ルカ ヨ ヴィッチ ウイイレ。 【(ウイイレアプリ2020)おすすめ金玉最強選手一覧(ポジション別)】レベマで黒玉を超える最強選手たち!確定スカウトあり<随時更新>

【ウイイレ2020/ウイニングイレブン2020】ヨヴィッチ/ルカヨヴィッチ【確定スカウト/選手能力/レベマ/FP】

ルカ ヨ ヴィッチ ウイイレ

選手スキル• 軸裏ターン• ヘッダー• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• チェイシング• スーパーサブ 選手長所• 能力値は、OFセンスが93、決定力、スピード、ヘディング、瞬発、キック力、スタミナも90以上と優秀です。 プレースタイルはボックスストライカーで、余り動き回らずに中央でボールが来るのを待つ選手です。 ボックスストライカーが発動するポジションはCFです。

次の

【(ウイイレアプリ2020)おすすめ金玉最強選手一覧(ポジション別)】レベマで黒玉を超える最強選手たち!確定スカウトあり<随時更新>

ルカ ヨ ヴィッチ ウイイレ

既報通りアイントラハト・フランクフルトは火曜、ルカ・ヨヴィッチがレアル・マドリードへと移籍することを発表した。 セルビア代表FWは来季からスペインでプレーするため、これからメディカルチェックを受けることになる。 「プレーの面で考えれば、ルカ・ヨヴィッチの抜けた穴は非常に大きなものさ」と、マネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏はコメント。 「彼の爆発力や決定力は、欧州でも話題となっていたのだしね。 それにこの2年間で我々が彼から受けていた恩恵は、決してその得点の数だけではない。 しかしながら、金銭面でいえば我々には限界値というものもあるんだ」と説明した。 「我々アイントラハト・フランクフルトにとって、これは1つの重要かつ良い移籍である。 彼は素晴らしいキャリアを歩む、その素質をもった選手だ。 そしてその道筋に我々がこれまで導くことができたことを誇りに思うよ」 なおスペインのマルカ紙が今週はじめに報じたところによれば、レアル側は移籍金として7000万ユーロにまで引き上げた模様。 なおそのうちの3割は、前の所属先であるベンフィカへと支払われる。 今、最も読まれているベスト5!• 2020年6月26日 に投稿された カテゴリ:• 2020年6月26日 に投稿された カテゴリ:• 2020年6月26日 に投稿された カテゴリ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,• 2020年6月26日 に投稿された カテゴリ: , ,• 2020年6月26日 に投稿された カテゴリ: , ,• 週間ランキングベスト5• 2020年6月22日 に投稿された カテゴリ:• 2020年6月22日 に投稿された カテゴリ:• 2020年6月25日 に投稿された カテゴリ:• 2020年6月22日 に投稿された カテゴリ:• 2020年6月24日 に投稿された カテゴリ:• ブンデスリーガ・各チーム情報• 1,058• 2,850• 178• 877• 1,009• 979• 1,423• 999• 150• 831• 1,049• 770• 1,084• 1,352• 711• 738• 2,411• 1,149• 501• 1,095• 2,201• 1,067• 1,234• 1,107.

次の

【ウイイレアプリ2020】FPルカ ヨヴィッチ(2/24)の能力値と評価

ルカ ヨ ヴィッチ ウイイレ

ルカ・ヨヴィッチの特徴・プレースタイル シュート技術が高い。 左右両足・ヘディングからゴールを奪える ヨヴィッチの大きな特徴は、シュート技術の高さです。 左右両足・ヘディングとどの部位からでもゴールを奪える能力があります。 現に、データでも表れています。 18-19シーズンでは、 ブンデスリーガ2位タイの17ゴールをあげ、ELでは2位タイの8ゴールを記録しています。 また、第8節のデュッセルドルフ戦では、1試合5得点。 1963年から始まるブンデスリーガの歴史上、14人しか成し遂げていない偉業です。 データでも分かるように、 ヨヴィッチには高い得点能力とシュート技術が兼ね備えられています。 チャンスメイカーとして動ける万能さ ヨヴィッチは得点能力が高いのはもちろんですが、 エゴ的なストライカーではなくチャンスメイカーとしても機能します。 味方を「使う」ことも「使われる」こともできる選手です。 イメージとしては、ベンゼマのイメージに近いです。 ベンゼマも黒子役からストライカーまで演じられる万能選手。 ヨヴィッチもベンゼマのような素質があるので、19-20シーズンからのレアル・マドリードではどのようなパフォーマンスを披露するか見どころです。 その後、ヨヴィッチの才能に目をつけたベンフィカが獲得に動き、当初は移籍に難色を示していたものの、深刻な財政難だったレッドスターは600万ユーロで合意。 ベンフィカで活躍を期待されていたヨヴィッチですが厚い選手層に阻まれ、 トップチームでの出場は2試合に留まりました。 そして2017年6月、運命を変えたフランクフルトへレンタル移籍を果たし大きく飛躍しました。 過去のクラブチーム 2014-2016 レッドスター 2016-2019 ベンフィカ 2017-2019 フランクフルト(レンタル期間も含む) 2019- レアル・マドリード まとめ レアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチについてでした。 レアル・マドリードでは、ベンゼマと激しいポジション争いをしなければなりません。 ベンゼマは、実力・実績ともに優れたプレイヤーです。 ポジションを奪うことは一筋縄ではいかないでしょう。 でも、ヨヴィッチには若さがあるので、プレッシャーに負けずフレッシュなサッカーを展開して欲しいところです。 果たして、ヨヴィッチの将来はどうなるのか?サッカーファンの方は、楽しみに見守りましょう。

次の