誰かタイトル教えろください【夏油傑】【呪術廻戦】

タイプ別:• 性格悪い俺が言うのもなんだが、マジでこいつ見る目無さすぎ。 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 夏油傑, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,• 」 シャワーを置いてボディーソープを手に取った夏油の手が肩を撫で ゆっくり丁寧に焦らすように腕から手のひらまで洗われていく くすぐったいようないじらしい感覚に声を押し殺して耐える 「どうかしたかい?」 「なんでも…ないょ」 「そう?」と手が腹部に回ってきてゆっくりと胸まであがってくると耳元に吐息が聞こえる 「私の手で感じてくれてるのかと思ったんだけどね。 」 そう耳元で囁かれたかと思えば 肩と首の付け根の辺りに夏油の唇の感触がして なんとも言えない声をあげて身をよじる 「ふふっ お楽しみは綺麗になってから…ね?」 程よい温度のお湯が体を伝って落ちてゆく 「熱くないかい?」 「ぅん。

誰かタイトル教えろください【夏油傑】【呪術廻戦】

夏油傑 私を外の世界へと触れるきっかけをくれたお兄ちゃん 夜蛾先生に悟お兄ちゃんに硝子お姉ちゃん みんな大好きだけど 傑お兄ちゃんはみんなと違う好き 四歳にしてはおませちゃんだと言われるだろうが あの公園での出会いから 私は傑お兄ちゃんのことが大好きである 今日は傑お兄ちゃんと悟お兄ちゃんが運動場で組手をしている 私はまだ実技はだめと夜蛾先生から言われているので 二人の動きを幼いながらにも見て勉強している 悟お兄ちゃんは手足は長いからそれに対して柔軟に動く傑お兄ちゃんの動きは惚れ惚れする 筋肉の使い方が凄く勉強になる 傑お兄ちゃんの隣は悟お兄ちゃんの席だけど おっきくなって呪術師として、傑お兄ちゃんの隣で一緒に戦いたい 実は夜蛾先生に内緒で自主練習を始めている 四歳の小さい身体ではできることは限られているけどね だって私と傑お兄ちゃんの歳 離れすぎてるから… 私が追いつくころには 傑お兄ちゃんはもっと強くなってるだろうし… 早く傑お兄ちゃんみたいに大人になりたいな 「悟、参った!休憩」 傑お兄ちゃんの声が聞こえてはっとした私は急いで飲み物を二人に渡した 「 由奈気がきくじゃん。 」 「悟よりはましな性格だと思うけどな?」 傑お兄ちゃんは汗をタオルで拭いた後、悟お兄ちゃんの顔へとほり投げた 「そんなこと言う悟お兄ちゃん嫌い。

Next

誰かタイトル教えろください【夏油傑】【呪術廻戦】

急にどうしたんだい?」 「私の勝手な思い込みかもしれないんだけどね…傑お兄ちゃん呪霊を取り込んだ後、すごく辛そうな表情してるからね。

「夏油傑」タグ関連作品

ーーー 夏油に腕を掴まれ歩く チラリを顔色を伺えば 真顔 不機嫌なのがよく分かる 「あの…すぐる?」 「どうかした?」 優しい口調だけど顔が笑ってない 「え、あいやその…私何かしたのなら謝りたいなぁと…」 「うん、後でいいよ」 「あー、はい。 」 「ひゃぁ」 見計らったかのように固くなりつつある胸の先端をなぞられ情けない声が出る 「あぁ、キミはそうやって無自覚で私を煽る。

Next

呪術廻戦

由奈はよくみてくれてるね。

呪霊母神

ありがとう!私は嬉しいよ!」 由奈はまだ四歳なのに周りをよく見ている 悟達ですら気づいてないのに… 由奈は優しい子に育ってくれて、私は嬉しいよ 「喜んでくれてよかった!!」 傑お兄ちゃんが苦しんでいる姿は見たくないからね 髪が乾き、傑お兄ちゃんと布団の中に入った 「ちゃんと聞いてなかったけど、 由奈は呪術師になるつもりなのかい?呪術師の世界は命懸けだからね…私は 由奈にあまりこちらの世界に入って欲しくないな。 」 「はい出来た。

Next