塾 ナビ。 ベネフィット・ステーション

個別指導 スクールIE/【2020夏 料金】

塾 ナビ

塾ナビを決して支持しません。 さまざまな理由がありますが ご質問に焦点を絞ってご回答申し上げます。 1)地域に密着した独自の教育を行う塾には有利とはいえない 塾ナビに高額な費用を支払ってまで 入塾見込み者の情報転送を依頼する必要があるのは どんどん拡大をもくろむ大手塾や リアルな口コミだけでは生徒を確保できない中小塾 だと考えられます。 また、ネットの情報を信用しやすい顧客層は 実質的な情報を重視しない、入手する術がない 情報源をクリティカルに評価しない、という理由から 標準化されたサービスを好む傾向にあります。 これらの前提が正しければ このような比較サイトからの集客においては 表面的な見せ方やサービスの標準化が得意な大手塾や 価格競争力が極めて高い中小塾が 優位だと考えられます。 ですから 「地域密着型の独自の教育を実現しようとする塾」 には向いていないと考えます。 貴塾がどのような塾か存じ上げませんが ご参考になれば幸いです。 2)資料請求は入塾見込み者だけとは限らない 携帯番号で形式的な認証を得れば登録できるため 見込み者ではない第三者が別の目的で資料請求している可能性を 完全には否定できません。 しかし塾ナビは 資料請求数をサイトのベンチマークとしてアピールしており それをを高めるために何らかのインセンティブがはたらいている ことも考えられます。 ですから 貴塾への真の関心に対する妥当性が低くなっている可能性があります。 その場合、資料請求のみにとどまるケースは高くなります。 3)「わけのわからない、根拠のないランキング」について 契約している塾の経営者でさえわからないランキング。 一般の方が見れば、当然誤解を招きかねません。 重要なポイントは、一見すると 「全国のすべての塾のランキング」 のようですが 実際は塾ナビにお金を払っている一部の塾の中から 貴塾のような契約者にすら周知されていない基準で 広報されているという点です。 その基準が恣意的であることを主張するためには 証拠を明示する必要があると思いますが 塾ナビは判断可能な情報を公開していないようですので 残念ながら法的に巧妙と言わざるを得ません。 ただし、「掲載教室数」には 疑いの余地が十分にあります。 無断・無許可で塾名が掲載され 削除を求めても断られている塾さんを いくつか存じております。 「掲載しているすべての塾から 掲載の合意を得ていない」 ということは明らかですから 実在している塾の数を集計しているか という点についても強い疑念が残ります。 「掲載教室数」を検証したときに その結果が誤差の範囲にとどまらないようならば 公益性や基準の合理性は満たされていないと 判断できるかもしれません。 ですから 「消費者に誤解を生じさせない表記」 「合理的な基準の開示」 「名称を掲載する塾への合意」 を塾ナビ、行政機関、塾ナビから情報提供を受けている取引先等 に対して継続して要請する必要はあると思います。 以上です。 あくまでも個人の見識と調査に基づく意見ですので 最終的には自塾の状況を鑑みて経営者ご自身で判断してください。 最後に1点だけご忠告を申し上げます。 私は塾ナビへの書き込みに関する記録を取りつづけていますが 辛辣で核心をつく書き込みほど知恵袋から削除されているようです。 塾ナビ運営会社イトクロは 塾や学校の風評をさらして収益につなげておきながら 自社の風評には過敏な会社であるという疑念を ぬぐいさることができません。 ネット事業者には横のつながりもあるでしょう。 ですから ネットに限らず、必ず記録をていねいに残して 情報開示請求や削除依頼などの任意交渉には応じず 不適切な表現については改めながら 公益性において不合理な点やモラルに反する点を 屈せずに主張しつづけていただきたいと存じます。 貴塾がますます繁栄されますことをお祈り申し上げます。

次の

塾講師バイト・アルバイトの求人サイト

塾 ナビ

塾ナビを決して支持しません。 さまざまな理由がありますが ご質問に焦点を絞ってご回答申し上げます。 1)地域に密着した独自の教育を行う塾には有利とはいえない 塾ナビに高額な費用を支払ってまで 入塾見込み者の情報転送を依頼する必要があるのは どんどん拡大をもくろむ大手塾や リアルな口コミだけでは生徒を確保できない中小塾 だと考えられます。 また、ネットの情報を信用しやすい顧客層は 実質的な情報を重視しない、入手する術がない 情報源をクリティカルに評価しない、という理由から 標準化されたサービスを好む傾向にあります。 これらの前提が正しければ このような比較サイトからの集客においては 表面的な見せ方やサービスの標準化が得意な大手塾や 価格競争力が極めて高い中小塾が 優位だと考えられます。 ですから 「地域密着型の独自の教育を実現しようとする塾」 には向いていないと考えます。 貴塾がどのような塾か存じ上げませんが ご参考になれば幸いです。 2)資料請求は入塾見込み者だけとは限らない 携帯番号で形式的な認証を得れば登録できるため 見込み者ではない第三者が別の目的で資料請求している可能性を 完全には否定できません。 しかし塾ナビは 資料請求数をサイトのベンチマークとしてアピールしており それをを高めるために何らかのインセンティブがはたらいている ことも考えられます。 ですから 貴塾への真の関心に対する妥当性が低くなっている可能性があります。 その場合、資料請求のみにとどまるケースは高くなります。 3)「わけのわからない、根拠のないランキング」について 契約している塾の経営者でさえわからないランキング。 一般の方が見れば、当然誤解を招きかねません。 重要なポイントは、一見すると 「全国のすべての塾のランキング」 のようですが 実際は塾ナビにお金を払っている一部の塾の中から 貴塾のような契約者にすら周知されていない基準で 広報されているという点です。 その基準が恣意的であることを主張するためには 証拠を明示する必要があると思いますが 塾ナビは判断可能な情報を公開していないようですので 残念ながら法的に巧妙と言わざるを得ません。 ただし、「掲載教室数」には 疑いの余地が十分にあります。 無断・無許可で塾名が掲載され 削除を求めても断られている塾さんを いくつか存じております。 「掲載しているすべての塾から 掲載の合意を得ていない」 ということは明らかですから 実在している塾の数を集計しているか という点についても強い疑念が残ります。 「掲載教室数」を検証したときに その結果が誤差の範囲にとどまらないようならば 公益性や基準の合理性は満たされていないと 判断できるかもしれません。 ですから 「消費者に誤解を生じさせない表記」 「合理的な基準の開示」 「名称を掲載する塾への合意」 を塾ナビ、行政機関、塾ナビから情報提供を受けている取引先等 に対して継続して要請する必要はあると思います。 以上です。 あくまでも個人の見識と調査に基づく意見ですので 最終的には自塾の状況を鑑みて経営者ご自身で判断してください。 最後に1点だけご忠告を申し上げます。 私は塾ナビへの書き込みに関する記録を取りつづけていますが 辛辣で核心をつく書き込みほど知恵袋から削除されているようです。 塾ナビ運営会社イトクロは 塾や学校の風評をさらして収益につなげておきながら 自社の風評には過敏な会社であるという疑念を ぬぐいさることができません。 ネット事業者には横のつながりもあるでしょう。 ですから ネットに限らず、必ず記録をていねいに残して 情報開示請求や削除依頼などの任意交渉には応じず 不適切な表現については改めながら 公益性において不合理な点やモラルに反する点を 屈せずに主張しつづけていただきたいと存じます。 貴塾がますます繁栄されますことをお祈り申し上げます。

次の

学習塾売上高ランキング【塾講師ナビ】

塾 ナビ

質問一覧• そのような事を知りたい時は利用手引きやドキュメントというものを参照します。 一般的なことなので、覚えておくといいと思います。 約1年となり、塾や予備校へ通うことを考えています。 周りの友達にはあまり塾通いをしている子がいないようで、口コミを 見て判断しようと思っています。 塾ナビなどの検索サイトで口コミを見る際に、どのような意見を注目するのが... 塾を探していると塾ナビや塾予備校ナビなどの塾検索サイトを見つけました。 口コミが豊富で、かなり参考にはなりましたが、ふと疑問に思うことがありました。 それは、こういうサイトの口コミってどういう人が書くのかという... 子どもが中学2年生になるので、塾に通わせようと思っています。 塾ナビというサイトを広告で見つけて、評判などを見て参考にしようと思ったのですが、口コミを見ても色々な意見があり、混乱してきました。 さらに個別指導塾や集... 見てみましたが情報量が多くなかなか良さそうだなと思いました。 知恵袋でも塾関連のでよく見かけるし、評判もよさそうですが、 こちらを利用したことがある方って実際けっこういらっしゃるんでしょうか?... 行って欲しいので 塾ナビの評価は自演とまではいかなくても、うさんくさいような…資料請求してもらいたいのがミエミエといいますか 流されやすい子なのでそこらへんよろしくお願いします...

次の