韓国経済 底力。 韓国経済危機&崩壊特集

韓国経済危機&崩壊特集

韓国経済 底力

タイトルは意味不明だが、どうやらトルコのほうが韓国より戦車を作る技術力が上になったことで、サウジアラビアに戦車を輸出するそうだ。 韓国がトルコに技術提供したらしいが、その技術はドイツのパクリだった。 しかし、トルコはパクリ技術をちゃんと自国で昇華して輸出できるようにした。 つまり、韓国の技術研究がトルコより進まなかったということを証明した。 だめじゃん。 技術提供した相手に負けるなよ・・・。 「兄よりできた弟?」トルコがサウジアラビアにアルタイ戦車輸出、韓国に動揺-K2戦車はテスト中断 「兄よりできた弟?」 韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。 アルタイが黒豹よりも先に開発を完了できたのは、戦車に必要な技術は韓国から輸入し、核心部品であるパワーパック(エンジン+変速機)は早期にドイツMTU社の新型モデルを採用したためだ。 一方、黒豹は、「パワーパックの国産化」という名分のため、戦力化が遅れてもパワーパックの国産化に力を入れてきた。 黒豹のシステム開発はすでに2009年に完了していたが、パワーパックの開発が4年以上遅れ、戦力化が実現していない。 黒豹に対する試験評価で、冷却ファンの速度制御、冷却試験の最大出力、加速性能などで性能欠格とされたが、防衛事業庁は3度にわたって開発期間を延長し、国産化への意志を貫いた。 戦力化が遅れると、黒豹の初期生産分100台に設置するパワーパックはドイツから輸入し、残りの100台は国産のパワーパックを使用するという妥協策が講じられた。 輸入のパワーパックを装着した黒豹の戦力化は2014年3月頃可能だが、国産パワーパックの開発が成功するかどうかは依然として五里霧中だ。 韓国軍は4月初め、国産のパワーパックを装着した黒豹の耐久性走行試験を行なったが、エンジンのシリンダーの破損で止まり、国産パワーパックの試験評価が中断された状態だ。 防衛事業庁関係者は、「現在、原因を分析している」とし、 「5月中に対策会議を開き、試験評価期間の延長などを協議する予定だ」と明らかにした。 donga. php3? 目標の2000部は超えた。 次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。 また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー) もよろしくお願いする。 最近、フォロワー数も14600超えた。 だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

次の

新型コロナ「経済封鎖せずに抑え込める」 科学者が提唱 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

韓国経済 底力

日本への新型コロナウイルスの感染拡大は、中国経由の第1波を3月前半までに封じ込めに成功し、欧米経由の第2波も何とか抑え込みつつある。 新規感染者数も減っている。 だが日本の事態はこのまま無事に収束するのか? 大きな鍵を握るのは途上国だ。 この特別連載の第1回と第2回では「欧米に比べて、日本の人口当たり死者数は著しく少ない」と指摘した。 「日本モデルの底力!」などと自己満足に浸っている場合ではない。 「日本モデル」の考察は、特別連載の最終回まで先送りするとして、今回は途上国に目を向ける。 図は、現状を押さえておいた方がいい国・地域を網羅した。 縦軸は前回同様、人口100万人当たりの死者数だが、目盛りが「1、10、100、1000……」の対数表示になっている。 つまり、上の方に位置する国は見た目以上に深刻な状況だ。 横軸には、遅行指標の死者数ではなく、直近の状況を示す新規感染者数を使った。 だが第1回で述べたように、感染者数はPCR検査(遺伝子検査)の多寡に影響されるので、国を超えてそのまま比較はできない。 そこで、それぞれの国における最近1週間の新規感染者数を、同じ国の過去最大時の1週間と比較し、足元の感染拡大の強弱を数値化している。 日本の横軸の数字は3%と、4月中旬の最大時から大幅に改善した。 欧米からの第2波を日本と違い水際でブロックできた中国、韓国、台湾、豪州、ニュージーランド(NZ)と並び、図の左下に位置している。 図の左上に集中するのは、欧州の旧西側諸国だ。 同じ欧州の旧東側諸国が「全世界」(100万人….

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国経済 底力

【ソウル聯合ニュース】 韓国でのトヨタ自動車と同社の高級車ブランド「レクサス」の売上高が減少した。 日本政府による昨年7月の対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動が広がったことが影響した。 韓国トヨタ自動車が13日に公表した監査報告書によると、2020年3月期通期(19年4月~20年3月)の売上高は7980億ウォン(約710億円)で前期比33.4%減少した。 営業利益は331億9000万ウォンで同51.4%減だった。 純利益は509億8000万ウォンから219億6000万ウォンに減った。 ただ、トヨタはホンダや日産自動車に比べ善戦している。 ホンダコリアは営業利益が前年比90%減少し、日産は韓国市場からの撤退を決めた。 韓国トヨタは今年、日本本社に219億6000万ウォンを配当する。 18年と16年は無配当だったが、17年は315億5000万ウォンを配当した。 コメント• 形として出すだけなら、全部フランチャイズ形式にしたらいいでしょう。 世界中でレクサスが売れている! 2019年グローバル販売台数が過去最高の76万台超を記録 おつかれ。 直ぐではなさそうだが、撤退が妥当な方向であることは正しいだろう。 あの半島の民度は間違いなく共存・共栄不能のレベル。 日本企業はさっさと見切りを付けて、敵対的な蛮国は市場では無いと知るべき。 ・個人への誹謗中傷 ・特定の民族に対する差別的表現 ・根拠なき在日、朝鮮人認定 ・殺害を示唆するコメントなど ・NGワード回避 上記に該当するコメントはご遠慮ください 悪質な場合は書き込み禁止措置等が取られることもあります.

次の