文鳥 爪切り 頻度。 投薬やツメ切りの時に役立つ『保定』の仕方

文鳥の爪切り頻度と目安・実際の手順と注意点について解説│パピファ

文鳥 爪切り 頻度

もくじ• ツメ切りや投薬のときに保定が必要 「保定」とは、ツメを切るときや病気などで薬を飲ませるのとき、文鳥が動いたり暴れたりしないように 手で固定してじっとさせること。 文鳥が暴れると、ツメ切りのときなど危険ですし、薬を上手に飲ませることもできません。 指で頭を挟んで固定 保定の方法はまず、親指と中指で文鳥の頭を挟み、人差し指で軽く頭を押します。 薬指と小指はそっと添えましょう。 このとき、指で頭を強くつかみすぎてしまわないか不安になる人が多いようです。 でも、大丈夫。 頭部は骨なので、 しっかりつかんでも心配ありません。 逆に、頭をしっかりつかんでいないと、文鳥が首を動かしてしまったり、飼い主さんの指にかみ付くこともあります。 また、首を絞めてしまうのではないかと怖いこともあるかもしれません。 鳥は首が絞まりにくい構造になっているので、大丈夫です。 文鳥は首が180度くらい回転します。 しっかり押さえないと首を振ってしまい、薬が入らないばかりか、吐き出してしまうこともあります。 胸やおなかは強く握らない 文鳥は人間のように横隔膜を使って呼吸するのではなく、胸の中にある肺や気嚢に空気を入れて呼吸します。 頭や首はしっかり押さえるものの、 おなかや胸のあたりを強く押さえてはいけません。 強く押さすぎると、呼吸ができなくなってしまいます。 投薬する場合の保定 投薬をする場合の保定は、同じように文鳥を指で押さえてから、 文鳥の体を横に倒します。 クチバシにスポイトを近づけ、薬を飲ませるとスムーズです。 横に倒すのは、薬が気道に入ってしまうことを避けるため。 文鳥を 仰向けにして薬を飲ませるのは危険なので、 避けましょう。 ツメを切る場合の保定 文鳥の頭を人差し指と中指で挟み、卵を包み込むような感じで手を包みます。 そして、親指と薬指で文鳥の脚を挟んで、ツメを切ります。 保定がうまくいかないとき 保定した際に文鳥が手からすり抜けてしまうこともありますが、これは首の挟み方がゆるいのが原因でしょう。 文鳥の肩が出ないように、 首を挟むのがコツです。 また、保定したものの、ツメ切りや投薬ができないほど文鳥が激しく暴れることもあります。 その場合は、逆さにして手で持ってみましょう。 文鳥が驚き、おとなしくしてくれることもあります。 ただし、 この方法はツメ切りのときだけに。 逆さに保定して投薬するのは避けます。 投薬のときに暴れるようなら、家族のだれかに手伝ってもらいましょう。 ひとりが文鳥を持ち、もうひとりが投薬をすればスムーズです。

次の

文鳥の爪切りにタオルは必須?保定のコツと暴れる原因とは

文鳥 爪切り 頻度

文鳥の爪切りをする前に 文鳥のような小さな鳥の爪切りは、飼い主さんも小鳥さんも緊張します。 「深爪になったらどうしよう」「出血させてしまったら」「うまく保定(鳥を捕まえておくこと)できるかな」と不安になります。 その不安な気持ちは文鳥にも伝わってしまいます。 まずは飼い主さんがリラックスして行うのが大切です。 優しい声かけと撫でてあげながら、急がずゆっくり進めましょう。 文鳥の爪切りの長さの目安、頻度 文鳥の爪切りの長さの目安は、透けて見える血管から2ミリ以上離れた長さが良いでしょう。 あまりぎりぎりで切ると血管を傷つけてしまい、出血してしまいます。 離れた場所をきってもヒビが入って血管を傷つけることもあります。 切るときは躊躇せずスパッと切って切り口が綺麗になるよう心がけましょう。 爪切りの頻度は、毎日接していて飼い主さんが「爪が長くなってきた」と思うくらいでOKです。 慣れないときは無理をしない! たかが爪切りでもいざやろうとすると、文鳥の体の小ささ、足の細さで慣れないうちは一人ではなかなかできません。 文鳥もいつまでもおとなしくしているわけではありませんし、捕まえている時間が長くなるほどストレスになります。 最悪の場合、爪きりで嫌な思いをしたことで、飼い主へ不信感が生じる場合があります。 check! 「できない」と思ったら無理せず誰かに手伝ってもらうか、動物病院やペットショップで切ってもらいましょう。 爪切りにおすすめの道具 文鳥をはじめとする小鳥やインコの爪きりには、専用の爪切りを使いましょう。 人間用や小鳥用以外のものでは思わぬ事故になる場合があります。 専用の爪きりがない場合はやらずにペットショップや動物病院に依頼しましょう。 また、止まり木につけることで、少しずつ爪をすり減らす道具もあります。 こういった爪とぎパーチを止まり木にすることで、普段から爪をすり減らすことができます。 どうしても自分で爪きりができない、爪きりができない状態が続くのであればおすすめです。 文鳥の爪切りはどこまで?長さの目安と頻度、道具について。 まとめ• 文鳥の爪は伸びやすく、細いので繊維が絡みやすいので定期的な爪きりが必要です。 無理に飼い主さん本人でやろうとせず、難しいときは専門の人に頼みましょう。 止まり木に爪をすり減らすパーチをつけるのもひとつの方法です。 文鳥の爪切りはとても神経を使う作業です。 何度かやって少しずつ慣れていくしかありません。 止まり木パーチなどで日常的に爪を削る方法も効果的なので試してみましょう。

次の

文鳥の爪切りと頻度(だいきちの場合)

文鳥 爪切り 頻度

文鳥の爪切りのやり方!3つのコツを紹介! タオルの強さを発揮するのはなんといっても 文鳥ちゃんを保定する時なんです。 素手で保定して爪切りをすると、 飼い主の手=嫌なことをされる という悪い印象がついてしまいます。 こういったことを避けるために、 タオルが大活躍してくれるんです! それでは早速、タオルを使った 爪切りの方法のコツを3つ ご紹介したいと思います。 タオルを使用する スポーツタオルなど、手のひらが覆える くらいのタオルを用意しましょう。 それを放鳥時の文鳥の 真上から素早くサッと被せてしまいます。 そうすると視界がなくなって身動きとれず、 飛んで逃げることもありません。 方向をしっかり確認! 次に確認すべきは 文鳥が向いている方向です。 タオルが被さった状態の 文鳥の尻尾側、つまり背中側から タオルごと優しく掴むのがポイントです。 そうすればそのまま爪切りが 出来る体勢にスムーズに移行できます。 持ち方に注意する 文鳥の視界をタオルで奪った分、 飼い主側からもタオルで文鳥の 存在が見えなくなっていますので 持ち方に気を付けましょう。 タオルごと握ったあとは、 文鳥の足だけタオルから出してあげて、 指2本で優しく足を固定して爪切りで 切ってあげればもう安心です。 あまり強く握ってしまっても 文鳥が苦しくなってしまうので、 呼吸は確保できて身動きはとれない 状態になるよう優しく包んでおきます。 「でもタオル掛ける前に逃げちゃう!」 という場合はどうすればよいのでしょう? 文鳥が爪切りで逃げる!保定する方法は? 出典 タオルで覆えば視界が奪われますが、 肝心なのは、その前に爪切りを見せないことです。 文鳥も視界からの情報で判断できる賢い鳥で 爪切りを見ただけで危険を察知して 逃げ回ったり暴れたりする子もいます。 タオルで握った後も、極力爪切りは 視界に入らないように注意をすれば 暴れることも減るかもしれません。 また、タオルを構えている時から「ハッ!」と 気付いて警戒して逃げるということもあるので、 その前に素早く冷静に被せましょう! では、ここまでして爪切りをする 必要あるのか?と疑問に思いませんか? 文鳥の爪切りは必要なの? — 2018年 8月月24日午後9時19分PDT そもそもなんで爪切りが必要なのか、 その必要性を知っておきましょう。 爪を切らずにいると、 徐々に指の向きに沿って丸く巻いて 爪が伸びていきます。 当然ケージや布、髪の毛などに 引っかかりやすくなり、 足で体を掻けなくなってしまい、 文鳥や飼い主がケガしてしまうことも… 飼われている文鳥は、野生のように 自然界の枝などで削れることがないので、 人為的に切ってあげる必要があるんですね。 他にもどういったことが 影響してしまうのかを詳しく まとめているのでこちらの記事も 是非ご覧ください! 文鳥の爪切り!長さの目安はどのくらい? 出典 それでは、どのくらいの長さ、 どのくらいの頻度で 爪切りをすべきなのでしょう? 一番わかりやすいのは、 止まり木にとまっている時に 爪が浮いているかどうか、です。 もし浮いてきていたら切り時なので、 放鳥ついでに爪切りをやってあげましょう。 長さは、 足の血管から 3~5mmくらいが良いとのことなので 目安として覚えておきましょう! まとめ 文鳥の爪切りの時のタオルについて 焦点をあてて解説してきましたが、 いかがでしたか? 爪切りはどうしても保定しないと 出来ないことで、しかも 避けては通れないので悩ましいです… 素手で無理矢理保定しようとすると、 飼い主の手を苦手に思って最悪の場合、 手乗りじゃなくなってしまう可能性もあります。 でも愛鳥にケガなく過ごしてもらうためにも、 爪切りをしてあげる必要があります。 そこに、 タオル一枚さえあれば 案外すんなり出来るかもしれませんので チャレンジしてみてくださいね。 筆者も保定が苦手で素手では無理でしたが、 このタオルの方法を飼育本で見て実践したら あっけなく保定できたのでお勧めです^^ 万が一、出血してしまったときも まずは落ち着いて対処することが大事なので こちらを事前に読んでおきましょう。 タオルがあれば保定がしやすくなるだけでなく、 出血時の止血法でも使えますので、 そういった意味でも必須アイテムといえます。

次の