車中泊電気毛布。 キャンプにおすすめの電気毛布とは?カーペットよりも便利?使えるポータブル電源(モバイルバッテリー)など

車中泊やキャンプで使える電気毛布おすすめ9選 充電式やUSB接続、DC12V対応など幅広い電源の電気毛布を紹介

車中泊電気毛布

ポータブルバッテリーの良さは? 一番の良さは、車のバッテリー上がりを気にせず、容量の大きい電気製品も使えることです。 また、 車中泊などの場合は、ガスバーナーでお湯を沸かす必要がなくなるのは、かなり大きなポイントになります。 日本一周車中泊の旅をした時に、道の駅で車中泊をする場合などは、火気厳禁でガスバーナーが使えず、お湯を沸かす場所を探す羽目になります。 火を使える場所をキャンプ場以外で探すのは、かなり大変! 毎朝コーヒーを沸かして飲むのが日課だったので、電気ケトルなどが使えるポータブルバッテリーはかなり助かります。 最近のポータブルバッテリーは高性能で大容量なので、様々な用途に使うことができます。 では、次にポータブルバッテリーは様々な種類がありますが、何を基準に選んだらよいのでしょうか。 また、車中泊などでは電源の確保が難しいため、なるべく大容量のタイプが良いです。 400Whとは、1時間10W消費する商品が、40時間使えるという意味です。 自分が使いたい機器の1時間辺りの消費電力を調べておくと良いでしょう! また、大は小を兼ねるで、後々消費電力の大きい電気製品を使いたい場合も出てくることもあると思うので、蓄電容量は大きいに越したことはありません。 USBポート、ACコンセント、シガーソケットなど使用機器に合わせた使い方ができるかどうかは、大切なポイントになります。 ポータブルバッテリーをフル充電する場合の時間は、機種によりますが8〜9時間ほどかかります。 また、外のコンセントで充電する場合も場所が限られてきます。 災害時や長期の車中泊旅の場合に、太陽光で「ソーラー充電」できるのは大きなポイントです。 SmartTap「PowerArQ」のバッテリーがおすすめ! 2018年現在で、最もおすすめのポータブルバッテリーは、2017年に発売された「SmartTap社のPowerArQ」です。 実は、今までポータブルバッテリーで有名なブランドは、「suaoki」と「anker」でした。 そその牙城を崩すべく? 2017年突如「SmartTapのPowerArQ」がやってきました! SmartTapは、バイクや車などの車載ホルダーで有名な会社で、アマゾンなどでの評価も高いです。 おすすめ第1位:SmartTap「PowerArQ」 SmartTap「PowerArQ」は、先程のポータブルバッテリーの選び方の4つの項目• 400wh以上の大容量蓄電• 正弦波• 豊富なコンセントの種類• ソーラー充電 以上の条件を全て満たしています。 SmartTap「PowerArQ」のサイトに、分かりやすい比較表がありましたので、見てみたいと思います。 この表の他社S社と他社A社というのは、先程紹介した「suaoki」と「anker」でしょうね。 SmartTap「PowerArQ」が戦いを挑んでいる感じですね! この表を見る限り、SmartTap「PowerArQ」がどの項目でも勝っているのが分かります。 ただし、値段以外。 値段は、 SmartTap「PowerArQ」が、65,000円ほどで、「suaoki」と「anker」の商品は1万円から1万5000円ほど大体安くなっています。 1万5000円で、この性能格差ならばやはりSmartTap「PowerArQ」に軍配が上がると思います。 特に、電力容量が600Whは突出しており、容量的にも安心できます。 アマゾンの口コミ評価も高く、保証期間が2年間という長さは安心ですね。

次の

山善の電気毛布GETだぜ!ポータブル電源で使用検証してみました!

車中泊電気毛布

以前から車中泊愛好家などを中心に、などを活用してキャンプで家電を活用するユーザーはいたわけですが、近年の「」の出現によって、特にオートキャンプにおけるAC電源利用がとてもやりやすくなりました。 大容量のリチウムイオンバッテリーの採用により、ディープサイクルバッテリーなどより大幅な軽量化が図られています。 出力も家庭用AC電源に近い使い方ができるコンセントに加え、USB電源・シガーソケット出力などを備えたパッケージングがなされ、災害に備えた備蓄品としても注目を集めている点も見逃せません。 ただ消費電力の制約はあるので家電なら何でも使えるわけではありませんが、冬キャンプなら定番の、夏キャンプならや特に家電などを動かすのに十分な容量があります。 キャンプ場でノートPCを長時間使いたい場合などにも威力を発揮してくれるので、大きめの画面でお子さんと一緒に映画を見たり。 PCを使う仕事をされている方であれば、キャンプ中に発生した不意のお仕事にも十分活用できるわけです。 満充電状態のANKERのPowerHouseであれば、電気毛布を弱モードにして使用すればカタログスペックに基づく理論値としては約80時間分は使えるはず・・・だったのですが、弱モードでスタートして深夜〜明け方に氷点下になった冬キャンプでの一晩(約8. 5時間)を乗り越えた バッテリー残量は、たったの「8%」でした。 この際のバッテリーの設置環境は暖房を切ったテント内で、シュラフの枕元のテントフロアにそのまま置いた状態でした。 テントフロア自体は、厚手のアルミシートやインナーシート、ラグなどで地面からの冷気自体はシャットアウトしていたのですが、テント内の室温としてはバッテリーにとってさすがに寒すぎたようです。 解決策は、ズバリ「 保温」です。 リチウムイオンバッテリーが効率よく働ける温度の状態にしてあげることが理に適っています。 とは言え低温帯では消費電力が大きくなるので、冬キャンプの環境でもこの温度帯の上の方の帯域で使えるような状況を用意します。 具体的には、ポータブル電源を丸ごと保温バッグに収納して稼働させました。 その際、ただ保温バッグに入れるのではなく使い捨てカイロや湯たんぽと一緒に収納して、ポータブル電源の稼働温度を保持することです。 使用した電気毛布は先にも記載した大型サイズの「ナカギシ・NA-013K」。 消費電力は 弱モードの5Wh想定で「敷毛布」としてエアマットを敷いたテントフロアに設置し、その上に冬用シュラフを置きました。 こちらの画像の出典は、湯たんぽメーカーのさんの「」ページにある湯たんぽの保温時間に関する部分から。 湯たんぽの熱量がかなりあるので、ソフトカバーに入れた湯たんぽをさらに厚めにタオルで包み、電源との間にさらに畳んだタオルを挟んで保温バッグを閉じて検証開始です。 使用時間帯は夜22時〜朝6:30あたりまでの約8. 5時間、テント内の最低気温は約マイナス3. 一泊なら「弱」ではなく「中」程度で快適に使えそうです。 余談ですが、リチウムイオンバッテリーを効率よく使うための温度設定について、たとえばiPhoneの発売元であるにはこのような記述があります。 」 いずれにせよ氷点下となる温度環境での使用には注意が必要であることが判りました。 冬キャンプでポータブル電源の性能を遺憾なく発揮させるには、とにもかくにも保温がポイントだということがよく理解できたと思います。 電気毛布との組み合わせについても、編集部では当初カタログスペックによる単純な消費電力計算だけで「冬キャンプでも十分余裕で使える!」と判断して実践してみましたが、そう簡単には問屋が卸してくれません。 冬キャンプでは夜間〜明け方にかけて氷点下になることが多いため、その点を考慮した対策がもっとも重要でした。 リチウムイオンバッテリーの温度特性や保温検証から見ても「人肌に近い温度帯で使う」ことがもっとも効果的に利用するためのヒントとなりそうです。 その点で、ポータブル電源を丸ごと保温する方法が実用的で、とりあえず使い捨てカイロは手軽に試せると思います。 また、今回実用的な電力残量を叩き出した金属製大型湯たんぽを使用される場合は、湯たんぽからの熱が伝わり過ぎないように注意してください(最悪の場合、発火事故などに繋がる可能性もあります)。 多少大きめの保温バッグを使う、併用するタオルを増やす等の措置をお忘れなく。 そして何より、この手の大容量ポータブル電源を備えておくと震災や災害時などで電気の供給がストップされた状態でもある程度の電力を確保できます。 特に、呼吸補助が必要でCPAPなどの比較的消費電力の少ない装置を使っている場合、備えておくと停電時などでも心強い味方になると思います。 しかし大容量とは言え、使える機器は消費電力によって制限されます。 使用可能な機器でも電力消費量が大きいものだとあっという間にバッテリー容量がゼロになるので、計画的な利用が必要になってくることは間違いありません。 例えばANKERのPowerHouseでは「ホットカーペット」は消費電力が多すぎて実用的なレベルでは使用できません。 基本的に「高出力の熱を発生させる」家電製品の使用は消費電力も大きいので、使用機器の消費電力を事前にチェックした上でポータブル電源の自分なりの利用方法を決めておくと良いでしょう。 なお冬キャンプでスマホのバッテリーの無駄な消費を抑えるには、就寝時はシュラフ内に入れる(破損に注意)・カイロと共に保温バッグに入れる(カイロはタオルに包むなどして直接スマホに触れないように)などの対策を取るといいでしょう。

次の

車中泊のバッテリー!ポータブル電源おすすめは?大容量など選び方も

車中泊電気毛布

ポータブルバッテリーの良さは? 一番の良さは、車のバッテリー上がりを気にせず、容量の大きい電気製品も使えることです。 また、 車中泊などの場合は、ガスバーナーでお湯を沸かす必要がなくなるのは、かなり大きなポイントになります。 日本一周車中泊の旅をした時に、道の駅で車中泊をする場合などは、火気厳禁でガスバーナーが使えず、お湯を沸かす場所を探す羽目になります。 火を使える場所をキャンプ場以外で探すのは、かなり大変! 毎朝コーヒーを沸かして飲むのが日課だったので、電気ケトルなどが使えるポータブルバッテリーはかなり助かります。 最近のポータブルバッテリーは高性能で大容量なので、様々な用途に使うことができます。 では、次にポータブルバッテリーは様々な種類がありますが、何を基準に選んだらよいのでしょうか。 また、車中泊などでは電源の確保が難しいため、なるべく大容量のタイプが良いです。 400Whとは、1時間10W消費する商品が、40時間使えるという意味です。 自分が使いたい機器の1時間辺りの消費電力を調べておくと良いでしょう! また、大は小を兼ねるで、後々消費電力の大きい電気製品を使いたい場合も出てくることもあると思うので、蓄電容量は大きいに越したことはありません。 USBポート、ACコンセント、シガーソケットなど使用機器に合わせた使い方ができるかどうかは、大切なポイントになります。 ポータブルバッテリーをフル充電する場合の時間は、機種によりますが8〜9時間ほどかかります。 また、外のコンセントで充電する場合も場所が限られてきます。 災害時や長期の車中泊旅の場合に、太陽光で「ソーラー充電」できるのは大きなポイントです。 SmartTap「PowerArQ」のバッテリーがおすすめ! 2018年現在で、最もおすすめのポータブルバッテリーは、2017年に発売された「SmartTap社のPowerArQ」です。 実は、今までポータブルバッテリーで有名なブランドは、「suaoki」と「anker」でした。 そその牙城を崩すべく? 2017年突如「SmartTapのPowerArQ」がやってきました! SmartTapは、バイクや車などの車載ホルダーで有名な会社で、アマゾンなどでの評価も高いです。 おすすめ第1位:SmartTap「PowerArQ」 SmartTap「PowerArQ」は、先程のポータブルバッテリーの選び方の4つの項目• 400wh以上の大容量蓄電• 正弦波• 豊富なコンセントの種類• ソーラー充電 以上の条件を全て満たしています。 SmartTap「PowerArQ」のサイトに、分かりやすい比較表がありましたので、見てみたいと思います。 この表の他社S社と他社A社というのは、先程紹介した「suaoki」と「anker」でしょうね。 SmartTap「PowerArQ」が戦いを挑んでいる感じですね! この表を見る限り、SmartTap「PowerArQ」がどの項目でも勝っているのが分かります。 ただし、値段以外。 値段は、 SmartTap「PowerArQ」が、65,000円ほどで、「suaoki」と「anker」の商品は1万円から1万5000円ほど大体安くなっています。 1万5000円で、この性能格差ならばやはりSmartTap「PowerArQ」に軍配が上がると思います。 特に、電力容量が600Whは突出しており、容量的にも安心できます。 アマゾンの口コミ評価も高く、保証期間が2年間という長さは安心ですね。

次の