韓国 ドラマ 愛 は ビューティフル 人生 は ワンダフル。 韓ドラ・愛はビューティフル、人生はワンダフル(58話~60話)あらすじ感想【ジュンフィの母】

韓国ドラマ 愛はビューティフル、人生はワンダフル キャスト 相関図

韓国 ドラマ 愛 は ビューティフル 人生 は ワンダフル

愛はビューティフル人生はワンダフルのあらすじ 人生に葛藤する二人の姉妹 ドラマは、2009年の時期から始まります。 キム・ヨンウン パク・ヨンギュ とソヌ・ヨンエ キム・ミスク の次女であるキム・チョンア ソル・イナ は、大学へ行かないと決めていました。 彼女は、学校でいじめに遭い、体にはいくつも痣があり、 人生に絶望していたのです。 一方、姉のキム・ソラ チョ・ユニ は、アナウンサーという華やかな仕事には就いていたものの、お金持ちの男性と結婚をするために、高級なジムに通ったりしながら、ギリギリの生活をしていました。 二人は生き方や考え方はまったく違うものでしたが、心に様々な葛藤を抱えていたという点では共通していたのです。 自殺を図るチョンア 人生に絶望していたチョンアは自殺サイトで知り合ったジョンギョムと一緒に 自殺をしようとします。 そして、自殺をするための場所に向かう途中の列車の中でチョンアは、ク・ジュンフィ キム・ジェヨン という兵役中の男性に出会い一目惚れするのでした。 実は、ジュンフィは、これから一緒に自殺をしようとしていたジョンギョムの兄だったのですが、チョンアは、もちろんそんなことを知る由もありません。 そして、ジョンギョムとチョンアと待ち合わせをしますが、ジョンギョムは、「チョンアは死なないで生きていくべきだ」という手紙を残して、 一人で自殺をしてしまいます。 やがてチョンアと連絡が取れた母のヨンエは、ジョンギョムは自殺ではなく、事故で亡くなったことにしようというのでした。 ソラはお金持ちと結婚をしたけれども・・・ そして、ドラマの舞台は2009年から2018年に移ります。 チョンアは、警官になるための公務員試験を受けるため、一生懸命勉強をしていました。 そして、自殺をしたジョンギョムの兄で、以前、チョンアと列車の中で偶然出会ったジュンフィは、生前のジョンギョムから自分にあてられた手紙を発見し、そこに書かれていたチョンアを探すことになります。 一方の、ソラは、ジムで出会った財閥の御曹司であるト・ジヌ オ・ミンソク に気に入られ、結婚をしていました。 野心家のソラは、遂にその夢を実現していたのです。 しかし、その一方で、ソラは、ジヌが、自殺をしたジョンギョムの親戚であったことを知り、 家族と関係を絶ち切っていました。 さらに、二人の間には、なかなか子供が生まれず、ソラは不妊治療も受けていました。 また、ソラは、ジムの母であり、姑であるホン・ファヨン パク・ヘミ からは憎まれていて、1年以内に妊娠をしなければ追い出されると言われる始末。 ソラの夫は不倫の末・・・ そんな時、ジヌは、秘書のムン・ヘラン チョ・ウリ と不倫旅行へ出かけて、 交通事故に遭い、意識不明の重体になってしまいます。 複雑な思いでジヌの回復を待つソラでしたが、病院で、ヘランの兄のムン・テラン ユン・バク と出会うのでした。 一方、チョンアは、ジュンフィと再び偶然に出会います。 しかし、チョンアは、ジュンフィがジョンギムの兄であることには気が付かず、ジュンフィもチョンアがジョンギムが自殺をする直前まで一緒にいた女性であることには、まだ気が付いていません。 ソラとテラン、そしてチョンアとジュンフィの不思議な縁は、まだ始まったばかりなのでした。 愛はビューティフル人生はワンダフルのキャスト 愛はビューティフル人生はワンダフルのキャストは以下のようになります。 分かりやすいように、ドラマのポイントとなる人を中心に分けてみました。 チョンアとのその家族 ソル・イナ キム・チョンア役 :ヨンウンとヨンエの次女で、恋愛と結婚は諦め、公務員試験の勉強をがんばっている29歳の女性。 ドラマでは、主人公的な役割を演じます。 チョ・ユニ キム・ソラ役 :ヨンウンとヨンエの長女。 アナウンサーをしていた時にジヌと出会い結婚をするなど、強い野心を持った女性でもあります。 キム・ミスク ソヌ・ヨンエ役 :チョンア、ソラ、ヨナの三姉妹の母。 仕事をしない夫のために、苦労しながら、娘たちには自分と同じような苦労をさせたくないと願っています。 パク・ヨンギュ キム・ヨンウン役 :チョンア、ソラ、ヨナの三姉妹の父。 元プロバスケットボール選手で、金メダリストでしたが、現在は失業して、妻に頼りっぱなしのダメ親父状態になっています。 クォン・ウンビン キム・ヨナ役 :チョンアとソラの妹で18歳の女子高生。 テニスの天才で学校でも人気者です。 ジュンフィとのその家族 キム・ジェヨン ク・ジュンフィ役 : 財閥企業の一族で、判事である母を持つ34歳の青年。 他人には興味を持たない冷静な性格ですが、チョンアを出会って心境が変化していきます。 ナ・ヨンヒ ホン・ユラ役 :ク・ジュンフィと自殺したジョンギョムの母親であり、最高裁の判事です。 ジヌとその家族 オ・ミンソク ト・ジヌ役 :財閥企業の代表の一人息子。 ソラと結婚をしますが、不倫相手と事故を起こして、意識がなかなか回復しません。 パク・ヘミ ホン・ファヨン役 :ト・ジヌの母であり、ユラの妹でもある彼女は、財閥企業の会長で、普段から、傍若無人の振る舞いをしていて、下の人からはクレイジーサイコパスだと言われています。 ジヌだけは溺愛しているだけに、ソラに対しては非常に厳しくあたります。 愛はビューティフル人生はワンダフルの感想 実は、私自身、KBSの週末ドラマだけは、以前から欠かさず見るようにしていたのですが、 「愛はビューティフル人生はワンダフル」の前にやっていたドラマがあまりにも面白くなくて、見るのをやめていました。 実際、週末ドラマを見始めるとかなり時間を取られてしまうので、今回も見るのをやめようかなと思っていたのですが・・・ 妻が、「愛はビューティフル人生はワンダフル」を見始めて、 「今回のドラマはすごく面白い!」と言い出したんですね。 確かに、ストーリーの展開がすごく早いですし、幸せとは何か、いろいろ考えさせられることも多いです。 最終回の感想 3月22日 「愛はビューティフル人生はワンダフル」は、3月22日 日 に韓国で最終回を迎えました。 一応、ハッピーエンドではあったのですが、 最後は盛り上がりに欠けて、あっさり終わってしまった感じです。 感覚的には、あまり、人気がなかったので、途中で打ち切りになって、急いで終わらせた印象を受けました。 あと、今回のドラマでは、ジヌの憎めない存在感が人気を得て、最後はストーリーが変わってしまったような展開になったのも個人的には印象に残りました。

次の

愛はビューティフル、人生はワンダフル 1話・2話(1回2回・3回4回)あらすじと感想

韓国 ドラマ 愛 は ビューティフル 人生 は ワンダフル

スポンサーリンク 韓国ドラマ「愛はビューティフル、人生はワンダフル」あらすじ31話~36話の感想&ネタバレ 秘書であるヘランと不倫の状態だったジンウ。 ヘランと一緒にいる時、事故に遭ってしまい、ずっとコマ状態であった彼は事故から1年という時間が過ぎ、いよいよ目を覚ましました。 しかし、1年という時間の間、多くのことが変わっていました。 特に変わったのはソルアとの関係。 お見合いで会い、すぐだと言える時間が過ぎた後に結婚したジンウとソルア。 仲良い夫婦だとは言えなかったし、夫は不倫だし、妻は姑からいじめられて… ため息 そんな状況で起こった事故でジンウがコマ状態でいた時、ジンウは自分の意志とは全く関係なく、ソルアと離婚してしまいました。 目を覚ましたジンウは自分がソルアと離婚したということが分かり大ショックを! それに、ソルアが自分とヘランの関係が分かっているというのもショックの一つなんですよね… まあ、不倫を犯した人が自分の配偶者がその事実が分かることを願うはずがないんですけど 笑 そんな理由で、目を覚ましたジンウは大ショックを受けたんですが、ソルアの状況は全く反対! 1年前には心に傷も多くて、今後どうすれば良いのか全然分からなくて未来も見えないようだったソルア。 ソルアは家族の元へ帰り、完全なのかは分からないんですが、とりわけ心の傷も回復し、新たな生活をしています。 そんな状態でずっとコマだった前夫が目を覚ましたという連絡をもらってもまあ… ソルアと離婚したと分かり、ジンウは涙を流しながら自分はソルアを本当に愛すると言いましたけど、不倫を犯した人がそんなこと言うの、全く信頼できないんですよね… だからジンウが再びソルアにプレゼントをしたりしても… ため息 変ったことをそのまま受け入れてもらえば良いけど何故か不安なんですよね… ため息 1年という時間が過ぎ、いよいよ目を覚ましたジンウ。 今後、再びソルアにダッシュすることになるのではないかと予想されますよね… 2人の関係はどうなるんでしょうかね。

次の

愛はビューティフル、人生はワンダフル 全話あらすじと感想 キャスト・相関図

韓国 ドラマ 愛 は ビューティフル 人生 は ワンダフル

2020. 美人だけど少しぬけている。 恋愛と結婚を諦め、8年前から公務員試験を準備している 愛と義理が溢れる人物 人生は絶望的だが、人生の哲学は、楽観的だ簡単にあきらめないポジティブな性格。 キム・ジェヨン ク・ジュンフィ役 34歳 ホン・ユラ家の長男。 他人事には興味を持ってない非婚主義者 割り勘主義。 恋愛はもちろん、人間関係も節制する人物だが、キム・チョンアに会って心境の変化を経験する。 チョ・ユニ キム・ソラ役 35歳 ソヌ・ヨンエとキム・ヨンウンの長女。 ト・ジヌの妻。 アナウンサー出身で野心に満ちている。。 SNSとお金に閉じ込められたショーウィンドウシンデレラ。 100万のフォローワーを持つパワーインフルエンサー。 ユン・バク ムン・テラン役(34歳) ムン・ジュニクの長男。 養子縁組で構成された家庭の長男 ジュニクが養子として迎えた一人目の子。 クール特急ホテルのシェフだった今は小さな飲食店を自由に運営している。 店はインターマーケット地下1階レストランである。 一緒にいると安心できる心が温かい男性。 オ・ミンソク ト・ジヌ役(40歳)キム・ソラの夫 エリートの遺伝子を持つ大手企業の代表。 ホン・ファヨンの一人息子。 財閥3世。 インターマーケット代表。 過去の時代との決別を宣言し、透明経営、水平的組織文化と大衆との疎通に友達のようなオーナー、旋風を起こしている若い企業家だ。 母からのあらゆる反対を押し切ってソラと結婚を果たした。 キム家チョンアの家族 キム・ミスク(ソヌ・ヨンエ役)(64歳)チョンア、ソラ、ヨナ3姉妹の母。 キム・ヨンウンの妻。 通常のおばさんではなく、独身の女性のように感じられる。 しかし、現実には忙しさに追われる生活を送っていた。 キム・ヨンウンの元に嫁いでから大変な苦労をしてきた。 パク・ヨンギュ(キム・ヨンウン役)(70歳)チョンア、ソラ、ヨナ3姉妹の父。 ソヌ・ヨンエの夫。 現在は無職。 一生涯往年のスター、元プロバスケットボール選手、代表の金メダリスト、家庭は妻が守って家庭の家計もも妻が守ってきた。 運動選手出身なので体の管理はこだわる。 朝青汁一杯、ご飯は玄米ご飯、夜は必ず肉のおかず、紅参、ビタミン、オメガ3、プロテインパウダー、目に良いルテインまでに、食べていない健康補助食品がない。 自分の健康管理はしっかりしている。 クォン・ウンビン CLC キム・ヨナ役 18歳 チョンア、ソラの妹で、ヨンエとヨンウンの末娘。 テニスの天才女子高生。 学校でも人気者のガールクラッシュ(女性も憧れる格好いい女性)な魅力を持つ女子高生。 スポーツ万能で中学3年生の時にユニフォームが可愛いから入ったテニス部の試合で優勝してしまう。 ユラ・ファヨン姉妹 ナ・ヨンヒ(ホン・ユラ役)(65歳)ク・ジュンフィの母。 最高裁判事(最高裁判所判事)。 司法試験長は、司法研修院首席卒業、さらにインターマーケット家の長女である。 まさに大韓民国の上位0. 1%にすべてを持つ女性だ。 だからなのか欲がない。。 彼女が価値を置くのは、真実、誠実である。 常にて正道を歩こうとする。 「女性初の長官」と次期長官候補に挙げられている。 パク・ヘミ(ホン・ファヨン役)(62歳)ト・ジヌの母。 インターマーケット会長。 ホン・ユラ裁判官の妹。 天上天下唯我独尊の傍若無人。 下の人に「(クレイジーサイコパス)」と呼ばれる。 息子ト・ジヌだけを愛している。 息子だけ愛する。 そして残りはすべて彼女の敵である。 特に嫁キム・ソラは人生の最大の敵である。 ムンテランの家族 チョン・ウォンジュン(ムン・ジュニク役)(61歳)テラン、ヘラン、パランの3兄妹のパパ。 定年を控えた警察。 汝矣島地区隊隊長。 良い警官。 良いお父さん。 良い大人。 子供をできない持つ妻が養子縁組を望んでいる疑わしい心に孤児院を訪れたが子供の目に足は離れ養子縁組を決めた。 ところが突然、妻が彼らだけを残して去った。 チョ・ウリ ムン・ヘラン役(29歳)ムン・テランの妹でト・ジヌの秘書で不倫女子。 ムン・ジュニクの娘。 インターマーケット秘書に参加した後の能力を認められ、代表取締役(ト・ジヌ)の秘書になった。 代表の細部まで見逃さないようにし観察し、チェックし、神経使って見ると、ト・ジヌは人を深く知ることになった。 孤児だ。 少年院。 いくつかの犯罪をし、今度は大きな詐欺師になってみようと車を盗んで乗って通って、コミットしなかったひき逃げ犯になって、大きな泥棒らしく大きな家に行った。 死のうともした。 ところが、死のうと首をくくっうとする瞬間、子供の頃に別れた妹の顔がふと浮かんだ。 ク・ジュンフィを目の敵のように思っている。 キム・ボジョン オ・ドクヒ チームの代理(30代半ば)英語、中国語、日本語、タイ語、スワヒリ語の5ヶ国語に堪能な人材やスポーツが好き、スポーツマーケティング部門に支援した。 「NO!」をできない致命的な欠点のせいで能力値よりも大変住むキャラクター。 自殺という、ともすれば暗いテーマを扱いながら、亡くなった友に力をもらいながら生きる主人公チョンアが印象的でした。 チョンアは虐められていた過去を持っているのですが、虐めにも屈せず自分の人生の道を歩む姿に、私自身励まされました。 韓国では虐めが大きな社会問題となっているので、そういったメッセージも組み込まれていたのだと思います。 そして不倫をしてしまった、チョンアの義兄ジヌ。 その妻であるソラは、それが許せないでいつつも、自分が夫より金を愛していたことに気が付き、夫婦の仲が戻っていくのも微笑ましかったです。 ジヌのキュートな姿には、母性本能がくすぐられました。 私としては、まだこのドラマを観ていたい気分です。 人生を必死に前向きに生きようとする登場人物たちの姿は、視聴者を励ますものでした。 登場人物たちを演じている役者さんたちは、スター級の人はいなかったですが、それでも魅力的なドラマでした。 ある意味で悪役だったジヌの母ファヨンも、見るからに悪役で、楽しませてもらいました。 最終回後は、ジヌを愛しているソラを見て、きっと上手くやっていけると思います。 この作品は、主人公カップルであるジュンフィとチョンア以外の人物もきっちり表現してくれたおかげで、ずっと飽きずに観ることができました。 虐めっ子ヘランを演じた女優さんは、難しい役どころでしたが、うまく演じていたと思います。 ぜひ視聴をお薦めしたい作品です。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の