マツダ cx3。 【CX3の真の実力】マツダ新型CX

マツダ新型CX

マツダ cx3

概要 [ ] 「」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した新世代車種の第5弾となるコンパクトクロスオーバーSUVである。 エンジンはとの2種類が用意される。 日本での発売当初は「 1. 5」のみの設定であったが、2017年6月より、海外市場では既に搭載済みだった2. 0Lの「 2. 0」が、2020年5月には1. 5Lの「SKYACTIV-G 1. 5」が順次設定された。 「SKYACTIV-G 2. 0」搭載車が設定されるまでは、日本で販売されるでは唯一のディーゼルエンジン専用車であった。 なお、2018年5月の大幅改良で、ディーゼルエンジンが1. 8Lの「SKYACTIV-D 1. 8」に換装されている。 メカニズム 日本仕様では、前述のとおり、1. 5Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 1. 5」、2. 0Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2. 0」、1. 8Lディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 1. 8」の3種類が設定される。 5Lガソリン車はP5-VPS型、2. 0Lガソリン車はPE-VPS型、1. 8Lディーゼル車はS8-DPTS型がそれぞれ搭載される。 なお、ディーゼルエンジン車は2018年5月まで、4代目の「XD」系グレードに搭載されている1. 5Lディーゼル「SKYACTIV-D 1. 5」のS5-DPTS型(「i-ELOOP」搭載車はS5-DPTR型)が搭載されていたほか、2020年5月までは「PROACTIVE」系と「L Package」系のAT車にメーカーオプション設定されていた減速エネルギー回生システム「(アイ・イーループ)」を選択した場合、エンジン形式名がディーゼル車はS8-DPTR型、ガソリン車はPE-VPR型に変更されていた。 グレード グレードは1. 5Lガソリン車は「15S」と「15S Touring」の2タイプ、2. 0Lガソリン車は「20S PROACTIVE(プロアクティブ) S Package」のみ。 8Lディーゼル車は「XD」と「XD PROACTIVE S Package」の2タイプがそれぞれ用意される。 いずれのグレードにも駆動方式は2WD FF と4WD i-ACTIV AWD が設定され、トランスミッションは6MT(SKYACTIV-MT)と6EC-AT(SKYACTIV-DRIVE)が用意される。 ただし、ガソリン車のトランスミッションは排気量を問わず6EC-ATのみの設定となる。 搭載されるS5-DPTS型ディーゼルエンジン 年表 [ ] 2014年11月19日 新型コンパクトクロスオーバー『マツダ CX-3』を世界初公開。 2015年春より、日本から順次グローバルに導入を開始する予定、と発表した。 合わせて、同年11月21日から30日まで開催されるに出品することも発表。 2014年12月18日 2015年1月9日~11日に開催される「2015 with NAPAC」に、を参考出品することを発表。 2015年2月27日 「マツダ CX-3」を発売。 エンジンは、直列4気筒1. 5Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 1. 5」(「S5-DPTS」型。 「i-ELOOP」装着型は「S5-DPTR」型)を搭載。 トランスミッションは、6速MT(SKYACTIV-MT)と6速「」 6EC-AT を全グレードに設定。 駆動方式は2WD FF と4WDを選択可能。 ラインアップは、「XD」・「XD Touring」・「XD Touring L Package」の3タイプ。 ボディカラーは、新色「セラミックメタリック」のほか、「クリスタルホワイトパールマイカ(特別塗装色)」、「メテオグレーマイカ」、「ジェットブラックマイカ」、「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」、「チタニウムフラッシュマイカ」、「ディープクリスタルブルーマイカ」、「ダイナミックブルーマイカ」の全8色を設定。 2015年10月26日 の車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co. , Ltd. (AAT 」で「CX-3」の生産開始を祝う式典を実施。 「AAT」は、CX-3にとって初の海外生産拠点となった。 2015年12月24日。 商品改良。 従来は「イノベーションパッケージ」の一つとしてオプション設定されていた「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を標準装備化。 また、フロントドアガラスの厚みを増すことで車外騒音の室内への透過を抑えた。 走行面では、前後の内部構造、フロントの構造を改良し、乗り心地を改善。 電動パワーステアリングの制御を改良したほか、エンジンのトルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を行い、軽負荷領域におけるアクセル操作に対するクルマの反応をよりダイレクトになるように設定した。 インテリアでは、「XD Touring L Package」に、パーフォレーションレザーや「ラックススエード」をシートに使用した黒革内装仕様を追加設定した。 2016年5月27日 平成27年度JNCAP自動車アセスメントにおいて、当年度最高得点で新・安全性能総合評価ファイブスター賞を受賞。 2016年10月14日 商品改良、同時に特別仕様車「XD Noble Brown」を設定。 (11月24日発売) 「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を全車に標準装備したほか、サスペンションや電動パワーステアリングのチューニングを行い、操縦安定性・乗り心地を向上させた。 燃料噴射タイミングを0. 1ミリ秒単位で制御することでノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・コントロール」を全車に標準装備。 さらに、リフトゲートのガラスの板厚をアップし、遮音・吸音材の追加採用により、風騒音やロードノイズを抑制した。 「XD」を除く全車に装備される「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」を改良し、上部に走行環境情報、下部に車両情報を集約・区分するとともに、フルカラー・高輝度・高精細・高コントラスト化。 併せて、メーター表示の字体の見直しと、左右液晶ディスプレイの高コントラスト化により、瞬間的な読み取りやすさと質感を向上。 運転席10Wayパワーシート&シートメモリーには、シートポジションと連動してアクティブ・ドライビング・ディスプレイの角度・明るさ・ナビの表示設定などを登録できる機能を追加(「XD L Package」に標準装備、「XD PROACTIVE」にメーカーセットオプション)。 また、ステアリングホイールはデザインを一新するとともに、ステアリングヒーターを新採用(「XD L Package」に標準装備、「XD PROACTIVE」にメーカーセットオプション)した。 さらに、ドアロックに連動してドアミラーを自動格納・展開する機能を全車に標準装備した。 安全装備では、歩行者の検知も可能にし、作動速度域を拡大した「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」を全車に標準装備し、後退時の衝突被害軽減をサポートする「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」を新設定(「XD L Package」に標準装備、「XD PROACTIVE」にメーカーセットオプション)した。 また、速度標識の見落としを防ぎ安全運転をサポートする「交通標識認識システム(TSR)」、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を新採用(「XD PROACTIVE」、「XD L Package」に標準装備)した。 ボディカラーは、クリスタルホワイトパールマイカ(特別塗装色)」を「スノーフレイクホワイトパールマイカ(特別塗装色)」に、「メテオグレーマイカ」を「マシーングレープレミアムメタリック(特別塗装色)」に、「ダイナミックブルーマイカ」を「エターナルブルーマイカ」にそれぞれ変更し、全8色とした。 また、LEDヘッドランプと18インチアルミホイールを「XD」にも装備した。 グレード名称が変更となり、「XD Touring」を「XD PROACTIVE」に、「XD Touring L Package」を「XD L Package」とした。 特別仕様車「XD Noble Brown」は、「XD L Package」のAT車(i-ELOOP非装着車)がベース車。 ブラウンを基調にグレーのアクセントと金属加飾を組み合わせ、シート素材に高級革のナッパレザーとのスエード調人工皮革「グランリュクス」を採用。 アルミホイールは高輝度ダーク塗装を施した。 ボディカラーは「チタニウムフラッシュマイカ」を除く7色が設定される。 2016年12月15日 「宇品第1工場」に加え、「防府第1工場」でも生産を開始。 2017年3月28日 タイ自動車ジャーナリスト協会(Thai Automotive Journalists Association、略称TAJA)が主催する「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」の受賞。 2017年6月2日 2017年夏発売予定のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2. 0」搭載車が、「WLTCモード」の認可を取得。 2017年6月28日 一部改良、同時ににガソリン車を追加。 (ディーゼル車は6月29日発売、ガソリン車は7月27日に発売) 直列4気筒2. 0Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2. 0」車を新設定(「PE-VPS」型。 「i-ELOOP」装着型は「PE-VPR」型)。 トランスミッションは、6速「」 6EC-AT のみが設定される。 グレードは「20S」・「20S PROACTIVE」・「20S L Package」の3種で、駆動方式は2WD FF と4WDを設定。 先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の標準装備化を実施。 ボディカラーの設定を変更。 「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」に替わり、「ソウルレッドクリスタルメタリック(特別塗装色)」を採用した。 特別仕様車「XD Noble Brown」はベースグレードの改良を受けて継続販売し、新たにガソリン車の「20S Noble Brown」を追加設定した。 2018年3月29日 2018年において、商品改良した「マツダ CX-3」を世界初公開。 商品改良モデルは、2018年春以降、グローバルに順次導入予定と発表された。 2018年5月17日 大幅改良、並びに特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブ モッズ)」を設定。 (5月31日発売、「Exclusive Mods」は7月生産開始) 次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の一部が取り入れられ、フロントダンパーやフロント・コイルスプリングの改良や「G-ベクタリングコントロール」制御・電動パワーステアリング制御の最適化を実施。 サスペンションの改良に合わせて新開発の18インチタイヤを採用し、乗り心地を向上。 フロント/リアドアのアウターパネルやリアドアガラスの板厚向上、ドアシールの遮音性とルーフ部の吸音性向上により、静粛性をレベルアップ。 フロントシートの座面クッションはと同じ高減衰を採用し、座り心地と乗り心地を向上させている。 ディーゼルエンジンは、新開発された直列4気筒1. 8Lターボ「SKYACTIV-D 1. 8」(「S8-DPTS」型。 「i-ELOOP」装着型は「S8-DPTR」型)を新搭載。 エンジン排気量をアップ(1. 8L)し、超高応答マルチホールピエゾインジェクターや可変ジオメトリー シングルターボチャージャーなどが採用された。 従来モデルに対し、最高出力で+11PS +8kw)の116PS(85kw)に、最大トルクは変わらず27. 5kgf・m(270N・m)となっている。 ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2. 0」は、CX-5のガソリン車でも導入されたエッジカットピストン、低抵抗ピストン、新ノズル付き拡散を採用する等、改良を実施。 従来モデルに対し、最高出力で+2PS +1kw)の150PS(110kw)に、最大トルクで+0. 3kgf・m(+3N・m)の19. 9kgf・m(195N・m)に向上している。 エクステリアでは、ラジエーターグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどのデザインを変更。 また、グロスブラックのフォグランプベゼル、ピラーガーニッシュ、サイドガーニッシュモールを採用。 なお、ボディカラーの設定に変更は無い。 インテリアは、電動パーキングブレーキ(EPB)の採用によりセンターコンソールが刷新され、アームレストやマルチボックスを新設定。 リアシートにもカップホルダー付アームレストが装備された。 また、インストルメントパネルやシート、ドアトリムの素材・カラーコーディネーションの見直しを実施した。 グレード構成の見直しを行い、2. 0Lガソリンエンジン搭載車は、2WD車にのみ6速MT(SKYACTIV-MT)を追加設定。 特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」は、「20S L Package」・「XD L Package」(それぞれ6EC-AT車)がベース。 ボディカラーは「チタニウムフラッシュマイカ」と「エターナルブルーマイカ」を除く6色を設定。 2020年4月3日 マツダの創立100周年を記念した「100周年特別記念車」を発表し、予約受注が開始された(2021年3月31日までの期間限定受注)。 発売は6月以降となる。 「20S Exclusive Mods」と「XD Exclusive Mods」をベースに、バーガンディのフロアカーペットを装備し、ボディカラーに「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を採用。 また、フロアマットとフロントフェンダー部に創立100周年記念バッジが装着され、マツダの前身となる東洋工業が創業された際に制定されていた「丸工マーク」と現在のマツダのブランドシンボルマークを重ね合わせたスペシャルロゴをヘッドレストやキーフォブ(キーフォブは100周年専用化粧箱入り)の刻印、センターホイールキャップのロゴに採用した。 2020年5月18日 商品改良(6月4日発売)。 直列4気筒1. 5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1. 5」搭載車を新設定(「P5-VPS」型)。 0Lガソリンエンジン車同様にトランスミッションは6速AT「SKYACTIV-DRIVE」 6EC-AT のみが設定される。 グレードは「15S」と「15S Touring」の2種類で、駆動方式は2WD FF と4WDを設定。 そのほか、フロントシートバックの素材を変更することでを立ててが自然なS字カーブを維持可能な「新世代シート技術」が採用され、やに対応。 ボディカラーの設定も変更され、「チタニウムフラッシュマイカ」に替わり、新色の「ポリメタルグレーメタリック」が設定された。 グレード体系が整理され、2. 0Lガソリンエンジン車は「20S PROACTIVE S Package」のみに集約され、2WD・6MT車を廃止し6EC-AT車のみの設定に。 8Lディーゼルエンジン車は「XD」と「XD PROACTIVE S Package」のみに集約され、2. 0Lガソリンエンジンと1. 8Lディーゼルエンジンの6AT車に設定されていた「i-ELOOP」のメーカーオプションも廃止された。 なお、特別仕様車の「20S Exclusive Mods」と「XD Exclusive Mods」はカタロググレードと同等の商品改良を受け継続販売される。 併せて、同年4月に発表された「100周年特別記念車」に関しても、「15S Touring」をベースにした1. 5Lガソリンエンジン車「15S 100周年特別記念車」が追加設定された(7月下旬発売)。 なお、今回の商品改良でバックドア左側に装着されている「CX-3」の車名ロゴエンブレムや4WD車に装着されるAWDオーナメントがCX-30に準じたデザインに、「SKYACTIV」専用エンブレムがから採用されている新デザインにそれぞれ変更された。 出典 [ ]• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年11月19日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年12月18日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年2月27日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年10月26日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年12月24日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年5月27日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年10月14日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年12月15日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年3月28日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年6月2日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年6月28日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2018年3月29日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2018年5月17日 , 2020年5月19日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2020年4月3日 , 2020年4月9日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2020年5月18日 , 2020年5月19日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ブランド()はを参照 日本国内未販売車種 : - -.

次の

マツダCX

マツダ cx3

「気品ある美しさと先鋭さ」をテーマに、操縦安定性、エンジン、デザイン、安全性能といった幅広い領域において大幅改良を行った。 8」、水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボを搭載。 最高出力116馬力、最大トルク270N・mを発生する「XD」、「XD プロアクティブ Sパッケージ」を用意。 0」ガソリンエンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブを搭載。 最高出力150馬力、最大トルク195N・mを発生する「20S プロアクティブ Sパッケージ」を用意。 デザインでは、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更することにより、車格感の向上を図った。 デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設することにより、快適性の向上・疲労の軽減を図った。 安全性能に関して、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」をマツダ車で初採用。 特別仕様車は、「20S エクスクルーシブモッズ」、「XD エクスクルーシブモッズ」、100周年を記念する特別装備を採用した「20S 100周年特別記念車」、「XD 100周年特別記念車」を設定。 今回、「15Sツーリング」をベースに創立100周年を記念し、特別装備を採用した「15S 100周年特別記念車」を設定。 シートはスムースレザー(レッド)採用し、フロアマット(創立100周年記念バッジ付き)やヘッドレスト(創立100周年スペシャルロゴ刻印)などを装備した。 「気品ある美しさと先鋭さ」をテーマに、操縦安定性、エンジン、デザイン、安全性能といった幅広い領域において大幅改良を行った。 8」、水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボを搭載。 最高出力116馬力、最大トルク270N・mを発生する「XD」、「XD プロアクティブ Sパッケージ」を用意。 0」ガソリンエンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブを搭載。 最高出力150馬力、最大トルク195N・mを発生する「20S プロアクティブ Sパッケージ」を用意。 デザインでは、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更することにより、車格感の向上を図った。 デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設することにより、快適性の向上・疲労の軽減を図った。 安全性能に関して、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」をマツダ車で初採用。 特別仕様車は、「20S エクスクルーシブモッズ」、「XD エクスクルーシブモッズ」、100周年を記念する特別装備を採用した「20S 100周年特別記念車」、「XD 100周年特別記念車」を設定。 5」ガソリンエンジン搭載車「15S」、「15Sツーリング」を設定すると共に一部改良を行った。 クルマと一体になったかのような自然な乗り心地を向上させた新世代シート技術、Apple CarPlay/Android Autoを採用し、運転の楽しさと乗り心地を深化させた。 ボディカラーも先鋭的なデザインをさらに際立たせる「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定。 「気品ある美しさと先鋭さ」をテーマに、操縦安定性、エンジン、デザイン、安全性能といった幅広い領域において大幅改良を行った。 8」、水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボを搭載。 最高出力116馬力、最大トルク270N・mを発生する「XD」、「XD プロアクティブ Sパッケージ」を用意。 0」ガソリンエンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブを搭載。 最高出力150馬力、最大トルク195N・mを発生する「20S」、「20S プロアクティブ Sパッケージ」を用意。 デザインでは、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更することにより、車格感の向上を図った。 デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設することにより、快適性の向上・疲労の軽減を図った。 安全性能に関して、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」をマツダ車で初採用。 特別仕様車は、「20S エクスクルーシブモッズ」、「XD エクスクルーシブモッズ」を設定。 専用インテリアコーディネーション(ディープレッドナッパレザーシート、インパネデコレーションパネル)、18インチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)、スーパーUVカットガラス&IRカットガラス(フロントガラス・フロントドアガラス)を特別装備。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 「気品ある美しさと先鋭さ」をテーマに、操縦安定性、エンジン、デザイン、安全性能といった幅広い領域において大幅改良を行った。 8」、水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボを搭載。 最高出力116馬力、最大トルク270N・mを発生する「XD」、「XD プロアクティブ」、「XD プロアクティブ Sパッケージ」、「XD Lパッケージ」を用意。 0」ガソリンエンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブを搭載。 最高出力150馬力、最大トルク195N・mを発生する「20S」、「20S プロアクティブ」、「20S プロアクティブ Sパッケージ」、「20S Lパッケージ」を用意。 デザインでは、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更することにより、車格感の向上を図った。 デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設することにより、快適性の向上・疲労の軽減を図った。 安全性能に関して、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」をマツダ車で初採用。 専用インテリアコーディネーション(ディープレッドナッパレザーシート、インパネデコレーションパネル)、18インチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)、スーパーUVカットガラス&IRカットガラス(フロントガラス・フロントドアガラス)を特別装備。 今回、「気品ある美しさと先鋭さ」をテーマに、操縦安定性、エンジン、デザイン、安全性能といった幅広い領域において大幅改良を行った。 8」、水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボを搭載。 最高出力116馬力、最大トルク270N・mを発生する「XD」、「XD プロアクティブ」、「XD プロアクティブ Sパッケージ」、「XD Lパッケージ」を用意。 0」ガソリンエンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブを搭載。 最高出力150馬力、最大トルク195N・mを発生する「20S」、「20S プロアクティブ」、「20S プロアクティブ Sパッケージ」、「20S Lパッケージ」を用意。 デザインでは、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更することにより、車格感の向上を図った。 また、センターコンソールを大幅に変更。 デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設することにより、快適性の向上・疲労の軽減を図った。 安全性能に関して、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」をマツダ車で初採用。 グレードは、「XD」、「XD プロアクティブ」、「XD Lパッケージ」を用意。 5」専用車として設定。 エンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブ 直噴ターボを搭載。 最大トルク270N・mと2. 5Lガソリンエンジンを上回るほどの大トルクによる優れた走りと、25. 0km/L(JC08モード燃費)の優れた燃費性能を両立。 全グレードにオートマチックトランスミッション(SKYACTIV-DRIVE)やマニュアルトランスミッション(SKYACTIV-MT)、新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」を設定。 また、「XD Lパッケージ」をベースに「先鋭と上質」をアーティスティックに研ぎ澄ませた特別仕様車「XD ノーブル ブラウン」を設定。 経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」に全車が該当。 0」車の「20S」、「20S プロアクティブ」、「20S Lパッケージ」を新たに設定。 エンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブを搭載。 トランスミッション(SKYACTIV-DRIVE)、新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」を設定。 ガソリンエンジン車は、2018年10月以降に表示が義務化される燃費モード「WLTCモード」の認可を先行して取得。 「WLTCモード」は、「市街地モード(WLTC-L)」、「郊外モード(WLTC-M)」、「高速道路モード(WLTC-H)」と3つの走行モードで構成された国際的な試験方法となる。 さらに、「20S Lパッケージ」をベースに特別仕様車「20S ノーブル ブラウン」を設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 6BA-DKEFW 1997cc 5 6AT FF 5名 17. グレードは、「XD」、「XD プロアクティブ」、「XD Lパッケージ」を用意。 5」専用車として設定。 エンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブ 直噴ターボを搭載。 最大トルク270N・mと2. 5Lガソリンエンジンを上回るほどの大トルクによる優れた走りと、25. 0km/L(JC08モード燃費)の優れた燃費性能を両立。 全グレードにオートマチックトランスミッション(SKYACTIV-DRIVE)やマニュアルトランスミッション(SKYACTIV-MT)、新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」を設定。 また、「XD Lパッケージ」をベースに「先鋭と上質」をアーティスティックに研ぎ澄ませた特別仕様車「XD ノーブル ブラウン」を設定。 経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」に全車が該当。 ボディカラーには新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」を採用。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 ディーゼル LDA-DK5FW 1498cc 5 6AT FF 5名 23. グレードは、ハロゲンヘッドランプ装備の「XD」を用意。 クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1. 5」専用車として設定。 エンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブ 直噴ターボを搭載。 最大トルク270N・mと2. 5Lガソリンエンジンを上回るほどの大トルクによる優れた走りと、25. 0km/L(JC08モード燃費)の優れた燃費性能を両立。 全グレードにオートマチックトランスミッション(SKYACTIV-DRIVE)やマニュアルトランスミッション(SKYACTIV-MT)、新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」を設定。 今回、「XD プロアクティブ」、「XD Lパッケージ」を設定。 安全装備には、速度標識の見落としを防ぎ安全運転をサポートする「交通標識認識システム(TSR)」や、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を採用。 (「XD プロアクティブ」、「XD Lパッケージ」に標準装備)また、「XD Lパッケージ」をベースに「先鋭と上質」をアーティスティックに研ぎ澄ませた特別仕様車「XD ノーブル ブラウン」を設定。 ブラウンの空間にグレーのアクセントと硬質な金属加飾を組み合わせることで意外性を感じさせ、先鋭感を印象づけるインテリアを実現した。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 ディーゼル LDA-DK5FW 1498cc 5 6AT FF 5名 23. グレードは、ハロゲンヘッドランプ装備の「XD」、クルーズコントロール装備の「XD ツーリング」、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール装備の「XD ツーリング Lパッケージ」を用意。 クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1. 5」専用車として設定。 最大トルク270N・mと2. 5Lガソリンエンジンを上回るほどの大トルクによる優れた走りと、25. 0km/L(JC08モード燃費)の優れた燃費性能を両立。 全グレードにオートマチックトランスミッション(SKYACTIV-DRIVE)やマニュアルトランスミッション(SKYACTIV-MT)、新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」を設定。 今回、エンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を全車に標準装備。 フロントドアガラス板厚の変更とあわせ静粛性を向上。 また、ダンパーやスタビライザーの構造、電動パワーステアリング特性を緻密にチューニング。 操縦安定性を向上させながらも、より上質な乗り心地も追求。 加えて、新たに「DE精密過給制御」という、軽負荷領域でのアクセル操作に対してクルマがリニアに反応するよう緻密なエンジン制御も行った。 さらに「XD ツーリング Lパッケージ」にはシックな黒革内装仕様を追加。 ボディカラーは、「セラミックメタリック」を含む全8色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 ディーゼル LDA-DK5FW 1498cc 5 6AT FF 5名 23. グレードは、ハロゲンヘッドランプ装備の「XD」、クルーズコントロール装備の「XD ツーリング」、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール装備の「XD ツーリング Lパッケージ」を用意。 クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1. 5」専用車として設定。 最大トルク270N・mと2. 5Lガソリンエンジンを上回るほどの大トルクによる優れた走りと、25km/L(JC08モード燃費)の優れた燃費性能を両立。 全グレードにオートマチックトランスミッション(SKYACTIV-DRIVE)やマニュアルトランスミッション(SKYACTIV-MT)、新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」を設定。 「SKYACTIV-D 1. 5」には、ディーゼルエンジンのノック音を抑制する 「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を新開発し、世界で初めて採用。 これにより走行時の静粛性を高めるとともに、エンジン音質の向上を実現。 エクステリアは、塊感のあるボディサイドとそれに対比させる伸びやかなキャビンや、ショートオーバーハング等により、圧倒的な存在感のあるプロポーションを実現。 インテリアは、ドライバーオリエンテッドなコックピットや心地よい包まれ感のあるドアトリムなど、先鋭的かつ上質なインテリア空間を実現。 また、アクセントカラー「ダークレッド」を新開発。 クールさを感じさせるような青みがかった色合いの赤を、ドアアームレストやニーパッド、ステッチ、シートのパイピング、エアコンルーバーベゼルなどに採用し、各グレードに最適に配置。 ボディカラーは、新色の「セラミックメタリック」、「ソウルレッドプレミアムメタリック」など、全8色を設定。

次の

マツダ・CX

マツダ cx3

消費税率10%に基づく価格を表示しています。 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。 価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。 自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。 ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。 詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。 メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。 メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。 また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。 詳しくは営業スタッフにおたずねください。 令和2年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について• 申請対象となる車両の初度登録期間:2020年2月22日~2021年2月19日• 申請書受付期間:2020年4月27日~2021年3月1日(必着)• 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:• 初度登録日が2020年2月22日~4月30日の車両の提出期限は、2020年6月30日まで(消印有効)。 初度登録日が2020年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)にに申請書類を送付いただく必要があります。 ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。 詳しくはお近くの販売会社にお尋ねいただくか、にてご確認ください。

次の