【伏水酒蔵小路】伏見の日本酒と嗜好を凝らした料理が一度に楽しめる屋台村|NEOPOSI

しょうもないことを『下らない』と言いますが、この下らないの語源も実は伏見のお酒だと言われています。

Next

伏水酒蔵小路

もし、お酒が売れないからと酒米が作られなくなり、いったん減反(田んぼをなくす)してしまうと、もう一度酒米をつくる土を育てるのに20年間の時間がかかるといいます。

【伏水酒蔵小路】伏見の日本酒と嗜好を凝らした料理が一度に楽しめる屋台村|NEOPOSI

「読売新聞」株式会社読売新聞大阪本社(2020. お酒や料理を楽しんだ後にぴったりの一品で、鶏がらのコラーゲンがたっぷり入っているのも嬉しいところです。 最後はゲソ焼きを注文。 ただしお客さん側は別の店だということをあまり意識する必要はありません。

Next

伏水酒蔵小路|【京都市公式】京都観光Navi

利き酒用のお猪口だとすりきり一杯で1勺(18ml)というサイズが多いそうなので、たぶんそれくらいだと思います。 『伏水酒蔵小路』の店内の様子 店内に入ると長いカウンターとたくさんの日本酒が並んでおり、昼間っからたくさんの人がお酒を飲みに来ています。

Next

京都府伏見で大人気の屋台村「伏水酒蔵小路」に行ってきました!

こちらも日本酒好きなら良いかもしれません。 常時50以上の銘柄を1杯30mlから飲むことができます。

【京都・伏見】利き酒17杯を1700円で楽しめる『伏水酒蔵小路』!日本酒好きにオススメ!

素晴らしい! そしてカウンターには『予約席』の札がチラホラ。 まずはこの店の一押しメニュー「イタリアン焼鉄」をいただくことに。 (実際には火鳥羽伏見の戦いで焼失後に再建されたものだそうです。

Next