ビヨンドミート 将来性。 初の米国株デビューは「ビヨンドミート(BYND)」テンバガーになったりしないかな??笑

植物性代替肉のビヨンドミート、買いの材料が多く見えた好決算【2019年3Q】

ビヨンドミート 将来性

com 7日の上昇以前、同株はIPO時の25ドルから既に約300%高となっていた。 7日の終値は138. 65ドル、10日の終値はさらに21%上昇して168. 1ドルとなった。 同社の四半期決算を読み解くことで、株価の急騰の原因が分かるだろう。 ビヨンド・ミートの急成長 ビヨンド・ミートの業績はアナリスト予想を上回った。 5月2日のIPO以来初となる四半期決算で、1-3月期の売上高は、前年同期の1280万ドルに対して4020万ドルとなった。 同社は純損失が前年同期の570万ドルに対して660万ドル、1株当たり0. 95ドルとなったことを報告した。 アナリスト予想では、売上高が3890万ドル、純損失が670万ドルとなっていた。 同社は引き続き赤字となっているが、経営陣は2019年内に調整後EBITDAがプラスに転じることを予想している。 同社は今年度の売上高が前年比140%増で2億1000万ドルを上回ると予想している。 「堅調な1-3月期決算は、米国内外の主要な消費者が植物由来の人工肉を求めていることを示している」と同社のイーサン・ブラウンCEOは述べた。 また、「第1四半期決算を受けて、我々は小売りとサービスの両面から事業をスケールし続ける」と発言した。 楽観的な経営陣に加えて、その他にも同社が投資家に好感された理由が考えられる。 同社は過去18か月間でTGIフライデーズ、デルタコ、カールスジュニアなどのハンバーガーチェーンにハンバーガーパティを提供することで合意に達している。 カナダの「ティムホートンズ」では、同社の人工肉を使った朝食サンドウィッチを開始した。 さらに、同社の製品は11000を超える米国内のスーパーマーケットで人気を博している。 同社の増収は米国消費者の植物由来人口肉への関心の増加を示している。 高すぎる株価と競合他社 しかし、ビヨンド・ミートの急騰によって慎重な投資家は割高感を感じている。 7日に39%高となった後、同社の時価総額は80億ドルに近づいており、他の大手食品企業と肩を並べる時価総額となっている。 米国最大の食肉会社であるタイソン・フーズ NYSE:TSN の時価総額は300億ドルであり、今年度は売上高が430億ドルに達すると見られている。 ビヨンド・ミートは先週の決算前、企業価値と1年間の売上見通しの倍率は19倍となっていた。 タイソン・フーズと比べると明らかに割高な倍率である。 もちろん、ビヨンド・ミートなどの成長企業を成熟企業と比較することは不適切かもしれない。 しかし、投資家は同社の成長シナリオが損なわれる要因を考慮に入れるべきである。 例えば、ビヨンドミートの成功を背景に、競合が人工肉業界への進出の準備を進めていることは留意すべきである。 ネスレ SIX:NESN は植物由来の人工肉である「Awesome Burger」を今年下旬に販売する見込みである。 また、タイソンも今年下旬に人工肉の販売を予定している。 バンク・オブ・アメリカのアナリストであるBryan Spillane氏は、ビヨンド・ミートの製造に使われる押出成形の技術は食品業界でとても一般的な方法であり、参入障壁は相当低いとリサーチノートの中で述べた。 また同氏によると、同社の製品価格がさらに上がると、将来の成長が限定的になる可能性がある。 ビヨンド・ミートバーガーの平均小売価格は1ポンドあたり12ドルとなっている一方、通常のビーフパティは1ポンド当たり4ドルである。 総括 ビヨンド・ミートは植物由来の人工肉で成功を収めている。 しかし、多くの既存の食品企業が2019年内に人工肉業界への参入を計画している。 競争が激化した際、ビヨンド・ミートが競合に対して優位性を築けるとは考えにくい。 7日の急騰で利益が出た投資家は同株を売却し利益を確定させるべきである。 その他の投資家はより良いエントリーポイントを待つべきである。 (提供:より) 著者:ハリス アンワル•

次の

代替肉市場の拡大とハンバーガー戦争

ビヨンドミート 将来性

米国のベンチャー企業「ビヨンドミート」について解説していきます。 ビヨンドミートの可能性と今後の展開について魅力に迫ります。 この記事は次のような方に オススメの記事です。 人工肉ってなに?なんかこわいイメージあるんだけど。 最近聞くけど、ビヨンドミートってどんな会社なの? わんわん(それって美味しいの?) こんな人におすすめの記事です• ビヨンドミートを知らない人にはおすすめです。 今後、日本でもブレイクするかもしれないビヨンドミートについて知っておきたい人。 ビヨンドミートが今後化けて行きそうなので投資をしようか考えている人。 アラサー、都内在住ダイエットサラリーマンの海野浩康( )が上記の読者様に向けて執筆しました。 過去のライフログ一覧• (クリックで下に表示します) 体重が74. 8kgになり周りに太ってるだのデブだの言われ続けた結果、ウォーキングを中心としたダイエットを開始後3ヶ月体重を63kgに。 マイナス11kgのダイエットに成功。 調子に乗って2020年に を取得。 現在では食生活にも力をいれてダイエットを継続中しています。 運動の目標のウォーキング20,000歩を毎日継続しながらその様子を記録しています。 毎日の歩数、運動記録、サウナ活動(2019年に を取得)、食事記録などをまとめた情報を毎日ブログで公開、更新中。 ブラック企業から5度の転職を経て現在のホワイト企業へ。 資産を投げ売って仮想通貨に投資するも大暴落。 再起を図っています。 詳しいから。 少なからず、ビヨンドミートの将来性、コンセプトについて共感しそして今後の成長に期待するところも多いきいです。 ビヨンドミートはアメリカ発のベンチャー企業で ナスダックに上場しています。 株式公開時に一気に株価は上昇しました。 (IPOのパフォーマンスとしては、ここ20年で最高です。 ) ただ、その後は市場も落ち着きを見せております。 ビヨンドミートとは ビヨンドミートは2009年に設立した企業です。 公式HP: ビヨンドミートはプラントベース(植物性)の肉を製造しています。 牛肉の代替品を製造しているメーカーになります。 材料は、主に エンドウ豆を主成分としており、エンドウ豆から「肉のようなもの」を作っています。 エンドウ豆から取れるタンパク質に熱や圧力などを加えて弾力や肉のような形状にしているとのことです。 (CEOインタビューより) BEYOND BURGER PATTY MELT(同社HPより) 日本の小売店では現在購入することは出来ませんが、本国のアメリカではCOSTCO(コストコ)やウォルマートなどでも購入してジワジワと認知度をあげています。 マクドナルドでの試験販売、スターバックスでの販売など着実に実績をあげています。 ビヨンドミートHPより 普通に美味しそうだね 普通に飯テロになってる 環境への負荷の軽減 ビヨンドミートが支持されれる背景として「環境への負荷の軽減」があります。 同社のCEO(最高経営責任者)のイーサン・ブラウン氏はもともと燃料電池の開発者です。 環境問題に対する負荷を考えたときに食品からの環境が地球に与えるダメージが大きいということで、「代替肉」ベンチャー企業のビヨンドミートを創設した経緯があります。 ビヨンドミートのホームページによりますとビヨンドのバーガーは牛肉から作られるバーガー(普通のパティ)と比べて、• 水は99%の削減• 土地は93%の削減• 温室効果ガスについては90%の削減• エネルギーは46%削減 というふうな記載があります。 同社HPより めちゃくちゃ環境に良いね 環境問題を考える上で、たしかに牛のゲップも問題になってるからね 牛を育てるには、餌もいるし確かに環境にはよくなさそう 著名人も出資 有名な著名人もビヨンドミートのコンセプトや将来性に対して出資しています。 彼らはお金持ちなので、投資というよりは環境問題に対する価値観に対して出資しているんだと思います。 ベジタリアン、ビーガンなどの食の嗜好性の多様化• 健康面体調面などを気にする健康志向(動物性よりも植物性のほうがヘルシーであるという理由)• 環境問題、環境に対する負荷を気にする人が増えた これらの理由から、 代替肉の市場は日々拡大しているといえます。 近年増加傾向にある、ベジタリアンやビーガンの需要も見込めます。 さらに、ローカロリーということで健康意識の高い層に対しての積極的な需要が増えそうです。 市場性 代替肉というのは、ビヨンドミートの他にも多くの会社がすでに参入しており、エンドウ豆以外には大豆などからも作られています。 今後市場が拡大することが予想されています。 2020年3月に発表された最新のSPINS小売売上データを元に、The Good Food InstituteがまとめたPlant-based Food Market Overview(プラントベース食品市場概要)によれば、 プラントベース食品の売上は過去2年間で29%増加しています。 2019年に50億ドルに達しています。 その主な内訳として植物性ミルクが20億ドル、次いでヨーグルトやバター、アイスクリームなどの代替となる植物性乳製品が14億ドルです。 最後に プラントベースミートが10億ドルとなっています。 植物性の代替食品の市場内訳割合 まだ10億ドル(1000億)程度の市場しかないんだね 日本では豆乳なんかはプラントベースの食料品だよね イギリスの大手金融機関のバークレイズによれば、今後は代替肉の業界は拡大していくであろうと予想しています。 市場規模は今後10年で1400億ドル(約14兆9000億円)規模になるということで、市場の拡大が非常に期待できる分野でもあります。 市場が拡大することは、それに伴い売上増が見込めるというわけです。 (よだれ) ビヨンドミートの競合 競合としては、ケロッグ【K】や、コナグラ・ブランズ【CAG】、インポッシブル・フーズ【非上場】などもあげられます。 ケロッグ【K】• コナグラ・ブランズ【CAG】• タイソン・フーズ【TSN】• クラフト・ハインツ(Kraft Heinz)【KHC】• インポッシブル・フーズ【非上場】• その他(ネスレなど大手食品メーカー) ケロッグ【K】 モーニングスターの「インコグミート」 米食品メーカーのケロッグ【K】傘下のモーニングスター・ファームズは、2019年に代替肉産業への参入を表明しています。 コーンフレークで有名な企業です。 それ、コーンフレークやないかい! ただ、 ケロッグは遺伝子組み換え作物である、大豆を使用した代替肉です。 遺伝子組み換えにアレルギーがある人は選択しないかもしれません。 コナグラ・ブランズ【CAG】 コナグラ・ブランズはアメリカの大手食品メーカーです。 タイソン・フーズ【TSN】 食肉加工大手のタイソン・フーズはベンチャーキャピタルで人工肉の部門を強化してしています。 というのも、 タイソン・フーズはビヨンドミートにも出資しているわけです。 (出資額は非公表) しかし、最近になり自社でも人工肉の開発を開始しました。 植物由来から製造するナゲットとアンガスビーフと大豆プロテインをブレンドしたバーガーを販売することを発表しています。 クラフト・ハインツ(Kraft Heinz)【KHC】 同じく、米国の食品メーカーです。 アメリカ最大の食肉最大手です。 天才投資家のウォーレン・バフェットの率いる会社「バークシャー・ハサウェイ」も出資している会社です。 しかしながら、ここ最近は株価が低迷していますし決算状況もあまり良くありません。 ハンバーガー屋とかでみる、ひっくり返ったケチャップが有名ね! インポッシブル・フーズ インポッシブルフーズはまだ非上場ながらも非常に注目を集めている企業です。 すでに、大手ファストフードチェーン店の「バーガーキング」と提携し、「インポッシブル・ワッパー」を販売しています。 今後は価格を低価格にして一気に市場を握ろうとしている動きを見せています。 注目度は、ビヨンドミートにも引けを取りませんが、まだ非上場なので一般投資家が投資することが出来ないのは残念です。 「インポッシブル・ワッパー」 とはいえ、現在はビヨンドミートの独壇場と言っても過言ではありません。 先行者利益を得てこのまま市場をがっちり掴んでくれるか、今後の活躍に期待したいですね。 Business Insider ビヨンドミートと提携した会社 ビヨンドミートがこれまで提携した会社と提携している主な会社をお伝えします。 マクドナルド【MCD】• スターバックス【SBUX】• ダンキン・ブランズ・グループ【DNKN】• デニーズ(アメリカ)• 三井物産【8031】 マクドナルド 日本経済新聞@ロイター マクドナルドでは試験的にビヨンドミートのビヨンドバーガーを発売しました。 ケンタッキー・フライド・チキン アメリカのケンタッキーでも試験的にあビヨンドミートが販売されました。 デニーズ デニーズのビヨンド・バーガー 2020年1月にデニーズは全店舗(アメリカ)でビヨンドミートのバーガーの販売を開始しました。 スターバックス スターバックスはもともと意識が高い企業ですのでこういった環境に配慮している製品は大好きで今後はメニューに加えていくと発表しています。 スターバックスは中国の3300以上の店舗で同社製の代替牛挽肉を使用したチーズラザニア、パスタなどの新メニューを提供し始めています。 今後は、世界的に進出していく可能性が高まりそうです。 中国は世界最大の食肉の消費地であり、上記のスターバックスもこの市場を狙っています。 当然、中国のネットショップ最大手のアリババもこの市場を狙っており、アリババ系列のスーパーではビヨンドミートが販売されると報道されました。 三井物産 三井物産は日本での展開を視野に入れて、ビヨンドミートに出資していましたが、まだ日本での展開は時期尚早であるという判断から2019年8月に撤退しています。 三井物産の広報は「将来的な日本進出はまだあり得る」と伝えています。 アメリカではどんどんチェーン店もビヨンドミート出してるのね 日本でも時期に買えるようになりそうだね でも、日本は遺伝子組み換えや、人工肉って言われたら抵抗ある人多そうだね ビヨンドミートは人工肉だけど、遺伝子組み換えではないから、あとはイメージの問題だよね まとめ ビヨンドミートを試験発売したケンタッキーに並ぶ人@BEYONDMeet 今回はビヨンドミートについてざっと説明してきました。 将来性という観点から、• 市場は拡大傾向にある• 競合も多く参入している この点をお伝えしてきました。 これからはまだまだ目の離せない「ビヨンドミート」ですが、近いうちに海を渡って日本でも一般的に食べられる日も遠くはないと思います。 最後に、モスバーガーで大豆由来の人工肉のハンバーガーを最近食べたのです。 それが普通に美味しくて、じっさい「タレ」や「味付け」によって肉というのは結局なにからできていても「食感」がそれっぽかったらいいんじゃないのかな?と思ったのが購入の決め手になりました。 【 仕事:メーカー営業職】 過去5度の転職活動を経て、現在の職場である会社に入社しました。 の大企業グループの(超)で社畜生活をぬくぬくと過ごしています。 【 年代:アラサー】 ゆとり世代の、現在アラサーです。 リーマンショック、東日本大震災そして今回のコロナショックなどをもろに就職活動から現在まで受けている世代。 【 家族】 妻と犬と2LDKの都内賃貸マンションに暮らしています。 【- ペット】犬も飼っています。 犬種はです。 たまにブログにも登場します。 かわいがってください。 【 ダイエット】 体重が74. 8kgになった頃にダイエットを決意。 3ヶ月で12kgの減量に成功。 体重維持と筋力アップを目標に日々ウォーキングなどを行っています。 現在は62. 1kg。 (2020年4月末) 【- ウォーキング】 ダイエットは主にウォーキングを行い、現在でも継続中。 を使って1日20,000歩のウォーキングを目標にブログで記録中。 【- サプリメント管理士】 ダイエットから派生しプロテイン、サプリなどに興味を持ち2020年にを取得。 毎日の食事記録なども記録中。 【 投資】、米国株、国内株式(・)、にも手を出しています。 (出川組) 趣味 【 サウナ】2019年から本格的にサウナにハマります。 同年「」の資格を取得。 毎日のサウナ活動()も公開中。 好きなサウナは駒込のロスコ。 【 ゲーム】スマホゲームもやっています。 ポケモンGO、パワプロアプリ、マリオカートツアーなど。 たまに記事書きます。 【 歴史】歴史が大好きです。 城郭を中心に中世が好きです。 (大学時代の専攻は中世) 【 御朱印集め】集めも行っています。 (2016年~) 【 スポーツ】小学校から野球をやっており、現在でも野球が大好き。 ひいきの球団はヤクルトです。 2019年Wカップからラグビーにも興味を持ち始めています。 よく観戦に行きます。

次の

新しい食スタイルの1つ?代替肉のヴィーガン関連株

ビヨンドミート 将来性

ベジタリアン=菜食主義者。 肉や魚を食べない人 ヴィーガン=絶対菜食主義者。 肉や魚に加えて、卵、乳製品、はちみつを食べない人 ベジタリアンとヴィーガンは上記のように区別されます。 ヴィーガンという言葉が生まれたのは1944年イギリスだそうで、ベジタリアンと区別するためにこの言葉が生まれたそうです。 ヴィーガンになるとゼリーも食べません。 ゼリーにはゼラチンが入っており、ゼラチンは動物性タンパク質ですからね。 今は植物性のゼラチンもあるようですが。 ヴィーガンは毛皮や革小物も持たないという思想が一般的らしく、生活するにおいて動物を苦しめない、生き方に置いて動物愛護という考えが根底にあるようです。 ちなみにベジタリアンの人と食事に行くと選択肢はまだありますが、ヴィーガンの人と食事に行くと、まぁ大変です笑 最初からヴィーガン食があるところに行けると良いのですが、それでも選択肢が限られてくるので、店選びが困難になります。 笑 ではそのベジタリアン・ヴィーガンに関連する株を見ていきましょう。 【BYND】ビヨンドミート 1つ目は前回記事でご紹介したビヨンドミートです。 詳細はぜひ下記より御覧ください。 A post shared by raisedandrooted on Oct 9, 2019 at 11:09am PDT もともとはビヨンドミートに出資していましたが、現在は株を売却し、自社で植物由来商品を展開するとしています。 タイソン・フーズは「ほとんどのアメリカ人は依然としてタンパク質の主な供給源として肉を選択していますが、 植物および混合タンパク質への関心は著しく高まっています」として、植物由来商品の展開を決めたそうです。 また、実際にこのような 代替肉ハンバーガーを食べる人の70%は普通に肉を食べる人とも言われているらしく、持続可能な将来性が伺えます。 タイソン・フーズの株価はこんな感じ。 【K】ケロッグ 3つ目はケロッグです。 ケロッグといえばほとんどの人が思い浮かべるのが、コーンフレークやシリアルですよね。 代表作といえばスペシャルKでしょうか? A post shared by morningstarfarms on Sep 4, 2019 at 9:15am PDT ケロッグはMorningStar Farmsという代替肉製品を展開しています。 Incogmeatoというブランド名で現在は、生肉状態のバーガーパティも展開しています。 MorningStar Farmsは毎年9,000万ポンド以上の偽造肉(ハンバーガー、チキン、ソーセージなど)を販売しており、3分の1は植物性ハンバーガー、残りの3分の2は他の製品が占めています。 チキンテンダーが美味しそうです笑 ケロッグの株価はこんな感じ。 【NSRGY】ネスレ(Nestle) あの世界一の食品企業、ネスレも代替肉に関わっています。 傘下のスイート・アース(Sweet Earth)はオーサム・バーガー(Awesome Burger)を展開しています。 インポッシブルワッパーとオリジナルワッパーの比較はこちらを御覧ください。 現在はアメリカのスーパーマーケットでひき肉状態の代替肉が購入可能となっているようですが、お値段が少し高いと言われています。 アメリカでのひき肉価格は1ポンドあたり5ドル(約540円)前後程度に対し、このインポッシブルフーズの代替ひき肉は 1パック12オンス(約340g)8. 99ドル(約970円)となっており、少し高いですね。 それでも、売れるらしく、世界の需要を感じます。 ここ豪州でも、肉は食べたくないというときに豆腐ステーキを購入したりします。 それでも、肉は食べたくないので買ってしまうんですよね。 高くてれも売れるという理由がわかりる気がします。 まとめ 世界を見渡すと様々な会社が代替肉・人工肉産業に参戦しており、 これからどの企業が勝ち残るのかということを見極めることが必要になってきます。 勝ち残りには様々な企業との提携、また新しい形態での販売と、差別化が必要になってくると思います。 のんこ個人的にはお肉が好きではないので、このような代替肉が沢山出てきて、お値段がお安くなったら嬉しいです笑 肉が好きではないとか昔は考えられなかったんですけどね。

次の