが頑張っても、東京から広がればどんなことになるやら。 早く何とかしろ!と言いたい」と怒りにも似た不安の声が飛び出している。 また、兵庫県の井戸敏三知事は9日、神戸市で開かれた県の新型コロナウイルス対策本部会議の冒頭あいさつで、感染者が急増する東京について「諸悪の根源」と発言した。 直後に「『諸悪』は取り消す。 感染源は東京が多い」と修正。 会議後の記者会見で井戸氏は「決めつけるわけにはいかない。 発言は取り消す」と改めて釈明した。 東京での感染者激増に、菅義偉官房長官は「直ちに再び緊急事態宣言を発出する状況に該当するとは考えていない」と述べ、移動の自粛も要請しない方針だ。 だが、いまだ感染者ゼロの岩手などは、首都・東京の感染者増を都知事以上に不安視している。

次の

感染源、本当に「東京からの来訪者」? 宮崎市保健所、把握しないまま説明

東京からこないで

米軍普天間飛行場のゲートに入る車両を検問する米兵=15日午後、沖縄県宜野湾市 新型コロナウイルス感染者が急増している沖縄県の米軍基地では、15日も新たに36人の感染が確認され、これまでに計136人の感染が判明した。 基地で働く日本人従業員や地元住民に感染経路などの情報は提供されておらず、不安が広がっている。 71人の感染者が出た普天間飛行場(宜野湾市)にメンテナンス職として勤める日本人男性によると、感染者の行動履歴や従業員との接触の有無はいまだに知らされていない。 「米軍の上司は大丈夫と言うが、みんな信じていない。 会う人を濃厚接触者かもと疑ってしまう」と基地内の様子を明かした。 在日米軍基地で働く労働者で組織する全駐留軍労働組合によると、従業員からPCR検査の要望が相次いでいるという。 労組の担当者は「感染源と指摘される米軍関係者の人事異動も、到着後14日間の待機措置が厳格に取られているか疑わざるを得ない」と話した。 異動で沖縄に渡ってきた米軍関係者を滞在させるため軍が借り上げたリゾートホテルがあり、軍人の住宅も多い北谷町。 ピザ店を経営する男性(42)は「余計なことをしてくれた。 治外法権とはいえ沖縄の人を気遣ってほしい」と憤る。 一方で、軍関係者の客は半数以上に達し「住民への謝罪を口にするなじみの米兵もいるし、接触する怖さは東京からの観光客と同じ。 米軍だけを批判できない」と複雑な胸中を吐露した。

次の