パチスロ 北斗 の 拳 てん しょう。 【北斗の拳強敵】初打ち!一撃万枚越え!?(゚Д゚)

北斗の拳天昇の設定差や設定判別・示唆演出は?6確456確や高設定確定の重要演出を紹介!

パチスロ 北斗 の 拳 てん しょう

新台北斗を打つために朝一行ってまいりました。 もう新台から五日経つので少し早めに行って整理券を貰い、 難なく座ることができました。 まず思ったことは、物凄く回ります! 1K50回転くらい回ります。 最初の10Kで500回転越えました笑 千円あたり44回転くらい回るそうです。 しかしその分当たりが物凄く重いです。 期待できるのがほぼ中段チェリーで、中段チェリーの信頼度は最低でも25%?? 低確25%・高確100%だとか。。 結果としては1日打って低確っぽいところで1,2回くらいしかヒットしなかったです。 本当に25%なのかな…??と思いました。 基本的にはひたすら高確濃厚な状態の時に中段チェリーを願う感じです。 CZも通常時約3000Gで一回しか来なかったです。 最初の10Kで伝承の刻というCZに入りました。 本日のCZはこれ1回きりですwww 【伝承の刻】 100ひでぶで北斗揃い確定?! 獲得ひでぶがそのままATの期待度を示唆 10ひでぶなら期待度10% という感じ。 隣の人が中段チェリー引いてましたが25ひでぶでした。 もうひとつのCZ【七星勝舞】というのがあります。 これは前作転生のAT最後のバトル「神拳勝舞」と同じような感じです。 7G間に次々出てくる敵を倒せばATです。 これは左右の人が何回か突入させていましたが、全てAT当選していました。 さすが 信頼度83%。 そんなこんなで14K投資の600回転あたりで、スイカやら弱レアを引いて高確濃厚ぽいところで・・・ 中段チェリーを引きました!!レイが出てきてラオウステージ!! しかしラオウに会えず!! 戻ってきたジャギステージでジャギと対戦して無事当選しました!! 念願のATです。 7揃いor北斗揃いはリールが勝手に回ってそろえてくれますw 初当たりは7揃いで白オーラでした。 転生の時は白オーラが結構いい仕事してくれたので、もう気にしません!!w 今回もATレベルなるものがあって、ATレベルに応じて各ステージの継続率が違います。 ステージはこれも前作と同じで、 宿命<覇道<激闘<闘神という感じです。 前作と違うのは、玉獲得率ではなくステージによって継続率が違います。 ATレベル1の宿命ステージは継続率50%なのですが、 ATレベル4の宿命ステージは継続率79%になります。 ATレベル1だとばんばんシンにやられて即落ちします!! まさに私がこの状態に陥りました。 重いのにボーナスに期待できない・・・ まさに新基準の挙動という感じです。 ただ、ATの純増2. 8枚というのは体感できます。 今までの高純増AT機と同じ感覚で増えていきます。 ただし、本当に即死と重い当たりの繰り返しでしんどいです。 下皿も無くなってしまったので、残ってる分追加で入れて当たらなかったら やめよう。。 これはもう打たないだろうと思って打ってました。 そこから奇跡が・・・ 最初の当たりと同じような感じでAT当選。 これまた同じように赤7揃い。 なんかケンシロウが画面で変な動きをしている・・・ いつもなら「激闘乱舞」と出るところでケンシロウがまだなんかしている。。 もしや。。 これは・・・ リールが再回転して北斗が左リールと右リールにテンパイしました!! え?何??まだここからハズレるパターンあんの!? と思ってみていると・・・無事に北斗揃い!!!!!!!!! オーラは緑です!!!!!!!!! 確か北斗揃いはATレベル3以上確定!! 特化ゾーン「北斗乱舞」突入確定!! 「北斗史上最高」と謳っている今回の北斗揃い。。 しかしATレベル3だと宿命ステージの継続期待度は67%。 緑オーラだし・・・まだまだ安心はできません。 まずはATスタート時に「北斗乱舞」に突入しました。 結構激闘までいってくれるので安心感があります。 ここからは大きな乗せはないものの、ほとんどが覇道か激闘までいきます。 もしかして、ステージの上がりやすさも高ATレベルは優遇されているのか!? とにかくシンが来てもサウザーが来ても勝ちまくります。 シンに何度も勝つのでもしかしてATレベル4・・・? ATレベル4を意識しはじめました。 ここまでは特に大きな動きもなく1500枚ほど獲得。 投資が28Kだったので、とりあえず一安心です。 通常時のしんどさに耐え切れないので終わったら帰れるなーって思って打ってました。 しかし・・・ ここからの引きがすさまじかったです。 サウザーとバトルに発展。 サウザーはATレベル4だと継続率89%もあります。 もうATレベル4別格すぎますwww ここにどんだけ割りを食ってるんだろうって感じです。 とりあえず役物が出てきました。 役物出てくると必殺打って100枚以上確定?という感じです。 レア役は引いていません。 継続バトル勝利の場合、一緒に抽選してるのでしょうか。 というかバトル中にレア役引いたら追撃のチャンスとありますが、中段チェリー引こうが強スイカ引こうが、強チャンス目引こうが本当に発生しません。 一度だけ発生したときは何故か3回も追撃するという謎っぷりですw 解析待ちですね。。 しかもトキを複数ストックしている場合もあるとか・・・ というかトキいて闘神(継続確定ステージ)いけば消化しないの? どうなの?って見てると残り500ちょいでは闘神まで到達できず。 闘神までいくのは残り1000枚いけばだいたい到達できるくらいなんですかね? これが激闘ですが、ラオウではなく兄弟バトルへ発展。 トキがいれば兄弟バトルなようですね。 今回のバトルは100枚で次セットへ。。 ここから100枚でもほぼ激闘まで上がってラオウに勝ちを繰り返してました。 んであるところでスペシャルエピソードに!! なんかラオウ昇天してますwまだバトル16なので、エンディングじゃないよね? って見てると2Dのエピソード後に普通にバトル!! ケンシロウごうしょうは!!ボタン長押しで小刻みにボタンがバイブしてますwww これが300乗せです!んで通常に戻ったらまた役物きたあああああああああああ 北斗乱舞突入です。 一度闘神で弱スイカを引いたらサウザーとバトルになりました。 普通に負け。。。 ここは同じなのかよ!! と一人つっこみをしてると、何故か直ぐにまた崖の上にサウザー。 勝ち!!!スペシャルエピソード!!ということがありました。 闘神はとにかく何がなんでもチャンスっぽいですね。 最低でも兄弟バトルで100枚以上はついてきますし。 今回の爆発契機は闘神とトキが大きいそうです。 闘神にいけばほぼ残り枚数残してラオウと出会います。 んで次セットで数百枚ある状態から開始できます。 ということはまた上位ステージまで行く可能性が高くなります。 トキも同じような感じです。 何より半端ない安心感がありますねw あと、一度トキ連れたまま闘神にいったらその後トキ同行が2セット続いたので、 やっぱりトキストックは消化しないのかもです? んで 久しぶりに宿命で残り8枚・・・終わりそうな局面にさしかかりました。 状況としてはレイが同行しています。 レイがいる場合、強敵に会う可能性が高くなります。 でも会ってもほとんど負けます。 なんだか万枚を意識してきました。 ちなみにスペシャルエピソードは10回くらい入って2回北斗乱舞がついてこなかったです。 スペシャルエピソードは80%くらいで北斗乱舞もセット? ここからまた闘神や激闘のループが続いて、終わる気がまったくしなかったです。 たとえ乗せなくても恐らくATレベル4の安心感。 とにかく続きます。 というか20連以降はエンディング流れなければ勝利確定?どうなんだろうって 打ってたので、いつもはらはらしてましたw そうこうしているうちについに万枚突破しましたww 記念に万枚突破直前の写真を撮りました。 万枚を過ぎて急に失速。 BATTLE42でエンディングが流れて初めて、バトル=勝利確定とわかりましたwww 結果は10500枚程となりました!!! 疲れたので即やめです。 今回のは完全に北斗揃いの引きで勝った感じ。 設定はどうなんでしょう・・・ 人生初の一撃万枚となりました。 まさか新基準で初体験するとは・・・ 6時間下皿もみもみでしたが、北斗揃いさえひけば夢があるかも。 9時過ぎてましたが速攻誰か座ってました。

次の

北斗の拳天昇の設定差や設定判別・示唆演出は?6確456確や高設定確定の重要演出を紹介!

パチスロ 北斗 の 拳 てん しょう

8 97. 2 99. 1 100. 5 105. 7 110. 4 114. 通常時は規定G到達時の抽選による「断末魔ZONE」突入や、世紀末ポイント蓄積からの「世紀末ZONE」突入を目指す。 いずれも演出成功で 「激闘BONUS」を獲得し、「強敵バトル」に勝利で「真・天昇RUSH」突入となる。 セット間に減少区間が存在しないのも大きな特徴で、既存の機種とは一線を画す出玉スピードを実現している。 消化中の演出も完走型STタイプの「世紀末モード」と、王道バトルタイプの「修羅モード」を任意で選択可能。 異なったゲーム性を楽しむことが可能となっている。

次の

パチスロ北斗の拳 天昇 掲示板

パチスロ 北斗 の 拳 てん しょう

概要 [ ] 漫画・アニメ作品『』とのタイアップ機で、シリーズ初の6号機の新作となる。 シリーズとしては『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver. 』以来の新作となるが、正統な後継機としては『パチスロ北斗の拳 新伝説創造』以来となる。 『』(以下「初代」と表記)と『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』に登場したキャラクターが登場。 ゲームシステム [ ] 初の6号機であるが、本作でもシリーズ伝統の通常時「中押し」を引き続き採用している。 本作では「北斗カウンター」が廃止、それに代わるシステムとして、緑カウンター相当のCZ「断末魔ZONE」と赤カウンター相当のCZ「世紀末ZONE」を搭載している。 「断末魔ZONE」は規定ゲーム数の消化で突入するCZで、「世紀末ZONE」は通常時に貯まる世紀末ポイント1000pt到達で突入するCZである。 通常時は0 - 100ゲームでのみ滞在する「荒野ステージ」を経て、CZ経由で「激闘BONUS」を目指す。 「荒野ステージ」滞在中は、世紀末ポイント高確率ゾーンの「七星CHARGE」突入と、激闘BONUS突破の鍵を握る「昇舞魂」獲得を高確率で抽選する。 激闘BONUS突破でATが当選する。 この100ゲーム以内で激闘BONUSに自力当選した場合は、「撃破昇舞魂」が1つないしは2つ貰えるため、突破しやすくなる。 尚、本機は設定変更後、有利区間移行後1000ゲーム以内にボーナスが2回当選した場合、AT終了後に有利区間がリセットされる。 ボーナス・AT [ ] 激闘BONUS 通常時の当選は基本的に「激闘BONUS」となる。 ボーナス突入前に貯めた「昇舞魂」でバトル勝利確率を上げる。 前半パートは押し順ナビによる出玉獲得、後半パートはバトルの構成で、3回のバトルに勝利することで後述のATに当選する。 1回目のバトルで対戦キャラクターが選ばれた時点で、2回目以降のバトルは1回目に選ばれたキャラクターが必ず選ばれる 例外として、1人目のキャラクターにジャギが選ばれた場合は2人目以降は別のキャラクターが選ばれる。 このように、2回目以降のバトルの対戦キャラクターを1回目の対戦キャラクターと同一にすることで、3人のバトルを1回のボーナスに詰め込むのではなく、1人のバトルを最大で3回に分けることで違和感の無い演出設計がされている。 同ボーナス時は、子役レベルとバトルレベルの2つで管理されており、子役レベルはその小役入賞及び書き換え確率当選時に勝利書き換えを行い、バトルレベルは各バトル開始時にレバーオンで勝利の可否を判定するレベル。 共に最高は10で、バトルレベルの方は一戦勝利ごとにリセットされる。 突破した場合、そのゲームの第3リール停止後にPUSHボタンを押すことで勝利契機を確認することができる。 逆に、敗北したとしてもPUSHボタンを押して勝利契機が出現した場合は逆転勝利が確定する。 有利区間移行後のボーナス当選はAT非突入で有利区間が引き継がれる。 引き継がれた場合は、次回のボーナス当選までのゲーム数が、 1000-ボーナス当選時のゲーム数に短縮される。 天井ゲーム数で当選した場合はAT非突入で次回チャンスモードが確定する。 尚、有利区間移行後1000ゲーム以内に2回目のボーナスが当選した場合は、AT非突入時ないしAT終了後に有利区間がリセットされる。 真・天昇RUSH 本作の出玉契機となるAT。 「世紀末モード」と「修羅モード」の2つがあり、開始前に任意で選択可能。 バトル時演出期待度は、ラウンド開始前に左下のサブ液晶でカスタマイズすることができる。 AT終了後は有利区間がリセットされる。 「修羅モード」は、ラウンド中に保留を昇格させ、ラウンド終了後の転生ZONEでその保留を使いバトルでラウンド獲得成否を判断する。 勝利した分、次のラウンドで保留が強化しやすくなる。 「世紀末モード」は、滞在ステージによってラウンド継続期待度が変わり、消化後のBATTLE ZONEで勝利すればラウンド獲得および継続となる。 なお、共通して継続できず終了画面が表示されている時に第1・第2リール停止のいずれかで流星が流れれば復活確定となる。 獲得枚数が特定枚数を超えると、一定条件で「昇天」演出に発展し、カイオウ(修羅)・ラオウ(世紀末)の昇天演出と共に2400枚獲得(完走)が確定する。 BATTLE BONUS 北斗図柄揃いで突入するボーナス。 バトル勝利でATのROUNDストックを獲得する特化ゾーンも兼ねる。 脚注 [ ]• 製造は。 - パチスロ北斗の拳 天昇公式サイト(2020年1月13日閲覧) 外部リンク [ ]• この項目は、やに関連した です。 などしてくださる()。

次の