農家 に 嫁い だ 枝豆。 枝豆の通販・販売は岩崎ファーム

枝豆 あさイチで紹介されてた農家の茹で方は?人気レシピをご紹介!

農家 に 嫁い だ 枝豆

枝豆の種まきの時期 枝豆の種まき時期は一般的に 4月・ 5月・ 6月です。 種まきをしてから80日前後で収穫が可能です。 そのため、 4月まきなら収穫は7月ごろ 5月まきなら収穫は8月ごろ 6月まきなら収穫は9月ごろ に収穫できます。 それぞれの時期に適した品種を選択するようにしましょう。 枝豆は様々な品種が販売されていますが、4月まきなら早生品種と書いてあるものを、6月まきなら晩生品種を選ぶと間違いがありません。 枝豆のまき方 植え付け時期にかかわらず枝豆の種まきの注意点は、• 株間20cm以上をあけること• 1粒ずつ植えること です。 株間は20cm以上あける まず、株間についてですが、枝豆はそれぞれの株の間が狭く混みあっていると、太陽が株の間に十分に当たらないので実のつきが悪くなります。 また、光が当たらないと株が倒れる原因にもなります。 株間は十分広くする必要があります。 どのくらい株間が必要かというと、種をまく時期によって変わってきます。 4月まきなら、株間は20cm• 5月まきなら、株間は最低25cm• 6月まきなら、株間は30cm以上 5月まき、6月まきの枝豆は気温が上がって株が大きくなるのでその分株間を広くとる必要があります。 1粒ずつ植える また、いくら株間を広くとっても何粒も一緒にまいていては1株が混みあってしまって実のつきが悪くなります。 最近の種は発芽効率がよく、ほとんど発芽します。 種は 1粒ずつまくようにしましょう。 もし、どうしても発芽が心配であれば、2粒ずつまいて芽が出たら間引きましょう。 間引きの方法は枝豆を引っこ抜くのではなく、根元からはさみで切ります。 こうすることで残す方の根を痛めることなく間引くことができます。 枝豆の土寄せのタイミング 枝豆は株が大きくなってくると倒れるのを防ぐために土寄せをおこないます。 この土寄せにも、ポイントがあるので紹介します。 先に説明しておくと、子葉とは、一番最初に生えてくる丸い葉っぱのことです。 初生葉とは、子葉の次に生えてくる葉っぱのことです。 初生葉の次に生えてくる葉が、第1本葉といい、その後第2、第3本葉が順次生えてきます。 1回目の土寄せは、本葉3~4枚ごろに子葉の下まで まず1回目の土寄せは、本葉が3~4枚のころにおこないます。 このころはまだ子葉でも光合成をおこなっているので子葉まで土をかぶせてしまうと生育が遅くなります。 1回目の土寄せは子葉の下までにしましょう。 2回目の土寄せは、本葉6~8枚ごろに初生葉の下まで 2回目の土寄せは、本葉が6~8枚出てきたころにおこないます。 このくらい枝豆が大きくなると、子葉がなくても十分に光合成ができるので初生葉の下まで土を寄せることができます。 株が大きくなるとその分枝豆が倒れる可能性が大きくなるのでしっかり土寄せをおこないましょう。 枝豆の追肥の時期 枝豆は花が咲いてから枝豆が肥大していく時期に肥料切れすると花が落ちてしまってさやがつかなかったり、さやがついても途中で落ちてしまいます。 また、さやは落ちなくても実が入りが悪くなります。 枝豆は収穫の1ヶ月前に開花するといわれています。 開花から収穫までの期間に肥料切れして収量が少なくなってしまわないように、 窒素成分で10㎡あたり20~30g追肥するようにしましょう。 窒素以外にもリン酸とカリウムも実を作るうえで重要な働きをするので窒素だけでなくリン酸とカリウムも入った肥料を与えましょう。 追肥は面倒だから種をまくときに多めに肥料を入れてしまおう。 と考える人がいるかもしれませんが、種をまくときに入れた肥料は枝豆の木が大きくなるために使われてしまいます。 収量を増やすためには、 開花後の追肥が必要になります。 また、肥料と同じくらい 水分も重要です。 開花期から収穫期までの間水分を切らしてしまうと、実が太らず、香りも弱くなります。 肥料と合わせて水分もたっぷり与えてあげましょう。 枝豆の収量アップの裏技 ここまでは枝豆を育てるうえでのポイントを紹介しましたが、最後に枝豆の収量アップの裏技を紹介します。 枝豆は、ほかの豆類と同様に根粒菌と共生関係にあり、根から吸収する窒素成分の30~50%を根粒菌に依存しています。 根粒菌が少ないと枝豆が吸収できる窒素成分も減ってしまうため枝豆の収量が減ってしまいます。 そこで根粒菌を増やすことができる資材を紹介します。 は種にまぶすことで枝豆と共生する根粒菌を増やすことができる資材です。 まめぞうをまぶしてから種をまくことで、普通に種をまくよりも根粒菌を増やすことができます。 使い方は、枝豆の種を袋にうつしてまめぞうを袋に入れて混ぜるだけです。 まめぞうをまぶした枝豆の種をまくだけで簡単に収量アップすることができます。 ただし、まめぞうは種まき後にふりかけても効果がないので、必ず種まきをする前に使用するようにしましょう。 まめぞうは枝豆用のほかにそらまめや落花生用などがあるので間違えないようにしてください。

次の

「本家・同居・長男・田舎」の梅農園に嫁いだ普通のOLがブログで発信!

農家 に 嫁い だ 枝豆

夏に収穫するエダマメは育苗する 夏に収穫するエダマメは、4月下旬頃から育苗して畑に植え替えます。 (またはを張って地温を上げて直播きも可能。 ) ポットに種まき用の培土を詰め、3粒ずつ種をまきます。 1cmほど覆土、鎮圧して、たっぷりと水をやります。 そのまま育苗して、1本に間引き、本葉2枚の頃に畑に植え付けます。 (間引きで2本残して、2本ずつ定植するのも可。 ) 尚、夏に収穫する場合は、栽培時期の早い品種()を選ぶようにしましょう。 連作障害 エダマメは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を2〜3年あけるようにします。 また、エダマメには、マメ科の根に付く根粒菌が空気中の窒素を固定して土壌を肥沃にし、菌根菌がリン酸分などの養分を吸収しやすくする効果があるため、コンパニオンプランツとしての利用もオススメです。 トラブル・生育不良 エダマメ栽培によくある、トラブル・生育不良などをまとめています。 発芽率が悪い エダマメ(ダイズ)は、種の寿命が短いため、2〜3年も経つと発芽率が極端に悪くなります。 新しい種を購入してまくか、自家採取なら昨年採れた新豆をまくようにしましょう。 また、まいた種や発芽したばかりの若芽は鳥の大好物なので、鳥に食べられているかもしれません。 種まき後すぐに不織布などを掛けて鳥害対策するようにしましょう。 株は元気なのにさやが少ない 茎葉が旺盛に茂っているのに、さやの付きが悪いのは、ツルボケを起こしています。 原因は窒素肥料の過多です。 肥料を控えにしましょう。 さやが付いているのに実が大きくならない 主な原因は「」による吸汁被害です。 防虫ネットで覆って防ぎましょう。 他には、開花時期の水不足、種まき時期が適切でない(早生種を遅まきした等)が原因として考えられます。 発生しやすい病害虫 エダマメに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 萎凋病(いちょうびょう) 下葉から黄化してしおれ、生育不良となり枯れてしまいます。 酸性土壌で発生しやすいので、土壌のを行います。 発病株はすぐに抜き取り、土をします。 立枯れ病 茎の地ぎわ部に縦長の褐変が現れ、やがて茎全体が褐色になって枯れてしまいます。 発病株は抜き取って処分し土壌消毒します。 葉に淡黄色の病斑ができ、裏面に灰白色のカビが発生します。 葉に緑色濃淡のモザイク症状が現れます。 アブラムシが原因ウイルスを媒介。 害虫 カメムシ 花が咲き終わってさやができ始める頃から、ホソヘリカメムシやイチモンジカメムシなど様々なカメムシがやってきます。 さやが吸汁されると、落果したり、豆が入らなかったり、豆が変形したりします。

次の

エダマメ(枝豆)の栽培方法・育て方のコツ

農家 に 嫁い だ 枝豆

枝豆の種まきの時期 枝豆の種まき時期は一般的に 4月・ 5月・ 6月です。 種まきをしてから80日前後で収穫が可能です。 そのため、 4月まきなら収穫は7月ごろ 5月まきなら収穫は8月ごろ 6月まきなら収穫は9月ごろ に収穫できます。 それぞれの時期に適した品種を選択するようにしましょう。 枝豆は様々な品種が販売されていますが、4月まきなら早生品種と書いてあるものを、6月まきなら晩生品種を選ぶと間違いがありません。 枝豆のまき方 植え付け時期にかかわらず枝豆の種まきの注意点は、• 株間20cm以上をあけること• 1粒ずつ植えること です。 株間は20cm以上あける まず、株間についてですが、枝豆はそれぞれの株の間が狭く混みあっていると、太陽が株の間に十分に当たらないので実のつきが悪くなります。 また、光が当たらないと株が倒れる原因にもなります。 株間は十分広くする必要があります。 どのくらい株間が必要かというと、種をまく時期によって変わってきます。 4月まきなら、株間は20cm• 5月まきなら、株間は最低25cm• 6月まきなら、株間は30cm以上 5月まき、6月まきの枝豆は気温が上がって株が大きくなるのでその分株間を広くとる必要があります。 1粒ずつ植える また、いくら株間を広くとっても何粒も一緒にまいていては1株が混みあってしまって実のつきが悪くなります。 最近の種は発芽効率がよく、ほとんど発芽します。 種は 1粒ずつまくようにしましょう。 もし、どうしても発芽が心配であれば、2粒ずつまいて芽が出たら間引きましょう。 間引きの方法は枝豆を引っこ抜くのではなく、根元からはさみで切ります。 こうすることで残す方の根を痛めることなく間引くことができます。 枝豆の土寄せのタイミング 枝豆は株が大きくなってくると倒れるのを防ぐために土寄せをおこないます。 この土寄せにも、ポイントがあるので紹介します。 先に説明しておくと、子葉とは、一番最初に生えてくる丸い葉っぱのことです。 初生葉とは、子葉の次に生えてくる葉っぱのことです。 初生葉の次に生えてくる葉が、第1本葉といい、その後第2、第3本葉が順次生えてきます。 1回目の土寄せは、本葉3~4枚ごろに子葉の下まで まず1回目の土寄せは、本葉が3~4枚のころにおこないます。 このころはまだ子葉でも光合成をおこなっているので子葉まで土をかぶせてしまうと生育が遅くなります。 1回目の土寄せは子葉の下までにしましょう。 2回目の土寄せは、本葉6~8枚ごろに初生葉の下まで 2回目の土寄せは、本葉が6~8枚出てきたころにおこないます。 このくらい枝豆が大きくなると、子葉がなくても十分に光合成ができるので初生葉の下まで土を寄せることができます。 株が大きくなるとその分枝豆が倒れる可能性が大きくなるのでしっかり土寄せをおこないましょう。 枝豆の追肥の時期 枝豆は花が咲いてから枝豆が肥大していく時期に肥料切れすると花が落ちてしまってさやがつかなかったり、さやがついても途中で落ちてしまいます。 また、さやは落ちなくても実が入りが悪くなります。 枝豆は収穫の1ヶ月前に開花するといわれています。 開花から収穫までの期間に肥料切れして収量が少なくなってしまわないように、 窒素成分で10㎡あたり20~30g追肥するようにしましょう。 窒素以外にもリン酸とカリウムも実を作るうえで重要な働きをするので窒素だけでなくリン酸とカリウムも入った肥料を与えましょう。 追肥は面倒だから種をまくときに多めに肥料を入れてしまおう。 と考える人がいるかもしれませんが、種をまくときに入れた肥料は枝豆の木が大きくなるために使われてしまいます。 収量を増やすためには、 開花後の追肥が必要になります。 また、肥料と同じくらい 水分も重要です。 開花期から収穫期までの間水分を切らしてしまうと、実が太らず、香りも弱くなります。 肥料と合わせて水分もたっぷり与えてあげましょう。 枝豆の収量アップの裏技 ここまでは枝豆を育てるうえでのポイントを紹介しましたが、最後に枝豆の収量アップの裏技を紹介します。 枝豆は、ほかの豆類と同様に根粒菌と共生関係にあり、根から吸収する窒素成分の30~50%を根粒菌に依存しています。 根粒菌が少ないと枝豆が吸収できる窒素成分も減ってしまうため枝豆の収量が減ってしまいます。 そこで根粒菌を増やすことができる資材を紹介します。 は種にまぶすことで枝豆と共生する根粒菌を増やすことができる資材です。 まめぞうをまぶしてから種をまくことで、普通に種をまくよりも根粒菌を増やすことができます。 使い方は、枝豆の種を袋にうつしてまめぞうを袋に入れて混ぜるだけです。 まめぞうをまぶした枝豆の種をまくだけで簡単に収量アップすることができます。 ただし、まめぞうは種まき後にふりかけても効果がないので、必ず種まきをする前に使用するようにしましょう。 まめぞうは枝豆用のほかにそらまめや落花生用などがあるので間違えないようにしてください。

次の