みたまうつしの儀。 神式の葬儀で唱えられる祝詞とは?意味や天理教でも唱えるのか解説!|終活ねっと

みたまうつしの儀とは?市川海老蔵と小林麻央の宗教は仏教ではなく神道!

みたまうつしの儀

スポンサーリンク みたまうつしの儀 漢字で書くと、『御霊遷し』 神式で行う葬儀の中核をなすもので、仏式の通夜にあたる「通夜祭」と一体的に行われることが多いとのこと。 「遷霊祭(せんれいさい)」とも呼ばれるようです。 御霊遷しでは、文字通り、 故人の霊魂(みたま)を御霊代(みたましろ)に遷し留める儀式で、必ず、夜間に行うことになっているようです。 海老蔵さんは、25日の17時16分に記事を更新、麻央さんの「みたまうつしの儀」を終え、自宅に帰りブログでその報告をされていました。 以下は、儀式の進め方。 まず、夜を表すように祭場の灯りを消して暗くします。 つづいて、斎主が遷霊詞(せんれいし)を誦しながら、御霊代を故人の顔にかざして魂を遷します。 このとき、斎員によって小さく警蹕(けいひつ)が発せられます。 「警蹕」とは「を-」という音声で神様のお出ましを告げる神事のしきたりです。 警蹕の間は、神職も参列者も頭を下げて拝礼しつづけていなくてはなりません。 御霊 みたま)が霊璽(れいじ)に遷された瞬間から故人は神様となります。 このとき以後、 神となった故人には「諡号(おくりな)」が贈られ、生前の名前につづけて、男性なら「大人(うし)」や「命(みこと)」、女性なら「刀自(とじ)」や「姫命(ひめみこと)」などを付けてよばれるようになります。 仏教葬儀の戒名(法名)に相当するものと言えます。 「御霊遷し(みたまうつし)」が無事終わると、祭場に再び灯りを点け、斎主以下一同が御霊代(みたましろ)の前に集まって、斎主の祭詞奏上に続いて、順に玉串を奉奠(ほうてん)し、二拝二拍手一拝で拝礼します。 なお、拝礼の拍手は音を立てない「忍び手」で行います。 【より引用】 諡号(しごう)については後程説明しますね。 みたまうつしの儀の後は? みたまうつしの儀が終わった後は、葬場祭(そうじょうさい)。 神式でいうと『葬場祭』といいますが、こちらは仏式で言う 葬儀・告別式にあたります。 通夜祭と遷霊祭は遺族と親族のみで行われますが、葬場祭には一般の会葬者も参列します。 ちなみに、海老蔵さんの父である市川團十郎さんについて振り返ると、 市川團十郎さんの神式葬儀 2013年2月3日 肺炎のため死去(66歳没) 2月5日に通夜祭 2月6日に葬場祭と神式に則った葬儀が東京都目黒区の邸にて近親者による密葬でとり行われ、 『瑞垣珠照彦命』の諡号(しごう)が贈られました。 2月27日 東京・青山葬儀所に於いて本葬が執り行われました。 葬場祭は密葬式で執り行われましたが、尾上菊五郎さんや中村吉右衛門さん、小泉純一郎元首相ら、歌舞伎関係者や知人らが参列されています。 喪主は長男である市川海老蔵さんがつとめられました。 諡号(しごう)とは? 諡号とは、仏教でいう戒名や法名のこと。 神道では諡号(おくりな)と言われています。 故人の名前が先に書かれ、その後に故人の生前行われた功績への評価や、亡くなった自説を表す尊称を書き、最後に年齢性別に応じて書かれます。 神道の場合、今使っている氏名 俗名 は、神と親から授かった大切な名前であるという意味合いから、そのまま「御霊 みたま 」の名前になる点が特徴です。 12代目團十郎さんの諡号『瑞垣珠照彦命』の意味 瑞垣=神の領域を囲う囲い、珠=美しい、照=光を照らす、から「美しく光を照らす人生」の意という 麻央さんにどのような諡号が贈られたのでしょうか。 まだ公けにはなっていませんが、御霊遷しが行われた際に贈られているはずなので、すでに決まっていることが予測されますね。 公表され次第追記したいと思います。 では、海老蔵さんの宗教って何?について。 海老蔵さんの宗教は神習教 父親の一二代目團十郎さんのWikipediaによると、 團十郎(堀越夏雄)は神道(神習教)信者であるため との記載があります。 東京都世田谷区に法人の教庁を置く。 当時の神社や神道のあり方に対して問題意識を持っていた正秉が本来の神道の姿に復することを目的として形成され、神代より脈々と流れる伝統的な神道的価値観を教義の柱としている。 天照大御神をはじめとして神道古典にある天津神、国津神を祀り、古事記、日本書紀ほかを所依の教典とする。 【Wikipediaより引用】 市川家が代々神習教かというとそうではないようで、 九代目の團十郎さんが神道教師となって以来、成田屋市川宗家が信仰しているそうです。 日本で行われる葬儀の多くはご存知のとおり仏式です。 神葬祭やその他の種類の式の割合は全体の約数パーセントにすぎないと言われています。 しかし、実は初詣や結婚式、七五三など、私たちの生活の中にも自然と根付いている神社に関わる儀式も多くあるんですよ。 ご存知の方も多いと思いますが、天皇の葬儀も神道で執り行われます。 まとめ 25日に小林麻央さんの「みたまうつしの儀」がとりおこなわれました。 みたまうつしの儀とは、神式の葬儀で、仏式でいうお通夜のこと。 つづいて、葬儀、告別式がとりおこなわれることとなります。 麻央さんに贈られる諡号にも注目が集まっているようですが、 麻央さんが残された功績は計り知れないと感じています。 立派な諡号が贈られるのでしょうね。 未だに小林麻央さんの死が受け入れられないのは私だけでしょうか。 印象にあるのは柔らかい笑顔です。 ご冥福をお祈り申し上げます。 <広告>.

次の

小林麻央・みたまうつしの儀とは?場所はどこで?天理教なのか検証

みたまうつしの儀

この記事の目次• 天理教の葬儀の特徴 天理教の葬儀を知るうえでは、まずは「天理教とは何か」について知らなければなりません。 天理教は、江戸時代にできた宗教です。 1838年に、中山みきという人によって開かれたとされています。 日本全国に 17,000件ほどの教会を有しており、海外にも進出しています。 奈良県の天理市に本部をおいている宗教であり、「親神(おやがみ)」である天理王命(てんりおうのみこと)を信仰しています。 奈良県などにいくと、この天理教の宗教施設をよく見ることになるでしょう。 天理教の葬儀は、神道のそれとよく似たかたちをとります。 また、死生観には、仏教の輪廻転生(りんねてんしょう)と似たような価値観があります。 もっとも天理教の場合は、「輪廻転生」でははなく、「 魂は生まれ変わって出直す。 それまでは、天理王命に抱えられているのだ」という死生観を持っています。 現在ある姿は、あくまで借り物であると考えているのも、天理教の特徴だといえるでしょう。 このような考え方から成り立つ天理教の葬儀では、玉串奉奠(たまぐしほうてん)などのように、神式と共通する儀式があります。 玉串奉奠(たまぐしほうてん) 「玉櫛奉奠」とも書きます。 榊を祭壇にお供えするものです。 これは神式と同じやり方をとります。 両手で玉串を受け取り、時計回りに反転させ、葉側を自分に向けて祭壇に置くものです。 神式ではこの後に、しのび手で一礼二拍手一礼をしますが、天理教の場合は少し異なる方式をとります。 参拝(列拝) 玉串奉奠をした後、天理教の葬儀も神式の葬儀と同じように拍手と礼をします。 ただ、天理教の場合は 2回礼(30度におじきをする)をして4回拍手をし、さらに1拝(90度でおじぎをする)して4回拍手をして1礼をする、という作法をとります。 また、神式とは異なり、音を立てて手を打ってもよいと考えられています。 名前 仏教の場合は「戒名」というかたちで新しい名前が与えられます。 神式の場合も、諡(おくりな)がつけられます。 これに近い考え方は天理教の葬儀にも見られます。 「大人(うし。 男性につけられる)」「刀自(とじ。 女性につけられる)」を名前の後につけることになります。 ただし、神式の場合とは異なり、「命(みこと)」という名称はつけません。 天理教の葬儀の式次第 ここからは、天理教の葬儀の式次第について紹介していきます。 天理教の葬儀でも、「通夜」「葬式・告別式」が行われるのは一緒です。 また、その流れは、神式のそれに近いものがあります。 通夜の流れ• 参列者が席につきます• 宗教者(斎主)が入場します。 最初に、斎主が祓いの言葉を述べます(「祓詞奏上・はらえことばそうじょう」)• 故人から魂を移す儀式が行われます。 このときに、「うつしの詞奏上」が行われます(「御霊うつしの儀・みたまうつしのぎ」)• 供物をささげます(「献饌(けんせん)」)• 斎主の玉串奉奠• 斎主によるしずめの詞奏上と列拝。 これによって「御霊うつしの儀」が終わります• 斎主の助手(斎員)の列拝• 喪主や親族、参列者の玉串奉奠と列拝• 斎主退場 葬式・告別式の流れ• 参列者が席につきます• 宗教者(斎主)が入場します。 供物をささげます• 斎主による詞奏上• 斎主の玉串奉奠及び告別詞奏上(告別式のときに述べる宗教的な言葉)• 斎主の助手(斎員)の列拝• 喪主や親族、参列者の玉串奉奠と列拝• 供物を下げます(「撤饌・てっせん」)• 斎主退場• 閉会 一般的な神式の葬儀との違い 仏教と天理教の式は、さまざまなところで異なります。 数珠を使わないところ、「御仏前」という言い方を使わないところ……。 このため、むしろ、天理教の場合は「神式との違い」がよくクローズアップされます。 天理教の葬儀と神式の葬儀は、非常に似ているところが多いものです。 特に天理教ができてから百余年あまりのころは、この傾向が顕著でした。 「亡くなった方は御霊となる」「その御霊は霊璽(れいじ。 仏教による位牌に似たもの)におうつりいただく」「玉串奉奠(榊)を重要視する」などは、今でも受け継がれている、神式との共通点です。 しかし異なる点もありますので、それについてみていきましょう。 神式との大きな違いは、 「天理教では『生まれ変わり』の概念がある」ということでしょう。 神式の場合、亡くなった方は守護神となって家を見守ることになります。 しかし天理教においては、一度親神様の元に行った後に、生まれ変わって出直すという考え方を持っています。 これは仏教における輪廻転生と似たような考え方にも見えますが、天理教では「親神様に一度体を委ねて、新しい肉体が見つかるまでの時を過ごす」と考えます。 また、神道では神社を参拝場所としますが、天理教の場合は全国各地にある「教会」を参拝場所とします。 また、天理教を信じる人は、奈良県にある「ぢぱ」と呼ばれる聖地に向かって参拝することになります。 このような特徴を持っているため、天理教の葬儀においては、教会の人間に相談してさまざまなことを取り決めていくことになります。 神式における「諡(し)」に近いものが、天理教にもあります。 「大人(うし)」「刀自(とじ)」などがそれです。 この「刀自」は、一般的な日本語としても使われていますね。 ただし、天理教の場合は、神式で使われる「命(みこと)」という名称は付けられません。 不祝儀袋の選び方と表書き 不祝儀も、仏教とは異なります。 表書きは「御玉串料」「御霊前」「御榊料」とします。 これは神式の葬儀と同じです。 天理教の葬儀の場合、仏教とは異なり、「焼香」は行いません。 そのため、「御香典」という表現は用いません。 また「御仏前」も、「仏」という言葉が入っていることからも分かるように、仏教用語であるため天理教の葬儀では用いません。 水引が結び切りなのは、仏教でも神式でも天理教でも同じです。 天理教では、水引の色は白黒、あるいは白と黄色のものを選びます。 花を贈るには 「花」は、キリスト教でも仏教でも神式でも取り入れられるものです。 もちろん、天理教でも例外ではありません。 「供花(供華とも。 くげもしくはきょうかと読む)」というかたちで花を供えるかたちがとられることは、天理教でもあります。 白を中心とした供花でまとめられることがあり、このあたりは神式とあまりかわりません。 ここに、「親戚一同」「子供一同」などのような札を立てて飾ります。 ただ、供花に関しては、スペース的な問題もあります。 このため、一度葬儀会社に供花を贈りたいという旨を伝え、ご遺族のご意向や手配について聞くようにしてください。 天理教の葬儀における振る舞い作法 天理教における葬儀のマナーは、基本的には通常のものと変わりません。 特に「神式」とはほとんど変わるところがありません。 参列するときのマナー 葬儀におけるマナーについてみていきましょう。 服装 男性はブラックスーツやダークスーツを、女性はブラックのアンサンブルやスーツを着用します。 なお、女性の場合は黒のパンツスーツでも問題はないとされるケースもありますが、特段の事情がない限り(たとえば足が悪くてスカートでは取り回しが厳しいなど)スカートにした方がよいでしょう。 男性の場合は黒いネクタイを使い、黒い靴下を履きます。 女性の場合は黒のストッキングを使いましょう。 子どもは、学齢期に達しているのならば制服を着用します。 子どもにとって、「制服」はもっともあらたまった礼服だからです。 学齢期に達していない子どもならば、黒やグレーといった地味な色合いの服装を選ぶとよいでしょう。 なお、 天理教は仏教とは異なるため、仏教の宗教具である「お数珠」は使いません。 その他身だしなみ 女性の場合、メイクはひかえめにします。 パールの入ったメイクアイテムやチークは原則として使いません。 口紅は、ひくのであれば薄い色のものを選びます。 また、あえて口紅をひかないという「片化粧」の考えにのっとるやり方もあります。 ただ、現在は、「薄い色の口紅をひく」というのが一般的な考え方になりつつあります。 お参りするときに邪魔にならないように、長い髪の毛はヘアアクセサリーで留めましょう。 このときに使うのは、• 光沢のない生地で• 大振りのものではなく• 目立たないもの を選ぶのが正解です。 ネックレスやネクタイピン、カフスボタンやバングルなどはつけません。 結婚指輪やパールのネックレス(一連のもの)、パールのネクタイピンならば許容されることもありますが、避けるのが無難です。 ネイルアートやマニュキアはもちろん落とします。 あいさつ・言葉遣い 「御冥福をお祈りします」「御供養」「成仏」などの言葉を使わないようにしなければなりません。 これらはすべて仏教用語に分類されるものであるため、天理教の葬儀では相応しくありません。 また、これはすべての宗教の葬儀に対して言えることですが、「またまた」「重ね重ね」などの重ね言葉は使わないようにしてください。 これは「不幸が重なること」を意味するからです。 まとめ 天理教は、 1838年に開かれた宗教です。 「親神様」「生まれ変わり」の概念があります。 神式と似たところもありますが、このような点で違いがあるので注意が必要です。 ただ、 不祝儀袋は神式と同じように、「御榊料」などと記しますし、玉串奉奠も行います。 参列するときの装いは、一般的な葬儀と同じです。 ただし、数珠は使いません。 なお、供花を贈る場合は、葬儀会社に確認をとってからにしましょう。 監修者コメント 監修者 終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子 天理教は、教祖である「中山みき」がお産の神様として地域の信仰を集めるようになるなど、「神の社」に定まったことに由来します。 神道色が強くなるのは、迫害を受けて民間宗教家と対立するようになった頃、みきの長男秀司が京都まで生き、神社の中で権威のある吉田家に入門し、吉田神道の影響を強く受けたことによると言われています。 天理教発祥の地である奈良県天理市は、以前は丹波市という小さな村で、協会本部も教祖が嫁いだ中山家の屋敷にすぎませんでした。 ところが現在は、天理教にまつわる独特の建物がしないのいたるところに立ち並び、天理教を中心とした宗教都市になっています。 天理市を訪れ協会本部に行くことを「おぢばかえり」といい、駅には「お帰りなさい」という看板が立てられています。

次の

天理教の葬儀/流れや香典・玉串奉奠についてを徹底解説|葬儀・お葬式なら【公益社】

みたまうつしの儀

お世話?タイムです、 みたまうつしの儀とは神道の通夜に行われる儀式であり、遷霊祭とも呼ばれている。 通夜の夜間に行われるものであり、部屋を真っ暗にするそうだ。 真っ暗と言ってもろうそくや灯籠などの明かりは灯されている。 故人の魂をご遺体かられいじと呼ばれる神式のお位牌に移す儀式である。 みたまうつしの儀では祭主が遷霊詞を述べたあと、警蹕と呼ばれる掛け声をあげるのだ。 遷霊詞とはお経と違い生前の経歴などを祭主が口上し、「このようなものがそちらに向かいます」といった内容であるため、一般の参列者でも内容が理解しやすい点が特徴である。 みたまうつし、神葬祭です。 前に参列したことがあるけど、このような人間がそちらに行きますって人生歴を神職が奏上するから、お経と違って内容がよくわかって興味深かった。 元々警蹕とは貴族や要人などが通行する際に、民衆にこのことを伝え不敬の行為がないよう注意を促すものだったようだ。 それが神事にも取り上げられたという。 通常は鏡や白木などに魂が移されることが多いが、生前愛用していたものなどが使用されることもあるようだ。 この儀式が行われると、故人の魂はその瞬間から神となり、魂代に乗り移るのである。 通夜祭は仏式の通夜にあたるもの、遷霊祭は神式独特の儀礼で、本来は別々に執り行われるものですが、最近では一体的に行われることが多いようです。 「遷霊祭(せんれいさい)」は「御霊遷し(みたまうつし)」ともよばれ、神式葬儀の中核です。 文字通り、故人の霊魂(みたま)を御霊代(みたましろ)に遷し留める儀式で、必ず、夜間に行うことになっています。 「御霊代」とは神事の概念で、神霊が乗り移りる有体物です。 神道ではそれを神霊の代わりとして祀ります。 御霊代には、鏡や故人の愛用品が用いられることがありましたが、近年では、故人の名と生年月日を書き入れた白木の「霊璽(れいじ)」を用いることが多くなっています。 出典: 神となった故人には諡号(おくりな)が与えられ、生前の名前に加えて、女性は姫命(ひめみこと)や刀自(とじ)などを付けて呼ばれることが多いという。 娘の麗禾ちゃん息子の勸玄くんも参列したということで、子供たちはまだ意味が理解できていないとは思うが、母小林麻央さんのみたまうつしの儀は、彼らの記憶に残り理解できる日が来ることだろう。 みたまうつしの儀の後 みたまうつしの儀を終えると告別式がとり行われる。 みたまうつしの儀は身内のみで行われることが多いが告別式では一般の参列者も参加するのが通例である。 告別式に一般のファンの方も参列できるのかはわかっていないが、その場合には後日にお別れの会が行われることが予想される。 告別式のあとは出棺、火葬が行われることになる。 みたまうつしの儀の様子 実際にどのような行事なのか、すべてではないが参考までに動画をご覧ください。 内容はともかく、神聖な儀式であることは空気感、神職の衣服などが分かる動画である。 スポンサーリンク しみます… 周囲の助けに支えられ海老蔵さんも自然と感謝の言葉が出ている。 ネット上の声 まおさん みたまうつしの儀 悲しいけど日々刻々と進む 御霊の平安をお祈りいたします — mya🌶 keromuyo7 みたまうつしの儀って言うんだね。 昔、「この身体は現世での借物だから、自ら傷を付けたり乱暴に扱ってはいけない。 大切に扱うべき。 自分自身は魂。 魂は永遠に続いていく。 」と言われたことがある。 — かお 命の数だけ光がある kao390 海老蔵さんみたまうつしの儀ということは天理教なのかな?宗教の話しはデリケートなのでしないけども、知らなかったなぁ〜。 よろしくお願いします。 — 大川 裕也 Yo747A ん…みたまうつしの儀って言葉は、天理教でなくても使うと思うんやけどな… 神道系のお葬式ではたまに言うような… — 大阪のおばちゃん tsumugi619 無知なのですが、みたまうつしとはお通夜のようなものなのかしら。 この遷霊祭は故人の御霊を一般の位牌にあたる「御霊璽」に遷し留める儀式で、忌明けまでは仮霊舎にお祀りし、忌明け後はご先祖さまと一緒の祖霊舎にて守護神としてお祀りします。 — 株式会社 宇賀福屋 ugafukuya みたまうつしってことは神道のおうちなのね 私が経験した神道の葬儀では、確かみたまうつしって暗闇でやるんだよなー。 真っ暗な中で低い神主さんの声が響くんだわ 大伯父の葬儀を思い出すな — たま🍀 sbswtama みたまうつしの儀の件。 日本古来の神道について知らない人の多さと、天理教が神道の最メジャーどころなのだなということを認識。 言わんでいいかもだけど、ちなみに堀越さんちはたぶん天理教ではないよ。 みたまうつしの儀をおえ、小林麻央さんの魂は神となったのである。 小林麻央さんのご冥福を心からお祈りいたします。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の