スマホ ブックマーク バックアップ。 Google Chromeのブックマークを同期を使わず一瞬でデータ移行&バックアップする方法

iPad/iPod/iPhoneからブックマークをバックアップする

スマホ ブックマーク バックアップ

まず、スマホだけでバックアップを取得する方法を紹介する。 iPhone、Androidともに OSの標準機能としてバックアップ方法が用意されており、もっとも手軽な方法だ。 ・手元にPCや外部ストレージがなくても自動的でバックアップできる。 ・既定の条件下であれば毎日バックアップが取れるので、万が一の時に直前のデータを復元できる可能性が高い。 ・通信環境が悪いとバックアップに時間がかかったり、失敗したりすることもあるので注意が必要。 ・大容量データの場合は、Wi-Fi環境でないとデータ通信料が高くなってしまう可能性がある。 とくに操作をすることもないので iPhoneを使用しているならこの方法がもっとも手軽だろう。 [設定]>[ユーザー名]>[iCloud]と進み、写真、メール、連絡先、カレンダーなど、バックアップをとりたい項目をオンにしたうえで、下の方にある「iCloudバックアップ」をオンにする。 これで、iPhoneが電源に接続・ロック・Wi-Fiに接続されているときに毎日自動でバックアップが行われるようになる。 iCloudバックアップの対象となるものは以下のとおり(Apple サポートより)。 ・App データ• ・Apple Watchのバックアップ• ・デバイスの設定• ・HomeKitの構成• ・ホーム画面とAppの配置• ・iMessage、テキスト(SMS)、MMS メッセージ• ・iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ• ・Appleサービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)• ・着信音• 有料プランを契約するのが手っ取り早いが、写真以外にバックアップしたいデータがない場合は、 容量無制限のGoogleフォトにバックアップを取るといいだろう。 なお、iCloudキーチェーンを有効にしていれば、各アプリなどのアカウントとパスワードを保存・バックアップできる。 基本的には写真や動画はGoogle フォトに、ファイルなどはGoogle ドライブに保存される(Google ドライブの無料プランで使用できる容量は15GBまで)。 アプリの設定もバックアップされるので、たとえば一旦アンインストールしたアプリを再インストールする場合などでも、自動的に前回の設定を復元できる。 初期設定では自動バックアップが有効になっている機種が多いが、一度確認しておくと安心だろう。 たとえばGalaxyの場合、[アカウントとバックアップ(Android 8までは、クラウドとアカウント)]>[バックアップと復元]>[Google アカウント]欄[データのバックアップ]をオンにする。 この下に[バックアップアカウント]欄があるので、バックアップをとりたい(利用中の)Google アカウントを選択しておこう。 Google ドライブへの自動バックアップの対象となるものは以下のとおり(Google 公式サポートより)。 ・Google コンタクトのデータ• ・Google カレンダーの予定と設定• ・Wi-Fi ネットワークとパスワード• ・壁紙• ・Gmail の設定• ・アプリ• ・ディスプレイ設定(明るさ、スリープ)• ・言語と入力の設定• ・日付と時刻• たとえばGalaxyの場合は「Google アカウント」のほか、「本体」と「Galaxy アカウント」にも保存が可能だ。 保存先が複数ある場合には、連絡先の新規作成時に選択できるほか、各連絡先の詳細や編集のメニューから保存先の移動が可能。 ただ、あちこちに分散して保存すると機種変更時に作業が面倒なほか、バックアップも煩雑になるので1カ所にまとめておきたいところだ。 基本的には機種に依存しないGoogleアカウントに保存しておけば自動バックアップにも対応しており管理しやすい。 だがSNSにしてもゲームにしても音楽アプリにしても、基本的には各アプリにアカウントとパスワードが存在し、同じアカウントとパスワードを使えばほかの端末からも引き続き使えるので、 各アプリのアカウントとパスワードをしっかり管理しておこう。 PCでバックアップ ここからは、スマホだけでなくPCと連携して保存する方法を紹介する。 スマホの標準機能でバックアップが取れないデータを保存したい場合や、日常的にPCを使っている場合などはこちらの方法が使いやすいだろう。 ・PC上で写真や音楽などのさまざまなデータをまとめて整理できる。 ・外付けハードディスクなども併用して保存すれば比較的大容量のデータを管理できる。 ・PCが必要。 ・スマホ単体で自動バックアップを行うのと違い、PCへの接続が必要となるので若干手間がかかる。 うっかりバックアップを忘れていると、万が一の場合に最終バックアップからの差分が失われてしまうことにもなるので注意しよう。 【iPhoneの場合】 MacでもWindowsでも、 端末のほぼすべてのデータと設定のバックアップが可能だ。 おすすめの設定は「自動同期なし」だ。 設定方法は、iTunesを起動し、「環境設定」(Windowsの場合は「編集」>「環境設定」)>「デバイス」で「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れる。 「自動同期あり」のままだと、iPhoneをPCに接続した際に自動的に同期が開始され、上書きによってデータが消えたり重複してしまう可能性があるので注意が必要だ。 ・Androidの場合、SDカードを利用できる機種なら専用アプリで定期的にバックアップを取得することができ、PCにバックアップを取るよりも手軽に行えるのが魅力。 機種変更時もSDカードを挿し替えればいいだけなのでデータ移行を比較的簡単にできることもポイント。 ・大容量のSDカード、SDカードの買い替えなどで多くのデータを保存できる。 ・SDカードや外部ストレージ自体の破損や紛失の可能性。 ・SDカードが利用できないAndroidスマホやiPhoneでは都度ストレージに接続し、手動でのバックアップが必要になるので若干手間がかかる。 この場合、スマホ単体での自動バックアップを使いつつ、機種変更などのタイミングで、念のために外部ストレージへのバックアップも行うなど、補助的に使うのがいいだろう。 外部ストレージについては、容量、サイズ、携帯性などで幅広い選択肢があり、最近では充電のついでに自動でバックアップを取ってくれる商品も人気だ。 ・スマホのアプリだけでバックアップできる。 ・バックアップに特化しているため、スマホの標準機能よりもメニューがシンプルでわかりやすいものが多い。 ・バックアップするデータを細かく指定できる場合も多いので、iCloudやGoogle アカウントではなにがバックアップされているのかわからず不安だという人にもおすすめできる。 ・バックアップしたデータのセキュリティはサービスに依存する。 ・アプリごとに操作方法が異なり、またアプリによっては操作が複雑な場合がある。 ・データの大きさによってはバックアップに時間がかかることがある。 ・大容量データの場合は、Wi-Fi環境でないとデータ通信料が高くなってしまう可能性がある。 iPhone・Androidともに、代表的な「JSバックアップ」をはじめ、今ではたくさんのバックアップアプリが存在する。 アプリにもよるが、専用クラウドサーバーのほか、Dropboxなどのオンラインストレージにバックアップを行えたり、SDカードへのバックアップが可能なサービスもある。 ただ、一度に大量のバックアップを取ると時間や通信量を消費してしまうことがあるので、こまめにバックアップを取ったり、Wi-Fi環境下でスマホの充電がしっかりされている状態で行うといいだろう。 auユーザーなら「データお預かり」アプリ auの公式アプリ「データお預かり」は、Androidにはプリインストールされている。 iPhoneの場合はApp Storeからダウンロードして利用でき、スマートフォンの中のアドレス、写真、動画などの情報をauサーバーが預かる。

次の

新しいAndroidへの機種変更前のデータ移行の準備|AQUOS:シャープ

スマホ ブックマーク バックアップ

問題点 Androidで従来まで標準とされていたブラウザ、通称『標準ブラウザ』 地球マークのやつです。 がAndroid4. 3までのサポートとなりました。 このため、Android5. x以降の新端末にはインストールされていません。 インストールすることもできません。 Googleでは、標準ブラウザはchromeに一本化ということになりました。 Chromeは新しい端末には初期インストールされています。 こんな変更をするにも関わらず、簡単な移行機能は提供されていません。 少し前のバージョンであればchrome スマホアプリ版 にインポート機能もあったようですが、今は機能が削除されています。 ネット上には『こうすれば簡単にアプリで移行可能です!』という手順もありますが、古い情報で2016年年初現在ではうまくいきません。 このせいで解決までに余計に時間がかかりました。 私は、docomoの端末でしたのでdocomoのホームページを元に、『ドコモバックアップ』を使用して、旧端末でバックアップを取得しました。 問題なくバックアップできます。 がしかし、新端末での復元時にエラーになります。 なぜって、移行先の標準ブラウザがなくなっているからですね。 Googleの対応もどうかと思いますが、ドコモさんもケア不足の感が否めないです。 他のキャリアさんはどうなのでしょうか。 スポンサーリンク 移行手順• HTMLファイルをSDカードに移動• SDカードをPCに接続• PC上のChromeでHTMLファイルをインポート• 新端末のChromeと同期 ということに流れになります。 以下、詳細手順になります。 起動すると標準ブラウザのブックマークが表示されます。 右下のメニューボタン(縦に点が並んでいるボタン)を押すと、下部にボタンが現れます。 「Backup」ボタンを押すと、HTMLファイルにバックアップが取得されます。 上記画面は、標準ブラウザがない状態での結果ですので、0件(0 bookmarks saved)になっていますが、通常はバックアップした件数が表示されます。 HTMLの出力先ですが、メニューボタンの「Settings」から確認、変更が可能です。 や、などを使用して、SDカード内の任意のフォルダにファイルをコピーまたは移動します。 SDカードのファイルをローカルドライブの任意のフォルダにコピーします。 起動後、ログインしていない場合は、Google アカウントでログインします。 設定メニューから「ブックマーク」-「ブックマークと設定をインポート」を選択します。 リストボックスで「HTMLファイルをブックマークに登録」を選択し、移行するHTMLファイルを選択すると、Chromeにブックマークがインポートされます。 スマートフォン側であらためてインポート等行う必要はありません、 スマートフォンで追加したブックマークがそのまま、PCでも利用可能になり便利です。 常に同期を行う設定にしておくことをお勧めします。 以上が、旧端末の標準ブラウザのブックマークを移行する方法でした。 記事執筆以降、もっと簡単な移行機能がサポートされるようになるかもしれません。 ぜひ、そうなって欲しいですが、現時点での移行方法手段の一つとして参考にしていただければ幸いです。 yamatowwiw.

次の

【機種変更】Xperiaのデータバックアップとデータ復元方法

スマホ ブックマーク バックアップ

ゲーム等のアプリデータなどは、アプリ毎にバックアップ方法が異なり、Android OS標準のバックアップ機能だけでデータをバックアップできるもの、できないものがある為、こちらも事前に確認しておきましょう。 STEP1. 設定アプリからバックアップ項目をタップ 今回使用する機種は「Xperia 1」です。 なお、機種によって画面や項目名が多少異なる場合がありますが、おおよそ同じ手順で実施できます。 STEP2. Googleアカウントへログインし、バックアップを実行する バックアップから「今すぐバックアップ」を押すと バックアップが開始されます Googleアカウントにログインされていれば、「今すぐバックアップ」が表示されているので、タップすると自動バックアップが開始されます。 以上の手順で、Android OS標準のバックアップの設定は完了です。 STEP3. 新機種でバックアップデータを復元する Android OS標準のバックアップなら、通話履歴、連絡先、アプリ、写真と動画(Googleフォト経由)、Wi-Fiのパスワード、ブックマーク、各種設定、同期しているアプリのデータなどが 自動的にバックアップされます。 Googleアカウントと紐付けされているものしかバックアップを取ることができませんが、一番簡単な方法です。 復元をする際は、新しいAndroidスマホを起動してから、 バックアップを取っているGoogleアカウントでログインするだけでデータの復元が始まります。 専用バックアップアプリを使ってバックアップから復元までの方法 専用バックアップアプリを使う方法 専用バックアップアプリを使ってバックアップから復元までの方法を見ていきましょう。 Android OS標準のバックアップではできない場合もある、SDカードやパソコンへのバックアップデータ保存を専用のバックアップアプリなら簡単に出来ます。 SDカードにバックアップデータを保存したい場合は、アプリを使うのがおすすめです。 バックアップアプリにもさまざまな種類がありますが、ここでは代表的な「 JSバックアップ」を例に、手順などを説明していきます。 「JSバックアップ」で選べるデータのバックアップ先は以下のとおりです。 ・SDカード ・オンラインストレージ(GoogleやDropbox ・パソコン Android OS標準のバックアップとは違い、復元時も再度「JSバックアップ」アプリをインストールして復元しないといけない手間があります。 また、Android OS標準のバックアップ同様ゲーム等のアプリデータなどは、アプリ毎にバックアップ方法が異なる場合があるので事前に必ず確認しておきましょう。 それでは、専用バックアップアプリを使いバックアップを取っていきましょう。 STEP1. バックアップ先を指定したら、「バックアップ」ボタンをタップします。 これでバックアップがスタートします。 今回はSDカードを選択しました。 バックアップを押すと、バックアップが開始される バックアップが終わると「バックアップが完了しました」と表示がされます。 データの量にもよりますが、かなり時間がかかる場合もあります。 今回はバックアップしておくデータ容量が少なかった為、約10分程度でバックアップが完了しました。 睡眠時間等を利用してバックアップをとることをおすすめします。 以上で、アプリを使ったバックアップの手順は終了です。 STEP3. 「JSバックアップ」を使ってデータを復元する JSバックアップアプリで「復元する」から進む データを復元する場合は、JSバックアップをインストール後、SDカードを挿入したAndroidスマホでアプリを起動して「復元する」をタップします。 次の画面で「復元スタート」を押すことでバックアップされたデータを復元することができます。 なお、JSバックアップでは、Wi-Fi経由でパソコンにバックアップを取り、データの移行を行える機能もあるので自分に合ったバックアップ方法を選んでみてください。 LINEのトーク履歴やゲームアプリのプレイデータはどうなる? アプリのデータについて 機種変更の際に写真や電話帳などの基本データ以外にも、LINEのトーク履歴やゲームアプリのプレイデータの引き継ぎについても気になる方が多いのではないでしょうか。 順を追って解説していきます。 LINEのトーク履歴引き継ぎについて LINEのトーク履歴は、新しいスマホで同じアカウントを使えば、自動的にトーク履歴が引き継がれるわけではありません。 アプリで事前にバックアップを取っておく必要があります。 Android版のLINEでは、トーク設定にある「トーク履歴をバックアップ」を使用することで、LINEトーク履歴のバックアップを行うことができます。 詳しくは以下の記事を参照してください なお、Androidスマホは、機種によって仕様が異なります。 説明書やメーカーのサポートWebサイトにも目を通しておくと安心です。 ゲームアプリのプレイデータ引き継ぎについて ゲームのプレイデータについてもアプリ毎にバックアップデータを取らないといけない場合があります。 今回は、大人気ゲーム「PUBG mobile」のバックアップを試しに確認してみました。 PUBG mobileのプレイデータについて PUBG mobileの場合、アカウントに紐づけてデータをバックアップしてくれています。 そのため、特別なバックアップ等の作業は必要なく、アカウントでログインすれば新しいスマートフォンでもそのままデータを引き継ぎプレイすることが可能です。 Twitterと連動させておけば、新しいスマートフォンに変えても再度PUBG mobileからTwitterアカウントにログインするだけで、データを引き継げそのまま遊び始めることができます。 LINEのトーク履歴やゲームアプリ等のバックアップは必ず、保存したいアプリ毎にバックアップ方法を確認しておきましょう。 まとめ 失敗しないバックアップから復元を行おう Androidスマホのバックアップ方法を解説してきましたが、是非この機会に一度バックアップを取ってみてください。 今回ご紹介してきた、「OS搭載機能を使うバックアップ」と「アプリを使うバックアップ」方法以外にも、キャリアが提供しているバックアップツール(ドコモデータコピーアプリやauバックアップアプリなど)もあります。 自分に合ったバックアップ方法を選んで、確実にデータをバックアップしていきましょう。 機種変更の際のデータ移行時はもちろんのこと、スマートフォンの破損・水没・盗難・紛失などのトラブルの際にバックアップデータがあるとないのでは状況が大きく変わってきます。 大切なデータは、小まめにバックアップを取ったり、絶対に無くしたくないデータは自動バックアップ設定にしておくなど、快適にスマホを使えるように事前に備えておきましょう。 販売サイトはこちら.

次の