トイレ詰まり 食器用洗剤。 【トイレつまりの解消】重曹とお酢をお湯で溶かして即解決!

トイレのつまりにはトイレ用洗剤がおすすめ

トイレ詰まり 食器用洗剤

家にある食器用液体洗剤 実は、どの家庭でも置いてある食器用の液体洗剤は、トイレ詰まりを解決するアイテムとなるのです。 しかしながら、使用の目安量は100ccとなるので、少しばかり勿体無いと思うかもしれません。 また、お湯と併用することで更に効果のアップが見込めるので、是非そうしていただきたいです。 ちなみに、トイレ詰まりが起きてしまった便器内の水が溢れ出しそうな場合は、前もってバケツなどを用いてなるべく水位を下げておきましょう。 まずは、およそ100ccの食器用洗剤をトイレの便器内に注ぎ、その後に60度以下のお湯を慎重に注ぎましょう。 およそ20分放置した後に水位が低くなってる事が確かめられたら、トイレのレバーを引くのではなく、またお湯を慎重に注ぎましょう。 正常に水が流れ出してから、トイレのレバーを回して水を流してみましょう。 洗浄剤は予防にも アルカリ性ではなく、酸性や中性の洗浄剤は、トイレ詰まりそのものの解決には適していませんが、予防という意味では大きな役割を果たしてくれます。 例えば酸性は、排水管などに蓄積された尿石を取り除いてくれる効果を発揮します。 中性は酸性とアルカリ性、効果は下がりますがどちらの特徴も備えていて、そのうえ消臭効果が期待できる洗浄剤もあります。 そのため、トイレの水の流れが少しでも弱いなど、詰まりの前兆が見られた場合には、酸性もしくは中性の洗浄剤を使用してみましょう。 また、酸性はアルカリ性と同様、取り扱いには注意が必要です。 中性の洗浄剤はアルカリ性や酸性ほど刺激は強くありませんが、こちらも念のため、取り扱いには注意しましょう。

次の

【トイレつまりの解消】重曹とお酢をお湯で溶かして即解決!

トイレ詰まり 食器用洗剤

トイレが詰まる原因について トイレのつまりを洗剤で取る方法をご紹介する前に、どうしてトイレがつまってしまうのか原因をご紹介します。 おもな詰まりの原因 一番多いトイレのつまり原因は、「便」と「トイレットペーパー」です。 時には、その両方がつまってしまう場合も多くあります。 硬めの便は、意外にもトイレにつまりやすいものです。 また、お子様がおもちゃなどを一緒に流してしまったり、大量のトイレットペーパーを流してしまったりしたときにもつまりは起こりやすいでしょう。 また、配管が古くなることで「スケール」という硬い固形物が配管の内側につき、配管の中が狭くなってしまうためつまりやすくなる場合もあります。 この場合は、業者に配管を確認してもらい、洗浄してもらう必要があるでしょう。 節水対策が詰まりの原因となることも トイレの水が勢いよく流れるためには、タンク内に一定量の水がなければなりません。 そのため、節水対策としてタンク内にペットボトルなどを入れていると、勢いよく流れるための水量が足りず、詰まってしまうことがあるのです。 タンク内にペットボトルなどを入れて流れる水の量を減らすことで、節水になるという噂が広まったようですが、トイレの使用方法としては正しくありません。 詰まりなどのトラブルを起こさないためにも、タンク内には何も入れないようにしましょう。 原因によって自力で解消!詰まりの解消法 トイレがつまってしまった場合、一番に思いつくのがスッポン(ラバーカップ)ではないでしょうか?しかし、それらの他にもつまりの解消する方法があるのです。 トイレのつまりを簡単に解消する方法を3つご紹介しましょう。 トイレのつまりにお湯を使う方法 トイレのつまりを解消する方法として、一番簡単な方法がお湯を使用することです。 「トイレにお湯?」と不思議に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、意外と効果があるのです。 方法としては、つまった便器にお湯を注ぎこむだけです。 一気に注ぐのではなく、ゆっくりと注ぎましょう。 少し高い位置から注ぐとさらに効果的です。 トイレットペーパーや便がつまっている場合に、お湯がゆっくり溶かしてくれます。 あまり高温だと、便器を傷つけてしまう可能性があります。 最悪の場合、ヒビが入ることもあるので注意しましょう。 トイレのつまりに洗剤を使う方法 トイレのつまりに洗剤を使用する方法もあります。 こちらも、方法は簡単で、お湯や水に溶かした洗剤をつまった便器に注ぐだけです。 洗剤にはタンパク質を分解する成分が含まれており、便を素早く溶かしてくれるでしょう。 洗剤はどんなものでも使用できます。 なるべく水やお湯に溶けやすい液体のものを選ぶとよいでしょう。 あふれるおそれがあるので、水を流すレバーを引く行為はしてはいけません。 スッポン(ラバーカップ)を使う方法 はじめにもご紹介した、いわゆるスッポンを使用する方法です。 トイレの水が吸い込まれる口にスッポンを当てて、押したり引いたりします。 100円均一にも売っているので、一家に1つあると便利かと思います。 しかし、あまり強く圧力をかけると便器が割れたり、配管が壊れたりする可能性があるので注意が必要です。 トイレ詰まりに効果的な洗剤4選 トイレのつまりに効く洗剤をいくつかご紹介しましょう。 薬局などで簡単に購入できるので、常備しておくのもよいかと思います。 ただし、洗剤を入れてから、少しの時間放置させるものが多く即効性はないのが欠点です。 何度も洗剤を入れて放置して水を流す行為を繰り返すと効果を実感できるでしょう。 洗剤によっては、配管にダメージを与えるものもあるので、購入時には確認するとよいでしょう。 トイレ洗浄中(小林製薬) アルカリ性で、天然バクテリアの有機分解作用を活かして分解させる洗剤です。 トイレットペーパーや配管のまわりについたスケールなども分解します。 ただ、尿石には効果はありません。 自力で解消できないときは……すぐに業者へ連絡 ここまで、トイレのつまりに効く方法をご紹介してきました。 そして、トイレのつまりには洗剤が効果的ということで、洗剤もいくつかご紹介しました。 しかし、それでもつまりが解消しない場合は、固形物がつまっているか排水管に問題があるということになります。 固形物が詰まった場合は、スッポンをまず使用し、それでも解消されない場合は業者に依頼しましょう。 無理やり取ってしまうと、便器や配管を傷つける場合もあるので、注意が必要です。 自分でできないと思ったら、無理せずプロに依頼しましょう。 排水管に問題がある場合、排水管をキレイにする効果がある洗剤などを試したくなるものです。 しかし、なかなか市販の洗剤では完全には取り除けないでしょう。 解消されない場合は、業者に依頼してどこが問題なのかを確認しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?今回はトイレのつまりを洗剤で解消できる方法をご紹介しました。 トイレットペーパーや便が原因のつまりを解消することは可能でしょう。 しかし、中にはそれでも解消されない場合があります。 その場合は、当サイトをご活用して業者に依頼してください。 早急に対応してくれるでしょう。 この記事は2019年10月18日に加筆・修正しています.

次の

トイレ掃除の洗剤は正しく選べ!超簡単にピカピカにするコツを大公開|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

トイレ詰まり 食器用洗剤

スポンサーリンク 重曹と酢 何か他にいい方法はないかと、 インターネットで情報を集めていると…。 たくさんの人が書いていたのが、 重曹とお酢。 この2つの相乗効果で、 詰まりを溶かして、 流れやすくしようという作戦です。 しかし、うちには重曹もお酢もありません。 そこで…ずいぶん前に、 鍋の焦げ掃除用に買ったベーキングソーダ、 冷蔵庫にあったすし酢で代用することに。 この作戦は、水が多いと、 詰まりの部分に直接作用しないらしく、 水かさを減らすために、 再度、食器用洗剤を垂らして20~30分放置。 その後、水かさが減ったところに、 ベーキングソーダ・すし酢を投入。 え…?本当に? あまりにあっけなく、 長時間の攻防もあって、 にわかに信じられません。 念のため、 もう一度そのまま水を流してみても、 全く問題なし! 4時間にも及ぶ戦いに、 勝利した瞬間でした。 この間、換気の必要性から、 すべての窓を開けていた為、 クーラーをかけることも出来ず…。 室温30度を超える猛暑の中、 汗だくだくで作業に当たった私にとっては、 涙が出るほどうれしい気持ちでした。 そして、この経験から分かったのは、 ラップさえあれば、 手も周りの環境も汚さず、 手軽に詰まりが解消できるということ。 程度に寄るかもしれませんが…) あの置き場所に困る ゴム製のガボガボやるやつは、 必須ではありません!.

次の