おはよう はたらくくるま たち。 【楽天市場】おはよう、はたらくくるまたち [ シェリー・ダスキー・リンカー ](楽天ブックス)

おやすみ、はたらくくるまたち【状態C】

おはよう はたらくくるま たち

1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg? レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 予めご了承ください。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。 ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

次の

おやすみ、はたらくくるまたち【状態C】

おはよう はたらくくるま たち

朝は元気よく、力を合わせてビルの建設工事をするはたらくくるまたち。 たっぷりと眠った働く車たちは、今日も朝からも元気に仕事。 ビルを建てるために力を合わせて工事を始めますが、ちょっと僕たちだけでは難しそう。 そこであとから5台、それぞれ違う働く車たちがやってきて、全部で10台で仕事を始めます。 人気絵本 「おやすみ、はたらくくるまたち」シリーズ最新刊。 『おやすみ、はたらくくるまたち』に登場したブルドーザーやショベルカーなど働く車が5台から、ポンプ車やバックホーンローダーなどを加えて、全部で10台に。 【対象年齢: 2歳・3歳・4歳】 働く車がキャラクターになて登場します。 ・ クレーン車: ゆっくり、慎重にブームを使って仕事をします。 つぎからつぎへとはこびます。 ・ ひらだいトラック: 鉄骨を沢山はこんで、重さはなんと50トン。 クレーン車に鉄骨をつんでもらいます。 ・ ミキサー車: 一日中ぐるぐる楽しくセメントをまぜています。 道路やビルの基礎、全てをしっかりかためます。 ・ ポンプ車: ミキサー車ではコンクリートを打てない高いところにコンクリートと打ちます。 ・ ダンプカー: 遠くまで運んでざーっとあけるのが大好きなんです。 運んだ土は山のよう。 ・ フロントエンドローダー: すくった土をダンプカーに積んでいきます。 バックのときは「ピッピッピー」と音を出します。 ・ ブルドーザー: 大きなブレードで土をおしのけ地面を平らにしていきます。 おしのけるのはまかせとけ。 ・ ショベルカー: 穴掘り上手。 しるしの通りに掘っていきます。 ・ バックホーローダー: 配水管をゆっくり下ろし、ショベルカーに土をかけてもらいます。 いきを合わせて調子よく同じ動きを繰り返します。 ・ スキッドステアローダー: ちいさな働きもので、せまいところをくるくる回り岩を砕く。 【ベストセラーリスト「おやすみ、はたらくくるまたち」シリーズ】 ニューヨークベストセラーリストに選ばれた「 おやすみ、はたらくくるまたち」の車が活躍くする 男の子も女の子も夢中になる、働く車のおはなしです。 シカゴで夫と好奇心旺盛な息子二人と共に暮らしている。 次男はトラックに夢中で、寝る前に知っている限りの働く車の名前を挙げては興奮してしまう。 そこで働く車たちの強い働きぶりを親子で話し、そんな車たちも一日の終わりにはエンジンを止め、静かに眠りつく様子を想像するようにした。 車好きの子どもたちの安らかな眠りと疲れた親たちの幸せを願って作った絵本である。 また、他の作品に『よるのきかんしゃ、ゆめのきかんしゃ』『おはよう、はたらくくるまたち』 以上、ひさかたチャイルド がある。 ウィスコンシン大学を卒業後、ミネアポリスの広告会社に16年間勤め、広告業界で数々の賞を受賞する。 フリーになってから絵本を作る時間ができ、2000年に初めての自作絵本『Everything I Know about Pirates』を発表。 また、他の作家の絵本『アヒルだってば! ウサギでしょ! 』 サンマーク出版 、『夜のきかんしゃ、ゆめのきかんしゃ』 ひさかたチャイルド などにも絵を描く。 子どもたちを喜ばせる愉快な画風で人気がある。 イリノイ州在住。 『ないしょのおともだち』 ほるぷ出版 、『ちいさなゆきかきブルドーザープラウくん』 岩崎書店 、『どうなってるの? うみのなか』『どうなってるの? うちゅうとほし』『地球のひみつをさぐる』『なるほどわかったコンピューターとプログラミング』 以上、ひさかたチャイルド など多数の訳書のほか、著書に『図書館のトリセツ』 共著、講談社 などがある。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より リンカー,シェリー・ダスキー アメリカの作家。 現在は夫と息子二人と共にイリノイ州に暮らす。 息子たちが小さいころ、一日の終わりには静かに眠りについてくれるよう願って書いた『おやすみ、はたらくくるまたち』 ひさかたチャイルド がニューヨークタイムズ紙のベストセラーリスト第1位になる リヒテンヘルド,トム アメリカのアートディレクター、イラストレーター、作家。 ウィスコンシン大学を卒業後、ミネアポリスの広告会社に16年間勤め、広告業界で数々の賞を受賞する。 ビルを建てるために力を合わせて工事を始めますが、ちょっと僕たちだけでは難しそう。 そこであとから5台、それぞれ違う働く車たちがやってきて、全部で10台で仕事を始めます。 人気絵本 「おやすみ、はたらくくるまたち」シリーズ最新刊。 『おやすみ、はたらくくるまたち』に登場したブルドーザーやショベルカーなど働く車が5台から、ポンプ車やバックホーンローダーなどを加えて、全部で10台に。 ・クレーン車: ゆっくり、慎重にブームを使って仕事をします。 つぎからつぎへとはこびます。 ・ ひらだいトラック: 鉄骨を沢山はこんで、重さはなんと50トン。 クレーン車に鉄骨をつんでもらいます。 ・ ミキサー車: 一日中ぐるぐる楽しくセメントをまぜています。 道路やビルの基礎、全てをしっかりかためます。 ・ ポンプ車: ミキサー車ではコンクリートを打てない高いところにコンクリートと打ちます。 ・ ダンプカー: 遠くまで運んでざーっとあけるのが大好きなんです。 運んだ土は山のよう。 ・ フロントエンドローダー: すくった土をダンプカーに積んでいきます。 バックのときは「ピッピッピー」と音を出します。 ・ ブルドーザー: 大きなブレードで土をおしのけ地面を平らにしていきます。 おしのけるのはまかせとけ。 ・ ショベルカー: 穴掘り上手。 しるしの通りに掘っていきます。 ・ バックホーローダー: 配水管をゆっくり下ろし、ショベルカーに土をかけてもらいます。 いきを合わせて調子よく同じ動きを繰り返します。 ・ スキッドステアローダー: ちいさな働きもので、せまいところをくるくる回り岩を砕く。 【ベストセラーリスト「おやすみ、はたらくくるまたち」シリーズ】 ニューヨークベストセラーリストに選ばれた「 おやすみ、はたらくくるまたち」の車が活躍くする 男の子も女の子も夢中になる、働く車のおはなしです。

次の

おはよう、はたらくくるまたち / リンカー,シェリー・ダスキー【文】〈Rinker,Sherri Duskey〉/リヒテンヘルド,トム【絵】〈Lichtenheld,Tom〉/福本 友美子【訳】

おはよう はたらくくるま たち

この作品が含まれるテーマ• 『おやすみ、はたらくくるまたち』で登場した5台の車たちに加え、さらにスキットステアローダー、バックホーローダー、ひらだいトラック、フロントエンドローラー、ポンプしゃの5台が、助っ人として登場! 高いビルをつくるために、力をあわせてせっせと働いたあとは、助けに来てくれた5台を見送り、工事現場で夜の眠りにつきます。 さすがの人気作です。 もともとの大判絵本がぎゅっと小さくなり、ページが分厚く、丈夫になりました。 2冊そろえるのもいいですね。 そうそう、鉄道好きの子どもには『よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ』も、大判絵本とボードブック、両方あるのであわせてどうぞ。 (大和田佳世 絵本ナビライター) 持ち運びに便利なボードブックタイプが登場! 『おやすみ、はたらく くるまたち』に登場した5台の働く車たちが、今日も朝から働いています。 今日から大きなビルを作る新しい工事が始まります。 「ぼくたちだけで、できるのかな……」。 そこで、ミキサー車がクラクションを大きく鳴らすと、さらに5台の働く車たちがやってきました! 10台に増えた働く車たちで、今日も一日元気に働くぞ!.

次の