村主 章枝 ヘア。 芸能人・ヌード作品をできる限り一覧化【2020年発売】

【現在】村主章枝、週刊ポスト袋とじの大胆グラビア画像www結婚歴なし35歳独身が頑張りすぎと話題www(ホスト豪遊写真あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

村主 章枝 ヘア

村主章枝さんのプロフィール 名前:村主章枝 すぐりふみえ 生年月日:1980年12月31日 出身地:千葉県千葉市 身長:157cm 体重:44kg 血液型:O型 学歴:清泉小学校、清泉女学院中学校・高等学校、早稲田大学教育学部を卒業 村主章枝さんってど~いう人? 6歳からスケートを始めた村主章枝さん。 小学6年生で全日本ジュニア選手権に初出場すると「氷上のアクトレス」と評され話題に! オリンピックに2大会出場し結果はソルトレイクシティで5位、トリノで4位と好成績を残します。 また、3年GPファイナルで優勝、さらに4大陸選手権優勝3回、全日本選手権優勝5回と見事な活躍を見せてみきました。 村主章枝さんのヌード画像やカップが過激! 村主章枝さんが ヌードを披露するのは2月16日に発売の写真集「月光」です。 彼女がすべてをさらけ出した衝撃の「初フルヌード写真集」を発表! 舞台の地は、火山の離島、三宅島。 広大な自然の中ですべてを脱ぎ去り、彼女の代表的なプログラム曲、ベートーヴェンの『月光』をテーマに撮影された。 見どころは、スーパームーンの日に、まさに「月光」のもとで撮影された、美しいフルヌード。 鍛え上げられたしなやかな肉体を、ダイナミックかつ、幻想的に写し出している。 また、アスリートではない、「素顔の村主章枝」の官能的な姿もカメラはとらえている。 ですので、情報を元にという事になりますが、 B~Cカップという意見!さらに一部では Dカップでは?と言う意見も多いみたいですね。 では、ヌードに挑戦した理由は一体なんだったのでしょうか? 村主章枝さんがヌードに挑戦した理由は極貧生活? 村主章枝さんは、2014年11月13日に引退会見を開き、フィギュアスケーターとしての人生を終えました。 とは言え、引退後もスケートのイベントに参加したり、スケート教室で教えたりするなど、スケート関係のお仕事はしているようです。 そんな村主章枝さんは、会見で振付師を目指すとコメントしていました。 なので、現在は振付師として活躍しています。 しかしその一方、2016年4月25日発売の週刊ポストでグラビアデビュー、さらにはヌード披露と色々話題の多い村主章枝さん。 そ~言えば、マツコ・デラックスさんの番組「」に出演した時には 「あんまりジェンダー(性別)にはこだわってなくて…。 なんでみんな男女にこだわるのかな」 と自身の恋愛観について語っていました。 因みにタイプの女性はインド人のハーフや、ロシア系らしいですよ! まぁ、みんなが男女にこだわっているというわけでは無いと思いますが…。 男性が女性を、女性が男性に恋心を抱くのは普通な事で、もしみんながみんな村主章枝さんのような価値観であれば、人類は滅びてしまいます…。 でも、村主章枝さんの考え方が悪いとは思いませんし、同じ人間はこの世にいませんから、面白いところですよね。 さて話が逸れましたが、現在の村主章枝さんは 極貧生活を送っているとの噂があるのです。 これは、2016年12月5日に放送されてた「あの天才のその後…今を追跡してみました」にの村主章枝さんが出演し、極貧生活を送っている様子が放送されたからです。 村主章枝さんが現在どんな生活を送っているのか?詳しく知りたい方はコチラの動画をチェック! この番組に出演後、村主章枝さんがヌードに挑戦したのは、極貧生活が理由なのではないか?とネットで意見が飛び交っていましたが、2017年1月11日放送に出演した「ノンストップ!」で、 「別にお金にすごく困っているわけではなくて、今は選手の時よりは大変じゃないです」 と、疑惑を完全に否定しました。 ではヌードに挑戦した理由はなんだったのか? それは 「振付師としての表現の幅を広げる」 との事! 人に教える前に、自分の表現力を人に伝えられるのか?と思ったことがキッカケのようです。 ヌードに対しては 「女優さんとか、世に出ている方みたいにすごく顔がきれいなわけではないので、せめて見ていて美しいなって、体だけでも。 体は努力すればきれいにはできるので」 と、抵抗は全くなかったようです。 また、キレイになる為のトレーニングについて 「同じところを鍛えるのでも(スケートの鍛え方と)方法をかなり変えている。 写真集はくびれ・ラインが見えないといけないので、締まる・細くなるトレーニングにする」 と、コメント。 やっぱキレイな人は何かしらの努力をしているものだと、改めて思い知らされました。 もっともっと村主章枝さんの、肉体美を見たい人は、写真集「月光」の購入を検討してみてはいかがでしょうか? と言うわけで今回は、 村主章枝さんについて• 村主章枝さんのヌード画像やカップが過激!•

次の

村主章枝の交際相手は女性か!?レズ発言に大反響の理由やタイプはインド系かロシア系?グラビア続編もある!?アウトデラックス

村主 章枝 ヘア

2003年に日本人初の ファイナルグランプリで優勝を果たし、2002年・2006年と オリンピックに出場。 同年カルガリーで行われた 世界選手権で銀メダルを獲得しています! 村主章枝さんは、荒川静香さん浅田真央さんや鈴木明子さんなどど共に日本のトップフィギュアスケーターだったのです。 でも、怪我の影響や年齢的な限界もあり、 2014年33歳の時に現役を引退されました。 村主章枝さんの髪飾りが話題になった記憶が無いので、もしかしたら違う意味なのかもしれませんね。 — 2018年11月月11日午後10時23分PST 村主章枝さんの ルンバや チャチャチャが見てみたいですよねっ! フィギュアスケート選手時代は体が「 硬い」と言われ、 ビールマンスピンはできなかった村主章枝さんですが、フィギュアスケートと社交ダンスは違うのでそこまでの柔軟性は必要ないのではと思います。 競技経験も半端なくありますから 度胸は心配ありません! 「金スマ」の社交ダンス部予告映像から ホクロの位置や 服装、また• 雰囲気は30歳前後• 身長は160cmくらい• ストレートのロングヘア• 体型はすらっとしている という点からロペスさんの新しいパートナーは「村主章枝」さんに間違いないと噂されています。 というのも、レッスン代に始まり衣装代・シューズ代・コーチ料・遠征料などなど、子供の習い事にしてはとても高額になるからです。 村主章枝さんも 父親は 元日本航空国際線パイロットで 母親は 元客室乗務員なので、これはもう裕福なご家庭に間違いありませんね。 3歳~5歳までアメリカの アンカレッジで過ごし、そこでフィギュアスケートを始めたそうです。 母親の馨さんは「 子供は英語はすぐ忘れるというのがありましたから、身体で覚えたことだったら忘れないだろうと。 アンカレッジにいたことを少しでもとっておけたらいいなぁ」と日本に帰国後もフィギュアスケートを続けさせたのだとか。 学校と練習場への送迎で、毎日自分の時間などほぼ無かったと母・馨さんは当時を振り返っています。 活躍されているスポーツ選手の多くは、ご家族の協力や理解があって世界で活躍される選手になっていますね。 もし、村主章枝さんが社交ダンス部で世界を狙うとなったら、また喜んで応援されることでしょう~! さん fumie. suguri がシェアした投稿 — 2019年 1月月6日午前5時52分PST 村主章枝さんのインスタグラムには、甥っ子さんたちの画像もアップされていますよ~。 村主章枝の彼氏は誰? 村主章枝さんの彼氏や 結婚相手についても調べてみました。 しかし、 大学1年生から彼氏はいないとか。 また「 あんまりジェンダーにはこだわってなくて・・・なんでみんな男女にこだわるのかな」と女性も恋愛対象になるという発言に、世間は衝撃を受けました。 でも、これは世界中を飛び回って生活されている村主章枝さんならではの感覚なのではないかと思うのです。 村主章枝さんがよく行かれる カナダは、LGBT(性的少数者)を推奨している国らしく、カナダの環境に馴染んでいくうちに 同性愛にも抵抗や偏見がなくなった・・・感じなのでは?と思います。 やはり女性のほうに興味があるのか!?などとその時も話題でしたが、村主章枝さんがLGBTというわけではないと思うのです。 という事で、現在の彼氏(?)彼女(?)情報は残念ながら見つけられませんでしたが、現役を引退されて、何か吹っ切れた様子の村主章枝さんです。 検索ワードの「ヘアード」というのは、村主章枝さんが出した写真集などから来ているようでした。 画像は村主章枝さん自身のインスタグラムに何枚か掲載されていました。 とても綺麗な画像で「絵画」のようだという意見もありました。 現在、彼氏情報は見つけられませんでしたが、素敵なパートナーが見つかるといいですね。 もし、社交ダンス部で活躍されるなら世界を狙って欲しいと思います! 応援しています。 「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。

次の

【画像】村主章枝ヘアード画像を追い求めたらコレを見つけた!!

村主 章枝 ヘア

にて 基本情報 氷上の女優 生年月日 1980-12-31 (39歳) 代表国 出生地 出身地 157 cm 44 kg 、、 選手情報 元コーチ 2010-2014 2009-2010 2008-2009 2007-2008 1999-2007 1999-2007 2004 1997-1999 福井信子 -1997 元振付師 ニコライ・モロゾフ アレクサンドル・ズーリン 佐藤紀子 元所属クラブ 、、、 元練習拠点 、、、、 週間練習時間 42 開始 1986 引退 2014年11月13日 2 サイト ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 182. 08 62. 12 120. 06 2003 GPファイナル 国内競技会成績・シングル 優勝5回 ,,, 受賞 目次• 人物 生まれ、育ち。 、、卒業。 父は元国際線、母は元。 妹は元プロスケーターの。 3歳から5歳までをので過ごし、同地でスケートをはじめとするウィンタースポーツに親しんだことが競技生活の原点となった。 演技後のでは妹のに向かって「Chika! I love you! 」と呼びかける姿が見られる。 表情の豊かさから「氷上の女優(アクトレス)」と称えられる。 スケーティングは軽やかでスピード感にあふれており 、は世界一の回転速度と称えられる。 ではやといったトウ系のジャンプを得意とするが、ルッツは踏切時に誤ったエッジで踏み切る「フルッツ」である。 やのエッジ系ジャンプは苦手としている。 体が硬く柔軟性が必要なビールマンスピンなどが出来ないため、スピンのレベル取りに苦慮している。 1学年年下で長年のでもあったとは、かつて「遠征先で相部屋になっても口を聞かない」ほどの仲で、お互いに相手を理解しがたいと感じていたという。 しかし、直前の日本代表合宿では、村主が苦手とするスピンについて荒川からアドバイスを受ける場面が見られ、メディアに「和解」が報じられた。 2014年11月28日放送ので男性との交際経験はあるものの「あんまりジェンダーにはこだわってなくて…。 なんでみんな男女にこだわるのかな」 と同性も恋愛対象となることを打ち明けた。 また2016年6月2日放送の同番組ではを訪問し、ボーイッシュな女性が好みであると明かした。 2016年7月14日放送の同番組では3人の女性と公開見合いをし、レズビアンの女性DJ()をパートナーとして選出した。 経歴 長野オリンピック前まで 6歳でスケートを始める。 小学6年生でに初出場、19位となる。 には中学1年生でで国際大会デビューし、7位となる。 1995-1996シーズン、中学3年生で全日本ジュニア選手権4度目の出場にして2位となり初の表彰台に上がる。 続くでも初出場ながら4位に入賞した。 翌1996-1997シーズンの両大会でも同成績。 では、2度目の出場の高校1年生で全日本女王に輝いた。 しかし自身初出場のではSPでのジャンプミスが響いて総合18位に終わり(は23位)、の日本女子シングル代表枠は、最小の1名のみとなった。 1997-1998シーズン、のでは日本女子最高の5位に入る。 しかし、で(SP)は首位発進だったが、での転倒失敗が響き、優勝した荒川静香に敗れて総合2位に終わり、との代表選出を逃した。 全日本選手権の直前には左座骨を打撲していた。 ソルトレイクシティオリンピック5位入賞 1998-1999シーズンはNHK杯にて自身初の表彰台となる3位に入り、に初進出して総合5位。 では再び荒川静香に敗れて二年連続の2位だったが、では3位入賞と健闘、では日本女子最高の5位に入る。 2年ぶりの代表に選出されたものの、ジャンプが決まらず総合20位と惨敗に終わった。 1999年4月、に進学し()、に師事する。 1999-2000シーズンはで3位に入り、では再び日本女子最高の4位となる。 しかし代表は、四大陸選手権で5位ながらもフリーの内容を評価されたが選出された。 2000-2001シーズンので3季ぶり2度目の優勝を果たす。 では初優勝を果たした。 2季ぶりに出場したでは自身初入賞となる総合7位に入り、の日本女子シングル代表枠は2名となった。 が開催される2001-2002シーズン、日本の女子シングル代表枠は2つあった。 うち1つは、日本人選手で唯一に進出した恩田美栄に内定。 残り1枠をかけて荒川静香と争う形となったで優勝し、念願のオリンピック初出場を決めた。 迎えたソルトレイクシティオリンピック本番、SPでは滑走順が早かったこともあり 7位とやや出遅れるが、フリーではループジャンプがダブルに、後半のトリプルルッツが両足着氷となった以外はほぼノーミスの演技で、最終的には5位入賞と健闘した。 では、出場4回目にして総合3位となり銅メダルを獲得、初めて表彰台に上がった(恩田美栄は5位に入り、翌2003年世界選手権の日本女子シングル枠は最大の3名となった)。 トリノオリンピック4位入賞 2002-2003シーズンは、で優勝したほか、出場した多くの競技会で表彰台に立ち、では2大会連続で総合3位に入賞、2個目の銅メダルを獲得した。 2003-2004シーズン、NHK杯でGPシリーズ初優勝を遂げ、では3度目の出場にして日本人選手初制覇の快挙を達成。 さらにフリースケーティング・トータルスコアでも自己最高得点をマークした。 しかしでは2位、でも総合7位入賞に留まった。 2004年4月にと所属契約を結ぶ。 5月からに練習拠点を移し、をコーチに迎えたが、指導が充分に受けられなかったため、12月からは再びで佐藤信夫の指導を受けることになった。 2004-2005シーズン、で3度目の優勝を果たした。 ではSPで転倒があり出遅れたが、フリーで追い上げて日本女子最高の総合5位に入り、の日本女子シングル代表枠を最大の3名獲得に貢献した。 2005-2006シーズン開幕前の2005年6月、ダイナシティが不祥事を起こしたため所属契約を解除し、同年10月にへ移った。 9月に以前から痛めていた右の故障が悪化。 ではフリーでジャンプが全く跳べず、代表入りは絶望的と思われた。 しかしではフリー1位、総合2位と復活の兆しを見せた。 そして五輪最終選考会のではミスのない演技でフリー1位となり、3年ぶり5度目の優勝を果たし、選考ポイント最下位から大逆転でトリノオリンピック出場を決めた。 では副将に任命された。 トリノ五輪本番ではSPでほぼ完璧な内容で4位発進、フリーではフリップジャンプからのコンボが2回転となる以外はノーミスの演技を披露したが、スピン、ステップ、スパイラルで高いレベルが取れず、総合で4位入賞となり念願の五輪メダル獲得はならなかった(優勝は)。 後、「トリノで五輪の魔法にかけられた。 この氷の魔法はバンクーバーでしか解けない」と現役続行の決意を述べた。 は、優勝したには届かなかったが、SPで自己最高点を更新するなど総合2位・銀メダル獲得と、自身同大会で最高成績を収めた。 世界選手権通算9回出場 2006-2007シーズンは東京で開催されるを見据え、SPにを使用。 ジャッジがヴォーカルを歌詞と判断すれば規定により減点されるが、シーズンを通して減点されることはなかった。 しかしでは4位となり、世界選手権出場権を得られなかった。 ではSPのジャンプで転倒してを強打し、首も鞭打ち状態となって棄権を余儀なくされた。 2007年7月に佐藤コーチの元を離れ、練習拠点をに移し、コーチをに変更。 の指導の下、ジャンプのテクニックを変えて2007-2008シーズンに臨んだ。 しかしでは表彰台に立てず、でも4位にとどまった。 でもジャンプミスが続いて10位となり、不振のままシーズンを終えた。 2008年7月にコーチをに変更し、練習拠点も強化拠点のあるアメリカのに移した。 で2戦続けて表彰台に上る復調を見せ、では、SPでは5位と出遅れるもフリーで首位に入り、3シーズン振りの表彰台となる総合2位となった。 ではシーズン最高得点をマークして6位に入賞した。 3年振り通算9回目の出場となった世界選手権では練習中に負傷、痛み止めを飲んで出場し、総合8位に入った。 競技生活の続行と成績の低迷 2009年、モロゾフに「オリンピックのシーズンに日本人女子2人は難しい」と言われたためコーチの変更を決めた。 8月、自らの課題をジャンプと設定し、にコーチを変更。 練習拠点をロシアのに移したが、ミーシンコーチの多忙により10月にモスクワののもとに戻った。 肋骨骨折の影響で夏前まで本格的な練習が出来ず 、エントリーしていたを欠場した。 では表彰台に立てず、では7位にとどまり、、、のいずれの代表にも選出されなかった。 2010年3月に会見を開き、新たなスポンサーを見つけることを前提に現役続行を表明した。 4月、9年間マネジメント契約してきたを離れ、にスポーツマーケティング事業部の社員として入社した。 所属をに決定し、「出場を目標に頑張る」と表明した。 練習拠点を新横浜に戻し、に師事することになった。 しかし、では8位と9位、では前年に続いて7位となり、、のいずれの代表にも選出されなかった。 2011-2012シーズンは、予選を兼ねたでトリプルジャンプを全く跳ぶことが出来ず、12位に終わって上位10人の予選通過を逃し、全日本の出場権を得られなかった。 2012年3月で陽進堂とのスポンサー契約は終了し、所属をサニーサイドアップに変えた。 2012-2013シーズンは、予選を兼ねたで11位に終わって上位10人の予選通過を逃し、2年連続で全日本の出場権を得られなかった。 2013-2014シーズンは、2013年6月にサニーサイドアップを退社しに入社、7月に所属先をに決定した。 予選を兼ねたで11位に終わって上位5人の予選通過を逃し、3年連続で全日本の出場権を得られなかった。 目標のソチオリンピックの出場権を逃したが、現役続行の意向を表明した。 2014-2015シーズンは、予選を兼ねたで8位に終わって上位5人の予選通過を逃し、4年連続で全日本の出場権を得られなかった。 2014年11月13日、引退会見を開き今後は振付師を目指すと発表した。 トリノオリンピック以降9年間、女子シングル選手としては異例の33歳まで選手生活を続けたが、バンクーバーオリンピック、ソチオリンピック共に代表にはなれず、目標としていた3度目のオリンピックに出場出来ないまま現役を終える事となった。 引退後 2016年4月25日発売の 、2016年12月19日発売の 、2017年1月27日発売の雑誌 に袋とじでヌードグラビアが掲載された。 2017年2月15日にヌード写真集「月光」が発売された。 ヌード写真集発表の際には「脱ぐことに抵抗はない、スケートも衣装一枚なのであまり変わらない」と述べた。 最近は短編動画アプリのにハマっている様子で、音楽に合わせて口パクする動画などを投稿している。 18 9 97. 72 7 154. 90 2010年11月26日-28日 () 5 50. 76 8 87. 42 8 138. 18 2010年10月29日-31日 () 8 48. 17 10 84. 67 9 132. 84 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年12月26日-27日 () 6 58. 70 9 102. 59 7 161. 29 2009年11月12日-15日 () 4 56. 04 5 92. 95 4 148. 99 2009年10月29日-11月1日 () 6 55. 46 8 90. 53 7 145. 99 2009年10月8日-11日 () 4 54. 09 8 82. 82 7 136. 91 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年3月23日-29日 () 9 58. 40 9 106. 18 8 164. 58 2009年2月2日-8日 () 4 60. 18 6 107. 56 6 167. 74 2008年12月25日-27日 () 5 57. 32 1 121. 27 2 178. 59 2008年11月20日-23日 () 1 58. 30 3 103. 74 3 162. 04 2008年10月30日-11月2日 () 2 57. 92 3 105. 94 2 163. 86 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2008年2月11日-17日 () 9 50. 24 9 94. 82 10 145. 06 2007年12月26日-28日 () 3 63. 50 6 98. 29 4 161. 79 2007年11月22日-25日 () 4 56. 18 6 91. 97 5 148. 15 2007年11月8日-11日 () 11 44. 76 3 92. 37 4 137. 13 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年2月7日-10日 () 12 46. 09 棄権 - 2007年1月28日-2月4日 第5回() 1 58. 50 3 103. 55 2 162. 05 2006年12月27日-29日 () 5 58. 56 4 114. 00 4 172. 56 2006年12月14日-17日 () 5 55. 14 3 103. 64 4 158. 78 2006年11月30日-12月3日 () 2 61. 92 2 117. 39 2 179. 31 2006年11月2日-5日 () 2 58. 52 2 110. 24 2 168. 76 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2006年3月19日-26日 () 2 28. 47 2 62. 12 2 119. 15 2 209. 74 2006年2月10日-26日 () - 4 61. 75 4 113. 48 4 175. 23 2005年12月23日-25日 () - 2 67. 30 1 126. 86 1 194. 16 2005年12月1日-4日 () - 6 52. 60 1 105. 88 2 158. 48 2005年10月27日-30日 () - 2 52. 12 9 79. 88 8 132. 00 2004-2005 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2005年3月14日-20日 () 2 27. 19 10 56. 28 5 112. 54 5 196. 01 2005年2月14日-20日 () - 1 61. 44 1 117. 22 1 178. 66 2004年12月24日-26日 () - 2 65. 18 3 101. 36 3 166. 54 2004年11月19日-21日 () - 3 51. 40 5 79. 90 4 131. 30 2004年10月28日-31日 () - 2 53. 72 4 94. 60 4 148. 32 2003-2004 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2004年3月22日-28日 () 8 7 5 7 2003年12月25日-26日 () - 3 2 2 2003年12月12日-14日 () - 1 62. 02 1 120. 06 1 182. 08 2003年11月27日-30日 () - 2 57. 94 1 107. 58 1 165. 52 2003年11月5日-9日 () - 1 60. 28 5 83. 39 3 143. 第19回 オリンピック冬季競技大会文部科学大臣賞• 日本ゆかた大賞 2003年• ・国際競技大会優秀者表彰 2006年• 2006 文化・スポーツ部門• 第55回 神奈川スポーツ賞・オリンピック賞• 第55回 (史上最年少受賞)• 平成18年度財団法人横浜市体育協会横浜スポーツ表彰 優秀選手賞 2007年• 文部科学省・国際競技大会優秀者表彰 出演 テレビ番組• 『』審査員(2003年) CM• (2005年)• (2006年) 写真集• 月光(2017年2月16日、、撮影:) ライブ• ももいろクローバーZ (2013年) 関連CD• 次いで染矢慎二に教わり、長野オリンピック後の1999年4月から佐藤信夫についた。 佐藤信夫, 佐藤久美子著『君なら翔べる! 』双葉社、2005年12月、p. 247、『little wings 新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔』双葉社、2003年12月、p. 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック』実業之日本社、2004年11月、p. 『ファンブック2009』p. 『little wings』p. 山本夢子「日本のきょうだいスケーターたち」『フィギュアスケートDays vol. 2』DAI-X出版、2007年3月、pp. 12-13• 上坂美穂編『オール・アバウトフィギュアスケート』ぴあ(ぴあワンダーランドSpecial)、2005年11月、p. 「氷の上のヒロインたち 佐藤有香が語る9人のスケーター」『応援ブック』p. 『little wings』p. 『little wings』p. 「因縁の2人『和解』 24日メダルに挑戦」『読売新聞』夕刊、2006年2月22日、第1面• メンズ 2014年11月28日付• 2016年7月14日付• 『フィギュアスケートの魔力』梅田香子、今川知子著 文春新書413 2004年11月 p. 『Stay Gold』p. ISUチャンピオンシップにおいては、日本人選手として以来7季ぶりのチャンピオン• 第1グループ2番目滑走。 『Stay Gold』p. 11-15• 「[銀盤のプリマドンナ]村主章枝」『フィギュアスケートグランプリシリーズ2009 オフィシャルガイドブック』朝日新聞出版 2009. 10、p. 54、聞き手・青嶋ひろの• フィギュア全日本選手権連載・氷の非情(2)村主章枝 逆境ほど力発揮する「銀盤の女優」(2009年12月11日、スポーツ報知)• 2010年12月4日時点のよりアーカイブ。 2012年5月18日閲覧。 (2010年4月6日、サニーサイドアップ)• 、2011年11月7日• 、2012年11月4日• 、2013年11月9日• 21「フィギュア女王村主章枝 決意の全裸ヌード」• 256「村主章枝、正真正銘のフルヌード!」• 69「フィギュアの女王 袋とじ8p 全裸ヌード」• ORICON NEWS 2017年2月13日• 『フィギュアスケートDays Plus 2009-2010女子シングル読本』p. 「[特集]氷上を彩る華麗なステージ アイスショー2009: ドリーム・オン・アイス」『フィギュアスケートDays vol. 10』ダイエックス出版、2009年10月、pp. 50-53• 23-25• 『ファンブック2009』p. 『ファンブック2009』p. 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック2006』実業之日本社、2005年10月、p. 『応援ブック』p. 128-129• 『君なら翔べる! 247, p. 152• 『little wings』p. 『little wings』p. 『ファンブック2009』p. 84 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - アラスカに住んでいた当時、近所に住んでいた遊び仲間の1人だった。 外部リンク• (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• fumiesuguri -• (2012年9月-) 1934:• 1935:• 1936-1940:• 1946:• 1947:• 1950:• 1952:• 1953-1954:• 1955-1958:• 1959:• 1960:• 1961-1965:• 1966-1967:• 1968-1971:• 1972-1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984-1991:• 1992-1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997-1998:• 1999:• 2000-2002:• 2003-2004:• 2005:• 2006-2009:• 2010:• 2011-2012:• 2013:• 2014-2017:• 2018:• 女子シングル• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984-1985:• 1986-1987:• 1988-1991:• 1992-1993:• 1994-1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012-2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:•

次の