リッチ テキスト 形式 と は。 Outlook:メッセージ形式(テキスト、リッチテキスト、HTML)の違いとは

メッセージ形式を HTML、リッチ テキスト形式、またはテキストに変更する

リッチ テキスト 形式 と は

各形式のおおまかな違いは以下の通りです。 テキスト リッチテキスト HTML 文字情報のみ送信することができます。 フォントやフォントサイズ、色などの書式情報は持つことができません。 メール本文に表や画像を貼ることもできません。 (画像などを添付することはできます。 ) テキスト形式は 全てのメールソフトでサポートされるため、不具合を殆ど起こすことなく送受信することができます。 以前はビジネスマナー上、テキスト形式で送受信することが良いとされていました。 フォントやフォントサイズ、色などの書式情報も保持することができます。 本文に表や画像を貼ることも可能です。 (外部へ送信すると不要な情報を添付してしまったり、レイアウトが崩れたりと 不具合を起こすことがあります。 ) デフォルトでは 外部へリッチテキスト形式で送信した場合、自動的に HTML形式に変換されます。 これは Outlookの既定のメッセージ形式です。

次の

Outlookで送信メールをテキスト形式に変更

リッチ テキスト 形式 と は

各形式のおおまかな違いは以下の通りです。 テキスト リッチテキスト HTML 文字情報のみ送信することができます。 フォントやフォントサイズ、色などの書式情報は持つことができません。 メール本文に表や画像を貼ることもできません。 (画像などを添付することはできます。 ) テキスト形式は 全てのメールソフトでサポートされるため、不具合を殆ど起こすことなく送受信することができます。 以前はビジネスマナー上、テキスト形式で送受信することが良いとされていました。 フォントやフォントサイズ、色などの書式情報も保持することができます。 本文に表や画像を貼ることも可能です。 (外部へ送信すると不要な情報を添付してしまったり、レイアウトが崩れたりと 不具合を起こすことがあります。 ) デフォルトでは 外部へリッチテキスト形式で送信した場合、自動的に HTML形式に変換されます。 これは Outlookの既定のメッセージ形式です。

次の

Outlook:メッセージ形式(テキスト、リッチテキスト、HTML)の違いとは

リッチ テキスト 形式 と は

リッチテキストといえば、ワードパッドである。 rtf を解析すれば、Visual StudioのコードをHTML化することが可能。 RTFは、Microsoftが開発したドキュメントフォーマットであり、その仕様(英語のみ)はMSのサイトでも公開されているのだが、最新版のVersion 1. 9では仕様書だけで11MB超・・・。 A4サイズでなんと281ページに及ぶ。 さてこれだけの規模の仕様を、1~100まで対応するのは到底無理&無駄なので、コードをコピーした際に使われる書式だけ対応すればひとまず目的のものは出来上がる。 と、言うわけでまずはRTFの基本構造から。 サンプル ここ 太字。 ここ 斜体。 ここ 青。 ここ 赤。 例えばこのようなリッチテキストがあった場合、そのデータは下記のようになる。 (本来改行されていない箇所も見やすくするために改行してある。 「fonttbl(フォントテーブル)」は、ドキュメントで使われるフォントの一覧が記載され、実際にそのフォントを使う際には「f0」「f1」といったインデックス番号を指定する。 「colortbl(カラーテーブル)」は、ドキュメントで使われる色の一覧。 フォントと同じく「fc0」「fc1」といった具合に指定する。 ワードパッドは文字の色を決められた16色の中からしか選ぶことが出来ないが、ここを直接書き換えれば、RGBそれぞれ256段階(16,777,216色)で指定出来る。 各グループには「コントロールワード」と呼ばれる制御文が記述されている。 制御名は32文字以内という制約があるらしい。 制御文以外の文字は全て「地の文」となり、ドキュメント本文を示す。 とはいえ、先に説明したとおり、日本語は全て文字コードの16進数に置き換えられるため、RTFを直接眺めても本文は読み取れない。 ワードパッドではこのほかに、無効な文字をデリミタと判断する動作を示している。 ただし、数値がない制御文の場合は、デリミタを検出できず、制御文全体を無視する。 ここまでをまとめると、RTFを解析するには 1. グループの検出 2. コントロールワードの検出 3. この3つが必要となる。

次の