ブレ 加工。 イラスト加工でイメージを変える!様々なイラスト加工方法

ぶれ

ブレ 加工

わずかにボケておりましたので、Photoshopの[フィルター]の[シャープ]機能を使ってブレを修正してみたいと思います。 なぜ手ブレでぼやけた写真になるのか 手ブレは、シャッターを押すときに手元が動き、同時にカメラも動いてしまったために写真が重なったように写ってしまうことを指します。 結果、ピンぼけしたような写りになります。 シャッター速度が速いほど、手ぶれの危険性は無くなりますが、三脚を使わない限り手のブレをゼロにすることは難しいです。 今では手ブレ補正機能がデジカメに標準搭載されておりますが、その機能にも補正できる範囲が限られますので、大事な写真はPhotoshopを使って直していくというのも一つの手です。 使用ソフト Adobe Photoshop CCを使用 素材の用意 今回は自前の画像を使用しています。 早く食べたい焦りなのか、少し手ぶれによるボケが発生しております。 思えば若い時はラーメン二郎によく足を運んでいました・・・今は歳のせいかラーメンを食べたいと思った時に二郎の選択肢は無くなりました。 前日から体調を整えて決戦に望まないと胃もたれが次の日に持ち越すからです。 すいません、話がピンぼけしてしまいました。 補正いたします。 背景レイヤーとして設定されました Step2.補正方法を選ぶ [フィルター]の[シャープ]機能には、以下の6つの機能があります。 アンシャープマスク• シャープ• シャープ(強)• シャープ(輪郭のみ)• スマートシャープ• ブレの軽減 どの機能を利用したらよいか迷ってしまうので1つずつ検証していきます。 アンシャープマスクのダイアログボックスより、[量]・[半径]・[しきい値]をプレビューをみながら調整いたします。 0pixel]・[しきい値:6レベル]に設定しました。 んー、なんかテカってますね。 わずかに修正されましたが、少しブレが残っております。 シャープよりも強めに修正されました。 こちらもわずかに修正されましたが、少しブレが残っております。 Step7.スマートシャープで補正する スマートシャープは、アンシャープマスクフィルタには無いシャープコントロール機能があります。 より正確にエッジを検出して、ノイズやハロー効果を最小限に抑えることができます。 スマートシャープのダイアログボックスより、[量]・[半径]・[ノイズを軽減]をプレビューをみながら調整いたします。 除去方法は、ぼかし(レンズ)に設定いたします。 そして、ハイライト・シャドウの領域でシャープの量を調整します。 細かい調整を兼ねて綺麗に加工できました。 Step8.ブレの軽減 ブレの軽減は、PhotoshopCCから追加された機能で、まさに今回のテーマの手ブレ補正をしてくれます。 ブレの軽減のダイアログボックスより、[斑点の抑制]にチェックを入れ、[ぼかしトレーニングの境界]・[滑らかさ]・[斑点の抑制]をプレビューをみながら調整いたします。 今回は[ぼかしトレーニングの境界:23px]・[滑らかさ:24. ソースノイズは、自動に設定いたします。 細かい調整を兼ねて綺麗に加工できました(一番これが綺麗)。 まとめ 今回は手ブレした写真の補正方法を6つの機能別に分けてお伝えいたしました。 この記事はお役に立ちましたか?• いいえ 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

写真の手ブレ補正は無料ソフトで簡単に行う方法がある!

ブレ 加工

クリエイターの方々が各々の絵柄や色味、感性を駆使して生み出される素晴らしいイラスト作品は、世の中にたくさんあります。 しかし、その制作プロセスの多くは公開されておらず、どのように描いているのかが分からないものが多いのではないかと思います。 メイキングとして公開されているものも千差万別で、人によって大きく異なります。 イラストを描くとは別に、イラストに加工を加えることで印象を大きく変えることができます。 そこで今回は、描くこととは別に、イラストに加工を加えることにズームアップして考えていきたいと思います。 目指す印象によって加工方法も大きく異なるのですが、理想のイメージに更に近づけるものとして、様々な加工方法を駆使することができます。 日常の中で、スマートフォンで撮った写真を加工することはよくあると思いますが、それは自分好みの雰囲気にしたり、より良く写真を見せるために加工をしますよね。 イラストもそれと同じで、加工をすることによって得られる効果があり、印象を良く変えるために一手間加えるのではないかと考えます。 画法や絵柄、色味の違いがあるように、加工方法も人それぞれです。 その加工も自分のものにできれば、イラストの印象を決める強い武器になります。 今回使ったソフトは、「CLIP STUDIO PAINT」。 「Photoshop」や「SAI」でもほぼ同じように加工できます。 元イラストはこちら。 加工なし状態です。 ・全体をふわっとやわらかく 「ガウス」と呼ばれる、ぼかし効果です。 元の画像を複製し、ガウス ぼかし をかけて透明度を下げることで、下地のしっかりしたイラストが透けてみえる状態にします。 そこから透明度の調整をしたり、ガウスの画像をオーバーレイに変換したりすることで、ふわっとしたイメージになります。 右上にある色が実際に乗せた色ですが、「オーバーレイ」に変更することでこのような仕上がりになります。 スクリーンよりもまろやかな発光です。 上記の例は一色ずつでしたが、これを絵に合わせて色を変え、乗せていくとこのような表現もできます。 左:オーバーレイ 右:スクリーン ・立体感?色の重なりが増える! セロファンのような、色ズレをあえて起こす効果。 カメラで写真を撮ったときに、カメラのレンズによって起こるこの効果は色収差と言われています。 三原色である赤・青・緑を乗算クリッピングマスクでかけたレイヤーを3つ作り、それを少しずつズラすというもの。 上二つのレイヤーをスクリーンにすると、元の色に戻ります。 こちらのレイヤー状態は、乗算レイヤーと元画像レイヤーを結合し3枚にした状態です。 また、元画像と同じ色で表すためには純粋な原色 255,0,0 で分けましたが、この色を変えることで全体の色味を変えることもできます。 ズラす幅、原色の色変更で、更に見え方が変わってきます。 ・逆光でガラッと変わる 暗めの色の乗算レイヤーを重ねただけもの。 さらに絵に合わせて身体に沿って色を削ると、一層後ろから光が当たっているように見えます。 簡単な一手間で暗い場所や背後からのスポットライトなどを彷彿とさせます。 ・表情を加える! テクスチャをクリッピングマスクで上から重ねます。 重ねるテクスチャによってそれぞれ違った仕上がりになるので表現は無限大です。 馴染みました。 ・微妙な色味調整も自由自在 細かな色の調整はトーンカーブやカラーバランスなどを使って調整することができます。 グラフ状のカーソルを動かすことで変えられるのですが、少々感覚を掴むまで初めは苦戦するかもしれません。 CLIP STUDIOの場合はシャドウ、中間色、ハイライトに分けての細かい調整が可能です。 様々な個性的な加工が可能です。 フリーとは思えない最強コストパフォーマンス。 ・印刷紙のような仕上がり! こちらの加工を使えばデジタルでも印刷紙上で表現されるようなドット表現が可能です。 ・その他も色々な個性的な効果 ドット以外にも線幅を変えられるものや、ふわっとした効果の反対、全体をシャープにする効果など 先程ご紹介した色ズレ効果、色収差もワンタッチで作ることが可能です。 こちらはシャープ効果。 数値で調整できます。 未加工のものと比べると線がはっきりとしました。 いくつかの加工方法をご紹介させて頂きました。 これらを組み合わせたり、ここから自己流で派生させたり……。 ご紹介した方法もあくまで一例なので、作業をしていく中で自分の進めやすい方法が見つかれば、より効率良く作業を進められるのではないでしょうか。 それぞれの好み、画風に合った加工で、もう一段階表現の幅が広がれば大きな武器になるのではないでしょうか。 今回ご紹介したもの意外にも加工方法はまだまだあるかと思うので、ぜひ色々な加工に挑戦してみて下さい!.

次の

ピントの甘いブレた写真をPhotoshopで簡単にピントを合わせる方法

ブレ 加工

せっかく撮った写真も、後で確認したらブレていて綺麗じゃなかったという経験は誰でもあると思います。 デジカメやスマートフォンの小さな画面では綺麗に見えるんですけどね・・・。 でもせっかく撮ったわけですし、撮り直すこともできないのであれば、その写真を少しでも綺麗に見せたいですね!実は 軽度の手ブレであればソフトを使って補正することができます。 「Photoshopのような高いソフトでしょ!?」 このように思われる方は多いでしょう。 確かにPhotoshopのようなプロ仕様のソフトを利用すれば、写真の加工も簡単にできてしまいます。 しかし、以前にご紹介した Photoshopの代替ソフトとしても使える『Pixlr Editor』を利用しても写真の手ブレ補正を行うことが可能です。 『Pixlr Editor』は無料で利用できるソフトで、かつインストール不要の便利な画像加工ソフトです。 利用方法については以前の記事をご覧ください。 > スポンサーリンク 手ブレを補正する方法 今回は『Pixlr Editor』を利用して手ブレを補正したいと思います。 手ブレが補正できると言っても、激しい手ブレを綺麗にすることは難しいです。 あくまでも軽度の手ブレであることを前提としていますのでご了承ください。 では『Pixlr Editor』にアクセスしてください。 > アクセスしたら補正する写真を選択して開きましょう。 [フィルタ]の [マスクのシャープを消す]を選択してください。 「量」「半径」「しきい値」をコントロールできるボックスが表示されます。 これらの数値を変更することでブレを修正することが可能です。 写真によって改善される数値は異なるので、ブレが改善されるまで「量」「半径」「しきい値」を少しずつ動かしてみてください。 改善されたら[OK]をクリックで完了です。 補正前と補正後の比較 良い写真がなかったので分かりにくいですが、モヤがかかったような状態からフクロウの輪郭がハッキリ見えるようになりました。 変更する数値によっては、もっとハッキリとした写真にすることもできます。 全ての写真が綺麗に補正できるとは限りませんが、初めから諦めてしまう前に一度試してみてはいかがでしょうか?.

次の