ジブン 専用 pc& タブレット u1。 「ジブン専用PC&タブレット U1」と「ジブン専用PC&タブレット3」の違い

激安タブレットPC!ドンキ『ジブン専用PC&タブレット U1』スペックや使用感・レビューまとめ

ジブン 専用 pc& タブレット u1

驚安の殿堂を名乗るあのドン・キホーテ。 安けりゃOKがモットーみたいなお店、そこでパソコンなんて買って大丈夫か? ドン・キホーテの家電などの売り場にはジブン専用PC&タブレットU1の見本すら置いてなくて、自作したような本体ケースの模型の箱が山積みされている。 一応スペックは書いてあって、見た感じそれなりな製品に見える。 これはきっと、あなたの根性が試されている。。 かもしれない。 そんな、巷では噂の、何かと話題の製品、でもちょっとばかし不安な買い物、勢いに任せて買っちゃったよ。 もう若気の至りでは済まされない歳なのに。 やっぱり運命の出会いには逆らえない。 いくつになっても迷ったときはいっとけ! fa-check-squareこの記事の目的 このパソコンほんとに買っても心配ないのか? あなたの不安を少しでも解消するのがこの記事の目的なんだ。 Windows10タブレットPCで2万円を切る値段、重さも1キロを切るからその名もunder 1kg の U1という製品名!なんとシンプルなネーミングなんだ。 これこそ真の名機を予感させる名前じゃないのか。。 とは言え、この職人が手間暇かけて作りこんだような武骨なネーミングは真面目に作ったという裏返しでもある。 ドンペンくん1号とかドンペンくん2号なら間違いなく買っていない。 ちなみにドンペンくんとは、誰もが知っている ドンキホーテのマスコットキャラクター。 このドンペンくん1号、じゃなくて U1(ゆういち)は、キーボードを付けたまま普通のPC風に使うもよし、キーボードを外してタブレットとして使うもよし。 今どきのありきたりな感じではあるが、シルバー色のちょっとクールな感じが違和感なく都会のカフェにも郊外の街角にも自然に溶け込む。 ジブン専用PC&タブレットU1 そこそこ触ってみたのでレビュー ジブン専用PC&タブレットU1はたまにしか使う機会がないんだけどネット閲覧中心に利用してみたのでレビュー。 まずはPCの状態(キーボードを接続した状態)で電源ONする。 電源ONからのBIOS起動は本機が タブレットベースだからか横向き表示なる。 タブレットとしては縦向きに使うのが基本だからか? だからPCとしてキーボードを接続した状態のときはBIOS画面が横向きに表示される。 (顔を横に90度傾けてみよう、自然に見えるよね!!?) 不細工ではあるがそんなもんだと思えば、何ら支障はない。 起動時間は標準的なSSD起動のPC程度の時間で起動する。。 もうちょい掛かるか。 まあ普通だ。 値段を思い出そう。 サスペンド状態からなら一瞬で復帰する。 あたり前と言えばそうなんだけど。 値段の印象が強いので、普通のことが普通にできているだけで「おおっ!やるやん」って思える。 親ばかとはこんなもんだ。 ネット利用中心ならジブン専用PC&タブレットU1で十分じゃない? ブラウザは標準のedgeがあるが、Google Chromeを別途でインストール。 ワードプレス利用とweb閲覧では全く問題なし。 タブも4つくらい常時開いていたが、それを理由にもたつくことはない。 かと言って、早いと言うレベルでもない。 2万円で買える最新OSのタブレットPCとしては十分合格。 次にYou Tube閲覧はどうか。 これも特別に良くも悪くもなく、どちらとも明言できないレベル。。。 音の方も可もなく不可もなく。。。 しかし値段を考えると合格か。 いや、思い出さないといけない、そもそもドンキで買ってきた安もんタブレットPCということを。 上出来やん! 同じようなのが家電量販店では10万くらいで売ってたりする。 こいつがその10万もするのなら、しばいてもいいかも知れない。 後からアプリを追加インストールするには妙に時間がかかる。 ここは所詮2万円と認めざるを得ない。 たった2万円のジブン専用PC&タブレットU1と10万円もする豪華なPCとの差って何だ? この2万円ぽっちの ジブン専用PC&タブレットU1でそこそこネット閲覧できて、付いてるアプリとかなら十分動く。 一方で10万円もする タブレットPCにお金を出す人もいる。 その差分は何を期待するんだろ。 動画編集、業務用アプリまで使う場合はそもそもこの程度のノートパソコンになんて期待しない。。 まあ、そこは人の好きずきだからね。 メーカーのシールに価値を感じる人がいたっていいんじゃないか。 ただし、ジブン専用PC&タブレットU1に動画編集とかそんな期待を掛けるのは完全にお門違いなので勘弁してやってほしい。 ゲーミング用のハイスペックなノートPCなら、利用目的がわかりやすいので、少々高くても思い切って財布から大枚を払う意味は理解できる。 家庭用のノートPCの中途半端なハイスペック機に10万以上を払うのだったら、別のもの探してみようか。。 ちなみにジブン専用PC&タブレットU1のスペックはこちら。 必要最低限はクリアしている。 ユーザーの使い方次第で足りる人も、足らない人もいるんだろうね。 今どき バッテリーだけで持ち出す人も少ないかも知れない。 さっきから褒めてばっかだけど、さらに褒めちぎっておくと 電源アダプタが想像以上に小さい。 この手の機器にありがちな、本体は小さいのにやたらでかい 電源アダプタで荷物が重くなるというのもない。 かつてのマイクロソフト製のXBOX360の電源アダプタの巨大さにはアメリカという国の偉大ささえも感じたもんだ。 ちなみに下の画像の上側がマイクロソフトXBOX360の電源アダプタ、下に並べたのが同社のSurfacePro7用のアダプタ。 まさかのジブン専用PC&タブレットU1のアダプタの勝利か? これ以上にでかい電源アダプタはかつて見たことはない。 アメ車をイメージさせるところがさすがアメリカのこだわりか。 さあ、そろそろイケてないとこもレビューしないとね。 ジブン専用PC&タブレットU1 デメリットもレビューしとかなくちゃね 率直な(個人的)感想 良いところだけだったらいいんだけど、ちょっとイケてないところもあるんだなあ、ジブン専用PC&タブレットU1。 しかも結構ある。 電源プラグが細すぎ、曲げてしまったら終わり• 電源ボタンと音量ボタンが近すぎて、押し間違える• ボディが弱い?ちょっと不安• キーボード認識に難あり• 画面の指の滑りが悪い• キーボードに付属しているタッチパッドが使えない(というかしょぼい) 電源プラグが細すぎ、曲げてしまったら終わり その1! 電源アダプタからPCへ接続する 電源プラグが細すぎ。 引っ掛けたりしたら曲がるんじゃないかってほど細い。 スマホ風にできてたらよかったのにね。 PCとして使う場合、プラグを刺したままだと宙に浮いた感がある。 電源ボタンと音量ボタンが近すぎて、押し間違える その2! 電源ボタンと音量ボタンが近すぎ。 動画など音が出るものを再生時に音が大き過ぎてとっさに音量ボタンを触ろうとすると、間違って電源を押してしまうことがよくある。 ボディが弱い?ちょっと不安 その3! ジブン専用PC&タブレットU1の本体が軽い分、筐体の強度が低いのでは?と思う。 強く握ると液晶表示にも影響が出そう、昔の液晶画面を思いだす。 落としたりしたらすぐに潰れそう。 慣れてくると、まあこんなものかという印象。 壊れても値段のせいにもできる。 安いから仕方ないか。 キーボード認識に少々難あり その4! キーボードとジブン専用PC&タブレットU1本体の接続が甘い?キーボードを認識しないときがある。 ここが一番の弱点かも。 いっそうのこと別でキーボードを用意した方がいいかも。 普通にデスクに置いて使う分は何も問題はないが、膝の上とか、不安定な状態だとタブレットモードとPCモードの切り替えが頻繁に起こってしまう。 ガタツキがあるわけでもないのに。 なんとこれ以上コスパのいいPCが出てきてしまったか!! 画面の指の滑りが悪い その5!(まだあるの?) ジブン専用PC&タブレットU1をキーボードを切り離して タブレット端末として利用する場合、 フィルムを貼らないと正直辛い。 画面上の指の滑りが悪すぎる。 タブレットとして使う気が無くなるほど指が引っ掛かる。 素直にフィルムを貼ろう。 キーボードに付属しているタッチパッドが使えない(というかしょぼい) その6!(おまけだ!) 好みによると思うところではあるが、ジブン専用PC&タブレットU1のキーボードに付属の タッチパッド。 これが全然使えない。 一枚のプラスチックの板でできていて左手前側がマウスの左クリック、右手前側が右クリックの機能がある。 このクリックの押し具合が、ジブン専用PC&タブレットU1のしょぼい感を2レベルほど増している。 昔のマウスを使っているような恥ずかしい感じのクリック感というか。 音も感触もかなり貧乏くさい。 「ペコっ」っていう感じ。 いや「べこっ」かも。 どっちも似たものか。 マウス利用で回避できるが、本体だけで外出先で利用したい場合は、この恥ずかしさと付き合わないといけない。 すぐ隣でMacでも使われた日には、ジブン専用PC&タブレットU1を使うのを躊躇う。 外出にはマウスは絶対必要だ!、これは忘れてはいけない。 こりゃだめだな、そんな風に感じたあなたは Surface Proがおすすめ。 隙のないパソコンなんだ。 しかも 1キロもいかない重量。 この2つに尽きるよね。 このコスパに勝るものはない。 全く使ってはいないがマイクロソフトのオフィスのモバイル版も入ってる。 衝動買いしても少々なところは目をつむってあげれば後悔はしないはず。 競合する製品がないが、これを買おうか迷った時に検討したのが、同じくらいの費用を出すなら、中古のノートPCでもっといいスペックが買える?という点。 プラス数千円出せれば断然いい中古PCをゲットできる。 でもそれでいいのか?無難な人生か、リスクを顧みない人生か、あなたはどちらを歩む? Windows 7がサポート終了、とりあえずWindows 10パソコンが欲しいならジブン専用PC&タブレットU1を買っておこう!! 2020年1月14日Windows 7のサポートが終了。 だからといってその日を境にパソコンが使えなくなるわけでもない。 困ることになるのは、サポート切れのWindows 7の隠されたセキュリティホールを使ったウィルスなどの存在。 その日に向けて着々と準備を進めているネットの悪党たちがいる(かも)。 あなたのWindows7のパソコンに、名簿とか大事なデータとか、見られたら超恥ずかしい写真とかがあり、それらが流出したり、あなたの写真を使って誰かになりすましたりとか、そういうことが気にならないならそのままでいいかも。 得意なこと、笑顔なんです。 だから笑顔を世界中にばら撒きたい。 いつもニコニコする、 作り笑顔だっていっぱいする。 したいことは、「みんなの心を笑顔にすること」。 いつも笑顔でいるために、心をわくわくで満たそう。 いろんなことにチャレンジしてみよう。 そのためのコンテンツを更新していくよ。

次の

ジブン専用PC&タブレット U1 レビュー【19800円】

ジブン 専用 pc& タブレット u1

6月8日にドンキからWindowsタブレットPCが発売されます。 価格は19800円と激安にも関わらず、タブレットと脱着式キーボードがセットになっています。 しかもメモリ4GBを搭載しているので、Windows10も快適に動くはず。 タッチパネルの感度は価格相応だと思いますが、この値段だったら文句言う人はいないでしょ。 自宅や会社には高スペックのWindowsがあるけど、外出先で使うタブレットPCが欲しい方にオススメです。 3台購入できます。 メモリが4GB• microSDカードは128GBまで増設可能• タブレットだけでなくPCとしても使える• 外部ディスプレイに出力できる メモリが4GB メモリが4GBあるのは、前回の反省に立っていることは間違いない。 昨年の12月にドンキの「MUGA ストイックPC」が登場した時に、メモリ2GBなので買わない方がいいという記事を書きました。 Twitterやメールで、「購入したらメモリ2GBだけど快適です」というご意見 クレーム もいただきましたが、それは最初の2〜3ヶ月だけの話です。 その後どうなったかご連絡はありませんが、間違いなく遅くなっているだろうね。 最近、ドンキから激安Windows PC 「MUGA ストイックPC」が発売されました。 新品で19800円という金額設定のため、ネット上で話題になっていました。 値段だけ見れば安いんだけど、メモリ2GBで増設不可なので、絶対に購入しないことを強くオススメします。 メモリ2GBなんて、ミドルスペックのスマホと一緒やん・・・ Windows10は、立ち上がってブラウザを開いた時点で、2GB近くメモリを占有します。 購入直後はそこそこ快適かもしれませんが、半年も使えばブラウザを立ち上げるだけで激重になることは明らかです。 microSDカードは128GBまで増設可能 microSDカードは128GBまで増設可能です。 内蔵ストレージは32GB eMMCにWindows10とアプリケーションをインストールしておいて、写真やデータはmicroSDに入れることが可能です。 タブレットだけでなくPCとしても使える 脱着式キーボードが付属しているので、タブレットだけでなくPCとしても使えます。 キーボードは文字を入力する用途で、威力を発揮します。 ドンキのリリースによれば、液晶パネルは強化ガラスを使っているので、タッチパネルの感度が向上しているとのこと。 SurfaceやiPad Proに比べたら、感度は悪いと思いますけど、この金額で超快適な体験ができることを期待している人はいないと思いますので。 外部ディスプレイに出力できる microHDMI端子がついていますので、外部ディスプレイに出力できます。 プロジェクターに接続できるのでプレゼンも可能です。 CPU Intel Atom X5-Z8350 Cherry Trail を搭載しています。 まあ価格相応でたいして速くはありませんので、CPUには期待しないでください。 メモリ 何度も言いますが、19800円でメモリ4GBを搭載しているのは素晴らしい。 超快適とは言わないけれど、それなりに快適に使えるはずです。 ストレージ ストレージは32GB eMMCです。 eMMCはSSDほど高速ではありませんが、ハードディスクより高速にデータを処理できます。 SSDとハードディスクの中間くらいの速度だと思ってください。 microSDカードスロット microSDカードスロットは、128GBまで対応しております。 写真や書類などのデータは、microSDに入れるようにすると、快適に使えます。 この点については後述します。 解像度 画面サイズは10. 1インチ。 タブレット・・・257. 2 x 172. キーボード・・・256. 6 x 180. 6 x 9~17. 理由をかんたんに説明します。 Windowsは、OSがインストールされている内部ストレージの容量に、ある程度余裕が無いとOSの動きが遅くなります。 内蔵ストレージとmicroSDを次のように使い分けます。 内蔵ストレージ・・・Windowsやアプリケーション• microSD・・・写真やデータ 内蔵ストレージにはOSとアプリケーションだけを入れて、microSDにデータや写真を入れてください。 このようにセットアップしておけば、2〜3年快適に使えると思いますよ。 外出用のタブレットPCとして使うのならば、32GBもあれば十分だと思うけどね。 microSD 32GB・・・1380円• microSD 64GB・・・2450円• オフィス文書の作成だけでなく、プロジェクターに繋いでプレゼンも可能です。 なので、従業員が数名のスタートアップにオススメです。 3台購入できますからね。 microSD 32GBを購入しても21180円と激安です。 用途にもよりますが、外出先で、ネットが見れて、オフィス文書作成、プロジェクターに繋いでプレゼンの用途なら問題なくSurface Proを代替できます。 メモリ4GBあるので快適ですよ。

次の

ジブン専用PC&タブレットU1のレビュー これ以上コスパいいPCあるんかい

ジブン 専用 pc& タブレット u1

ドンキが販売する税別19,800円の「ジブン専用PC&タブレット3」。 先日の記事「」にて概要を確認してみましたが、さらに詳細について、同じく10. 1インチの2 in 1タブレット、セール時にはジブン専用PC&タブレット3とほぼ同価格となり、私が所有する「Chuwi Hi10 Pro」とカタログスペックをベースに比較してみました。 この比較に基づき、「ジブン専用PC&タブレット3」の性能を確認しています。 実機を確認できればよいのですが、近所のメガドンキでの店頭販売はなし。 カタログスペック上の比較であることをご了承くださいませ。 ジブン専用PC&タブレット3、Chuwi Hi10 Proのスペック比較 「」においても、中国メーカーの2in1タブレットのスペックと比較してみましたが、下表はその詳細版。 ジブン専用PC&タブレット3と、私が所有し海外通販サイトやAmazonで販売しているChuwi Hi10 Proとのスペック比較です。 なお、このChuwi Hi10 Proは2016年8月の発売であり、既に人気絶頂期を過ぎていますが、国内外でのユーザーが多く、レビュー記事や困った場合のユーザー情報が充実しています。 また、海外通販サイトで頻繁にセールを行っていますが、最安の場合にはキーボード付で2万円ちょいとなります。 両者のスペック比較にて、優位にある事項を黄色網掛けしましたが、そのうち気になる事項について以下のとおり補足します。 ライトユースなら十分なCPU、メモリ搭載量 両者ともにCPUはAtom Z8350、メモリは4GBとなります。 低価格ながらも上位のCPUであるApollo Lake N3450と比較するとレスポンスは落ちますが、Z8350にてブログ記事編集・オフィスソフト・Webサイト閲覧を行う範囲での使用感は以下。 N3450と比較すると、Google Chromeのタブの切り替えや画像編集にて多少のモタツキはありますが、十分に実用的な範囲。 乱暴に言えば、Core 2 Duo 3GHzクラスでのWindows 10の使用感に似ています()• メインPCで使用するには、僅かながらのモタツキによりやや無理がありますが、外出先やサブPCとしての使用なら十分です。 実際、私はZ8350よりも下位のCPU搭載機( Atom Z3775)を外出用として使用しています。 また、メモリにおいては上記のライトユースならメモリ不足に陥ることはありません。 私はAndroidとのデュアルOSであるChuwi Hi10 ProのAndroidを削除し、Windows 10のみで64GBを利用しています。 アプリ・保存ファイルの使用量は3GB未満ですが、それでも以下のとおり25GB程度を使用しています。 ストレージ 32GBの場合には残容量7GB。 これではWindows 10のアップデート際に要する一時ファイルの保存はやや厳しいような感覚です。 低めの解像度はいかがなものか 同じ10. 私が10. 必ずしもジブン専用PC&タブレット3に当てはまるものではないのですが、ご参考まで。 サイズ、コンパクトさはジブン専用PC&タブレット3がやや優位か 上の画像はジブン専用PC&タブレット3となりますが、サイズ・コンパクトさはChuwi Hi10 Proよりも僅かに優位。 ジブン専用PC&タブレット3はChuwi Hi10 Proよりも、幅が9. 8mm短く、奥行は6. 6mm長いのですが、幅の約1cmの差は小さいようで大きな差です。 なお、重量においては両者とも1kg超となり、コンパクトなサイズの割にはズッシリ感があります。 これは、タブレット本体とのバランスをとるために、キーボードも重くする必要があり仕方のないことでしょう。 インターフェース、OSは同等 インターフェースにおいては、Chuwi Hi10 Proがmicro USBポートを備えているために優位にも思えますが、両者ともにキーボードにUSB 2. 0を2個備えており、また、本体にはUSB Type-Cがあるため、micro USBポートの有無は大きな問題とはならないでしょう。 また、OSについては、Chuwi Hi10 ProはAndroidとのデュアルOSですが、Android 5. 1と古く、また、個人的な意見ではAndroidの使用機会は多くないため、「デュアルOSだからChuwi Hi10 Proが優位」とはならないでしょう。 実機を操作しないとわからないキーボード 実機を操作しないと評価できないのがキーボード。 によると、「ジブン専用PC&タブレット3の課題はストレージとキーボード」とあり、キーボードでは以下の2つの課題ありとしています。 「ろ」キーだけ最下段の左矢印キー横にある• 丁寧に押し込まないと入力されないことがある 1の「ろ」キーについては、あまり使用頻度が高くないために、他のキーサイズを大きくする意図がある場合には正解かも。 2についてはChuwi Hi10 Proも同様。 Chuwi Hi10 Proでは、強くタイピングすることを意識しないと空打ち(タイピングしても文字が反映しない)となることが多々あります。 なお、では記載がなく、Chuwi Hi10 Proも含め多くの10インチ以上のPCにも当てはまる事例が多いのですが、タイピング中にタッチパッドに触れてしまい誤動作を招くこともあるかと思われます。 私はこの対応のため、13. 3インチクラスのPCでもタッチパッドをオフにして使用しています。 一方のChuwi Hi10 Proは中国メーカーお得意のアルミ製(キーボード底面はプラスチック製)。 質感においてはChuwi Hi10 Proが優位とみています。 まとめ ジブン専用PC&タブレット3とChuwi Hi10 Proの詳細比較から、ジブン専用PC&タブレット3の性能などを紐解いてみました。 CPU、メモリ搭載量が同じであることから、両者にレスポンスの相違はないはず。 海外サイトでChuwi Hi10 Proのセールを行っている場合には、両者の価格差はほとんどないのですが、では記載ジブン専用PC&タブレット3に「キーボードに課題あり」としていること(これはChuwi Hi10 Proも同様)、解像度・質感が異なることからChuwi Hi10 Proが優位とみています。 ジブン専用PC&タブレット3の税込価格は21,384円となり、Hi10 Proとほぼ同価格。 AliExpressもキーボード付ですが、かなりの価格差があります。

次の