柄本明死去。 角替和枝(つのがえかずえ)の経歴や学校!旦那や息子と病気も!

柄本明 報告の真相が泣ける......

柄本明死去

俳優、柄本明(70)の妻で昨年10月27日に原発不明がんのため死去した女優、角替和枝さん(享年64)のお別れの会が30日、東京・北沢タウンホールで行われ、女優、大竹しのぶ(61)、俳優、笹野高史(70)ら親交の深い芸能人や一般ファンら約650人が参列した。 柄本は弔辞で和枝さんへの愛情を吐露。 結婚の経緯について「僕のひと目ぼれ」と明かし、「悲しい、さみしい、不条理…。 それを糧に生きていくと思う」と涙ながらに愛妻に誓った。 柄本夫妻が結婚前から約40年暮らした東京・下北沢。 数年前、自宅近くの喫茶店で友人の写真家、浅井慎平氏(81)が撮影した柔和に微笑む遺影の前に、柄本は長男の佑(32)と次男の時生(29)と一緒に立った。 「和枝ちゃん…」と優しく呼びかけると、「とにかく残念です」と喪失感を吐露した。 1980年に結婚した夫妻は劇団・東京乾電池の先輩と後輩。 当時座長だった柄本は出会いについて「僕のひと目ぼれでした」と明かすと涙があふれ、「正直の上にバカがつくくらい(バカ正直で)、天然でいい人でした」と声を震わせた。 結婚前から毎朝、一緒に近所の喫茶店に行くのが日課で、長いときは約2時間、演技の話などで盛り上がった。 幸せだった日々をかみしめながら「もう和枝ちゃんと、喫茶店に行けないんです」とポツリ。 和枝さんとの間にもうけた佑と時生、長女(35)について「3人ともとても思いやりのある良い子です」と訴えると、最後は「悲しい、さみしい、不条理…。 それを糧に生きていくと思う」と涙に暮れた。

次の

柄本明が死亡?死因は病気(ガン)?家系図とバカ殿様の芸者コントでプリン【画像】

柄本明死去

角替(つのがえ)という苗字は非常に珍しいと思いますが ご本名のようです。 高校は、 (静岡県 富士市 今泉2160番地・偏差値50-53) 高校卒業後後、お芝居の世界に入っていきます。 劇団東京ザットマンの立ち上げに参加し、芝居を始めた後、 つかこうへい事務所に所属し、現在の東京乾電池に所属。 名脇役として知られ、『コメディー道中でござる』等 知名度のある女優さんでした。 結婚したのは26歳の時。 所属する 東京乾電池の座長、 柄本明(えもとあきら)さんと結婚。 引用:タレントデータバンク 引用: 子供も3人います。 (娘・息子2人) 長女は、芸能界にはいますが、 裏方の仕事をしているようです。 名前はかのこさんとおっしゃるようで、 舞台の裏方(映画関係の会社員?)をしており、 三池崇史さんの現場で主にお仕事をされているとか。 (年齢は32歳以上) 長男・次男は共に俳優。 兄弟は、3歳の年齢差がありますが、 デビューは共に2003年~。 兄、柄本佑さんは、母のマネージャーからの誘いで、 弟、柄本時生さんは、兄の代わりに受けたオーディション合格が 芸能界デビューだったようです。 引用: こうして並ぶと、父親の柄本明さんにそっくりですね。 柄本時生さんは、役柄の兼ね合いなどもあってか、 髭を伸ばしたり、長髪・眼鏡などで ワイルドなイメージもありますが、 引用:YouTube こざっぱりした短髪姿にすると、 双子なの? とデビュー間もない時は、よく言われていたようです。 引用: 2人の違いは、鼻の形と眉毛ですかね。 引用: 母親の角替和枝さんが入ると、なぜか すごくしっくりくるような気がします。 柄本佑さん25歳、安藤サクラさん26歳の時に 結婚しています。 安藤さくらさんの方が1歳年上ですね。 安藤サクラさんの著名な家族の中に、 犬養毅(いぬかいつよし)が含まれますが 引用: あの方でしたか… 最近お見かけしないなと思ってました。 様々な役柄ができる実力派の女優さんでしたよね。 そんなに辛い状況であったのにご家族や安藤サクラさんも表には出さずに芸能活動を行なっていたのですね。 ご冥福をお祈りします。 非常に豪華で才能豊かな 柄本明&角替和枝ファミリーと 奥田瑛二&安藤和津ファミリー。 角替和枝さんの闘病は、伏せられていたようで、 病状を知っている人は少なかったようです。 角替和枝さんの本人の意向と 家族の考えがあったのでしょう。 葬儀も家族だけの密葬を予定しているようです。 いくら著名な芸能人であっても、 家族葬えお密葬で行って、 後日、お別れ会として葬儀・告別式を 行うことが多いようです。 角替和枝さんの場合も、 後日お別れ会が予定されると思いますが、 芸能一家を束ねたまとめ役の角替和枝さん。 夫の柄本明さんや家族からは、.

次の

「この仕事やってなかったら何してますか?」志村けんさんの答えに、柄本明驚き「尋常じゃないなと」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

柄本明死去

来歴・人物 [ ] 父親は、の小学生時代の親友であった。 母方の祖父は東京・銀座で(芸妓斡旋業)を経営していた。 生家がの裏手にあったこと、映画や演劇好きの両親・家族に囲まれて幼少期を過ごしたことが、俳優を志すきっかけとなる。 工業高校卒業後、に就職。 だが、俳優に憧れ、が主宰する劇団「マールイ」の演劇教室の生徒となり、同じ教室にいたと知り合う。 の大道具のアルバイトをしていた。 当時の同僚に、、などがいた。 うちに、にへ参加、俳優として起用されるようになった(、などが当時在籍)ものの、の作風に肌があわず、退団し、同年に自由劇場時代に知り合った、・と共にを結成する。 その後、やはり自由劇場時代に知り合った、、らが入団。 1976年4月 - 3月頃までベンガル・綾田と『』のお兄さんを務めたことがある。 特異な容貌と独特の存在感で、テレビや映画等にも出演するようになる。 24歳からはに引越し、のにも出演、でも活動した。 そうした縁もあり下北沢の再開発に反対する住民運動のにも招かれている。 、『』で第23回報知映画賞主演男優賞や最優秀主演男優賞などを受賞。 、『』などで第58回男優助演賞を受賞。 、受賞。 、映画『』では監督を務めている。 これ以降監督作は無く、「もう二度とやりません」と語っている。 、NHK大河ドラマ『』で次男・と親子共演を果たした。 『』でゲストとして呼ばれたときには、役の格好のままで登場。 その姿で東京乾電池30年の歴史などを語った。 シリアスな演技だけではなく、笑いを呼ぶ演技も得意とする。 『』や『』などにおけるとのコントについて本人は「コントは志村さんとしかやらない」と明言している。 コントでは、柄本が強烈な個性を持つボケ役を演じ(婚期を逃した四十路女性、挙動不審なサラリーマン、年増の芸者など)、志村がに徹する形で笑いを誘発するパターンが一貫して取られている。 2010年代になると刑事や寺の住職など癖のある初老の男性を演じるようになった。 当初は面識のない志村から突然オファーを受けた上、台本には冒頭の設定しか書かれておらず、「腕試しされているようで怖かった」と語っている。 一方で志村は「笑いとかやるには得な顔」という理由で、直感的に柄本にオファーを出したと明かしている。 とは自由劇場時代からの30年来の親友で、両者とも『シリーズ』、『シリーズ』で何度も共演しており、どちらかがバラエティに出演した際、互いの愚痴をこぼし合う仲である。 芸能関係者とプライベートの交流をほとんど持とうとしなかったと親交の深かった数少ない芸能人である。 を加えた3人で連れ立って芝居を見に行ったり、バーに飲みに行くこともあったという。 6月、を受章。 2012年1月には下北沢ザ・スズナリにて、35周年記念公演、『』に出演。 2013年8月、NHKの番組『』収録のためにスタッフとともにの劇団を訪れていたところ、強盗事件に巻き込まれた。 強盗団は銃で威嚇しながら放送機材などを奪って逃走したが、柄本や番組スタッフらに怪我はなかった。 2019年11月、を受章。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (日本テレビ)• 第16話「裏切りの遊戯」(1980年) - 爆弾製造犯• 最終話「ダウンタウン・ブルース」(1980年) - 珈琲ショップマスター・柄本• (1980年、) - 文彦• (1981年、TBS)• (1981年、TBS) - 徳川康家• (1983年、TBS) - ヤス• (TBS)• 聖母モモ子の受難(1983年)• スキャンダル黙示録(1985年)• あとは寝るだけ(1983年)• (1984年、TBS) - 小松右京• (1984年、NHK) - 佐々木金助• (1986年、TBS・) - 小中市太郎• ふたたび(1987年、TBS・KANOX) - 梶原昇• (1988年、フジテレビ) - 四万雄一• 京都サスペンス あじさい色のレディ(1988年、・)• (1989年、フジテレビ)• 第1シリーズ 第3話「蛇の眼」 - 小野十蔵• 第1シリーズ 第4話「血頭の丹兵衛」 - 小野十蔵• 第1シリーズ 第6話「むっつり十蔵」 - 小野十蔵• 第5シリーズ 第9話「盗賊人相書き」 - 石田竹仙• 第12話(1990年)• (1990年、TBS) - 大田原輝• 「」(1990年、日本テレビ) - 竹中公平• III(1991年、TBS) - 門脇幹一• 「我が家はどこだ」(1991年、) - 川崎進助• (1991年、フジテレビ) - 東洲斎• (1991年) -• (1995年) -• (1999年) -• (2006年) -• (2018年) - 龍佐民• (テレビ東京)• (1992年) -• (1995年) -• (1997年) -• (2002年) -• (2004年) -• (2006年) -• (2012年) -• (1992年)• (1993年) - 渋谷直正• (1993年) - 隣りの源さん• (1993年) - 菅野正一• (1994年) -• (1994年) - 福井康明• せつない春(1995年)• 今夜もテレビで眠れない(1995年)• (1995年) - 田島善造• 夏の一族(1995年) - 黒沼元造• 大往生(1996年)• モモ子シリーズ『最後の審判』(1997年)• (1998年) - 水嶋欽一• 退職刑事の事件帳6 阿寒・釧路湿原追跡旅行(1998年) - 平石俊久• (1999年) - 佐竹光義• 浅草・花岡写真館(2000年)• 「刑法第三十九条 フラッシュ・バック」(2001年2月、テレビ東京) - 天宮如彦• (2001年) -• 第10話「1分間700円」(2002年) - 神父• (2003年) - 横山又助• (2003年) - 松本春綱• (2003年) - 山岡• (2005年)• ぶるうかなりや(2005年) - 坂部重彦• (2005年) - 中山耕太郎• (2006年) - 宮内徳次郎• (2006年、テレビ朝日系) - 語り、渥美侘助• (2007年) - 北岡耕造• (2007年) -• (2007年 - 2008年) - 徳松• (2008年) - 戸神政行• (2008年) - 高野元洋• 法廷サスペンスSP 3 『量刑』(2009年5月25日、TBS) - 裁判所所長・一ノ宮環• (2009年) - ミスター匠• (2009年 - 2011年) -• (2010年9月25日・26日、WOWOW) - 吉崎弁護士• (2010年10月 - 12月、テレビ東京) - 深堀圭造• 第8話、最終話(2010年、日本テレビ) - 藤丘 柄本時生 の父親• シリーズ4〜正義の代償〜 第4話(2011年5月2日、TBS) - 福村勝治巡査長• 第5話(2011年5月19日、テレビ朝日) - 鷹山• (2011年7月7日 - 9月15日、フジテレビ) - 深見達彦• (2011年10月 - 12月、フジテレビ) - 大岩省吾• (2011年12月23日、TBS) - 中台寛治• (2012年1月、) - 宗光彦• (2012年1月 - 3月、TBS) - 小平正良• 特別ドキュメンタリードラマ『』(2012年3月6日、NTV) - 武内宏之• 第二夜「」(2012年5月14日、TBS) - 織口邦男• (2012年11月9日、フジテレビ) - 白河福太郎• (2013年1月3日、) - 庄兵衛• (2013年8月4日、テレビ朝日) - 寺田和成• 日本・ベトナム国交樹立40周年スペシャルドラマ「」(2013年9月29日、TBS) -• 労働基準監督官(2013年12月4日-11日、日本テレビ) - 飯野(御子柴) 慎司• (2014年1月2日、TBS) - 太田刑事• (2014年1月 - 3月、日本テレビ) - 越前憲正• (2014年1月18日・25日、NHK) -• 最終話(2014年6月5日、テレビ朝日) - 小田島克也• (2014年7月 - 9月、TBS) - 鮫島秀顕• (2014年12月6日、テレビ朝日) - 寺島吉太郎• (2015年1月 - 2月、NHK BSプレミアム) - 時田• アイアングランマ2(2018年6月 - 7月)• (2015年2月11日、14日、15日、テレビ東京) - 景浦介山 現代編)• (2015年3月16日、TBS) - 主演・猪狩文助• 2 ビート」(2015年8月26日、テレビ東京) - 島崎洋平• (2015年9月11日、フジテレビ) - 鎌屋辰蔵• 第2話(2015年10月30日、テレビ東京) - 阿久津熊吉• 「大江戸炎上」(2016年1月3日、NHK BSプレミアム)ドラマ部分 -• 第1話「ムーンストーン」(2016年1月4日、フジテレビ) - 夫の弁護士 役• (2016年1月18日 - 3月21日、フジテレビ) - 林田雅彦• (2016年2月 - 3月、) - 石原壮一• (2016年4月20日、テレビ東京) - 秋月浩司• (2016年10月2日、テレビ朝日) - 宮田達之• (2017年1月21日 - 3月25日、NHK) - スファル 役• (2017年1月15日 - 3月19日、TBS) - 壇上虎之助• (2017年1月 - 3月、ほか) - 「猫見屋」の店主 役• 水曜ミステリー9「2 新宿・荒木町コールドケース」(2017年1月25日、テレビ東京) - 加納良一• (2017年1月 -3月、テレビ東京) - 蔵前仁• (2017年4月 - 6月、日本テレビ) - 鶴丸十四文• (2017年7月 - 9月、テレビ東京) - 下北沢の自転車の男• 第5シリーズ 第1話(2018年7月12日、テレビ朝日) - 園田蓮• (2018年7月 - 9月、フジテレビ) - 司賀明 役• シリーズ(2018年- テレビ朝日) - 役• Season17 1「ボディ」、 2「ボディ〜二重の罠」• Season18 2「アレスの進撃〜最終決戦」• (2019年3月28日、フジテレビ) - 本浦千代吉 役• (2019年、TBS) - 園川務 役• (2019年9月8日 - 9月29日、NHK BSプレミアム) - 唐沢 役• (2020年1月6日 - 、フジテレビ) - 加賀美聡介 役• 信州発 (2020年3月4日、NHK BSプレミアム) - 田村郁男 役• (2020年4月 - 、TBS) - 箕部啓治 役• (2020年、)- 清水崑 役 映画 [ ]• 赤塚不二夫のギャグ・ポルノ 気分を出してもう一度(1979年) - 畑山大五郎• (1979年6月25日) - 助教授・山田一郎• ジレンマン 色情狂い(1979年) - 岩田勘太郎• (1980年) - 加藤健二• (1981年) - ナレーター• (1981年) - 黒木刑事• (1982年) - 石塚• (1982年) - 近藤• (1989年) - 坂口兵馬• (1982年) - 秋谷茂一• 次郎長青春篇 つっぱり清水港(1982年) - 佐藤数馬• (1983年) - 旅の呉服屋• (1983年) - 山崎徹• 化粧(1984年) - 蔦野菊雄• (1984年) - 紺野• (1985年) - 桃中軒牛右衛門• (1985年) - 丸山博文• (1985年) - 神代• 祝辞(1985年) - 東田泰平• (1986年) - 佐伯監督• 青春かけおち篇(1987年) - 松田• (1987年) - 大黒• 女咲かせます(1987年) - ラーメン屋の王さん• さらば愛しき人よ(1987年) - 加 東昭司• 天使のはらわた 赤い眩暈(1988年) - 暴力団の男• (1988年) - 雨宮晋一• (1988年) - 呂志敏• (1988年) - 蜂矢圭介• (1989年) - 前尾源次郎• (1989年) - 陸軍少佐• 第3話「新しさについていけない」(1989年) - 寄貝やすし• バトルヒーター(1989年) - 浜利一• (1989年) - 寺本商店• (1989年) - 社員• (1990年) - 長山• (1990年) - 友利教諭• マリアの胃袋(1990年) - 江島東洋男• (1991年) - 長谷部義治• ラスト・フランケンシュタイン(1991年) - 三枝二郎• (1991年) - 寺山大吉• (1991年) -• (1992年) - 穴山冬吉• (1992年) - 大川真実• (1992年) - 高倉俊男• あひるのうたがきこえてくるよ。 (1993年) - 梶良介• (1993年) - 大場建造• (1994年) - 長友• (1994年12月10日) - 結城晃• (2016年7月29日) - 東竜太• (1995年) - 喜大• (1996年) - 三輪徹• (1996年) - 湯川省平• (1996年) - 斉藤課長• truth(1997年) - 沢田雄太郎• (1997年) - 高崎保• (1997年) - 橘警視• (1997年) - 関谷善彦• (1997年) - 安西宗一郎• (1998年) - 伊藤常夫• 麗猫伝説 劇場版(1998年) - 志村良平• (1999年) - 君塚長太郎• (1999年) - 中島慎太郎• (2000年) - 出前赤坂晃小滝• (2000年) - 赤城幸造• (2000年) - 造形作家• (2000年) - 神主• 物語・神戸篇 サイナラ(2000年)• 漂流街 THE HAZARD CITY(2000年) - 桑田• (2000年) - 曽我真太郎• (2001年) - 温泉宿の親父• (2001年) - 戸塚• (2001年) - オカマバーのママ• (2001年) -• (2001年) - 松原• (2002年) - 内山洋• (2002年) - 坂口• (2002年) - 古澤常男• (2003年) -• (2003年) - 花園修造• (2003年) - 居酒屋の的屋の主人• (2003年) - カネシロシゲハル• (2003年) - 村上• (2003年) - 鳥越弘• (2004年) - 黒田寿夫• 油断大敵(2004年) - 猫田定吉• (2004年) - うどん屋店主• ふくろう(2003年) - ダム男B• (2004年) - 鍋島浩次• (2004年) - カニ男• (2004年) - 朽木泰三• (2004年) - 田崎秀二郎• (2004年) - 片倉義文• 月とチェリー(2004年) - 阪本• (2005年) - 藤間智晴• (2005年) - 大塚雄之助• (2005年) - 牛舎の農夫• (2005年) - 津田誠吾• (2005年) - 磯谷主計• (2005年) - 薮田刑事• (2006年) - 川尻恒造• (2006年) - 橘昭夫• (2006年) - 福原教授• (2006年) - 大島陽介• (2006年) -• スターフィッシュホテル(2007年) - ウサギ男• (2007年) - 蝿男• (2007年) - 笹塚の診療所の医者• (2007年) - 菊名久• (2008年) - 喜多八• (2007年) - 美馬坂幸四郎• (2008年) - 医者(王様)• (2008年) - 不動産屋主人• タカダワタル的ゼロ(2008年、ドキュメンタリー)• (2008年) - ジャーナリスト• (2008年) - 安田邦正• (2008年) - 真田正治郎• (2008年) - フリースクールの校長• (2008年) -• (2008年) - 校長• (2008年) - 参事官• (2008年) - 市川義夫• (2008年) - 長兵衛• (2008年11月15日) - 斉藤直輔• (2008年)• (2009年) - タツ• (2009年) - 大将• (2009年) - 長島貞士(花嫁の父)• (2009年) - 正太郎• (2010年) - 保土ヶ谷康志• (2010年) - 永井宗庵• (2010年) - 中井道男• (2010年) - 大川松男• (2010年) - 菊ちゃん• (2010年) - 石橋佳男• (2010年) - 柳町宗一• (2010年) -• (2010年) - 榎戸角之進• (2010年) - ホームレス• (2010年、監督)• (2011年) - 濡れた男• (2011年) - ウスタケ忍者長老• (2011年) - 森川勇吉• (2011年) - 貫田誠太郎• (2011年) - 悪ノ宮博士• 天使突抜六丁目(2011年) - 杉本• (2011年) - 井上正志• (2011年) -• (2012年) - 大法廷・裁判長• (2012年) - 森川修造• (2012年) - 野瀬清治郎• ばななとグローブとジンベイザメ(2013年) - 大原文雄• (2013年) - アレチ• (2013年) - カマキリ• (2013年9月13日) - 馬場金吾• (2013年10月5日) - 森本新太郎• (2013年12月7日) -• 2014年3月21日) - 貫田誠太郎• (2014年5月10日• (2014年5月24日) - 富田林• (2014年7月26日) - 柳田龍三• 風邪(ふうじゃ)(2014年9月27日) - 一ノ瀬迅• (2014年11月8日) - 佐々木健• (2015年3月7日) - 白石健彦• (2015年3月28日) - 双竜法師• (2015年4月17日) - 宗二郎おじいちゃん• (2015年9月12日) - 室伏周吉• (2015年10月1日) - 星谷• ベトナムの風に吹かれて(2015年10月17日) - 佐生雄一郎• (2016年1月9日) - 武田善三• (2016年4月9日) - 田村治• (2016年7月29日) - 東竜太• (2016年8月27日)• (2017年1月28日、)• (2017年2月11日) - 佐々木重臣• (2017年5月20日) - 「猫見屋」の店主• (2017年6月3日) - 光邑雪峯• (2018年1月13日) - 会田• (2018年2月10日) - 本多正 役• (2018年6月8日) - 川戸頼次 役• (2018年6月15日)- 野村征治 役• (2018年10月26日) - 宮川 役• (2019年10月18日)- 藤木五郎 役• 星屑の町(2019年)- 久間部六造 役• くらやみ祭の小川さん(2019年)- 徳永勘三郎 役• (2019年)- 末武利治 役• 駅までの道をおしえて(2019年)- 動物病院院長 役• ある船頭の話(2019年)- トイチ 役• 居眠り磐言(2019年)- 有楽斎 役• 一粒の麦 荻野吟子の生涯(2019年)- 中村市五郎 役• (2020年2月21日東北4県先行上映、3月6日全国公開、) - 久間部六造 役• (2020年5月22日公開予定だったが、の影響で延期。 公開日は未定 ) - 丸十店主 役• 一度も撃ってません(2020年)• のさりの島(2020年)• UMAMI(2021年) 舞台 [ ]• (2010年)• (2011年)• (2015年) - 天馬博士• とりあえず、お父さん(2015年12月、) - フィリップ テレビアニメ [ ]• (2012年4月1日 - 2017年3月26日、テレビ東京) - 語り手• ふるさとめぐり 日本の昔ばなし(2017年4月2日 - 2018年3月25日、テレビ東京) - 語り手• ふるさと 日本の昔ばなし セレクション(2018年4月8日 - 2019年9月29日、テレビ東京) - 語り手 劇場アニメ [ ]• (2010年) - ドクモ• (2012年) - クーボー博士• (2017年) - カイの祖父 ラジオ [ ]• (2009年12月24日、) ラジオドラマ [ ]• (1993年3月15日、) - 峠草平 ドキュメンタリー [ ]• 第3集 腰痛〜それは二足歩行の宿命か? (朝日放送)- レギュラー• たいむかぷせる(TBS) - レギュラー出演• (フジテレビ) - 常連ゲスト• (フジテレビ) - 常連ゲスト• 作法の極意(NHK) - レギュラー出演 CM [ ]• B15後期型・登場時「お迎え」篇(1995年9月 - 1998年9月)• キンチョール(1981年 - 1982年)• 「不器用な男」篇(2000年2月)• 「禅問答」篇(2006年)• 「柄本家、話し合う」篇 2012年)• 「犬のジョン」シリーズ 「引越し」篇、「先輩」篇(2014年)• 「やる、しかない。 」シリーズ(2017年) 著書 [ ]• 必ず試験に出る柄本明(1981年12月、出版、)• 柄本明「絶望」の授業 - 〈別冊〉(2003年10月、、)• 東京の俳優(2008年6月、、による聞き書き自伝、) 音楽作品 [ ] アルバム• その人はなぜ• わたしのボサノバ• サラリーマンはいつでもOK• 池袋悲恋• トンヤレ・サラリーマン• 悲しいほど普通 脚注 [ ] []• 2007年11月8日. の2007年11月9日時点におけるアーカイブ。 2014年7月24日閲覧。 『』2017年7月25日号、、 [ ]。 ニュースサイトしらべぇ. 2019年9月16日. 2020年7月12日閲覧。 『』2011年1月18・25日号、主婦と生活社、 [ ]。 2011年6月15日. 2014年7月24日閲覧。 2013年8月15日. の2013年8月15日時点におけるアーカイブ。 2014年7月24日閲覧。 日本経済新聞. 2019年11月3日. 2019年11月3日閲覧。 『官報』号外第151号、2019年11月3日• NHKドラマトピックス. NHK 2018年2月14日. 2018年2月14日閲覧。 とれたてフジテレビ 2015年11月25日. 2015年11月25日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年4月27日. 2016年4月27日閲覧。 NHKドラマ. 2016年4月8日. 2016年4月9日閲覧。 映画ナタリー. 2016年12月8日. 2016年12月8日閲覧。 マイナビニュース. マイナビ 2019年2月24日. 2019年3月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年3月20日閲覧。 2016年4月14日. 2016年4月16日閲覧。 2016年9月7日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年2月23日. 2015年2月23日閲覧。 com. 2015年7月9日閲覧。 com 2015年3月18日. 2015年3月18日閲覧。 2016年4月14日. 2016年4月16日閲覧。 ワイズ出版. 2017年12月30日閲覧。 JIJI. COM. 2017年2月12日. の2017年2月12日時点におけるアーカイブ。 2017年12月30日閲覧。 映画ナタリー. 2016年12月19日. 2016年12月19日閲覧。 CINRA. NET. 2017年7月7日. 2018年1月16日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2017年10月16日. 2018年2月13日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年5月16日. 2018年5月16日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド 映画部 2018年11月23日. 2019年9月10日閲覧。 com. 2020年4月7日. 2020年5月22日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2019年11月28日. 2020年2月8日閲覧。 - (英語)• シアターガイド 2015年9月15日. 2015年9月16日閲覧。 ツイート. より 2020年7月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - 所属事務所ノックアウト• - (英語)• インタビュー [ ]•

次の