ヨウ素 化学式。 ヨウ素価とは何か

化学物質英語用語集(8)

ヨウ素 化学式

三ヨウ化物イオンのおおよその構造。 化合物によって結合長と結合角は僅かに変化する。 三ヨウ化物イオンは直線形で対称的ある。 によれば、中心ヨウ素原子は3つのエクアトリアル(赤道の)孤立電子対を有し、2つの末端ヨウ素原子は中心ヨウ素原子に結合した3つの孤立電子対のため、軸方向に直線状に結合される。 において、一般に結合の中心原子はで説明される。 三ヨウ化物イオン中のI—I結合は二原子ヨウ素I 2中よりも長い。 において、三ヨウ化物イオンの結合長および結合角はの性質に依存して変化する。 三ヨウ化物アニオンは容易に分極し、多くの塩において、一方のI—I結合が他方よりも短くなる。 主な三ヨウ化物結合 I a-I b-I c の値は以下の通り。 3 282. 6 177. 1 283. 3 178. 8 284. 2 178. 4 279. 7 178. 55 調製 [ ] 三ヨウ化物イオンは以下の ()平衡によって生成する。 この過程は、分岐構造を持つポリヨウ化物を除いて、 S 8 ととの反応に類似している。 脚注 [ ] [].

次の

ヨウ素価とは何か

ヨウ素 化学式

ヨウ素(l2)の化学式・分子式・構造式・電子式・分子量は?ヨウ素の代表的な反応式は?ヨウ素が塩素から生成される反応式 ヨウ素滴定(酸化還元滴定)におけるチオ硫酸ナトリウムとの反応 当サイトではリチウムイオン電池や燃料電池などの電気的なデバイスやその研究に関する各種学術知識(など)を解説しています。 リチウムイオン電池では高電圧作動、高、高容量、長寿命などのさまざまなメリットがあります。 ただ、、リチウムイオン電池では、製造時に水分を含むことを嫌い、多量の水が電池材料に混ざると電池として機能しなくなります。 そのため、製造時の適切な湿度管理や水分管理が大事です。 そこで、使用する電解液や電極などの水分が少ない状態に保たれているかカールフィッシャー法(電量滴定法)によって測ることがあります。 このカールフィッシャー法では、 ヨウ素の反応によりその水分量を測定できる仕組みとなっています。 そのため、ヨウ素に関する物性を理解しておくといいです。 ここでは ヨウ素(l2 に関する内容について解説していきます。 ・ヨウ素の化学式・分子式・構造式・電子式・分子量は? ・ヨウ素の代表的な反応式 というテーマで解説していきます。 ヨウ素の化学式・分子式・構造式・電子式・分子量 それでは、ヨウ素の基礎的な物性について考えていきましょう。 ヨウ素の分子式 まず、ヨウ素のは l2で表されます。 また、ヨウ素の電子式は以下のように表されます。 ヨウ素の電子式 ヨウ素の構造式 ヨウ素の構造式は以下のようになります。 ちなみに、分子式・組成式・電子式・構造式などの総称のことをとよびます。 ヨウ素の分子量 これらから、ヨウ素の分子量は約254となります(ヨウ素には同位体が複数存在しますが、安定なものはヨウ素127のみです) 関連記事 ヨウ素の代表的な反応式 ヨウ素が水に溶ける反応 ヨウ素滴定(酸化還元滴定)におけるチオ硫酸ナトリウムとの反応 このようヨウ素はさまざまな表記によって書くことができます。 ここではヨウ素を含むいくつかの代表的な反応式についてを以下で確認していきます。 ヨウ素が塩素から生成される反応式 ヨウ素とチオ硫酸ナトリウムとの反応 酸化還元滴定(ヨウ素滴定)の反応として、チオ硫酸ナトリウムとヨウ素との反応があります。 このように、さまざまな分野でヨウ素が大事な役割をもちます。 関連記事.

次の

ヨウ素滴定は2パターン!見分け方と解法のポイントを解説!

ヨウ素 化学式

歴史 [ ] のShelanski H. らによってに開発され、日本では(現: 製造元 、販売元は)がに殺菌消毒剤及びとして医薬品としての承認を得た。 がライセンスを持つ「 イソジン」の商品名で有名であるが、現在はムンディファーマが販売を委託しているやが販売している。 ムンディファーマは、海外30カ国以上でポビドンヨードを含む製品を「BETADINE ベタダイン 」ブランドで販売している。 「ベタダイン」には、うがい薬、きず薬、殺菌・消毒剤と「イソジン」にはないボディソープ・フェミニンケア製品がある。 薬効 [ ] ポビドンヨードの殺菌効果は、遊離ヨウ素による。 ヨウ素等のは強力な殺菌作用を持つ(細菌の蛋白質合成を阻害することによって殺菌力を発揮する)が、従来用いられてきた溶液(、 ヨーチンと呼ばれていた。 )は人体への刺激が強いため、粘膜にも用いる消毒薬としては使いづらい。 そのため、との錯化合物として合成された消毒薬が ポビドンヨードである。 うがい薬から時のまで広範囲に使用される。 ポビドンヨードの殺菌作用はヨウ素の酸化作用によるため、塗布後30〜60秒の経過で最も殺菌力が強くなる。 日本では古くから用いられてきた消毒剤として一定の評価を得ており、特にその持続効果は他の消毒剤と比較して高い。 そのため、手術前の皮膚消毒や術野の消毒といった分野で使用されることが多い。 通常、芽胞菌に対して有効性をもつ消毒剤は人体毒性も高いが、ポビドンヨードは人体毒性が低いにもかかわらず、一部の菌に対しても有効性を発揮するため、に対して有効な消毒剤として注目されている。 なお、ポビドンヨードは衣服等に着色すると落ちにくいため、色消し用の消毒剤としてハイポアルコール(のエタノール溶液)が用いられる。 うがい薬として有名なイソジンガーグル以外にも、スクラブ剤(手指消毒剤)、ゲル化剤(塗布剤)、ゲルチューブ剤(塗布用)、水溶液剤、フィールド剤(アルコール製剤)、ポビドンヨード含浸綿製品、ソフトコンタクトの洗浄など、幅広く商品が展開されており、使用頻度の高さが窺える。 総症例1,166例中副作用発現は11例0. (再評価結果)• 重大な副作用• ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、不快感、浮腫、潮紅、蕁麻疹等)(0. その他の副作用 0. 禁忌・一般的注意 [ ] 添付文書によると、本剤又はヨウ素に対し過敏症の既往歴のある患者に対しては禁忌である。 また、甲状腺機能に異常のある患者には慎重投与となっている。 [血中ヨウ素の調節ができず甲状腺ホルモン関連物質に影響を与えるおそれがある。 ] その他注意事項 [ ]• ポビドンヨード液は、電気的なを持つため、を使用する際は、対極板との間にポビドンヨード液が入らないよう注意をする必要がある。 稀にではあるが、皮膚に使用した際に、色素沈着を起こすことがある。 眼に使用する際は、希釈液を用いることが推奨されている。 の際、市販品のポビドンヨード(イソジンなど)を服用することによりの代用として放射性ヨウ素による体内被曝を防止できるといった情報がインターネット等で流れたが、では、内服薬ではないため体に有害な物質が含まれている可能性があることや、ヨウ素含有量が少なく被曝防止の効果がないとして、飲まないよう呼びかけている。

次の