ワクワクメール 機種変更。 ワクワクメールのデータ引き継ぎ方法を解説!機種変更、電話番号変更、携帯キャリア変更をした時にすべき方法

ワクワクメールはスマホ、パソコン、タブレット、どの端末もOK。

ワクワクメール 機種変更

ワクワクメールで「 この番号では登録できない」と通知がくる場合、ワクワクメールでのサポートエラーが考えられます。 ワクワクメール公式HPの右上、お問い合わせ欄から「ワクワクメール この番号では登録できない」と通知がくることを伝え、手動登録に切り替えてもらいましょう。 音声で「認証ができました」というアナウンスが流れたら、ワクワクメールの携帯電話番号の認証完了です。 登録ができない人は、携帯番号を正しく入力したか再確認してみてください。 携帯メールアドレス登録後に確認メールが返ってこない場合は、携帯のほうでドメイン指定やメール拒否になっている可能性があります。 設定欄から切り替えましょう。 携帯電話のドメイン指定、メール拒否の設定が難しくてよくわからない人はフリーメールでも登録可能ですので、フリーメールで登録してみるとよいでしょう。 com」を入力し「登録」を押す。 待ち受け画面に戻り、直接サイトへアクセスされるか、マルチボタンで別の機能を終了させてから、アクセスしてください。 com」を入力し、「登録」を押す。 com」を入力し、「登録」を押す。 WifiをOFFにして3G回線にする 2. 5000に本文1234でメッセージを送る 3. 返信されてきたメール設定URLにアクセス 4. com」を入力し、「登録」を押す。 com」を入力し、「登録」を押す。 端末の「Y! 」ボタンを押す 2. 「Yahoo!JAPAN」1番下の「設定・申込」 3. 「迷惑メールブロック設定」 5. 「標準」にチェックを入れて「OK」 2. 「受信許可リスト設定」 2. 設定移行の確認画面が出る場合には「許可リストへ移行」を選択 3. 利用設定「設定する」にチェックを入れ「 550909. com」を入力、「後」にチェックを入れる 4. softbank. My softbankにアクセス 2. 電話番号と暗証番号でログイン 3. 「メール設定 Eメール i 」 4. 「利用開始」をタップして次へ 2. 「追加」より、メールアドレスの一部の欄に「 550909. com」を入力、「後方一致」にチェックを入れて次へ 3. My softbankにアクセス 2. 電話番号と暗証番号でログイン 3. 迷惑メールブロックの設定「変更する」 5. 【Eメール】受信許可リスト設定 2. メールアドレスの一部の欄に「 550909. com」を入力、「後方一致」にチェックを入れて「設定する」 3. 「受け取る」にチェックを入れる 上記をすべて確認したら、画面下の「設定する」で完了 携帯番号の確認やアドレスのドメイン設定をしても登録できない時は? ドコモ、au、ソフトバンク以外の一部の機種で、登録ができない場合があります。 登録に対応していない機種に関しては、ワクワクメールサポートセンターより手動で登録が可能です。 詳しくは公式HP欄の右上の「お問い合わせ」からサポートメールへ、性別と電話番号と利用機種を伝えることで手動登録することができます。

次の

ワクワクメールで使える端末。スマホ、iPad。電話番号変更・機種変更について解説します。

ワクワクメール 機種変更

ワクワクメールのアカウントを利用している人で スマートフォンの機種変更や電話番号の変更、キャリアの変更をしたい場合 「ワクワクメールのアカウントは引き継げるの?」と気になる人が多いと思います。 ワクワクメールで購入したポイントが残っているのに、キャリアの変更や機種変更でアカウントの引き継ぎができなくなったらもったいないし、ワクワクメール特有の 「クラス特典」をゴールドやプラチナ、ブロンズに引き上げたのにまたノーマルに戻るなんて嫌ですよね。 ワクワクメールでは電話番号の変更を含めた機種変更やキャリアを変更した場合でも、アカウントを引き継げる仕様になっています! キャリア変更や機種変更、スマホの紛失など、状況に応じたワクワクメールのアカウント引き継ぎ方法を解説します。 機種変更、キャリア変更による引き継ぎ スマートフォンの機種変更・キャリア変更をして、 電話番号が変わらない場合、変わる場合のワクワクメールのアカウントの引き継ぎ方法を紹介します。 電話番号が変わらない場合 機種変更、キャリア変更による引き継ぎはナンバーポータビリティ等で電話番号の変更がなく、以前の電話番号とメールアドレスをそのままであれば特に変更の手続きをする必要はありません。 今までのアカウントにログインするための情報が 電話番号もしくはメールアドレス+パスワードなため、それに関する情報が変わらなければ変更手続きは不要です。 ただし、ガラケーでワクワクメールを最初に登録している場合、セキュリティの設定で 「認証された端末」でしかログイン出来ない仕様になっている可能性があります。 機種を変える前に、セキュリティの設定を確認しましょう。 電話番号が変わる場合 ワクワクメールで登録していた電話番号が引き継ぎ後に変わる場合、電話番号の変更手続きをする必要があります。 自分の設定内で変更することは出来ないので、自分の会員番号を控えるサポートセンターへ問い合わせてください。 キャリアや電話番号を変更した時 ワクワクメールのアカウントを引き継ぐシーンでは、携帯の紛失やスマホの機種変等が挙げられますが、その際にキャリアや電話番号を変更する場合もあります。 キャリア変更・機種変更の場合、アカウント内の変更は不要 電話番号が変わらないキャリアの変更や機種変更の場合は、アカウント内の変更作業は不要となります。 ワクワクメールのアカウントは 「電話番号」もしくは 「メールアドレス」に 「設定したパスワード」があればログインすることができるので、使用している電話番号とメールアドレスの変更がなければアカウント内で変更する作業は不要となります。 電話番号変更の場合、アカウント内の変更が必要 先述したとおり、アカウントを引き継ぐ際には ログイン情報が必要です。 引き継ぎ先の新しいスマホに変更しても、ワクワクメールのアカウントログインを以前の環境と同じものを入力すればそのままアカウントログインが可能で利用することができます。 そのため登録されている電話番号を変更しなくても良いかと思いがちですが、 必ず変更を行うようにしてください。 元々使っていた電話番号が別の人に割り振られる可能性がある• 変更前の電話番号を忘れてしまう可能性がある といったことから、電話番号を変更した後はアカウントの登録情報も変更するようにしましょう。 電話番号の登録変更はアカウント画面からできない 変更しましょうと書きましたが、ワクワクメール内の管理画面上では変更は不可能で、サポートセンターへ問い合わせすることが必要になります。 サポートセンターメール support 550909. com サポートセンター電話 0570-05-0909 コチラのサポートセンターに電話番号を変更したい節を伝えます。 本人確認のため会員番号を聞かれますので、ログインして確認してから問い合わせを行うようにしましょう。 ワクワクメールでスムーズに引き継ぎする方法 ワクワクメールで 「機種変更や引き継ぎの為に電話番号登録ができない」「機種変更、引き継ぎをしたらサイトが使えなくなった」というトラブルになる前に、事前に対策をしておきましょう。 中にはどうしても解決できないケースもありますが、事前に引き継ぎのための準備をすることでポイントが残ったままアカウントが使えなくなるといった事態を回避することができます。 ワクワクメールのアカウント引き継ぎをスムーズに行うために、事前の設定方法を記載いたします。 メールアドレスの登録を済ませておく ワクワクメールのアカウントにメールアドレスを登録せずにワクワクメールを利用しているユーザーが多いですが、機種変更する際は必ずメールアドレスの登録が必要です。 携帯が壊れた後に機種変更となるとメールアドレスの登録ができなくなるので事前にメールアドレスの登録をしておきましょう。 メールアドレスの登録をすれば、 20ポイントのサービスポイントを付与してもらえるので、ワクワクメールに登録したらすぐにメールアドレスの登録を済ませましょう。 新しい携帯では、本人による端末確認が取れていないため、電話番号の確認が再度必要になります。 ガラケー、フューチャーフォンはセキュリティ設定を解除 ガラケーもしくはフューチャーフォンの場合、機種によってワクワクメールの設定画面上で該当の携帯端末しかワクワクメールを利用することができないよう、セキュリティの設定が行われている場合があります。 このセキュリティの設定を解除を行わずにアカウントを引き継ごうとしても、新しい端末では認証されている端末と違うということでアクセスができません。 ワクワクメールが引き継ぎで使えなくなってしまうので、必ずセキュリティの設定で認証の端末の項目が設定されていたら解除するようにしましょう。 exports? module. document? b a,! 1;return! a "object"! type a a. nodeType n. isWindow a return! call a. constructor. prototype,"isPrototypeOf" return! ownFirst for b in a return k. i[j. eval. replace p,"ms-". nodeName. call v. childNodes ,v. childNodes ,E[v. childNodes. length]. length? apply a,I. a 1! ownerDocument b:v! getElementById f return d;if j. apply d,b. getElementsByClassName return H. apply d,b. nodeName. getAttribute "id"? test k? apply d,w. parentNode. length;while e-- d. nodeName. nodeName. ownerDocument a. documentElement;return!! ownerDocument a:v;return g! documentElement? top! addEventListener? addEventListener "unload",da,! 1 :e. attachEvent "onunload",da ,c. appendChild n. createComment "" ,! test n. getElementsByClassName ,c. appendChild a. getElementsByName! getElementsByName u. getById? find. getElementById a ;return c? filter. find. ID,d. filter. find. getElementsByTagName? getElementsByTagName? getElementsByTagName a :c. qsa? find. test n. appendChild a. querySelectorAll "[selected]". length q. length q. querySelectorAll ":checked". length q. push ":checked" ,a. length q. push ". createElement "input" ;b. setAttribute "type","hidden" ,a. appendChild b. setAttribute "name","D" ,a. querySelectorAll ":enabled". length q. push ":enabled",":disabled" ,a. push ",. matches o. webkitMatchesSelector o. mozMatchesSelector o. oMatchesSelector o. call a,"div" ,s. call a,"[s! push "! test o. test o. contains? nodeType? d 1! nodeType! contains? contains d :a. 0;return! compareDocumentPosition-! ownerDocument b? 1:k? 1:e? -1:f? 1:k? parentNode g. parentNode h. ownerDocument a! call a,b ;if d c. disconnectedMatch a. document. ownerDocument a! ownerDocument a! attrHandle[b. call d. attrHandle,b. toLowerCase? e a,b,! p :void 0;return void 0! f:c. attributes! specified? slice 0 ,a. push f ;while e-- a. textContent return a. slice 0,3? a[3] ea. CHILD. test a[0]? null: a[3]? indexOf " ",c. length-b -c. slice 0,b ,a. replace ba,ca. nodeName. className void 0! slice -c. slice 0,c. nodeName. nodeName. nodeType return! firstChild:q. uniqueID] l[m. uniqueID] l[m. pop if h? nodeName. uniqueID] l[m. pseudos[a] d. setFilters[a. toLowerCase ] ea. e b :e. setFilters. hasOwnProperty a. toLowerCase? textContent b. innerText e b. test a "" ea. replace ba,ca. lang:b. getAttribute "xml:lang" b. nodeType ;return! location. hasFocus n. type a. nodeName. parentNode. selectedIndex,! nextSibling if a. nodeType? slice 0,i-1. type? find. 1:Math. random. push f :e. slice 0 ,j. relative[j[1]. find. ID k. matches[0]. slice j. shift. value. needsContext. test a? 0:j. matches[0]. test j[0]. splice i,1 ,! p,e,! split "". sort B. l,m ,c. compareDocumentPosition n. firstChild. c return a. toLowerCase? firstChild. firstChild. nodeName. toLowerCase return a. c return! specified? selectors,n. expr. pseudos,n. uniqueSort,n. getText,n. isXML,n. is c break;d. expr. match. isFunction b return n. call a,d,a! nodeType return n. test b return n. nodeType? find. matchesSelector d,a? [d]:[]:n. find. matches a,n. length;if "string"! pushStack n a. unique c :c ,c. selector? this. pushStack z this,a [],! pushStack z this,a [],! test a? n a :a [],! charAt a. [null,a,null]:B. exec a! b b. jquery? b c. find a :this. constructor b. b[0]:b,n. merge this,n. nodeType? ownerDocument b:d,! 0 ,x. isPlainObject b for e in b n. isFunction this[e]? this[e] b[e] :this. find a ;this. nodeType? this. isFunction a? void 0! ready? ready a :a n : void 0! selector,this. context ,n. :parents prev? 0,contents:! 0,next:! 0,prev:! length;return this. find. pushStack f. inArray this[0],n a :n. inArray a. jquery? parentNode? this. first. prevAll. pushStack n. uniqueSort n. merge this. this. prevObject:this. prevObject. nodeType? nodeName a,"iframe"? contentDocument a. contentWindow. document:n. merge [],a. map this,b,c ;return"Until"! filter d,e ,this. uniqueSort e ,C. reverse ,this. each a. G a :n. 0;g. splice c,1 ,c-1:f. 0,c j. slice? slice :c],g. Callbacks "once memory" ,"resolved"],["reject","fail",n. Callbacks "once memory" ,"rejected"],["notify","progress",n. done arguments. isFunction a. promise? promise. progress c. notify. done c. resolve. fail c. promise :this,g? then,n. disable,b[2][2]. isFunction a. promise? a:n. notifyWith b,c :--f g. resolveWith d,[n] ,n. triggerHandler "ready" ,n d. addEventListener? removeEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. removeEventListener "load",J : d. detachEvent "onreadystatechange",J ,a. event. ready. readyState "loading"! documentElement. doScroll a. setTimeout n. ready ;else if d. addEventListener d. addEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. attachEvent "onreadystatechange",J ,a. ready. promise ;var K;for K in n l break;l. createElement "div" ,e. style. appendChild e. appendChild b ,void 0! style. style. style. createElement "div" ;l. noData[ a. test c? 1;return! data void 0! pop n. extend j[k],b :j[k]. extend j[k]. data g. data ,void 0! a[n. expando]:n. g[h]:g[h]. isArray b? concat n. map b,n. camelCase :b in d? [b]:b. length;while e-- delete d[b[e]];if c?! P d :! cleanData [a],! 0 :l. deleteExpando g! window? 0,"embed ":! nodeType? cache[a[n. expando]]:a[n. camelCase d. slice 5 ,O f,d,e[d] ;n. this. this. O f,a,n. d n. isArray c? makeArray c :d. unshift "inprogress" ,delete f. stop,e. call a,g,f ,! empty. Callbacks "once memory". length ",l. firstChild. nodeType,l. getElementsByTagName "tbody". length,l. getElementsByTagName "link". length,l. createElement "nav". cloneNode! outerHTML,c. 0,b. appendChild c ,l. checked,a. cloneNode! lastChild. defaultValue,b. createElement "input" ,c. setAttribute "type","radio" ,c. setAttribute "checked","checked" ,c. setAttribute "name","t" ,a. appendChild c ,l. cloneNode! cloneNode! lastChild. checked,l. addEventListener,a[n. getAttribute n.

次の

よくある失敗。ワクワクメールは機種変更・電話番号変更で使えなくなる!?

ワクワクメール 機種変更

マイページ内の「設定」を選択 2. 「メールアドレス設定」の画面でメールアドレスを入力 3. 入力したメールアドレス宛に確認メールが届く 4. メールに記載されたURLを押して完了 特に難しい操作はありませんし、いつでも好きなメールアドレスに変更することができます。 万が一ワクワクメールからの確認メールが届かない場合は、 メールアドレスの入力ミスが考えられるので、落ち着いて入力し直してください。 メールアドレスの登録・変更をしても安全 「サイトにメールアドレスを登録すると迷惑メールが届く」と考えている人が多いようです。 たしかに、そういう被害に遭う人もいるようですが、これは ワクワクメール側からメールアドレスが流出したわけではありません。 実際には、メールアドレスを交換した女性会員側から流出しているのです。 これには後述する メールアドレス回収業者がからんでいると考えられます。 つまり、迷惑メールが届くのは教えた側の問題であって、ワクワクメールにメールアドレスを登録・変更することとは無関係であると覚えておきましょう。 メールを受信しない設定にもできる メールアドレスを登録するとワクワクメールから様々なメールが届くようになります。 どれも必要なメールなのですが、「沢山メールが届くのは困る」という人は、「 メール受信設定」をすることをおすすめします。 設定方法は、 1. マイページ内の「設定」を選択 2. 「メール受信設定」を選択し、詳細を設定 3. 「更新」を押して完了 となります。 この操作では、「受信するメールの種類」「受信可能曜日と時間」「メールのタイトル」を設定することができます。 これらを調節することで他人に知られるリスクが減ったり、多すぎる受信に悩まされることがなくなったりしますから、メールアドレスの登録・変更が終わったら、忘れずに受信設定も行うようにしましょう。 メールアドレスを登録・変更するとメリットがある メールアドレスを登録・変更するのが面倒という人もいますが、実はその手間を補って有り余るほどのメリットがあります。 <メールアドレスを登録・変更するメリット> ・200円分のサービスポイントが無料でもらえる ・サービスポイント付きのメールが定期的に届くようになる ・メッセージ受信が通知されるので出会いのチャンスを逃さない 初回登録時限定とはなりますが、メールアドレスを登録すると 200円分のサービスポイントを貰うことができます。 さらに、 ポイント付与の特典がついた案内メールも届くようになります。 何をするにしてもポイント消費でお金がかかる男性にとっては、これらは見逃せない特典ではないでしょうか。 また、メッセージ受信時の通知をONにしておけば、 女性から連絡があった際にクイックな対応ができることになります。 ワクワクメールではタイミングよく女性に返信することが出会うためのコツですから、メールで通知がくるというのは非常に効果的なことといえるでしょう。 メールアドレスの登録・変更時の注意点 メールアドレスの登録・変更時には、注意点もあります。 iCloudのメールアドレスでは一部のメールが受け取れない 2. ドメイン指定拒否設定をしている場合、550909. comを受信許可に設定し直す 3. 運営からの確認メールが迷惑メールフォルダに分類されることがある 4. メールアドレスは決して忘れないものを使用すること 5. 女性に教えるメールアドレスとは別のものに設定すること 上記1〜3はシステム上あるいは技術的な問題となります。 自分の端末の設定がどうなっているかをしっかりとチェックしてから対応すれば、さほど問題はないでしょう。 一方、4と5は各利用者が気をつけるべきこととなります。 まず4についてですが、仮に、機種変更などでメールアドレスと電話番号の両方を忘れてしまった場合、 運営に問い合わせしても教えてもらえません。 これは第三者が勝手にログインすることを防ぐための措置なのですが、弊害として、思い出すまでログインできないわけです。 ワクワクメールの公式サイトによると、どうしても思い出せない場合は新規登録を行うように書かれています。 ということは、以前のアカウントで所有していた ポイントややり取りのデータが使えなくなってしまうことになります。 5に関しては、アドレス回収業者対策という意味合いがあります。 ワクワクメールには、女性会員のフリをして男性からメールアドレスを聞き出し、そこに迷惑メールを送り付けてくる業者が多数潜んでいます。 なので、うかつにメインで使っているメールアドレスを教えてしまうと、後々厄介なことになる可能性があります。 そんなことにならないようにするには、登録しているメールアドレスとは別に 女性との連絡用メールアドレスを用意し、用途をワクワクメールのみに限定するのが効果的です。 こうしておけば、万が一迷惑メールが届くようになったとしても、そのメールアドレスを削除することで対応できます。 その後、また新しいものを取得して、メールアドレス変更設定しておけば問題はないでしょう。 まとめ この記事では、ワクワクメールのメールアドレス登録と変更についてご紹介しました。 届いて困るようなメールは受信設定で調整すれば良いわけですから、メールアドレスの登録・変更はしっかりとやり、 メリットを存分に生かした方が良いでしょう。 ただし、アドレス回収業者に引っかかってしまう可能性がありますから、登録・変更するメールアドレスと女性に教えるメールアドレスは別のものにしてくださいね。

次の