コロナ ウイルス いつまで 続く か。 新型コロナウイルスはいつまで続く?自粛はいつ終わる?最新情報を調査 | 毎日が新しい日

最新版【新型コロナウイルス】 いつまで続くのか、 旅行はどうなる?

コロナ ウイルス いつまで 続く か

山中伸弥教授(写真:石田高志) 安倍晋三首相は2020年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため緊急事態宣言を発令しました。 対象地域は東京を含む7都府県(神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)で、期間は4月8日から5月6日までの約1カ月です。 1カ月という期間を長いと感じるか短いと思うか、捉え方は人それぞれでしょう。 確実に言えるのは、このウイルスは人間の都合など全くお構いなしだということ。 暖かくなれば感染拡大のペースが落ちるのではないかという、当初の楽観論も最近は聞かれなくなりました。 では、新型コロナの影響は一体いつまで続くのでしょうか。 「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 ランナーでもある山中教授が「マラソン」という言葉を使った真意を、私なりにデータを基に考えてみました。 世界の感染データを検証すれば、今後の趨勢がある程度予測できるからです。 米Johns Hopkins大学のデータより。 「現感染者数(Active cases)」=「累計の感染者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」 現感染者数が世界で最も多いのは米国の28万9798人でした。 死亡率は2. 4%と世界平均(5. 8%にとどまっているのはまさに今、感染が爆発的に増えている証拠でしょう。 Trump大統領は3月31日、厳しい行動制限などの対策を打ったとしても米国内の死亡者数が最終的に10万から24万人になるとの見通しを発表しました。 米国に次いで現感染者数が多いのはヨーロッパ諸国です。 2週間ほど前から感染が爆発的に広まったイタリアとスペインが8万人台、その下にドイツとフランスが6万人台で並びます。 これらの国はまだまだ予断を許しませんが、治癒率が10%から20%台の後半になっている点が米国と大きく異なります。 医療体制が整ってくれば、現感染者数も少しずつ減っていくはずです。 「現感染者数」では既に日本と中国が逆転 私が注目したのは中国のデータです。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生国であり、累計の感染者数は8万人を大きく超えているにもかかわらず、現感染者数は2116人にとどまります。 この数は日本の現感染者数(2548人)よりも少なくなっているほどです。 「中国の統計データは信用できない」と考える人は少なくありません。 気持ちは分かりますが、国際的に見れば日本の検査数が少ないことも否めない事実です。 そもそも国民全員を対象にPCR検査をすることは物理的にも経済的にも不可能であり、検査品質を世界で統一することもできません。 結局、各国政府が公表しているデータを「正しい」と信じるしかないのです。 関連記事: 中国に関して間違いなく言えるのは、感染防御に向けて世界のどの国よりも厳しい措置を取っているということ。 感染の発生源である武漢市(湖北省)は1月23日から封鎖(4月8日に76日ぶりに封鎖が解除される予定)。 北京や上海など国際都市も含め、海外から来た人は外国人であっても強制的に2週間隔離しています。 スマートフォンの位置情報を使って、感染の疑いのある人が今どこにいるかを示すアプリまで登場しました。 先進国であればプライバシーの侵害だと大問題になるのは必至です。 そうした批判も顧みず強権を発動できるのが中国という国であり、感染防御という側面ではそれが効果的に働いたことは事実です。 中国でも感染拡大の「第1波」を乗り越えられただけ では、中国は新型コロナウイルスを克服できたのでしょうか。 図1に中国における感染者数と死亡者数の推移をグラフで示しました。 これを見れば、中国では感染のピークが過ぎたことが分かります。 欧州疾病予防管理センター (ECDC)が公開している国別感染者データ(the geographic distribution of COVID-19 cases worldwide) ただし、感染者をゼロに封じ込めた状況とはなっていません。 ピーク時は1日に1000人以上の新規感染者が発生していましたが、3月中旬から100人未満となり、下旬には1日の新規感染者数が10人から20人台の日が続いていました。 ところが、3月末から再び100人を超える日が増えてきたのです。 中国政府は人民に対して厳しい外出規制を課してきましたが、3月に入ってから状況に応じて都市ごとに規制を緩めました。 その結果、週末になると商業施設や観光施設が混雑するようになりました。 感染の第2波がやってくるリスクが、ひたひたと高まっているのです。 WHOの基準ではウイルスの潜伏期間の2倍の期間、感染者が新たに発生しなければ終息宣言となります。 新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間とみられていることから、少なくとも4週間、感染者数がゼロにならない限り、ウイルスとの闘いは終わりません。 独裁的な中国共産党をもってしても、感染者数をゼロにするのは至難の業です。 21世紀の世界では、人の往来を完全にシャットアウトすることは誰にもできません。 つまり非常事態宣言を出して感染拡大の第1波を乗り越えられたとしても、新型コロナウイルスを完全に封じ込めるには相当長い期間がかかるのは(残念ながら)間違いありません。 山中教授が「1年は続く」と指摘したのは、感染力の極めて高いSARS-CoV-2ウイルスの本質を見抜いているからです。 もちろん、バイオテクノロジーを駆使すれば、効果的なワクチンや治療薬も開発できるでしょう。 ただ、その未来がやってくるには年単位の時間がかかります。 それまでの間、私たちは医療崩壊を防ぎながら、何とかしのいでいくしかありません。 山中教授は、ウイルスとの闘いをマラソンに例えました。 もはや、長期戦で臨むことを覚悟するしかありません。

次の

【新型コロナウイルス】2022年まで続くと予測!一体どうなる?世間の反応は|のんびり時間

コロナ ウイルス いつまで 続く か

コロナの影響はいつまで続くのか?旅行はどうなるのか? 今回の『新型コロナウイルス』での騒動前からゴールデンウィークを皮切りに、国内外へ旅行を計画されていた方も少なくないと思います。 今回はこういった方たちに向け、『新型コロナウイルス』による観光産業(旅行業含む)の今の現状と、今後の影響の範囲を広く、深く掘り下げて解説します。 『新型コロナウイルス』による観光業(旅行業)への影響 残念ながら現時点で、『新型コロナウイルス』は終息を見せるどころか全世界へと広がり続けている状況です。 現時点(4月15日発表)でアメリカは今後2年間、外出と移動を大なり小なり制限を行う可能性があると示唆しました。 こういった中、『新型コロナウイルス』が原因で、日本に留まらず世界的に深刻な影響をこうむっているのが観光(旅行)業界です。 以下内容は某報道番組で観光に携わる方のインタビューを記します• 日本のあるホテル関係者は『GWまでに需要は回復しないと思う。 夏の書き入れどきまでになんとか落ち着いてくれれば』と話しをしていました。 某大手旅行会社の関係者は『中東呼吸器症候群(マース/MERS)』の時は、(流行していた)韓国の代わりに台湾旅行をプロモーションできましたが、しかし今回は世界中に感染が広がっていて、どこにも誘導できない』と漏らしています。 世界各国は感染拡大を抑え込むために様々な対策を講じていますが、現状で観光関連の企業の多くは影響の長期化を見据える動きが出てきています。 旅行業界における今後の動向/H.I.S 日本の旅行業界の代表格でもある『H. S/エイチ・アイ・エス』。 『エイチ・アイ・エス』は、いち早く『新型コロナウイルス』の影響が長期化するとの見通しを示しました。 同社は今年3月2日、2020年10月期の連結売上高の見通しを1250億円下方修正を早々に行ないます。 重症急性呼吸器症候群(サーズ/SARS)やマーズ(MERS)が流行したときと同様に『新型コロナウイルス』も終息まで半年程度かかり、7月まで影響が及ぶと早々に算出しました。 旅行事業の20年10月期の売上高は期首予想より1260億円引き下げ、もともと同期の売上高は7940億円と、前の期比9. 9%増という高い目標を掲げていました。 19年に100%子会社化したカナダの旅行会社レッドラベル・バケーションズの買収効果や、羽田空港の発着枠拡大による旅行者増などを見込んでの数字だったのです。 しかし今回の『新型コロナウイルス』の感染拡大で目算が大幅に狂います。 2月の売上高は前年同月比で10%減少した上、3月の受注は40%減、4月分においては50~60%減と減少幅は更に拡大を続けている状態です。 同社は中国や韓国、イタリアなどに加えて、3月13日にはシェンゲン協定加盟地域へのツアーを中止を行います。 現時点で、『エイチ・アイ・エス』が旅行商品を取り扱っている国・地域の半数以上が、ツアー中止の対象になっているという現状です。 下方修正発表時より、ツアー中止の地域は拡大しており、通期の業績はさらに悪化する可能性を秘めています。 『ホテル事業』へも深刻な影響 『変なホテル』の現状 『変なホテル』を含むホテル事業も大変厳しいと思われます。 当初の見通しより15億円下方修正し、報道では『通常単価は1万円台後半から2万円程度だが、一時6000円前後で売っていたホテルもある』(同社広報担当者)という事です。 『長崎ハウステンボス』の現状 また、ニュースでご存知の方も多いと思うのですが、長崎県のハウステンボスの売上高については、50億円もの下方修正が行われております。 ハウステンボスはここ数年、入場者数が伸び悩んでおり、19年11月~20年1月の入場者数は前年比2. 8%減だったことに加え、今回の『新型コロナウイルス』の影響が重なった事が背景に在ります。 しかし、今回の下方修正には『新型コロナウイルス』における影響はまだ盛り込まれていないと言う厳しい現状があるみたいです。 ハウステンボスは既に2月29日から3月15日まで休園しており、現在も営業しているのは園内の一部に限られ、休園の影響を盛り込めば、さらに悪化する可能性があります。 『JTB』の現状 他の大手旅行会社も、現時点では業績見通しについて発表していないものの、影響は甚大であることが各社予想されています。 JTBはイギリスやロシアを含む欧州全域のツアーを4月23日出発分までを注視すると発表しました。 トルコを含む中東やアフリカ全域、オーストラリア、ニュージーランドなどのツアーも含まれています。 『日本旅行』の現状 日本旅行も欧州32カ国・地域を含むツアーを4月28日分まで中止を発表。 ロシアやオーストラリア、ニュージーランドなどを含むツアーも含まれています。 『近畿日本ツーリスト』の現状 近畿日本ツーリストでは、欧州のほか、エジプトやモロッコを含むツアーを4月26日まで中止していますt。 これは『新型コロナウイルス対策』で、世界的に入国や渡航を制限する動きが広がった結果です。 訪日客に支えられてきた各地の『インバウンド事業』における『観光業者』の打撃は予想をはるかに超える結果となりました。 それを今回の『新型コロナウイルス』の影響が大幅に上回る減少幅となったのは、3月に入り、各国の水際対策が一気に強化された事が原因です。 日本では、2月の時点で中国や韓国の一部地域の入国を制限していましたが、3月9日にはこれを中韓全域に拡大します。 3月21日には、欧州のほぼ全域も入国制限の対象になります。 欧米などで感染拡大が一気に深刻化したことで、各国でも渡航制限や外出自粛などの動きが加速し始めたのです。 まとめ 『観光業(旅行業含む)』はこれまで、SARSやMERS、米同時多発テロやイラク戦争など、感染症や国際情勢で大きな打撃を受けてきた経緯があります。 これを経験に各社は危機ごとにプロモーションをする地域を変えるなどを行い、今までは対応することもできました。 ただ今回の『新型コロナウイルス』による影響は今までとは様相が全く異なり、対象地域も全世界に広がりつつあり、『旅行業』は八方ふさがりの状態です。 経済では、今回取り上げた『観光産業』の他、『インバウンド事業』、『航空業』や百貨店などを含む『小売業』、『飲食業』を皮切りに、ありとあらゆる業界を瞬時に奈落の底へと導きだしている現状があります。 これは日本に留まらず、全世界に波及しているのが現状です。 つい先日までメディアは『コロナショック』を『リーマンショック』に次ぐ経済危機だと報道していましたが、現時点では『リーマンショック』どころか、人類が未だかつて経験した事のない未曽有の経済危機に直面しております。 こういった状況を踏まえ、現時点では日本のみならず、世界情勢を考えると、とても国内外への旅行は当面無理だということになります。 今は不要不急の外出を避け、各々『命』を守ることに専念する時だと私は考えます。 今こそ日本が、世界が一つになるべき時なのです・・ このたびの新型コロナウィルスに罹患された皆様と、感染拡大により生活に影響を受けられている皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。 早々に終息することを願うばかりです・・ 『コロナウイルス』に関する記事は をクリックして下さい。

次の

コロナウイルスっていつまで続くのでしょう?

コロナ ウイルス いつまで 続く か

新型コロナウイルスはいつまで続く? 前にアメリカの スピリチュアル超能力者シルビア・ブラウンが、著書で新型コロナウイルス発生を12年前に予言していたという記事を書きました。 今回はスピリチュアル予言者のほかにも、ビルゲイツや高嶋哲夫などが著書で新型コロナウイルスのことを予言していたのではないかと思われることについてまとめてみました。 収束時期については3月から収束に向かう、という楽観的なものから、何年も繰り返し起こる、という悲観的なものまでさまざまで何とも言えませんが、一度収束してもまた余波が来るというのが大方の見方です。 100年前に流行ったスペイン風邪は収束に2年以上かかったと言われています。 状況は違いますが、1年はかかる、そしてその後も小規模な余波が来る、と見たほうがよいかもしれません。 スピリチュアル超能力者の予言 ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ ババ・ヴァンガは1911年に生まれ1996年に84歳で亡くなったブルガリアの予言者。 「ババ」とはブルガリア語で「おばあちゃん」という意味だそうです。 ヴァンガは12歳のときに竜巻に飲み込まれ、両目を傷つけられて失明してから予知能力が身についたそうです。 今までに第二次世界大戦の勃発、チェルノブイリ原発事故、ソ連崩壊、ダイアナ妃の死去、アメリカ同時多発テロ事件、数々の地震、イスラム国の台頭などを予言したといわれています。 新型コロナウイルスについては亡くなる数年前に、「ネシュカ、コロナが私たちのいたるところにある」と語ったらしいです。 そのコロナが今回の新型コロナウイルスのことか?と言われているのですが真偽は定かではありません。 ババ・ヴァンガについてはの記事にも書いています。 【2020年】ノストラダムスがコロナウイルスを予言【都市伝説・オカルト】 — NAVER まとめ — タカヒサ XIwaJkcxr8eekwq また、1999年の予言は20年の誤差で、恐怖の大王は2019年の新型コロナウイルスのことではないかとも言われています。 ノストラダムスの大予言って解釈を変えると新型コロナの話みたいな気がするけどどう思います?。 アンゴルモアの大王=コロナ(王冠) 1999年=コビット19 歓喜のうちに=オリンピック その他原文の解釈でやったら符合するところが出るのでは? — 田中 皇介 kaettkita ビルゲイツや作家の新型コロナウィルスの予言 ビル・ゲイツ ビル・ゲイツは超能力者ではないですが、未来に起きるであろう疫病を予言していたようです。 これ、3年前のビルゲイツの予言。 3300万人が感染症で死ぬとな。 実現してしまうのか? 的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 さんから — m3alp 雪降ったぜいぇーぃ m3alp 2015年にビルゲイツ氏がウイルスについて話してて、これぞ天才。 「すぐに対策を講じるべき」とありますが、どの程度真剣に受け取られたのでしょうか。 ビルゲイツの話なのである程度注目されたと思うのですが、実際この時点で対策が進んでいれば今のような状況が防げたのかは分かりません。 一番の防御策は正しく知ること」と話す。 これは小説ですが、航空機で帰国した人たちのホテルへの隔離、学校の一斉休校、人気遊園地の休園など、作品の中に描かれたことが実際今回起こっていることと同じです。 まとめ ビルゲイツや高嶋哲夫さんは、予言というよりも現実に基づいてこのような事態を起こりうると予測し、発表しています。 人類の歴史を見ればウイルス感染が繰り返し起きることは分かっていたことなのでしょう。 いつどこで起きるかは分からないにしろ、また繰り返されるのだと思います。 ウイルス感染だけではないいろいろな災害がこれからも起きていくでしょう。 ただ、私たちが災害を助長する行動をとることは避けなければいけないし、環境を大事にして生活することは続けなくてはならないと思います。 私たち個人がができることは、免疫力を付けておくこと、物事に動じない精神力を持つこと、いつ何が起きるか分からないと腹をくくって毎日を大切に生きることぐらいでしょうか。

次の