哲学 ちゃんねる。 鈴木泉

哲学科だけど病んだ

哲学 ちゃんねる

略歴 [ ]• 宮城県立 卒業• 1986年3月: 東京大学文学部哲学専修課程 卒業• 1989年3月: 東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程 修了• 東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程 中途退学• 1990年10月: 東京大学教養学部助手(~1993年3月)• 1993年4月: 文学部助教授(~2006年3月)• 1993年8月: 海外特別研究員として(ナンテール)とパリ第四大学(ソルボンヌ)にて海外研修(~1995年7月)• 2006年4月: 東京大学大学院人文社会系研究科助教授、2007年准教授、2018年教授。 著作 [ ] 編著 [ ]• 『全書簡集 第4巻 1640-1641』,,,,,共訳 2016 脚注 [ ]• Shigeki. , Noya,; 野矢茂樹. 2013. 野矢, 茂樹 1954. 外部リンク [ ]• - 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部• - 東京大学哲学研究室• - 本人のブログ• - 東大TV• - 駿台• - KAKEN データベース• 研究者リゾルバーID:、•

次の

哲学科だけど病んだ

哲学 ちゃんねる

グレタ・エルンマン・トゥーンベリ( 2003年1月3日 - )は、スウェーデンの環境活動家。 主に地球温暖化によってもたらされるリスクを訴えている。 トゥーンベリは、2018年8月、15歳の時に、スウェーデン語で「気候のための学校ストライキ」という看板を掲げて、より強い気候変動対策をスウェーデン議会の外で呼びかけるという学生時代を過ごし始めたことでよく知られるようになった。 すぐに、他の学生も自分のコミュニティで同様の抗議活動に参加した。 彼らは一緒に「未来のための金曜日(Friday for Future)」の名前で気候変動学校スト(School Climate Strike)運動を組織した。 トゥーンベリが2018年の国連気候変動会議で演説した後、学生ストライキは毎週世界のどこかで行われた。 2019年には、それぞれ100万人以上の学生が参加する少なくとも2つの協調した複数都市でのプロテストがあった。 トゥーンベリは、公共の場や政治家、議会に対しての率直で事実に即したスピーチで知られ、気候変動の危機に立ち向かうため、すぐさま行動を始めるように呼び掛けている。 また、両親に飛行機旅行を断念させたり肉を食べないよう説得するなど、日常生活でも二酸化炭素排出量の少ないライフスタイルを実践している。 名声の獲得により彼女は世界的なリーダーとなり、また批判的な層の標的となった。 2019年5月、トゥーンベリはTime誌の表紙に取り上げられ、多くの人が彼女を「次世代のリーダー」のロールモデルと見なしている。 トゥーンベリと学校ストライキ運動は、Vice誌による30分間のドキュメンタリー「 Make the World Greta Again 」でも取り上げられた。 一部のメディアは、彼女の世界舞台への影響を「グレタ・トゥーンベリ効果」と表現した。 コメント• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に 名無し より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に ドクター・ノオ・ネーム より• に 発展途上国在住者より より• に ドクター・ノオ・ネーム より.

次の

哲学Youtuberネオ高等遊民の自己紹介。思想や教養動画を分かりやすく作ります

哲学 ちゃんねる

【cis】もちろんです。 僕は20歳までにパチンコを中心にしてつくった2000万円のうち、1000万円を競馬で溶かしてしまいました。 それで預金残高1000万円の中から300万円をネット証券の口座に入れて本格的な投資を始めました。 21歳のときです。 株をはじめてから、しばらくはずっと負けてばかり。 最初の300万円の投資資金が底をついてからは、残りの700万円もつぎ込み、さらには毎月の給料も口座に入れていました。 口座の残高はいちばん減らした時で104万円になっていたから、結果1000万円以上溶かしたんじゃないかな。 それでも、「3年はやってみよう」と思っていました。 そんな僕が勝てるようになったのは、「2ちゃんねる」の株板のオフ会に行ってからです。 当時はデイトレード創世期で、2ちゃんねるも始まったばかり。 メンバー8人中6人を占める男性メンバーの中には、いまでは200億円から300億円を持っているであろう「uoa」、数十億円を持っている「すくる~じ」と「びびりおん」がいました。 フロンティア中のフロンティアのような集まりでしたね。 短期トレードに切り替えたワケ 当時僕は、割安株を買って長期にわたり保有する手法(長期トレード)を利用していましたが、それではダメだとうすうす気づいていて、他の方法を模索していたのです。 だって、割安とか割高とか、将来この会社の業績は伸びそうだとか、そういった要素は自分が勝手に思い込んでいるにすぎないでしょう。 勝っている人ほど、短期の値動きを見ている。 あるいは株価指数に採用されるなど、株価が上がる理由が明確な銘柄を買っていることに気づきました。 何かを予想してお金を賭けるのはギャンブルと同じです。 投資で利益を確保しようと思ったら「すぐ先にあるわずかな優位性」を生かすしかない。 なのでオフ会をきっかけに長期トレードをやめ、値動きだけを見る短期トレードに変えました。 すると、それまで負け続けていたところから連戦連勝になったのです。 麻雀でもポーカーでもわりと僕は強い人の意見を聞いたりセオリーを学んだりして勝つことができるようになってきたという実感があります。 わかりやすい正解がある世界ではないんですが、負けているのに自分のやり方に固執している人は、他の人のやり方を聞いて、自分のやり方を見直すことから始めることはやって損はないと思います。 チャンスを取り逃がしている気持ちにはなりませんか。 【cis】総資産が6000万円になった頃、会社を辞めて専業トレーダーになりました。 1カ月に大体22日トレードして18日は勝っていました。 最初の年で資産が3億円ほどになって、2年目には20億円以上に増えました。 どんどんお金が増えるのが楽しくて、ずっとパソコンの前に座って相場を見ていました。

次の