コンビニ 24 時間 営業 メリット。 コンビニの24時間営業見直しはよいが、決めた営業時間はブレなく一定であって欲しい話。

コンビニの24時間営業について

コンビニ 24 時間 営業 メリット

それぞれのメリットデメリッ トについて、たくさんの方々からの情報を求めています。 消費者側からでも経営者側からでもなんでもかまいません。 あなたが思う、それぞれのメリットデメリットを教えてください。 補足これは、コンビニの24時間営業をやめされるとかという問題ではなく、あくまで授業です。 2つのグループにわけて討論をして、そこから、グループでの協力性、コミュニケーション能力、相手に伝える力などを身に付けていくのです。 討論するにあたって、皆様の意見を情報として考えさせていただきたいと思っております。 ご協力よろしくお願いします。 先のお二方と違い、24時間営業でないコンビ二にも勤務していたことがあるので無意味な議論と考えていません。 近隣住民の立場からすると24時間営業はやめてほしいという意見があります。 理由は夜中に若者がたむろしやすいからです。 ただ流通業界は、総合商社の元にグループ化された組織が多くあります。 特に1990年以降コンビ二が増えた理由のひとつとして、 百貨店や総合スーパーという旗艦店を援護する護衛艦を増やすことで 自社の製品をより多く販売し、 自店を守りやすい環境に置くというメリットがありました。 しかし現在コンビ二は飽和状態でそのメリットは日本国内でなくなりつつあります。 経営者としては24時間営業は簡単にやめられないのが実情です。 競合店が24時間なら、 自店が16時間営業だとやはり24時間営業の店にお客が流れます。 加えて、半径300メートルくらいのところに同じチェーンのコンビ二を本部からぶつけられると 手をこまねいているうちにあっという間に閉店です。 将来日本で少子高齢化が進めば、 24時間営業のコンビ二は地方で減ると考えています。 流通業界のトップの方々も「2100年、人口3分の1の日本」を読んでいただき、 これまで難問とされてきたコンビ二の非24時間化の実現に取り組んでもらえればいいのではないでしょうか。 補足について これは中学・高校の授業の宿題でしょうか。 正解のない問いといえばそれまでですが、 後は流通経済新聞や日本経済新聞等の記事をご自分で調べてください。 実際中学の授業で「月刊コンビ二」を使った事例が書いてある本を探して今読んでます。 吉メガネさんの回答がほとんどの人の意見でしょうね。 そういった授業(講義?)をされている先生に疑問を感じますね。 あなた方の討論によって 「やめるべき!」 と結論が出たのなら、コンビニさんは24時間営業をやめないといけないのでしょうか? それはなぜでしょうか? バカも休み休み言って下さい。 24時間営業に関してはメリットもデメリットもありますが、今の社会が24時間体制で動いている以上、コンビニさんの24時間営業は不可欠です。 夜勤(深夜勤務)をされている会社員もいらっしゃいますし、そういった人も立ち寄りますからね。 もう1つお聞きしたいのは、24時間営業の別の職種についても討論するのでしょうか? コンビニさん以外にも、牛丼屋、ファストフード店、ラーメン屋、ファミリーレストラン、スーパーマーケット・・・あげるとキリがありませんが、そういったのを1つ1つ議題にして討論し、 「やめるべき!」 と結論が出たのなら署名でも集めて24時間営業をやめさせるのでしょうか? そうするんでしょうね。 そうもしないのなら討論する意味すらありませんからね。 私の回答を読んで、あなたはどう感じました? そんな課題を出した先生に疑問を持ちましたか? 私に言わせれば、その先生の頭は相当おかしいですよ。 この回答、ぜひとも、その先生に読ませてあげて下さいね。 そんな無意味な討論するぐらいなら、町の清掃活動でもされた方が、よっぽど役に立つんじゃないですか。 【補足】 私の申したい事が全く伝わっていないようですね。 なぜ、関係者でもないあなたの学校でコンビニの経営方針の是非を討論するのでしょうか? その答えが「あくまで授業」で納得できると思っているのですか? あなたの父親が勤める会社の経営方針の是非を問うような議論を学校の課題で出された時、あなたはどう感じますか? あなたの父親の勤める会社だとピンとこないかもしれませんが、あなたの学校の批判を全く関係のない他校の授業で取り上げられていたらどう思うのでしょうか? 企業の運営(経営)は、簡単なものではありません。 毎日が苦労の連続です。 経営者は生き残るために必死なんです。 そんな一生懸命になって経営している人たちをネタに、全くの無関係のあなたの学校で議論するのは無意味どころか非常識としか言いようがありませんよ。 24時間営業の是非の討論なんか、あなたの学校で答えを出さなくても関係者が検討しますよ。 必要だと思えば24時間営業するし、不要だと思えば24時間営業なんかやめますよ。 24時間の是非なんか、それ以上でもそれ以下でもありませんよ。 私の言ってる事、何か間違っていますか? 間違っているなら間違っていると、その先生からの返答を聞いてみたいですね。 そんなに何らかのタイトルだして是非を問う議論をしたいのなら、 「こんな議題を思い付く先生は教壇に必要か?」 を討論した方がいいんじゃないですか。 私なら、「必要ない」と、正直に答えてあげますから。 もう1度申しますが、この回答はその先生に読ませてあげて下さいね。 こういった質問に回答するのは、私のような汚れ役担当の仕事なのかもしれませんが、みなさんの意見もぜひお聞きしてみたいですなね。

次の

コンビニの24時間営業の廃止に賛成?反対?色々討論ディベート!?

コンビニ 24 時間 営業 メリット

いつから24時間営業になったのか そもそもいつからコンビニは24時間営業になったのでしょうか? 調べたところ、 24時間営業が始まったのが1975年頃からでアメリカではそれ以前から始めていたようです。 理由としては「24時間営業にした方が儲かるのでは?」という考え。 その結果、客足も売り上げも 増大したそうです。 それがわかると他店でも真似をするようになり、24時間営業が各地に広まり現在の様な営業スタイルになりました。 24時間営業のメリット・デメリット メリットは上記にあげました、売り上げや客足が増えるなどありますが、それ以外には何があるのか。 メリット• いつでも食べ物・飲み物・日用品が買える• 防犯の役に立つ• 日中の忙しい時にできなかったお店の仕事ができる• いつでもATMが使える デメリット• 深夜営業は人件費・光熱費が増大する• 犯罪のリスクが昼間に比べると高くなる• 昼間より利益が少ない• 働く側の生活が昼夜逆転してしまう などがあげられます。 24時間営業は必要か? これについては 賛否両論だと思います。 確かに24時間営業していれば、お客さん側にとっては 「 メリット」がありますが、お店を経営しているオーナー側にとっては 「 デメリット」の方が明らかに多いですよね。 もしそうでなければ、TVや新聞などのメディアで大きくとりあげられることはないでしょう。 まとめ 今問題になっているコンビニの24時間営業ですが、私的には必要ないかと思います。 特に地方田舎のコンビニの場合は深夜営業してるだけで、明らかにお店側は赤字になっているはずです。 実際にお店に行くとわかりますが、全然お客さんは居ないし、お客さんが入って来ないし、変な輩が溜まるし、お店にとってはいい事が殆どのない様に見えました。 逆に東京都心の都会の方は、人がいるからそれなりに深夜でもお客さんの出入りがあり、売り上げがあると思います。 この事から考えるに、売り上げの少ない田舎では24時間営業を廃止して、都心などの人が多くいるところや、高速道路にあるお店は24時間営業でも良いのではないでしょうか? もしくはオーナー側が自由に時間を決めることができればいいと思います。 24時間営業のお店があるのは大変助かりますが、それはお客さん側だけであってオーナー側はどうかと言われれば違うと思います。 お互いにwinwinであればこういう問題も発生しなかったと感じます。

次の

コンビニ24時間営業のデメリットについて考えてみた。なにが問題なの?

コンビニ 24 時間 営業 メリット

さらに言えばコンビニの定番商品である肉まん、おでん、ホットスナックなどICタグを取り付けられないものが多いのも課題となるでしょう。 現段階ではトラブルがかなり多い様子… 無人コンビニの先駆けであるアメリカの『Amazon GO』がシアトル市内にオープンされていますが、これがトラブルを引き起こしてニュースとなっています。 Amazon GOは• QRコードでチェックイン• 商品を手に取って店外に出る• 登録しているクレジットカードへ請求される という仕組みです。 商品を持って店外に出るだけで自動的に計算し、請求されるなんてすごいテクノロジーですよね。 Amazonの本気度が見て取れます。 しかし 一部のユーチューバーが『カメラやセンサーに引っかからないように万引きをする動画』をアップするなど「無人コンビニは万引きが簡単!」という風潮が強まっているようです。 また中国は広東省に開業した 『Well GO』という無人コンビニでは正しく計算されない、商品の補充が間に合っていない(補充のためにスタッフが常駐したほうがマシ?)といったトラブルも報告されています。 始まったばかりとはいえ、無人コンビニに関するトラブルはまだまだ後を絶えないのが実態。 実験的段階とはいえ、不安を感じさせる状況かもしれません。 そして国内で無人コンビニを展開させるとアナウンスしているローソンもまたこれに倣ってスマホ決済を導入する様子。 となると 無人コンビニを利用するにはスマホとアプリが必要不可欠になります。 スマホを持っていない、あるいは不慣れな人にとってはハードルが高くなります。 また日本は世界的に見ても極端な現金主義。 最近でこそ電子マネーが広まってきましたが、モバイル決済となると認知度はもう一段階落ちます。 無人コンビニが展開されるころにはもう少し状況が変わっていると思いますが、少々気がかりな部分です。 世界にある無人コンビニの事例を紹介!先輩たちはどんな具合? ここまで何度か紹介したように、世界ではすでに無人コンビニをスタートさせているところがいくつかあります。 それぞれがどのようなサービスを提供しているのか、どんな特徴があるのかを見てみましょう。 アメリカでオープンした「Amazon GO」 名前から分かるようにAmazonが始めた無人コンビニです。 店員はおらず、 お客さんは商品を取って店外に出れば自動的に購入される画期的なシステム。 ただ上記したように、Amazon GOのトラブルを耳にする機会も多く、まだまだ改善の余地がありそうです。 まだ実験段階なので致し方なし。 中国はITビジネスが盛んですし、いち早くキャッシュレス社会に適応した点を考えても無人コンビニとの相性はかなり良いと推測されます。 スウェーデンの田舎町に生まれた無人コンビニ スウェーデン南部にある町『Viken』は人口4200人程度の小さな町です。 そんな小さな町に完全無人コンビニが登場し話題になっています。 オーナーはIT起業家で、 自身で開発したアプリで入店~清算までを一括管理するシステムを構築。 驚きなのがセキュリティで、• たった6台の防犯カメラを設置している• 入口が8秒以上開いたままでアラートが飛んでくる と極めてシンプル。 それでもトラブルは起こっていないのだとか。 深刻な過疎化による買い物難民の助けとなる無人コンビニが評価されるのも納得です。 近い将来、日本でも無人コンビニが導入される? コンビニ大手のローソンは2018年春ごろから自身でモバイル決済するサービスを導入し、深夜帯のレジを無人化させる計画を進めているそうです。 無人コンビニを目指した第一歩目…といった印象を受けます。 ローソン以外の大手コンビニエンスストアも無人コンビニに対して積極的な姿勢を見せており、• セブンイレブン• ファミリーマート• ミニストップ• ニューデイズ の4社が 2025年までに全店舗にてセルフレジ(無人レジ)を実用化させようと動いています。 ただ現段階ではICタグのコストが高く、また各店舗に専用レジを導入するコストを考えると…いきなり全店舗に展開するのは非現実的。 段階的に無人化を進めていくはずです。 今の日本は超少子高齢化社会。 2040年には2015年と比べて2割強の働き手が減ると言われています。 働き手が少なくても充実したサービスを提供するための仕組みを今から築き上げていかなくてはなりません。

次の