黒 ひげ 海賊 団 能力。 ヤミヤミの実の能力と技とエピソード

黒髭

黒 ひげ 海賊 団 能力

自分自身が闇になり、全てを引きずり込むことができる• ロギア系だが受けた攻撃を無効化出来ず、痛みさえも引きずり込むので常人よりも受けた攻撃が余計に痛い• 闇の引力で正確に悪魔の実の能力者の実体を引き寄せる• 掴まれた能力者はその間、悪魔の実の能力が使えなくなる。 つまり悪魔の実の能力さえも引きずり込む ヤミヤミの実の能力を使った黒ひげの技 闇穴道(ブラックホール) 自ら吹き出す闇を地面に這わせて拡げて行き、町をものみ込む。 その闇の引力は、物体を無限の力で凝縮させて押し潰す。 (46巻 441話〝バナロ島の決闘〟参照) 解放(リベイション) 闇穴道(ブラックホール)で引きずり込んだものを、一気に解き放つ。 (46巻 441話〝バナロ島の決闘〟参照) 闇水(くろうず) 闇の引力で悪魔の実の能力者の実体を正確に引き寄せて掴む。 (46巻 441話〝バナロ島の決闘〟参照) 〝黒ひげ〟ことマーシャル・D・ティーチは、海賊王になるために必要な能力はこのヤミヤミの能力であると確信し〝悪魔の実 図鑑〟に載っている実の形は全て覚え、意中の実が転がり込んでくる確率が一番高いと見た、白ひげの船に何十年も乗り続けていたのでした。 そして、その実がついに白ひげ海賊団の手に入ります。 しかし、そのヤミヤミの実とおぼしき悪魔の実を手にいれたのは、4番隊隊長のサッチ。 白ひげの船では、悪魔の実は見つけた者が口にしていいルールだったので、ティーチはサッチを殺して実を奪って口にし、ヤミヤミの能力を手に入れたのでした(何も殺さなくても隙をついて一口囓れば良かったのですが・・・)。 このサッチの件については、こちらの記事で踏み込んで書いてみました。 そこまで気長に運が転がり込んでくるのを待っていたのは、ティーチが〝倍の人生〟を歩めているからなのかもしれません。 (45巻 440話〝火拳vs黒ひげ〟参照) 当時、ティーチは38歳。 エースが言う〝倍の人生〟が指し示す意味は、まだはっきりとはしませんが、コチラの記事で触れています。 新世界に入り〝覇気〟が当たり前の状況となって、悪魔の実の力のアドバンテージが下がってきていましたが、悪魔の実の能力の〝覚醒〟とう概念が登場してきました。 黒ひげはルフィと違って、自らが海賊王となる道筋を用意周到に計画している感じです。 ということは、今後はこの悪魔の実の覚醒が大きなポイントとなる事は、ほぼ間違いないでしょう。 そして、その覚醒した能力を黒ひげのヤミヤミの能力は封じることが出来るということ! やはり、ワンピースは〝悪魔の実〟が重要となる方が面白く感じます。 ヤミヤミの実の果実の色と形 ヤミヤミの実の果実は、黒ひげの回想で白ひげ海賊団4番隊隊長サッチが手にしている様子が出できます。 (45巻 440話〝火拳vs黒ひげ〟参照).

次の

黒ひげ海賊団が能力者狩りをする理由を考察!|ワンピース ネタバレ考察

黒 ひげ 海賊 団 能力

頂上戦争戦争では白ひげにとどめを刺し、白ひげの悪魔の実の能力である「グラグラの実」までも手に入れてしまい、黒ひげの力はますます強くなりました。 その力はとどまらず、その後も白ひげから悪魔の実の能力を奪い取った謎の能力で「能力者狩り」をしたり、元白ひげ海賊団の残党を相手にした「落とし前戦争」でマルコらを退け、四皇にまで上り詰めました。 黒ひげの目的!? かつて黒ひげがルフィと初めて出会ったとき、空島を探すルフィに対して前向きな言葉で接し、「人の夢は終わらない」と述べていました。 次に頂上戦争では白ひげから悪魔の実の能力を奪ったあと、「俺の時代だ!」と宣言。 このようは発言などから黒ひげもワンピースを目指していること、世界の海を支配しようとしていることがうかがえます。 ルフィと同じ世代のユースタス・キッドも「その言葉をばかにしてきたやつをみな殺してきた」 と言うように、ワンピースを目指して新世界にまでたどり着いた海賊たちは皆、少なくともワンピースを目指しているのだと思います。 果たしてワンピースだけが黒ひげの目的かはわかりませんが、今後も黒ひげの前進は止まらないでしょう。 Sponsored Link 黒ひげの今の戦力は!? 頂上戦争で海軍や王下七武海を相手に戦い、さらに自身の部下に刺されたりと弱っていた白ひげを結果的に最後に仕留めたのは黒ひげです。 それにより白ひげの傘下の海賊には親の仇とみられても当たり前かもしれませんが、報復を目指すマルコら元白ひげ海賊団と戦い、勝った黒ひげ。 マルコといえばワンピースに最も近かった白ひげの海賊団の一番隊隊長です。 さらにその下にも何番のも隊長もいるでしょうし、さらには傘下に入っていた海賊団も数多くいたでしょう。 白ひげはいなくとも巨大な戦力であったことは想像に難しくありません。 しかしその巨大な相手にも打ち勝つことができた黒ひげの今の戦力も相当巨大に膨れ上がっていることでしょう。 黒ひげはマルコと同じ白ひげ海賊団の二番隊隊長だったエースに一対一の勝負で勝っています。 このことから黒ひげ自身の力自体はかなりの強さであることがわかります。 そこから王下七武海に名乗りをあげ、その地位を利用してインペルダウンにて極悪の囚人たちの中から選りすぐりを選び、さらには看守長だったシリュウも仲間に引き込みました。 その後も戦力は増やされ続けたことでしょう。 その中でもなんといっても元海軍本部大将「青キジ」を傘下に収めたと言われています。 白ひげ海賊団残党との落とし前戦争で勝ち上がった黒ひげはいまや、かつての白ひげ以上の強大な戦力になっているのではないでしょうか。 まとめ まだまだ謎の多い伏線やキャラクターが多い中でも黒ひげの動向はもっとも注目できる中です。 青キジがなんの目的で黒ひげと組んでいるのか、黒ひげの真の目的はワンピースなのか。 もしかしたら黒ひげは本当に海賊王になってしまうのかもしれませんね。 今後も目が離せません。

次の

【ワンピース】殺害されたアブサロム、能力者狩りの詳細とは?

黒 ひげ 海賊 団 能力

ワンピース ONEPIECE 最後に麦わらの一味VS黒ひげ海賊団のタイマンバトルがあると予想されてる件についての質問です。 一部読者の間では最終ボスは黒ひげ海賊団で、人数も近いことからタイマンバトルになると予想 されていますが、このような展開になる場合誰と誰が戦うことになると予想しますか? 一応、キャラ確認・・ 麦わらの一味 ・ルフィ ・ゾロ ・ナミ ・ウソップ ・サンジ ・チョッパー ・ロビン ・フランキー ・ブルック ・???(10人目) 仲間がもう一人増えると思う人は含めて考えてみてください。 増えないと思う人は含めずに。 それは、ロビンと誰かのタイマンバトルの展開がどうなるのかということです。 今までのロビンのタイマンバトルといったら、VSぺル VSクロコダイル VSヤマ ぐらいしかありません。 それにバトルの展開はロビンが一方的に攻撃し、勝利か(ぺル、ヤマ)、相手に瞬殺されるか(クロコダイル)のどちらかなのでバトルが長引くことがありません。 壮絶な戦闘になりそうですね。 ゾロVSシリュウ これもほぼ確実。 シリュウはマゼランと同格ですから相当強いはず。 ナミVSデボン 女対決ということで。 ウソップVSヴァン・オーガー 狙撃手対決ということで。 サンジVSラフィット 作中の扱いからしてラフィットの実力は黒ひげに準ずるほどだと思います。 サンジが妥当でしょう。 チョッパーVSドクQ 船医対決ということで。 ロビンVSピサロ 「悪政王」と呼ばれているようですから、昔相当酷い政治を行っていたはず。 もしかしたら、世界政府の謎も知ってるかも(話が敷衍しすぎたかもしれませんが)。 ロビンがぴったりでしょうね。 フランキーVSバージェス どっちも力自慢的な要素を含んでいます。 雰囲気が似てます。 ブルックVSバスコ・ショット 消去法ですね。 個人的にはドクQと戦って欲しいな・・・ サンファン・ウルフは誰と戦うのか正直分かりません。 あれだけ大きいですから、やはり新キャラが欲しいですね。 現在登場しているキャラから選ぶなら、ジンベエがいいですね。

次の