東北 電力 ネットワーク 株式 会社。 東北電力 (9506) : ニュース・適時開示 [TEPC]

関電、32年4月に持ち株会社 「発送電分離」に合わせ移行、より“筋肉質”の体制に(1/2ページ)

東北 電力 ネットワーク 株式 会社

ただいまの関連ニュース総数:377件。 最新記事「2020年満期ユーロ円建取得条項付転換社債型新株予約権付社債の転換価額の調整に関するお知らせ」[適時開示] 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

東北アルフレッサ株式会社

東北 電力 ネットワーク 株式 会社

28日の日経平均は27円高の17,795円でした。 朝方は、前日の海外株安を嫌気して前日比152円安まで下がりましたが、そこから切り返しました。 原油急落によって原燃料費の低下が見込まれる電力・空運・海運・陸運・紙パルプ株の上昇が目立ちました。 今日は、電力株投資についての考え方を書きます。 短期投資の対象としては問題ないが長期投資には向かないというのが、私の考えです。 1 中国電力 9504 が今期利益計画の増額修正を発表 27日に中国電力 9504 は、今期 2015年3月期 利益計画を大幅に増額しました。 同社説明によると「原油CIF価格の大幅な低下などによる原材料費の減少が見込まれることや経営全般の効率化に努めていることなどが」増額修正につながりました。 発表を受け、28日の中国電力株は100円 6. 6% 高の1,614円となりました。 2 電力各社の今期利益は上ぶれ含み 中国電力 9504 だけでなく、電力各社は全般に原油急落によって燃料コストの低下が見込まれることが、今期経常利益の上ぶれ要因となります。 市場予想はアイフィスコンセンサス予想、楽天証券経済研究所が作成 3 原燃料調整制度があるので原油急落メリットは最終的に電力会社には残らない 電力会社は、「原燃料費調整制度」により、燃料価格変動によるコスト増減を、3カ月後の電力料金に自動的に転嫁できることになっています。 原油が上がれば料金を3カ月後に引き上げ、原油が急落している時は、3カ月後に料金を引き下げます。 2月の電力料金は昨年9~11月の平均燃料価格から計算します。 9~11月は円安によって輸入LNGコストが上昇していたので、東京電力・中部電力・関西電力など電力6社で電力料金は引き上げになります。 足元の燃料コストが減少しているにもかかわらず、料金が引き上げになります。 これが、1-3月の電力会社の業績を引き上げます。 ただし、4月以降、原油急落の影響で、電力料金は徐々に下がってくると予想されます。 電力会社の業績は、今期 2015年3月期 は上ぶれしても、来期 2016年3月期 にはそのメリットは残らないと考えられます。 なお、来期には、長期契約のLNG輸入価格が下がってくることが見込まれます。 長期契約のLNG価格に、原油連動条項がついているからです。 LNGガス火力への依存が大きい日本の電力会社は、来期LNG価格の低下でメリットを受けることになりそうです。 ただし、そのメリットも最終的には電力料金の引き下げを通じて、消費者に還元されますので、電力会社には残りません。 4 原発事業を有する電力9社は投資対象としてリスクが高い 原発事業を行ってきた電力9社 東京電力・関西電力・中部電力・九州電力・中国電力・四国電力・北陸電力・東北電力・北海道電力 への投資は、リスクが高いと判断されます。 それは、核燃料サイクル事業が実行可能か否か、現時点でわからないままだからです。 注 沖縄電力は原発を保有していません。 Jパワーは原発の建設を始めていますが、未完成です。 核燃料サイクルを実施することを前提とすると、使用済み核燃料はプルサーマル発電や高速増殖炉で新たに発電を行うための「資源」となります。 しかし、核燃料サイクルを断念する場合、使用済み核燃料は、最終処分に莫大なコストがかかる「核のゴミ」となります。 今の日本は、技術的にまったく完成のメドがたっていない核燃料サイクル事業が実現することを前提に原発事業を推進しています。 つまり、使用済み核燃料をバランスシートでは「資源」として評価しています。 ところが、最近になって核燃料サイクルは実行不可との見方が強まってきています。 もし、政府が「核燃料サイクルを実施しない」と判断を変える場合、国内に積み上がった使用済み核燃料は「資源」から「核のゴミ」に変わります。 その最終処分コスト負担によって、電力会社の財務は著しく悪化する可能性があります。 <参考>核燃料サイクル事業について 現在、日本は、核燃料サイクルが実現することを前提に原発を推進しています。 核燃料サイクルとは、使用済み核燃料を再生してMOX燃料を作り、繰り返し発電に使う事業のことです。 最終的に天然ウランに含まれるエネルギーの7割近くを発電に利用できる可能性があります。 現在の原発 軽水炉 で、燃料として使用しているのはウラン235だけです。 ウラン235は天然ウランに約0. 7%しか含まれていません。 残り99. 3%は核分裂しないウラン238なので、発電に使えません。 つまり、現在の原発では天然ウランの持つエネルギーの約0. 7%しか使用していないのです。 アメリカ・カナダ・ドイツ・フィンランド・スウェーデンなどは、技術的にむずかしくコストが嵩む核燃料サイクルはやらない方針を決めています。 ウラン235だけ使って発電し、使用済み核燃料は、廃棄処分する方針です 図A。 <図A>核燃料サイクルを行わない場合:使用済み核燃料を直接処分 高速増殖炉を実現して、MOX燃料を何回も再生して使用し、天然ウランの持つエネルギーの7割まで活用できれば、原子力は計算上、人類が使用するエネルギーの1000~2000年分を賄うことができるようになるはずでした。 ところが、日本の核燃料サイクル事業は、現時点でまだ何も実現していません。 使用済燃料から未使用のウランやプルトニウムを取り出してMOX燃料に加工する予定であった青森県六ヶ所村の再処理工場は技術上の問題が次々と出て完成が遅れています。 核燃料サイクル構想は、高速増殖炉の開発でも遅滞しています。 日本では、再処理したプルトニウムで動くはずであった高速増殖炉「もんじゅ」は1995年にナトリウム漏洩事故を起こして以来、実質稼働停止のままです。 欧米でも技術的な困難と経済性から、高速増殖炉の開発は断念する国が増えています。

次の

東北電力、定款を変更 中長期ビジョン策定受け :日本経済新聞

東北 電力 ネットワーク 株式 会社

発表日:2019年4月25日 会社分割による一般送配電事業の分割準備会社への承継に係る吸収分割契約の締結に関するお知らせ 当社は,2018年9月に公表いたしましたとおり,2020年4月に予定されている送配電部門の法的分離に伴う一般送配電事業の分社化に向けた検討を行っておりますが,本日,取締役会決議により,2020年4月1日(予定)を目途に,当社が営む一般送配電事業及び離島における発電事業等を,会社分割の方法によって分割準備会社である「東北電力ネットワーク株式会社」(以下,「承継会社」といいます)に承継させることとし,本日,承継会社との間で吸収分割契約を締結いたしました(以下,この会社分割を「本件吸収分割」といいます)ので,下記のとおりお知らせいたします。 本件吸収分割の効力発生については,2019年6月26日開催予定の第95回定時株主総会において関連議案が承認可決されること及び関係官庁等から事業の遂行に必要な許認可等が得られることが前提条件となります。 記 1. 本件吸収分割の背景・目的 グループを取り巻く環境は,2016年4月の電力小売全面自由化以降,地域や業種を超えた競争が進展するとともに,電力市場の整備や再生可能エネルギーの導入拡大,デジタルイノベーションの加速など,大きく変化しております。 激変する事業環境の中においても,東北電力グループが電力の安定供給などの公益的使命を果たしながら,地域とともに持続的に成長していくため,2017年1月に策定した「東北電力グループ中期経営方針(2017~2020年度)」に基づき,財務基盤の強化や収益拡大に向けた取り組みを進めております。 事業持株会社(東北電力株式会社)は,グループ全体の経営戦略の策定や経営資源の最適配分等を行うとともに,発電部門・販売部門の連携により総合力を発揮することで,低廉で高品質な総合エネルギーサービスをお客さまに提供し,競争力の強化とさらなる収益性の向上を目指してまいります。 送配電会社(東北電力ネットワーク株式会社)は,東北6県及び新潟県における電力の安全確保と安定供給を果たすとともに,中立性・公平性のより一層の確保と的確かつ質の高いサービス提供に努め,地域社会との共栄・お客さまからの信頼の向上を目指してまいります。 当社は,このような組織体制の構築を通じて,機動的な意思決定のもと,各事業の自律性向上と価値創造力の強化をはかるとともに,グループシナジーの発揮によるグループ全体の企業価値向上に努め,東北電力グループスローガン「より、そう、ちから。 」のもと,お客さま,地域社会,そして株主のみなさまのご期待にお応えしてまいります。 添付リリース.

次の