グローバル スタンダード と は。 グローバルスタンダードとは?意味・解説・使用例:ビジネス用語・経済用語

グローバルスタンダードとは?意味・解説・使用例:ビジネス用語・経済用語

グローバル スタンダード と は

グローバル・スタンダードとは何のスタンダードか グローバル・スタンダードとは和製英語であり、「世界標準」と翻訳されるものの、何かしら明確な「スタンダード」が取り決められているわけではありません。 国際工業規格や国際会計基準などの国際標準から派生して生まれた言葉で、主にこの「グローバル」はアメリカを指している場合が多い傾向にあります。 それは例えば年功序列賃金制度や終身雇用制度をやめて、能力主義に移行していったのもこのグローバル・スタンダードに基づくものです。 グローバル・スタンダードの注意点 グローバル・スタンダードを理解する上で注意すべきなのはその使い方です。 この言葉は国際標準にとどまらず、企業活動や経営手法、経営システムなどにまで使われるようになっています。 しかしあくまで「グローバル・スタンダード」という一定のルールや標準があるわけではないため、国際標準以外にこの言葉を使う場合には「意味が曖昧としている」という点に留意しなくてはいけません。 グローバル・スタンダードとデファクト・スタンダード グローバル・スタンダードにも種類があり、そのひとつがデファクト・スタンダードという言葉です。 これは「事実上の標準」と訳すことができます。 商品サイクルの早い分野においては、何年もかけて整備をするよりも「今使われている規格や基準」をそのまま「業界の標準」にする方が実用性が高くなります。 このときの「業界の標準」こそデファクト・スタンダードです。 仕事を世界標準に近づける 自分の仕事の水準を「グローバル・スタンダード」に保っておけば、仕事の質は自然と向上します。 グローバル・スタンダードの意識を日常に取り入れて、ビジネスパーソンとしてレベルアップしましょう。

次の

グローバルスタンダード4(GS4)の試験を5/1に開始|IC3公式サイト

グローバル スタンダード と は

投稿:2016年11月29日 世界標準。 世界基準。 国際標準規格。 【使用例】 『経済の国際化は、グローバルスタンダードのもとでの競争を促進させる。 』 国際的に共通している理念やルール。 経済の国際化に伴い、日本独自の技術やシステムに対する言葉として使用されることが多い。 ISO等、国際規格を指して用いられる場合もある。 グローバルスタンダードとは、世界標準・世界基準・国際標準規格、あるいは国際的に共通している理念やルール、システムのことです。 ある国や特定の地域など、限定された範囲ではなく、世界的規模で普及・定着・通用されている基準や規格、ルール、システムを指します。 ちなみに、市場において民間企業の決めた規格や技術などがグローバルに広がり、事実上の標準となったものはデファクト・スタンダードと呼びます。 グローバルスタンダードという言葉は、もともとはISO等、工業規格、技術的な国際標準規格や、また会計基準などを指していましたが、経済の国際化、ボーダーレス化に伴って、金融システムや経営システム・経営手法など国際的に共通している理念やルールのことも含めるようになりました。 しかし、マネジメント手法や経済システムの「グローバルスタンダード」の取り決めに関しては、国際的なルールが確立しているわけではなく、その普及率も曖昧です。 経済的な分野では、欧米、ことにアメリカの方式がグローバルスタンダードとして通用しているケースが多いようです。 その背景には、長年パックスアメリカーナを目指し、行動してきた成果である、世界におけるアメリカの影響力の大きさというものもあるのでしょうね。 日本では、1990年代以降から、日本独自の技術やシステムに対する言葉として「グローバルスタンダード」が多用されるようになりました。 ボーダーレス化する国際経済のなかでは、グローバルスタンダードのもとで競争をしていかざるを得ませんが、一方で、やはり地域的な特性も存在しますから、グローバルな基準に従いつつも、地域の特性に合致したシステムを構築することも重要になってきますね。 日本発祥の寿司や柔道も国際化して久しいですが、寿司ネタや柔道のルールの「グローバルスタンダード化」には、もっと日本的な基準を取り入れるよう要求してもいいかもしれません。

次の

グローバルスタンダードとは何か ビジネス上での意味と例文

グローバル スタンダード と は

将来の子供たちは「昔は学校が4月から始まってたらしいよ」と言うのかもしれない。 新型コロナウイルス感染対策により休校措置が全国的に続く中、学校の新年度を欧米と横並びの9月に変更するよう求める動きが広まっている。 4月29日に開催された全国知事会では、「グローバルスタンダードである9月入学の方向性を国として目指すべき」(吉村大阪府知事)といった意見が大勢を占め、政府に対して検討を求めることを決議。 同日の予算委員会では安倍首相が9月入学について「様々な選択肢を検討していきたい」と前向きな意向を示した。 この流れに乗って日本が9月入学に移行した場合、これまで当たり前だと思われていた慣習がひとつ、姿を消す可能性があるという。 その慣習とは何なのだろうか? 「ずばり『早生まれ』という言葉が使われなくなるかもしれません。 それが9月入学に移行した場合、法律が変わらなければ学年の区切りも9月1日に変わるはず。 それが9月入学になればこれまでとは逆に、9〜12月生まれのほうが少数派となる。 そうなると今度は「遅生まれ」という表現のほうが一般的になるのかもしれない。 (北野大知).

次の