バッタ大量発生 2020 日本にくる。 バッタの大量発生がヤバい!経路は?大量発生したバッタの大群が海を越えて日本にも来るのか?

大量発生したバッタは中国から日本に来るのか?影響や被害について考察

バッタ大量発生 2020 日本にくる

昨年からの豪雨でオマーンの人っこひとりいない砂漠で卵(何年も前に産卵されて雨を待っている)が孵化し、気づいたときには手遅れになっていました。 東アフリカ地域サバクトビバッタ管理局の予報担当責任者も「大量発生には慣れているが、これだけの規模のものは見たことがない」と呆然自失(より)。 バッタで全作物を失った羊飼いの男性は「店もコロナで閉まってるし、薪を焼いて道端で炭を売るしか仕事がない」と途方に暮れています。 なぜ大量発生? バッタは通常、互いに距離を保って緑色で気ままに生きるぼっち(孤独相)なのですが、豪雨で地面の卵が孵化して個体数が増すと、互いにシンクロして集団行動を取る茶色のモブキャラ(群生相)に変身します。 群れて勢いが増すと、カモフラージュすらやめて見るからに凶悪な風貌になる MinuteEarth 群生相は食欲が底なしで、繁殖力が強く、翅が長く、肢が固く、脳がデカいのが特徴です。 行動パターンはものの数時間で豹変し、徐々に見た目も変貌していくんですね。 まるで入れ替わりのように。 で、相変異後は1平方kmに1億5000万匹が群れて、毎日3万5000人分の食糧をむしばみ、木の柵や死肉まで食べて、食べるものがなくなると共食いをしながら、1日160km移動し、風に乗ると飛べるところまで飛んで、進路上のあらゆるものを食い荒らして1か月で卵を産みまくります。 このライフサイクルを繰り返すたびに繁殖スピードは20倍に増すので、翅の生えない卵や幼虫の段階で畑や野山を見回って検知・駆除するのが蝗害(こうがい)阻止のポイントなんですが、今回はコロナ禍で外回りや指導、殺虫剤の配送が思うようにできないことも拡大を助長してるようなのです…。 インドはボリウッドのあるマハーラーシュトラまで直撃 インドでは例年7〜10月がシーズンでラジャスタン州だけなのに、今年は5月からグジャラート州、マディヤ・プラデーシュ州、ウッタルプラデーシュ州、マハーラーシュトラ州などの広い範囲で発生していて、なんか住宅街にまで押し寄せています。 しかも飛翔力が半端なくて、航空機の進路妨害になるほど高く飛ぶのだとか。 なんだか気味悪いですよね。 パキスタン方面からうじゃうじゃ飛んでくることから、「パキスタンの軍事攻撃」と素っ頓狂なことを言い出す政治家までいるみたいですよ? まあ、地球の自転で偏西風に乗って飛んでくるだけなんですけどね…。 「聖書レベルの深刻な食糧危機が世界を襲う」() 国連WFPも聖書(黙示録の蝗害を指す一文)を引き合いに出して警戒を呼びかけており、海外では農作物の輸出規制、備蓄確保の動きが早くも広まっています。 過去70年で最悪の被害となったケニアは非常事態を宣言。 6月の雨季で第2波を迎えると被害が400倍になることから、5月下旬には世界銀行が4300万ドル(約46億円)の緊急支援を決めました。 日本語の解説もどうぞ。

次の

バッタ大量発生に食料危機!2020年飛来ルートについて調べてみた!

バッタ大量発生 2020 日本にくる

コロナウイルスの次の問題 今、日本ではコロナウイルスの報道でもちきりですが、どこまで感染を防ぐことが出来るんでしょうか?? 昨年の12月8日に原因不明の肺炎患者を初めて確認し、中国の武漢を完全に封鎖したニュースがインターネットで見てた時、なんかものすごいことが起きているんやないか?って思っていました。 僕は全く知りませんでしたが、 封鎖された中国の武漢っていう都市は、人口1108万人らしくて、東京が約1400万人なので東京都とそんなに変わらない大都市を完全に封鎖するなんてありえないと思ってたんです。 まるで映画の世界ですよね。 ほっておいたら間違いなく日本も同じようになる危険性があるって感じた人はたくさんおられたのではないでしょうか。 ダイヤモンドプリンセス号の問題でもありましたが、日本政府の対応の遅さはにはびっくりします。 これ以上の拡大をどう防ぐのかが今後の課題ですね。 そこにさらに新たな強敵の出現です!! アフリカで発生したバッタがものすごい数になって作物を食い散らかしているみたいです。 バッタくらい殺虫剤ですぐ退治できるだろう。 と思っていましたが、動画をみて唖然とするほどの大量発生ですね。 これはマジでやばいレベルです。 「蝗害」って呼ばれているらしいのですが、今回の大量発生は異常らしいですね。 変身するバッタ その名は「サバクトビバッタ」 この今暴れまくっているバッタは、「サバクトビバッタ」という種類のバッタで、環境に応じて行動、形態、生理的特徴を変化させることが出来るらしいんですね。 これを 「相異変」という特殊能力だということらしい。 普段は「孤独相」と呼ばれる状態で、密集せずにお互いを避けあう生活を営んでいるらしいのですが、 同じ種類の仲間が増えてきて個体数が増えると、「群生相」に変化して緑色のバッタから、黄色と黒色のまだら模様になり戦闘モードのバッタに変身するんだって!! そして大群をつくるようになるみたい。 怖すぎですね!! 「群生相」 って呼ばれる 戦闘モードのバッタに変身して、 やる気満々のバッタ。 おとなしい時と、戦闘モードでは色も顔つきも変わってますね!! 目が赤くいなって、完全に仮面ライダーです!! 仮面ライダーは良いもんでしたが、このバッタは今や4000億匹の大群となった、巨大帝国の悪玉です。 ケニア、エチオピア、ソマリアなどの東アフリカで農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こしています。 すでにソマリアでは2020年2月に「国家非常事態宣言」を発表しています。 1300万人々が深刻な食糧危機に陥ってしまっているとのこと。 すでにバッタごときと笑っていられる状態ではないんです!! そして、中国にも飛んでくる可能性があるらしい 現在この大量のサバクトビバッタがインド、パキスタンにまで飛んできており、いよいよ中国にまで来るんじゃないかって騒ぎになっているようです。 2020年2月19日、中国経済網は、大量のバッタが襲来して農作物に被害がでているパキスタンに、中国の専門家が派遣されることになったと報じられました。 日本へ飛んでくるの? 被害は? サバクトビバッタがさすがに海を渡って日本に来ることはないと思いますが、中国で作物を壊滅的に食い散らかせば、日本に影響がでない訳がないと思われるので、対岸の火事ではないんですよね。 中国共産党もバッタのリスクは言及しているようですが、大きな被害にはならないと発言しているようです。 でもこれから繁殖期に入るようで、ますます数が増えていく事も考えられます。 ホントに大丈夫なのかな?? 「群生相」と呼ばれる、黄色に黒の斑点模様のサバクトビバッタ。 風に乗って1日に100km以上も飛ぶ飛翔能力と、約5日おきに50〜100の卵を産む繁殖能力、さまざまな植物を食べる広食性を武器に、短期間のうちに増殖し生息範囲を広げて甚大な被害をもたらす。 FORBES JAPAN 国連では6月までに500倍になるという試算もあるようで、今4000億匹で、その500倍って・・・ もう想像したくないです。 ウイルスも怖いけど、食べ物がなくなってしまうのも恐怖です。 何とかして食い止めてほしいですね。 中国のバッタ対策兵器 アヒル これはホントかどうか確認はとれていませんが、ツイッターではアヒルを10万羽用意して、バッタの駆除に充てるなんて話もあります。 バッタ4億匹 VS 10万羽のアヒル部隊 映画化しろ— ゴリライヴSP 絵だけRTマン +クソリプマン) untiiiiiikong ザッ・ ザッ・ ザッ・・・ アヒルの軍隊が動き出しましたか(笑) なんかかっこいい気もします。 頑張ってほしい!! 2020年に入ってから世界は変な方向に動いているような気もします。 時代が変わっていく中で、僕たちもいろんな事に目を向けて自分の身は自分で守れるようにしなきゃダメですね。 3月16日 バッタ続報.

次の

大量発生したバッタは中国から日本に来るのか?影響や被害について考察

バッタ大量発生 2020 日本にくる

大量発生中のバッタの概要と現在 アフリカ・中東を中心に大量発生しているバッタ。 食料の供給に影響を与えると見られている恐ろしいバッタの概要や現在の状況について、まとめました。 どんなバッタが大量発生している? 現在、大量発生しているバッタは、「サバクトビバッタ」というバッタで、主にアフリカ、中東、アジアと行った国で、活動しているバッタです。 特徴的な側面として、移動が早い・長いという点があり、今回の大量発生による作物への影響を与えた原因の一つになっています。 見た目としては、日本で言うところのトノサマバッタに似ていますね。 通常は、上記したようにアフリカ(サハラ砂漠)、中東(アラビア半島)、アジア(インドの中でも北部が多い)にて生息しています。 しかし、気候等の環境の変化によって大量発生するタイミングがあり、大量発生すると早く・長く移動するという習性から、カリブ海にまで行った事も・・・(カリブ海は南米の北にある海) 現在、どこに発生しているのか もともと、今回の大量発生した要因は、中東やアフリカを中心に、2018年あたりからサイクロンが複数回発生した事が要因と見られています。 このような荒れた天気(雨が多くなると)になると、サバクトビバッタは元気になり、繁殖が活発になります。 今回は、まずはじめに中東で繁殖が活発し、東アフリカに渡りました。 また、アフリカでもサイクロンが発生していたため、サバクトビバッタの繁殖にはうってつけの環境だったため、アフリカの環境(防除出来るような)等も相まって、サバクトビバッタが一気に増えました。 現在は、インドにまでサバクトビバッタの群れは向かっており、アフリカ~アジアまで作物へを中心に大きな被害をもたらしています。 一部では、世界的に広がっている脅威の影響で、バッタへの対策が柔軟に行えないという側面も出ているようです。 日本や中国に来る可能性は低い アフリカや中東というと、日本からかなり距離もあるので、少し他人事のように感じてしまう方も少なくないでしょう。 しかし、インドまでサバクトビバッタが来ているとなると、「日本や中国に来るリスクがあるのでは?」という点を心配する方も少なくないでしょう。 インドと中国はつい最近軍事的な衝突したくらい隣接国になっていますし、中国にサバクトビバッタがやってくると、日本もいよいよ・・・と感じてしまいますよね。 しかし、現時点ではそれほど心配する必要はありません。 サバクトビバッタの生体・日本の立地から考えると、サバクトビバッタが日本にやってくる可能性は低いです。 まず、簡単に想像出来るのは日本は、島国であるという事。 中東からアフリカに渡ってしまうくらい移動する能力のあるサバクトビバッタですが、やはり島国日本に来るとなると、それだけでハードルが存在しているのは事実です。 また、サバクトビバッタはもともと中東やアフリカ等、乾燥した地域に生息している虫なので、湿度があまり得意ではなく、インドに到達したとしても、そこから東に向かった例はこれまでありません。 (ヒマラヤ山脈を超えられないのが、中国への障壁に) また、気温の観点からみても、乾燥して温かいところにいる虫なので、例えば日本の10度を切るような気候では、完璧な状態で活動できないと見られています。 日本のバッタ嫌いの方々はひとまず安心して頂いても、大丈夫です。 大量発生しているバッタが日本に与える影響は? 次に気になるのは、いくら日本に来ないと行っても、農作物への被害・インドまで来ているとなると、影響はあるのでは?という点でしょう。 現在、サバクトビバッタの影響という観点から見た時に、最も警戒されているのは、アフリカです。 今回の世界中に広がったあの脅威はもちろんですが、それに加えて洪水、バッタの大量発生と、かなりたくさんのリスクが見込まれており、社会的に大きな不安が広がるのでは?という見方が少なくありません。 また、単純にサバクトビバッタは、本当にたくさん食べます。 このような点を考慮すると、経済的・国際情勢的に日本に全く影響がないとは言い切れませんね。 食糧という観点で見た時に日本は、平成の米騒動なんて言われた90年代の不作以降、お米を備蓄しておく制度があり、麦や穀物等についても民間を含めた国全体として、数カ月は耐えうる備蓄を行っています。 そのため、すぐに食糧難なるという事は考えられませんし、上記した制度の影響でお米については国が100万トン規模で管理しているので、すぐに食糧難を心配する必要はありません。 大量発生しているバッタは単純に怖い YoutubeやTwitter等で、大量発生したバッタの映像が確認できますが、背景にあるいろんなリスクはもちろん、単純に群れになるとかなりの数なので、単純にビジュアルとして怖いという印象を受けました。 この状況は、雨量によって大きく変化されるようで、雨量が収まると大量発生も収まる可能性が大きいとの事。 2020年は日本のみならず、本当に世界的に困難が多いような気がします。

次の