とんかつ 専門 店 かつや。 わんぱく盛りで大満足!とんかつ専門店「かつや」が店舗限定で『全力飯弁当』を販売

とんかつ専門店かつやに、テイクアウト専用「全力飯弁当」4種類登場。104店舗限定販売

とんかつ 専門 店 かつや

かつや「全力飯弁当」とは 新型コロナウイルス感染症の拡大防止による外出自粛から、自宅で食事をする機会が増加。 それに伴い、より一層テイクアウト需要が高まっています。 かつやでは、これまでもお弁当や単品をあげたてあつあつでお持ち帰りいただいておりましたが、ご自宅での食事をより一層楽しんでいただくためにはに注目し、見た目にも食べても楽しくおいしく満足いただける「全力飯弁当」の開発に至りました。 まず、見た目にお弁当なのかおかず盛り合わせなのかわからないボリューム感。 おかずは、チキンカツとから揚げ、ナポリタンをメインに4種類。 自宅で用意するには手がかかる、揚げ物や炒め物を楽しめるお弁当に仕上げました。 1人1つはもちろん、2人で1つずつ買えば、シェアしてたくさんのおかずを味わうことができます。 わんぱく盛りの「全力飯弁当」は、容器の蓋が閉まらなくなり品質が低下するため、ご飯大盛は対応しておりません。 もっとご飯を食べたいという方には、別容器でご提供する「ご飯 160円+税」をご用意しております。 検索方法:施設情報「全力飯弁当」を選択して検索ください。 とんかつ専門店「かつや」について とんかつ専門店「かつや」は1998年8月、神奈川県相模原市に1号店を開店いたしました。 創業からのこだわりとして、「とんかつ」に使用している北米(カナダ・アメリカ)産の豚肉は、ジューシー感を保つため、加工工場から約2週間熟成されたチルド状態で納品され、店舗で1枚ずつ丁寧に衣付けしております。 定食メニューで人気の、サクサクな衣とやわらかなお肉を味わえる「ロースカツ定食 120gロース」は690円+税と、お手頃価格で「とんかつ」をお楽しみいただけます。 なお、「かつや」では、店内でのお食事だけでなくお持ち帰りのお弁当やとん汁、おかずのみでもご利用いただけます。 ご自宅でゆっくりとお食事されたい時や、今日のおかずにもう一品! という時にはぜひ、お気軽にレジにてご注文ください。 お電話でご予約いただきますと、ご来店時の待ち時間を短縮しお持ち帰りいただくことができます。

次の

とんかつ・かつ丼「かつや」公式サイト|サクサク、やわらか ボリューム満点! かつやのかつ丼。

とんかつ 専門 店 かつや

とんかつ専門店「かつや」が、外食不況どこ吹く風の好調ぶりを発揮している。 定番の「ロースカツ定食」は690円とお手頃価格で、商品を注文するとわずか5分でサクサクのとんかつが運ばれてくる。 学生や忙しいビジネスマンの心強い味方だ。 今2016年12月期も営業益予想は32. 5億円と過去最高を見込む。 店舗数は今年9月末時点で362店まで拡大、既存店の月次売上高もほぼ前年超えを維持している。 強さの秘訣は、期間限定商品である「フェアメニュー」の投入や、既存商品を値引きする「キャンペーン」にある。 今年前半のフェアメニューは、「増し増しやさいのチキンカツ丼」「キャベ玉チキンカツ丼」など、量感のあるメニューを投入した。 およそ月1ペースでこうした限定商品を投入することで、リピーター客を囲い込むことに成功している。 特注フライヤーで揚げ時間を短縮 一方、「キャンペーン」は新規客の獲得を目的に、年に数回、3日~1週間開催。 定食など定番商品を割引価格で提供する。 さらに、レジで会計をすると500円以上の商品が100円割引になる券を渡す。 かつやの伊藤永社長は「従業員には、割引券は再来店の約束手形だと言っている。 財布に割引券を入れてもらえば、期限が切れるころにそろそろ行っておこう、と思ってもらえる」と狙いを語る。 店舗を円滑に運営するためのオペレーションの工夫も見逃せない。 一般的に、揚げ物は調理に時間がかかり習熟も求められるなど参入障壁が高い。 従来、とんかつ専門店といえば「新宿さぼてん」や「とんかつ和幸」といった中~高価格帯の店が中心だったのもそうした理由からだ。 そこで、かつやではパートなどの従業員が誰でもカツが揚げられるよう、特注のオートフライヤーを導入している。 2~3年に1度バージョンアップをしていった結果、導入初期に3分40秒かかっていた揚げ時間が、現在は2分45秒になったという。 油の管理にも特徴がある。 かつやでは、濾過を頻繁におこなうことにより、油を捨てなくて済む仕組みを確立。 常にpH値(水素イオン指数)が安定した状態でとんかつを揚げられるフライヤーになっている「お客様満足度を上げようと取り組んでいった結果、生産性が向上し、コストダウンにつながった」(伊藤社長)。 これらの取り組みの結果、かつや直営店1店舗あたりの平均月商は右肩上がりで成長。 上場初年度の2007年は670万円だったが、2015年に791万円に拡大。 2016年は800万円超の着地となる見通しだ。 「既存店の売上高が伸びるということは、まだ店が出せるということ。 (現在の倍の水準である)700~800店が一つの目安だと思っている」(伊藤社長)。 資金力のある地場の有力企業が複数の店舗を持つケースが増えていることが、安定した出店につながっている。 ただこのところ、かつやのライバルになり得る低価格業態が台頭してきた。 中でも急速に店舗を増やしているのが、牛丼チェーン大手の松屋フーズが展開している「松のや」だ。 同社は、今2017年3月期にとんかつ店を45店出店、店舗数を期末に126店まで増やす計画だ。 2ch.

次の

全力ドカ盛り!! かつや「全力大人飯」が超ガッツリうまそう

とんかつ 専門 店 かつや

とんかつのかつやはなぜ安い?その理由に迫る とんかつ専門店の「かつや」といえば、とにかくその低価格さにあります! 看板メニューのカツ丼(梅)なんかは、税込529円!これだけの安さでボリューミーなおいしいお昼ご飯が食べられるなら、サラリーマンなんかは特に嬉しいですよね。 さらに、お会計時には次回来店の時に使える100円引きのクーポンが渡される、といったようにリピートを狙っています。 この100円引きクーポンを使う人の割合が5割以上ということで、どれだけこのリピート戦略が効果を出しているのかがわかりますね。 時間や温度が自動で管理するので、ベテランのスタッフでなくても、誰でも調理できるようになっています。 そうすると人件費が抑えられるので、その分安く提供できますよね! また、一部の店舗ではランチタイム税込500円、600円、650円と3つのセットメニューに絞ってセットを提供しているとのこと。 一番高い650円でも、ランチのセットメニューとして考えたら十分すぎるというか、安いですよね! あー私もかつやのカツ丼が食べたくなってきました(笑) 安い理由として、他に挙げられるのはやはり会社の規模、店舗数の多さですよね。 日本全国に多数の店舗を構えているかつや、それだけ大量に仕入れて薄利多売でも提供することができます。 これが小さなお店だったり、まだ店舗数があまりないチェーン店だったりすると、なかなか大量仕入れとかが難しいですよね。 とんかつのかつやは安いけど本当においしいの?口コミや評判は かつやって値段が安いですけど、失礼ですが本当においしいのでしょうか? あまりの安さに、味はおいしくないのではないのか、と疑ってしまう人もいるでしょう。 ということで、かつやの味について、実際に食べにいった方の評判や口コミをご紹介します。 にしてもラーメンコロッケって、どんな味なんでしょう!気になりますよね。 ガッツリ食べて乗り切る所存であります! メニューはついつい期間限定を注文しがちなかつやで、あえての普通のカツ丼を。 定番メニューはやはり完成度が高い!! 内容は主要4品が500円なるキャンペーン。 中でもカツカレーは本来790円する所、500円で食べれる。 これはお得。 — iemon ariacompany3840 こんなイベントも、時々開催されます! 100万食限定で、500円ということでこれは人が殺到しますね^^ この安さが、かつやの人気の理由でしょう! 口コミを見てみると、概ね良い評判が見受けられます。 その理由としてはやはり値段が安いのにおいしいこと、そのコスパの良さですね。 時々開催される格安のキャンペーンなんかも、人気の秘密でしょう。 かつやはグランドメニューを減らした分、期間限定メニューを充実させているということで、その期間限定メニューなんかも注目度が高いですね。 にしてもやっぱりラーメンコロッケ、気になりますよね…. (二度言う) かつやが安い理由!口コミ評判をご紹介。 本当においしい?:まとめ と言うことで、とんかつ専門店かつやについてお伝えしました。 かつやが安い理由としては、そのフライヤーがあります。 温度や揚げ時間を自動で管理してくれるこのフライヤーのおかげで、人件費を抑えることができています。 また店舗数の多さや会社の規模の多さから大量仕入れ、薄利多売での商売ができることもその安さの秘密です。 そして、値段がこれだけやすいにもかかわらず、しっかり「おいしい」「安定の味」といった良い口コミばかり集めています。

次の