気圧 頭痛 漢方。 【現役薬剤師が解説】天気痛(気圧頭痛)に漢方薬「五苓散」が効く?【キアガード】

低気圧の頭痛に効く薬膳や漢方を紹介!

気圧 頭痛 漢方

またこれからは台風のシーズンにも突入し、より気圧の変化が激しくなることが想定されます。 『わたし漢方』へのご相談においても、病院に行くほどではないけれど、頭痛・疲労感・吐き気・首や肩の凝りに悩まされている方や、関節や古傷が痛む、手足がしびれるといった不調と長年付き合っているという方からのご相談が増えております。 また、台風による強い雨風や気圧・気温・湿度の急激な変化は、知らず知らずのうちに、からだに大きな負担をもたらしています。 私達のからだには、からだの働きを活発にする交感神経とリラックス状態にさせる副交感神経があり、この2つの神経がバランスをとりながら、様々な器官の働きを担っています。 気圧が低くなると、自律神経が刺激することで無意識にストレスを受け、様々な不調が出やすくなります。 これらの邪が合わさることで、からだの水の巡りが悪くなり「水滞(すいたい)」の状態になりやすく、からだが冷えることでさらに悪化しやすくなります。 さらに気圧が下がることで、「気」の流れの異常が起こり、自律神経に負担がかかることも不調が出やすくなる原因です。 普段から、乗り物酔いしやすい、寒暖差に弱い、ストレスが多い人などは特に注意が必要です。 水分バランスを整える 低気圧による不調では、水分代謝の乱れが特に起こりやすくなります。 余分な水分が溜まることで、血管が拡張したり、気圧の変化を感知する耳にも影響が出やすく、めまいや頭痛などが起こりやすいと考えられています。 そのため、水分代謝を改善する生薬が配合された漢方薬を選んでいきます。 自律神経を整える 元々ストレスが多かったり、疲れがたまっていて自律神経のバランスが乱れている人は、気圧変化の影響も受けやすく、だるさや気分の落ち込みなどの不調が出やすくなる場合が多いです。 気の巡りを整えて、リラックスに働く生薬などが配合された漢方薬を選んで、普段から体調管理していくことをおすすめします。 胃腸を整える 漢方の考えで胃腸を司る「脾」は、湿邪に弱いため、胃腸が弱い人は「水滞」の状態を招きやすく、胃もたれや下痢なども起こりやすくなります。 普段から胃腸を元気にして、食べ物からの栄養をしっかり吸収して体を丈夫にするために、胃の働きを助けたり、エネルギーを補う生薬などが配合された漢方薬での体質改善をおすすめします。 「低気圧不調」を予防するには、普段から生活を整えて胃腸や自律神経のバランスを整えることが重要です。 水分代謝が低下しているときは、冷たいものや、過剰な水分摂取を控えるように気を付けましょう。 胃腸に負担がかかる脂っこいものや甘いもの、塩分の取りすぎにも気を付けて。 水分代謝を整える食材としては、はとむぎ、あずき、昆布、わかめ、とうもろこしなどがおすすめです。 新陳代謝をあげるために、入浴はぬるめでゆっくりと。 また、運動、ストレッチや散歩などからだを動かして気・血を巡らせて発汗を促す習慣も取り入れましょう。 とはいえ、忙しい日々を送っていると中々意識できないことも。 そんな時はぜひ、『わたし漢方』の漢方薬剤師にLINE相談してみてくださいね。 LINEでのカウンセリングを通してひとりひとりの体質や症状にあった生活習慣の改善方法や漢方薬をご提案いたします。 カウンセリングはすべてLINE上で行い、最初の問診は24時間相談可能。 漢方の専門家が直接お悩みにお答えいたします。 初回の問診はすべて無料。 体質改善の相談と漢方薬の服用を希望する場合は有料プランとなります。 また購入後も、体質の変化に合わせて随時LINEで薬剤師に相談ができ、漢方薬の変更も無料です。 『わたし漢方』創業者・薬剤師 水沼 未雅(みずぬま みか)より <プロフィール>京都大学薬学部卒業後、東京大学大学院薬学系研究科で博士号(薬学)を取得。 アストラゼネカで新薬の開発にかかわった後、マッキンゼー・アンド・カンパニーでヘルスケア関連事業を担当。 漢方で自身の不調が改善した経験から、2017年に『わたし漢方』創業。 『わたし漢方』を創業したきっかけは、私自身が漢方と出会ったことで、15年以上悩まされてきた持病が解消されたことです。 学生のころから疲れやストレスがたまると咳がとまらず、様々な治療を受けましたが完治することはありませんでした。 友人に薦めてもらった漢方薬局を訪問し、カウンセリングを受け、処方された漢方薬をのむと、2-3か月で改善しました。 この体験から、症状の根本にアプローチする漢方薬の力で、不調とともに生きる女性の毎日を快適にし、やりたいことに全力投球できる手助けがしたいと考えております。 (参考)『わたし漢方』公式ページ (参考)『わたし漢方』instagram.

次の

【現役薬剤師が解説】天気痛(気圧頭痛)に漢方薬「五苓散」が効く?【キアガード】

気圧 頭痛 漢方

「五苓散」が低気圧による頭痛に効くと発見したのは日本人 「 五苓散(ゴレイサン)」は、水分循環をよくする漢方薬で、はき気、嘔吐、下痢、むくみ(浮腫)、めまいに効くとされています。 参考 五苓散のふるさと中国では、1800年前から存在する定番の漢方薬、しかし片頭痛に効くという記録は無いそうです。 江戸時代後期に日本人医師が、あれ?効くんじゃね?的なノリで発見したようで、戦後その記録を医師が発掘。 気圧が低下するときに発症する頭痛に 五苓散を投与すると、 90%以上の確率で効くと結論してます。 マウスの実験じゃなくて臨床です。 低気圧による頭痛=五苓散の図式が出来たのは、ここ30年程度と意外に最近なんですな。 発見したのが日本人というのは、コロコロ天候が変わりやすい日本であればこそ。 面白いですね。 なぜ五苓散が水毒に効くとされるのか? 細胞には 「アクアポリン(Aquaporin)」という水分を調節する「水門」のような働きのあるタンパク質があり、 五苓散はこの アクアポリンに働きかけるそうです。 五苓散が 水分代謝に効くメカニズム、こちらの記事が非常にわかりやすかった。 なにこのすごい自動調節機能 気圧の変動で体調が悪くなるのはなぜ? 標準大気圧は 1013 hPa(ヘクトパスカル) 天気の良い日は、下降気流により気圧が上がる。 ピーカンの日は 1020hPaとか。 天気の悪い日は、上昇気流により気圧が下がる。 990hPaとか。 台風なんて980hPaまで下がることも。 その差、30~40hPa 地上から10m上がるごとに1hPa減るので、低気圧が近づくと、300m~400mの標高差をかけあがる感じです。 新宿駅と高尾山の標高差が500mぐらいなので、小さめの山を一気に登山してるのと同じなので プチ高山病といったところ。 外圧が下がれば、押しだす力も弱くなるので、血流が減る。 細胞も膨らむ。 人間の身体は風船ではないので、膨らんでゆるんだ間に水分が入りこみ、過剰な水分が悪さをする。 通常、我々の身体は意識しないところで自律神経が、勝手に調節してくれるはずなのだが、ストレスやら栄養不足やら、もろもろあってうまく調節してされないと頭痛が発症。 さて、 脳が水分過剰になるとなぜ頭痛になるのか? そこは調べたけれど、西洋医学の限界であまり納得のいく論文はなかった。 そもそも頭痛のメカニズム自体、よーわからんらしい。 アルツハイマーの改善にもアクアポリンが関係している件 ちょっと脱線しますが、細胞のウォーターゲート「 アクアポリン」と脳の関係で興味深いものを見つけました。 だとすれば、脳内の アクアポリンを改善する方法がわかれば、アルツハイマーの治療法にも期待が持てそう。 五苓散まとめ 五苓散は体質にこだわらず服用可能で、副作用もほとんどない。 腎機能や体内の電解質に影響することなく水分代謝を正常化してくれる。 低気圧による頭痛のみならず、めまい、ダルさなどにも効果的。 お酒を飲み過ぎて翌朝顔がむくんだ時も、 五苓散の得意分野、 気圧がコロコロ変化して、身体がうまく対応出来てないなと思ったら、 五苓散飲んでゆっくり過ごす。 常備薬として優秀。 頭痛薬飲むくらいなら 五苓散です。 貧血や低血糖、副腎疲労がないか?を疑うべし。 小児用に座薬に加工することもあり。 こういうのは知っておくと非常時に便利です。

次の

低気圧の頭痛に効く薬膳や漢方を紹介!

気圧 頭痛 漢方

このように、気圧や湿度の変化でおこる頭痛に長年悩んでおられる方でも、こちらからお天気との関係をお尋ねして初めて自分の頭痛が「天気頭痛」かもしれない、といわれる方もおられます。 このような場合、診断の手助けとして、気圧予測アプリなどを利用してご自分の頭痛と気圧の関係を知ることもよいかもしれません。 また、五苓散という漢方薬は、天気頭痛にシャープに効く薬ですので、おかしいな、と思ったときに五苓散を服用してみて頭痛がおさまるかどうかをみる、いわゆる、診断的治療も有効です。 もちろん、天気頭痛以外にも、頭痛にはさまざまな原因があります。 稀ではありますが、脳の器質的疾患(脳動脈瘤や脳腫瘍)が原因になっているケースもありますので、頭痛が続く、あるいは徐々に痛みの程度や頻度が増してきた、というような場合は、一度受診して相談してください。 次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。 1 医師の治療を受けている人• 2 妊婦又は妊娠していると思われる人• 3 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人• 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品外箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。 関係部位 症状 皮ふ 発疹・発赤、かゆみ• 1ヵ月位 急性胃腸炎、二日酔に服用する場合には5~6回、水様性下痢、暑気あたりに服用する場合には5~6日間 服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品外箱を持って、薬剤師又は登録販売者に相談すること。

次の