2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡。 2020年3月20日人類滅亡説|神代ネム@note毎日更新|note

2020年3月20日(今日)人類滅亡って聞いてたから全財産使ってしまった結果・・・・・・

2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡

Contents• 2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘? 実は、人類滅亡と言われた日は、過去にも何度かあります。 もう20年以上も前になるんですね。 不安にさせるだけさせておいて、 結局何事もなく、時は過ぎていきました。 そしてその日が 「人類滅亡の日」ではないかという予測がされていた マヤ文明で使用されていたマヤ暦では、 5125年を1サイクルとして考えていて、 その1つのサイクルが終わる日が 2012年12月21日だったわけですね。 ですが、この日も、 普通に過ぎていきました。 2020年3月20日に人類滅亡するの? 最初は、2012年12月21日と言っていたけど計算し直して、明日が本当の人類滅亡の日になったようですけど。 結局、何も起こらず、また修正して、新たな滅亡説が出てくるんだろうなぁ。 再調査をした科学者らによって、 2012年12月21日は、間違っていて、正しい日は、 2020年3月20日だと導きだしたのです。 (余計なことを(怒)) この結論(2019年12月21日)に疑問を持ったフランスの科学者などが再調査をしたところ、 マヤ暦の終わりの日の換算の仕方が間違っていて、 2020年3月20日が本当の滅亡の日だという結果が導き出されたのです。 しかも恐ろしいのが、 この終わりの日が、マヤから遠く離れたインドのスーリヤ寺院に保存されたインド暦の終わりとも一致する ということで、今回の予言こそ何か起きるのではといわれています。 そもそも、この人類滅亡の日に、何が起きるのかというと、 オリオン座のベテルギウスの超新星 大爆発が起き、ガンマ線バーストの影響でオゾン層が破壊され、そこから放射線が地上に入り込み、その放射線の影響と気温の激しい上昇により、 この日に地球上の生物は焼き尽くされすべて灰となり滅亡する、といわれています。 2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘?デマ?コロナウイルスとマヤ暦は関係ある? この3月20日に起こることを見ると、かなり恐ろしいわけなんですが、Twitter上では、「コロナウイルスがそうじゃないの?」や、「嘘!デマ!」だという声、が多く見られます。 確かに、 新型コロナウイルスが大流行してしまい、そうなのかもと思わざるを得ない状況ですが、そうだとしたら、 人類滅亡はありえないですよね。 そもそも、この人類滅亡の予言は、 オリオン座のベテルギウスの超新星の大爆発で起こるものとされているので、新型コロナウイルスと結び付けたい気持ちは分かりますが、関係ありません。 2020年3月20日人類滅亡と100日後に死ぬワニのラスト そして、偶然なのか必然なのか、 と重なってるんですね・・・。 【朗報】2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘?コロナウイルスとマヤ暦は関係ある?まとめ ここで、 朗報があります!こんな記事を見つけちゃいました! オリオン座の肩の位置にある 巨星ベテルギウスに死が迫っているという心配は、どうやらとりこし苦労だった。 2019年10月から急激に暗くなり、 超新星爆発が危惧されていたが、しばらく爆発の恐れはなさそうだ。 最新の観測結果は、ベテルギウスが以前の明るさを取り戻しつつあることを示している。 観測チームは2月22日付けでオンライン学術誌「アストロノマーズ・テレグラム」に、「明らかにベテルギウスの減光は止まっていて、徐々に明るくなりはじめている」とする速報を出した。 引用: National Geographic Inc. しばらく 爆発の恐れはなさそうとのことです!(ほっ) 人類滅亡と今まで、何度か言われてきたけど、何も起こらず今があるので、嘘であることを願います。 滅びるなんて、きっと嘘です。

次の

「2020年3月20日人類滅亡説」ってマジで言ってんすか?

2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡

インド暦の終わり インドの コナーラク( 「太陽のあるところ」を意味する)にある スーリヤ寺院。 この寺院はヒンドゥー教の太陽神スーリヤを祀る寺院であり、1984年にユネスコの世界遺産に登録されています。 実はここに、 「2020年に人類が滅亡する」という戦慄の予言が残されているのです! スーリヤ寺院に伝わるインド暦には、 2020年3月20日より後の日付がありません。 その理由について現地では 「 破壊神カルキが、ひとつの時代を終わらせるため」と囁かれているそうです。 破壊神カルキとは? カルキとは、カリ(暗黒)を破壊するもの、という意味だそうです。 少し話が脱線しますが・・・ ヒンドゥー教の三大神 梵天(ブラフマー神) 那羅延天(ビシュヌ神) 大自在天(シヴァ神) 以上の三神は三位一体、本質的に同一であり、ヒンドゥー教の最高神です。 ヒンドゥー教徒は、 梵天(ブラフマー神)が世界を創造し、 那羅延天(ビシュヌ神)が 世界を維持していると考えております。 ビシュヌ神は、世に不正がはびこる、暗黒時代(カリ・ユガ)の終わりに、汚れた世界を破壊するために 第十の化身「カルキ」として現れるとされています。 ちなみに以下はビシュヌの化身です。 1、魚 2、亀 3、猪 4、ナラシンハ 5、小人 6、パラシュ・ラーマ 7、ラーマ 8、クリシュナ 9、仏陀 10、カルキ それでも・・・ 那羅延天(ビシュヌ神)が世界を維持しきれなくなった時は・・・ 大自在天(シヴァ神)が世界を破壊しつくし、再生すると言われています。 計算違いだったマヤ暦の終わり 続いてマヤ暦の方を見て行きましょう。 2012年に世間を騒がせたマヤの予言を発端とする 人類滅亡説。 この説は、マヤ文明で用いられていた長期暦が 2012年の12月21日から12月23日頃に終わりを迎える・・・・ということで連想された説でしたが、 結局・・・予定の日を過ぎても何も起こらず、大外れ。 しかし、その後になってマヤ暦を西暦に換算する際、 「うるう年」を考慮に入れていなかったりなど諸々の 計算ミスがあり、その誤差を修正すると・・・ 本当は 「2020年3月20日」に終わるのが正しいとする説が発表されました。 つまり、 インド暦とマヤ暦の終わりは、 2020年3月20日で ピタリと一致していたのです! 以上のことを長年調べている、フランスの科学ジャーナリスト モーリス・シャトラン氏は 2020年3月20日がインド暦とマヤ暦の最後の日となるため、 人類が滅亡するのは、その翌日の 2020年3月21日 ・・・と主張しています! 彼の説によれば、この日オリオン座 ベテルギウスで超新星爆発が起こることが人類滅亡のきっかけになるのではないかと考えているようです。 ベテルギウスが主系列星の段階に入ったのは約1000万年前と推定されているが、質量の大きな恒星ほど核融合反応が激しく進行するため短命で質量は太陽の約20倍。 また2010年1月のNASAの観測で、 ベテルギウスが変形している事が示された。 しかしながら、これらの観測結果が直ちに ベテルギウスの超新星爆発の前兆現象を示しているかは定かではない。 もし、ベテルギウスが爆発を起こした場合は、凄まじいガンマ線が周囲に一斉に放たれて、半径5光年以内の惑星に住む生命体は絶滅。 25光年以内の惑星に住む生命体は半数が死に絶え! 50光年以内の惑星に住む生命体は壊滅的な打撃を受けると言われています! これは 「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象で、 太古の地球の近くで起き、生物を大量に死滅させたこともあったそうです。 しかし、 強力なガンマ線が向かう角度はベテルギウスの自転軸から2度以下ということが分かっているので、地球はこの範囲には入っていないと言われています。 ちなみに先ほどのモーリス・シャトラン氏は、3797年3月21日にも惑星直列が起きて世界が終わるという説も主張しているそうです。 はい、論破 30 俺たちはいつでも滅亡したがってるの? 55 インド文明もマヤ文明もとっくに滅亡してる。 」 という釈明がされる。 429 そもそもベテルギウスまでの距離すら最近になって訂正されたくらいなのに 星までの距離を正しく算定できてない古代においてベテルギウスの超新星爆発の地球への到達が 2020年3月20日って断言できるんや? デタラメにもほどがあるわwww 478 ベテルギウスが爆発しても大丈夫なんだろ。 前にネットで調べたら天文学者が方向が大分ずれてるから大丈夫だって解説してたぞ。 第一いくらなんでも遠すぎる。 まあでも何光年先の星の生物でも絶滅させるて威力は凄まじいね。 512 ノストラダムスが1999年の8月に空から大魔王が降って来るって言うので、毎日、空見てた。 けど、70億の人間が一度に死ぬことなんて物理的に可能なのかね。 地球よりもデカイ星が、地球を突き破れば可能かもしれんがね。 570 こんな予言はナンセンスだが。 日本列島の破局噴火の可能性は、今後100年で1%。 これは、阪神淡路大震災の前日の同地震発生確率。 つまり、明日起きてもおかしくない。 箱根や阿蘇、富士山の噴火の可能性はもっと高い。 東海南海や首都直下型だと、今後100年だと、ほぼ100%起きる。 こういう災害全てを、全ての原発が事故無く乗り切れると本気で思ってる人の方が少ないんじゃないか? 582 たぶんいつかは、人類は滅亡するだろう つまり、人類が滅亡するときは ガセの予言にいいかげん飽きるだけ飽きて 予言と聞いただけで舐めきった人が 人類で全員になったころに 何の前触れもなく起きるというのが たぶん自然界のお約束なんじゃないでしょうか? だから長期間、ガセの予言に 100回以上人類には 飽きるほど接していただく必要がある まあ、あと数十回は必要だな まだ、少なすぎる 602 電磁波の真空中の伝播速度は、光速と同じ。 642光年先にあるから、2020年3月20日に、超新星爆発の光と電磁波 がやって来るってことだろ。 nhk. html 685 2020年3月20日以降も人類が滅亡しなかったことを考えて、 無駄に金を使わず貯金して、愚かな生活を戒めて 先人に恥じないその日を迎えることにしよう。 太陽が燃え尽きるとき、 太陽のガスで地球は何億年もの間、 オーロラに包まれた美しい死の惑星になる予定。 あと50億年あります。 692 黙示録に書かれているイエス・キリストの再臨とはカルキのことだろう この世の悪が頂点に達し、それを正すために現われる神の化身 白馬に乗ってやって来るストーリーも一緒だ 686 またか.

次の

【悲報】「2020年3月20日に世界のゲートが閉まる」世界終了が濃厚に! 業界騒然…次元上昇アセンションで人類滅亡へ!

2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡

5ch. gif 20年3月地球消滅? 原田龍二がマヤ暦の予言のウワサを分析 ミステリーチェイサー原田龍二の「奇怪倶楽部」file. 014 2019年09月18日 これまで世界各国の不思議な生き物や存在を語ってきたミステリーチェイサーの原田龍二。 今回は、世界を震撼させる可能性のある予言について彼の見解を尋ねてみた。 東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、都内を中心に環境や設備が整えられているが、その開催が危ぶまれるような不穏な予言が世界中に広まっているのをご存知だろうか? それが「2020年の3月20日にこの世に終わりが訪れる」というものなのだ。 今回は原田龍二が人類滅亡の予言の謎について語る。 2020年、この世が滅亡するという予言をみなさんはご存知ですか? マヤ文明で使用されていたマヤ暦によると、「2020年3月20日に人類が滅亡する」というのです。 オリオン座のベテルギウスの超新星大爆発が起き、ガンマ線バーストの影響でオゾン層が破壊され、 そこから放射線が地上に入り込み、その放射線の影響と気温の激しい上昇により、この日に地球上の生物は焼き尽くされすべて灰となり滅亡する、といわれています。 そもそもマヤ暦は何かというと、紀元前5世紀頃からマヤ文明で使用されていた暦法で、周期が260日のものや、現在と同じ365日のものなどいくつかの月日の数え方があるそうです。 そしてその日が「人類滅亡の日」ではないかという予測がされていて、当時多くの人々をざわつかせました。 しかし、僕たちは未だにここに存在しています。 つまり、予言ははずれたのです。 しかし、この結論に疑問を持ったフランスの科学者などが再調査をしたところ、マヤ暦の終わりの日の換算の仕方が間違っていて、先にお話ししたように2020年3月20日が本当の滅亡の日だという結果が導き出されたのです。 しかも恐ろしいのが、この終わりの日が、マヤから遠く離れたインドのスーリヤ寺院に保存されたインド暦の終わりとも一致するということで、今回の予言こそ何か起きるのではといわれています。

次の