この動画はご利用いただけません。 【Twitter】「このコンテンツは利用できません」となり動画が再生出来ない原因と対処方法について

【Twitter】「このコンテンツは利用できません」となり動画が再生出来ない原因と対処方法について

この動画はご利用いただけません

ProxFreeの使い方 使い方はいたって簡単で、にアクセスして、フォームにその動画のURLを入れるだけです。 URLを入れ[PROXFREE]をクリックしたら、動画の再生が始まります。 うまく再生されないときは、「IP Address Location」のリストから違う場所を選んでみてください。 ProxFreeの仕組み ProxFreeは、以前このブログでも紹介したと似たような仕組みで、入力したURLに代わりにアクセスして動画を再生してくれています。 つまりアメリカからのアクセスにしか対応していない動画は、アメリカのサーバーからアクセスして結果を表示してくれるってことですね。 IP Address Locationを見ると、アメリカ以外のサーバーも用意されているので色んな国の動画に対応できそうです。 あとがき ブラウザのプロキシ設定をすればいいのかもしれませんが、プロキシを使うと回線が遅くなることが多いので、動画再生だけのために設定するのは不便です。 動画が再生できないときだけ使えればいいので、ブックマークしておいていざという時に使いたいサービスです。 Search 最近の投稿• カテゴリー• 144• 135• 847• 534• 252• 472• 126• 62 Tags 本日の人気記事• アーカイブ•

次の

YouTube【この動画はご利用いただけません】の解決法: 公開メモ帳

この動画はご利用いただけません

公開日: 2019年03月02日 最終更新日: 2020年02月21日 アマゾンの提供する動画配信サービスの「 Amazon Prime Video アマゾン・プライム・ビデオ 」と言えば、お手頃な値段で定額見放題やレンタルで動画視聴を楽しめるサービスです。 そんな「Amazon Prime Video」を使っていると、ために「 このタイトルは現在利用できません」、「 現時点では、コンテンツプロバイダーとの契約により、このタイトルを購入できません。 」と書かれていて視聴できない作品があります。 結論から言うと、「このタイトルは現在利用できません」と書かれている作品は、なんらかの理由で 視聴することができません。 では、一体なぜAmazon Prime Videoで視聴できない作品があるのか、今回はその理由を考えていきましょう。 Amazon Prime Videoのこのタイトルは現在利用できませんとは? 「Amazon Prime Video アマゾン・プライム・ビデオ 」にある、「このタイトルは現在利用できません」、「現時点では、コンテンツプロバイダーとの契約により、このタイトルを購入できません。 」と書かれた作品は一体なぜ視聴できなくなっているのでしょうか。 まずは、2019年3月2日時点で Amazon Prime Videoで視聴できなくなっている主なコンテンツをピックアップしてみます。 ざっと見たところでは、「」、「」、「」、「」、「」といった ワーナー・ブラザースの配給作品が視聴できないようになっていました。 なぜワーナー・ブラザーズの作品がAmazon Prime Videoで視聴できなくなっているのかは 分かりません。 考えられる理由としては、「 1. 単に一時的に準備中?」か、もしくは「 2. プロバイダとの配信契約が切れた?」かのどちらかがありえます。 理由1. 単に一時的に準備中? 1つ目のAmazon Prime Videoで視聴できないタイトルがある理由は、「 単に一時的に準備中?」です。 これはシンプルに、 動画の再エンコードやコンテンツの何らかのアップデートを行なっているため、 一時的に視聴できない状態になっているという理由です。 要するに 工事中であるということになります。 もしも一時的に準備中であって視聴できないのであれば、 何日かすれば自然に視聴できるようになります。 「今すぐ見たい!」という人には残念ですが、再び利用可能になるのを待つか、他の動画配信サービスを利用するのが良いかもしれません。 理由2. プロバイダとの配信契約が切れた? 2つ目のAmazon Prime Videoで視聴できないタイトルがある理由は、「 プロバイダとの配信契約が切れた?」です。 これは、Amazon Prime Videoに作品を提供しているプロバイダとの間で 何らかの理由で契約が切れてしまって配信できない状態にあるという理由です。 例えば、2019年2月3日時点では、ワーナー・ブラザーズの作品がAmazon Prime Videoで視聴できなくなっているので、 ワーナーとアマゾンの間になにか契約の問題が生じているのかもしれません。 関係ないかもしれませんが、ワーナー・ブラザーズは積極的に新作タイトルを「 Netflix ネットフリックス 」に提供していて、2019年3月現在は「 レディ・プレイヤー1」や「 ランペイジ」、「 ジャスティス・リーグ」などがNetflixで 見放題で視聴することができます。 もしかすると、 ワーナーはNetflixに優先的に作品を提供するために、アマゾンへの提供を 停止しているのかもしれません 確証はありません。 もしもこのようにプロバイダとの契約が切れて配信できない場合は、待てど暮らせどAmazon Prime Videoで視聴可能にならない可能性もあります。 そのため、「 Amazon Prime Videoで見たい作品が視聴できない!」という場合は 他の動画配信サービスを利用するのがオススメになります。 最後に 今回は、『 Amazon Prime Videoのこのタイトルは現在利用できませんとは?視聴できない理由は』についてご紹介しました。 このように、Amazon Prime Videoで見たい作品が「このタイトルは現在利用できません」、「現時点では、コンテンツプロバイダーとの契約により、このタイトルを購入できません。 」と表記されている場合は 視聴することができません。 急ぎでなければ配信が再開されるのを待つのも良いと思いますが、「 今すぐ見たい!」という場合は 他の動画配信サービス iTunes Store、Netflix、Huluなど を利用しましょう。 皆さんも、Amazon Prime Videoと他の動画配信サービスをうまく組み合わせて快適に動画を視聴しましょう。

次の

YouTube「この動画はご利用いただけません」で再生できない対処法!見る方法は?

この動画はご利用いただけません

私は見られるのに、何で? と思って調べてみると、 パソコンでは再生できるけど、 スマホ・タブレットでは再生できない時がある、 ということがわかりました。 著作権的にまずかったりするならば、 パソコンでも見ることはできません。 スマホ・タブレットだけ見られない時には、 YouTubeの仕様に問題があるので、 操作する必要が出てきます。 『この動画はご利用いただけません』 という動画に出会ってしまった時には、 この方法を試してみてください。。。 ブラウザでYouTubeにアクセス。 動画を再生しようとしてみる。 この時に、画面右上の「・」が、 縦に3つ並んだところをクリックします。 3、下から2番目の【PC】をクリック。 4、再生できるようになりました! スマホやタブレット非対応の動画も、 PCモードで見れば、 たいていのものは見られるようになります。 ただ、PCモードに切り替えるメニューは、 YouTubeアプリ内では見つけられませんでした。 なので、 ブラウザでアクセスして、 PCモードで見る、 と再設定すれば大丈夫です。

次の